アクセスランキング

外国人「日本がハワイの重要性を知っていたのに驚き」真珠湾攻撃の作戦立案を行った大日本帝国海軍『源田実』が話題に【海外反応】

外国人「日本がハワイの重要性を知っていたのに驚き」真珠湾攻撃の作戦立案を行った大日本帝国海軍『源田実』が話題に【海外反応】

投稿者
太平洋戦争で見事な戦略の指揮を執った源田実だったが真珠湾攻撃は作戦通りには実行されなかった

Minoru_Genda.jpg





源田は日本軍がハワイを得るということよりも、ハワイを失えばアメリカ軍に損失を与えるということがキーポイントだと考えていた だが下士官たちは「ハワイが日本軍に重要か?」と疑問に思っていた





これは真珠湾の米軍基地を攻撃する計画を練った日本海軍の司令官の話だね アメリカ海軍大学校ではこれについて専門的に研究している 自分は素人だけど、計画通り実行されていたら歴史は変わっていたと思っている 革新的なアイデアを受け止めるにはプロ集団でなくてはならないということだ 計画を実行する司令官は結果にも責任がある 計画の実現を信じていない人間は、最高の結果を出せないということだ





疑問なのは、日本人は占領した土地から資源をどのように持ち帰るか考えていたのかということ 確か日本の商船団は戦前、大量の原油を運ぶには適していなかったはず ほかのものも大量には運べなかっただろう そのことから考えても、自分は真珠湾攻撃は間違いだったと思う 1941年のアメリカは相手が日本でなくとも戦争をしたいとは考えていなかった もし日本がアジアのオランダ領やイギリス領を攻撃していれば、アメリカの世論も開戦に動かなかっただろう 当時ハワイはすべてのものをアメリカ本土から輸送してこなければならなかったから、もし日本がハワイを占領しても使い道はなかったはずだ





↑真珠湾攻撃は戦略的に間違いだったことには賛成する 日本はアメリカ人は信念に欠けるから組みしやすいと考えたのだろう だが攻撃時、太平洋艦隊の航空母艦が3グループ洋上にあって損害を受けなかったことは幸運だった そのうち一部でも沈んでいたら、6カ月後のミッドウェー海戦を勝つことは難しかったかもしれない





↑それはちょっと疑問だな 日本軍は攻撃対象を戦艦に絞っていたんだから





↑日本軍が空母も停泊していると考えていたのは明らかだ 源田は空母の位置を探ろうとしていた 源田のプランでは攻撃後数日は空母を探して攻撃するはずだった だが上官が慎重すぎて機会を逃してしまったんだ





↑イギリス軍とオランダ軍は戦争の初期に戦艦と巡洋艦だけで、空軍のサポートを受けずに戦争地域を航行して痛手を受けているね 日本軍の海上艦隊も1944年にフィリピン沖でタフィー3と戦闘機にやられている





そもそもの間違いはアメリカ相手に開戦したことだ 1930年代の日本軍はまだ第一級の軍備を持っていなかった 島国で他国との戦争経験が少ないため強国であると思い込んでいたが、実際はせいぜい第3級程度 第2級のロシアに勝った経験だけで、開戦の機運が高まっていたんだ 日本の近代化は目を見張るスピードだったが、到底西洋には及ばなかった また戦術の弱さを見つけようとはしなかった





よく研究されていると思う だがひとつ重要な論点が抜けている 燃料だ 当時の海戦では短期間で莫大な燃料が消費された 日本も備蓄を持とうとしたがかなわなかった 攻撃の機会を逃したというのは全くその通りだね 源田のプラン通り運んでいれば物資も供給できたし、アメリカの反撃を優位に迎え撃つことができただろう





