アクセスランキング

外国人「これは悲しいね」長崎原爆投下までの未編集の完全映像が話題に【海外反応】

外国人「これは悲しいね」長崎原爆投下までの未編集の完全映像が話題に【海外反応】

iwagami.jpg






教育を受けた奴らが今ほどどうこう言わず、その当時のアメリカは国の再建はその国に任せていた
それでもフランクリン・ルーズベルトより悪くはできなかったはずだ..
長崎に落とした爆弾をあの時落とさずに、かわりに大量虐殺した共産主義者スターリンを倒すべきだった
今僕たちが知っている事をあの時に知っていれば、あの時ヒットラーと共産主義の癌を無くすべきだったんだ
爆弾をナチに落とし、2つとも破壊するべきだったね





そうなんだ? じゃあ生きる権利、自由、それに財産はどうなるの? これらの権利はただ政府からの贈り物で、都合がわるくなったら取り上げられるものなのかな?
それか、こういうものは自然と出来たもので、政府が権利を管理していると言うだけ?





安全なんて幻想
この動画では多くの人に落とされた爆弾だっただけ
聞いていい? あなたが安全だと思っている場所で死ぬ事出来る?





嫌な女だな、人類の歴史の中で、いつ兵士が護る為ではなく倒す為に使われたよ?
そんなの一つだってあげられないだろ!
兵士を観たら懐疑的になるかもしれないけど、政治家は絶対に彼らを非道徳的には使わないんだ





僕は広島の原爆博物館に行った、何があったのか理解出来ないほどだった
出て来たときは、以前とは全く違った考えを持っていた
恐怖...この動画はその時を思い出した...すぐに多くの人が倒されるって言う...
瞬時に...とても恐ろしい方法で...そのあとは何年も苦しむんだ
この投稿をしてくれてありがとう
理解出来る人は少ないかもしれないけど、僕はしてるよ





僕は上の意見に賛成
彼らは戦争で何万もの人が命を落とすのは見たくなかったんだと僕は理解してる
爆弾を落とすのを見ている間ずっと僕は、死んでいったおばあちゃん、おじいちゃん、パパ、ママ、赤ん坊、子供達の事を考えていた






もし日本を侵略していたら、こっちのも100万以上の犠牲者が出たはずだし、日本側にももっと出たはずだ、 戦争はおそろしいものだよ
爆弾には遮塀が入ってたのかな
爆弾を扱ってた人達は、シャツを着ていなかったり何も放射能の事は気にしてないみたいだった
13ポンドのプルトニウムがどんなに危険かは良く知らないけど





爆弾には何も遮塀は入っていなかった
プラトニウムはそんなに放射能はない
もし吸い込んだりしなければ、そんなに危険はないよ
プルトニウムは深いところに入っていて、238タンパーの厚いウラニウムだけでなく、薄い中性子バロンシールド に囲まれて爆弾の奥の方に入っていたんだ




殺人にはならないね!!





“殺人”は法的に罰せられるだけでなく、市民をターゲットに爆弾を落とす事は1899年と1907年のハーグ条約で違法とされている
殺人に値するね





アメリカの行く道は長い





もしアメリカが広島と長崎に原爆を落とさなかったら、あれより多くの日本人とアメリカ人とロシア人(満州を征服し始めたたときだったから)が倒されていた
アメリカはD−Dayスタイルの日本侵略をするつもりだった、一度だけでなくずっとだよ
もし君が爆発を見てしまったら、それだけで被爆してるって聞いたよ
光より早く進むらしいから





正しいよ
放射能の中にはB−29よりも早いものもあるから
放射能は光のスビードで進むし、光のように逆二乗の法則で進むんだ
中心の威力はものすごいんだ





もしこれが起こらなかったら、僕のおじいちゃんが日本に侵略し、恐らく倒されていたと思う
これが良かったとは言ってない、事実恐ろしい事だよ
彼の信条としては、人類の本当の敵は政府と幹部達だって
もし日本の駒が天皇にノーと言っていたら、もしアメリカの駒がフランクリン・ルーズベルトにノーと言っていたら、もしドイツの駒がヒットラーにノーと言っていたら、戦争での大量虐殺は起こらなかった





これは悲しいよ、憂鬱だよ
政府の役目をしていたアメリカの企業は制御不能だよ
彼らは今だって喜んで多くの人を倒すと思う
彼らが戦争を作り出しているんだ
彼らがJFKやMLKジュニアを倒させた 彼らが9/11を計画した
彼らが僕らを生かしておくたった一つの理由は、僕らが彼らの為に働いているからだ
僕らが世界を作り、彼らが支配する
もっと良い方法があるはずだ...1%の人がそう言ったからと言って、人々が倒される必要は無いんだ















https://www.youtube.com/watch?v=Z9v5sW6t0zI
http://thelibertarianrepublic.com/complete-footage-bombing-nagasaki-emerges-video/#axzz2wdhPf7kB