これを読むとミッドウェーのことを思うね 日本はミッドウェーを落としたことで敗戦したんだ 真珠湾で空母を沈めていれば、何もかも変わったはず





↑空母を沈められなくても、もし日本軍がオアフを押えていたとしたら、戦場は太平洋でなくサンフランシスコになっていただろう





↑ミッドウェーは空母と戦闘機がどれほど重要かということを見せつけた戦いだった 南雲に勇気がなかったために戦争は負けたという話だね





↑もしハワイを失っていたとしても、戦略基地がアラスカに変わっただけじゃないかな アラスカからのほうが戦争は早く終わっただろう 日本本土を攻撃するには損失が大きかったかもしれないけど





ミッドウェー海戦の負けはオアフ侵攻が失敗した時点で決まっていた、司令官が手を抜いてさっさと引き上げたことが原因だ 1941年12月7日に最後の飛行機が去った時に、勝敗は決していたんだ





↑「あいつの言うことを聞いておけばよかった」





↑結局戦争が数年延びただけじゃ…





日本軍がハワイの重要性を知っていたということに驚き 知らないことがいろいろあったよ












源田実
源田 実(げんだ みのる、源田 實、1904年(明治37年)8月16日 - 1989年(平成元年)8月15日)は、日本の海軍軍人、航空自衛官、政治家。海軍では海兵52期を卒業し、最終階級は大佐。戦闘機パイロット、航空参謀を歴任し、343空司令として終戦を迎えた。自衛隊では初代航空総隊司令、第3代航空幕僚長を務め、ブルーインパルスを創設した。航空自衛隊の育ての親。政治家としては参議院議員を4期24年務めた。赤十字飛行隊の初代飛行隊長を務める。
1941年2月、源田は大西瀧治郎第十一航空艦隊参謀長から呼び出され、山本五十六連合艦隊司令長官からの手紙を見せられて真珠湾における雷撃の可能性を聞かれた。源田は「雷撃は専門ではないから分かりかねるが研究あれば困難でも不可能ではない、できなくても致命傷を与えることを考えるべきである。空母に絞れば急降下爆撃で十分である。問題は接近行動にある」と回答する[61]。大西から作戦計画案を早急に作るよう依頼され2週間ほどで仕上げ提出した[62][注釈 3]。源田によれば素案の素案程度のものであったという[64]。それに大西が手を加えて作案し、3月初旬ごろ山本に提出された[65]。
1941年4月10日、南雲忠一司令長官、草鹿龍之介参謀長とする第一航空艦隊が編成され、源田は甲航空参謀に任命された。源田の希望によって、優れた統率力、戦術眼を持ち源田と通じる同期生で偵察席に座り作戦の指揮に集中できる者という理由から淵田美津雄中佐が空中指揮官に抜擢され[注釈 4]、雷撃の専門家として村田重治少佐も引き抜いた[66]。南雲長官は航空に関しては素人であり、草鹿参謀長も源田が案画して淵田が実行する好取組みと二人を評価し、彼らの献策をできるだけ採用して見守ったため[67]、源田の意見はそのまま通りやすく、第一航空艦隊を源田艦隊と呼ぶ声もあった[68]。淵田美津雄や坂上五郎によれば当時源田は自身の案や計画が何の批判もなく通っていくことへの不安や不満をもらしたという[69]。
第一航空艦隊の空母陣形について源田は、ニュース映画でアメリカ空母の単縦陣を見てひらめき、海上での飛行機隊空中集合と隠密行動を両立させるために集中配備にするべきと判断して採用された[70]。上空直援の戦闘機と対空砲火の集中による防御にも源田は自信を持っていた[71]。また、従来は所属艦で航空部隊の訓練や指揮を行っていたが、源田はそれを全て実戦での機種別、空中指揮系統へ変更した[72]。


http://www.reddit.com/r/CredibleDefense/comments/220kq8/winning_the_pacific_war_the_masterful_strategy_of/

Ad by google





このエントリーをはてなブックマークに追加
­
関連記事






Powered By 画RSS









コメント

No title

この手の話が出るたびに思うが歴史は勝者の歴史なんだよな
日本の肥大化を(たとえ戦争になったとしても)阻止しようとする動きがあったことに一切触れられないんだから

No title

例えば日本が戦争を起こさなかった場合、アメリカは日本を植民地化しなかったのかね?
幕末みたいに不平等条約を無理やり結ばせて実質植民地化でもしようとしたんじゃない?日本を平和なまま放っておくはずはなかったよね。日本はどうすればよかったのかな?

No title

白人どもって、過去現代の日本にも勝てない癖に上から目線でわろたwww
日本の海を渡って攻撃しに来いよ陸の猿共www

No title

そもそも在米日本資産を凍結したり、明確な制裁理由もないのに禁輸措置をとったりしたのは戦争行為じゃねえのかよ。真珠湾攻撃なんて貴様らの言うところの「軍事制裁」だろ、それの何がおかしいんだ。

No title

アメ公って、よほど自分たちのしてきたことを正当化したいんだね。その上で欠かせないのが真珠湾かw。

No title

外人って空想を正しい物として何時も発言してるよな
何でこうも正当かして発言できるんだ?

No title

外人のコメントがアホすぎる

まず第一に日本の力を削ぐ為の追い込みをかけてきたのがアメリカだしな
日本は戦争せずに負けるか、戦争して負けるかの二者択一だったわけで。
そして真珠湾で「たまたま幸運にも」被害が少なくすぐに反転攻勢にでれた、なんて誰が信じるんだよ
ミッドウェーみても明らかで、初っ端から完全に情報が筒抜けだったはず。
ここらへんは表に出てこないんだろうけど、誰がこの戦略デザインしたかは興味ある。そのアメリカ人はスゲーと思うわ。

No title

まぁアメリカとだけ戦っていたなら、ハワイとアリューシャン列島が重要な拠点だけど
あくまでも大東亜共栄圏の樹立だからね

No title

アメリカの石油禁輸が開戦のきっかけ
黙って干されるか 戦うか
日本は必死の思いで開戦した

No title

>そもそもの間違いはアメリカ相手に開戦したこと

アホか。石油止められて妥協案も蹴られたんだから、服従するか開戦するかの二択に追い込まれたんだろ
で、石油が枯渇してからでは遅い。焦らされていたのが日本

日本の間違いと言えるようなのは、米英との関係悪化を招いた三国同盟や日中戦争の戦線拡大だろ
まぁ、どっちも政府というより陸軍の問題だが

No title

「コメント欄で反論するのは無意味」っていう奴がわくのに1000円

No title

現在の政治家も当時と変わらない。
視野が狭く、ピントが外れてるうえに頭が悪い。

特攻推進、ルメイに勲章のマジもんの国賊

No title

元々ハワイってなー、何も悪い事してないのに、勝手にアメリカに征服されて可哀想
日本にしてくれって頼まれたのに、断って御免なー

No title

毎度おなじみ録にものを知らん連中が上から目線コメント
こいつら自分に知識がないとうい自覚はないのか

No title

源田だろ棺桶ゼロ戦作って犠牲者出したのは。
昔から国民に寄生するカスの一族

No title

原油禁輸とか嘘っぱちだろうが。
戦争中もロの付く会社がパナマ船籍で日本に輸出してただろ。
もちろんナチスにも売っていた。
馬鹿な国民は上層部に騙されて犬死。

No title

えぇ・・・
航空火力の有用性示す戦闘ってミッドウェーって事になってるの・・・?
POWとレパルスの件は・・・

No title

日本が戦争したなかった場合有職人種は皆2等民族だよ。

No title

いちいちこういうWW2の事になると外国人が勝手に考察して分かる訳もないのに自分の考えが合ってると思ってる
喋り方で分かる こういう事する為にこうしたんだよ。みたいな