Ad by google





このエントリーをはてなブックマークに追加
­
関連記事






Powered By 画RSS









コメント

No title

済んだ事よ。

No title

黄色い猿で核実験がしたかったアメリカ。

No title

「もし原爆を落とさなかったら、より多くの兵士が…」っていう言い訳はもう聞き飽きた。
戦争は兵隊同士で争うものだ。一般市民は極力巻き添えにするものではない。
武器も持たない無抵抗の老人女子供を大勢虐殺して兵士の命が助かったからハッピーか?
アメリカ人はおめでたいな。

No title

アメリカの虐殺は良い虐殺
それだけだろ
非戦闘員、市街地、一般市民を主目標にした無差別攻撃であることは事実だ
一般市民への無差別攻撃を主目標に、アメリカ軍部が作戦を立てて実行したという事実は間違いないだろ
でもそれは「仕方ないこと」で、「数千万人を救った」爆弾なんだとさ
それが事実ならノーベル平和賞に相応しいと思うけど
一発で数千万人を救った「人類史上最も平和的な爆弾」だと思うが、戦勝国の皆様はどう考えるのかねえ

No title

日本爆撃を指揮していたカーチス・ルメイ少将は、原爆なしでも8月中には日本は降伏していたと言っている
マッカーサーも、上陸作戦などせずとも、包囲を続けるだけで、日本は降伏すると予測していた
天皇の助命を保証していたら、とっくの昔に降伏していただろうとも証言している
原爆投下は、ソ連の参戦に対抗し、ソ連にアピールする為のもの
この件で、多くのアメリカ人がウソを信じ込んでいるのが悲しい

No title

原爆だけじゃねぇぞ、戦後もGHQの洗脳政策でやりたい放題しやがって。
そのせいで日本人は能天気な腰抜けになっちまった。
日本が悪いことをしたと本気で思ってる奴らも沢山居る。
中韓の問題が解決しないのも元を辿ればてめぇらアメリカのせいじゃねぇか。
絶対に忘れんからな。

No title

>「もし原爆を落とさなかったら、より多くの兵士が…」っていう言い訳はもう聞き飽きた
同意。
素直に実戦で人体実験が出来るまたとないチャンスを逃したくなかったとか、武器を持った兵士とガチでやりあうのが怖かったから、非武装の民間人を狙って市街地を爆撃して一般人を大量殺戮しまくったとか、ホントの事を言えば少しはスッキリするのに。

もういろんな所で原爆無くてもポツダム受け入れる流れになってたって言われてるのに、いつまで同じ言い訳してんの?
罪悪感があるし自国の負の部分理解してるから同じ事狂ったようにいい続けてるんでしょ

No title

原爆で死んだのは兵士じゃなくて多くの一般人。
ただそれだけ。ターゲットが一般人。野蛮そのもの。国際法無視。
アメリカの軍人も原爆で12名亡くなってたな。
他の外国人も。

広島の原爆資料館へ行った人だけは、実験の事実の話を理解している様に見えるよ。アメリカ国民だって騙されてるのは同じだと思う。事実を知ったら恐怖しかないと思う。

正しい正しくないは国によって立場が違うから全員同じ意見に収斂することはまずないだろう
ただ核爆弾がどういうもので、使われた場合にどうなるのかを詳細に知っておくべきなのは確かだ
ただのデカイ爆弾だと思ってる連中があまりにも多すぎる

No title

東京大空襲はどうなのよ。
仕方ないのか?

No title

もしこれが起こらなかったら、僕のおじいちゃんが日本に侵略し、恐らく倒されていたと思う
これが良かったとは言ってない、事実恐ろしい事だよ
彼の信条としては、人類の本当の敵は政府と幹部達だって
もし日本の駒が天皇にノーと言っていたら、もしアメリカの駒がフランクリン・ルーズベルトにノーと言っていたら、もしドイツの駒がヒットラーにノーと言っていたら、戦争での大量虐殺は起こらなかった

なに寝言言ってんだ?
こういうお花畑が一番腹が立つ




■コメントに関してのガイドライン■

・差別的中傷的なコメント

・トピックに関係ないコメント

・広告やスパムコメント

・当サイトへのコメント

・不適切だと判断したコメント

は削除やアクセス制限の対象となります

また当サイトへのご意見(提案・リクエスト・重複の指摘など)

は記事内のコメント欄ではなく下記アドレスにお願いいたします

kaigai.000@gmail.com



コメントをした時点で上記ガイドラインに同意したものといたします

これからもよろしくお願いします(´・ω・`)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

­
最新記事
­
­