No title

>>「コメント欄で反論するのは無意味」っていう奴がわくのに1000円

あと外人は他国の歴史に興味がないからしょうがないとかいうのも

No title

航空機の航続距離を考えればアメリカにとってハワイがどれほど重要だったか簡単に分かるわ

No title

アメリカをガン無視で、東南アジアの英仏蘭の植民地にのみ進駐していたらそうなったかは興味ある。
もっとも陰で支那に軍需物資から武官その他の人材支援までしてたんだから、実態に変化はないのかもしれんがね。
難癖つけての参戦は否定できないし、ならば少しでも有利なうちに自分たちの手で戦局を作ろうとしたのかね。

No title

海外掲示板見てて思うけど第二次の話になると荒れるよなぁ
どこも自分の国悪くいわれるの嫌だし
自国上げ他国下げが多いから荒れる荒れる・・・
ネット世界大戦って感じ

No title

んー、まともな意見がほとんどないな。
アメリカの上層部(アメリカ市民は確かにすぐ厭戦が盛り上がる傾向にある)は日本と戦争がしたくてたまらなかったし、当時の日本の海軍力は三流などではない。アメリカ以外には負けようがないわ。ろくな空母持ってなかったヨーロッパが笑わせんなよ。
真珠湾がどういう結果になっていようと大勢が変わったとは思えない、せいぜい1、2年終戦が延びるぐらいだろう。ミッドウェーで日本が勝っていてもそうだ。

日露戦争もロシアじゃ、我が国は拡大する日本の帝国主義を阻もうとしたとか教えてるからな

No title

>>「コメント欄で反論するのは無意味」っていう奴がわくのに1000円

そんなこと言ったらハクジンガーとか外人は馬鹿とか
外人は無知ならしゃべるなとかも必ず湧いてくるぞ

No title

源田は色々と言われるし実際も我の強いタイプだと思うけど

ルメイ叙勲は佐藤栄作や小泉純一郎の父あたりの推薦だったはず

まぁ資源でも工業力でも負けてるのに人材も適材適所出来ないんじゃ

そりゃ国家が破滅するよね。

日本海海戦の栄光からの慢心をえて肥大し硬直化した組織で滅亡した帝国海軍は
今の日本にも参考になるテキストだね。

No title

仏印インドシナに進行した時点でアメリカはブチ切れたんだから

開戦は不可避だね

No title

ハワイもアメリカの植民地だったし、アジアもヨーロッパの植民地だった。

No title

お…きたきたきましたよ

No title

フランス政府の承認取り付けて進駐してんだから、アメリカがどうこういう筋合いじゃないんだけどな。
大本のドイツのフランス侵攻に対して強硬に批判すべきだったんじゃないのか?
単に自分たちが画策した包囲網崩されたのに腹立てただけだろ。

No title

フライング・タイガースで実質戦闘状態にあったけどね。対日戦争はオレンジプランでずっと練っていたし太平洋の覇権とり米国の内海に世界帝国にするのがアメリカの野望であった。今も変わらない。ハワイそのための重要拠点。

ルメイの一件が汚名

No title

ヘイトを撒き散らすの一役買ってるねここの管理人はw

No title

>それはちょっと疑問だな 日本軍は攻撃対象を戦艦に絞っていたんだから

こいつは真珠湾に関する文献や映画を見てもいないのか
攻撃目標の中に空母も入ってたし(むしろそちらがメイン)空母がいなかった事で落胆する描写は必ずあるだろうが

No title

週刊「護衛空母」と月刊「正規空母」の国を相手に、
空母を沈めておけば・・・って言っても意味がない。
沈めても次の空母が生まれるだけだ。

アメリカを倒すには、経済的な侵食による内側からの崩壊か
世界から孤立させるしかない

No title

大体、空母機動部隊による世界初の大規模な攻撃を実現した日本が敵空母の存在を軽んじるわけがない

No title

誰一人反対を言い出せない空気でなし崩し的に戦争が始まったらしいね
「誰かが反対するだろう…」ってみんな思いつつ、時間が達して崩し的に決まってしまったらしい
開戦理由は本当くだらん

A「ハルノートは許せない」→B「アメリカを叩けば撤回させられるかも」→
A「でも無理じゃ無いか?」→B「とりあえず資料を出してみたが、勝てなくは無いかも知れない(希望的観測)」→
A「じゃあ行けるのか?」B「分からない」A「俺も分からない」B「どうなんだろ」→
御前会議「時間来たので反論無ければ戦争で」

冗談抜きにマジでこれ

No title

侵略?奪う?そんな大陸の常識は日本にはねえよ。
解放または主権を回復できない国が力を取り戻すまで統治しつつ、
自主独立してもらって、自主的な経済でもって日本に資源を売って
もらおうつうビジネスパートナーにしようとしてただけつうの

No title

はてさて質問です。
「先生!なんでハワイとグアムはアメリカなんですか??凄い離れてますよね?」

>>誰一人反対を言い出せない空気でなし崩し的に戦争が始まったらしいね
そりゃ間違いだね、嘘は拡散しないほうがいい
東条はなんどもアメリカにハルノートの条件回避の為の提案をアメリカに対して行っている。
だがアメリカは「NO」「無条件で『即時』撤退しろ」というものだった。
その条件を回避する為には即時の撤退と、インフラや資産の放棄は条件としてはありえないもので
日本は開戦に踏み込むしか方法は無かった。勿論勝つための条件はあったが、その条件は長期戦で講和をするものだった。
だが、真珠湾の開戦以降の戦況のずれで計画は頓挫してしまった。

No title

アメリカのハワイ進出は統治というより侵略に近い。調べてみると面白いぞ

No title

源田実は毀誉褒貶が激しい人だよな。帝国海軍の生き残りと批判する人もいれば、戦前・戦中・戦後を通して立派な人だったと評価する人もいる。
ただ、40代後半でジェット戦闘機の免許を取って乗りこなしていた事を考えれば、ただ者ではなかったのは確かだと思う。
また、米軍基地訴訟で源田は検察側の証人として出廷した。その時の裁判官は左寄りの人だったんだけど、彼は「源田さんは自衛隊と日米安保について誠実に証言してくれた」と朝日新聞のインタビューで語っていた。
元軍人の中には、源田のように戦後も活躍した人もいれば、戦争責任を問われて公職に就けなかった人もいる。陸軍士官学校・海軍兵学校が難関校だった事を考えると、戦後社会が能力ある人を排除してしまったのは、日本にとって大きな損失だったと思う。

No title

客観的に評価するなら日本も米国も自国の利益を優先し続けた末にぶつかった結果
国力の強いほうが勝ち弱いほうが負けたというだけに過ぎない
強引に無理を通そうとしたら、力が強い方が有利なのは歴史を言うまでもなく世の真理だ
弱い方は自分を抑えてそれを避けるか、自分の命を捨ててでもそれにこだわるかどちらかしかない
弱い方は誰が見ても日本、しかし大多数の国民はそのことが分からなかった
日清、日露、第一次世界大戦をするたびに勝利してきた日本
その後は主に中国と戦争をしていたが、中国が弱く連戦連勝してきた日本
日本は強い、負けない、どこと戦争をしても日本がさらに良くなることはあっても悪くなることはないと
思い込み、大多数の国民は感情論を優先して日本の邪魔をしてくる米英を憎み
国際連盟脱退も大喜び、米英の要求に屈するぐらいなら米英と戦争してやると息巻いた
それは大陸で中国に連勝していた関東軍や下級兵士も同じ
天皇や上層部はその声に抗うことが出来なかった
国際連盟脱退やドイツと同盟した松岡は感情論の国民には大歓迎されたが
冷静な天皇には過激だとして嫌われた
その後の天皇も言っている、あの時自分があくまで戦争を避けようとすれば国民は自分を殺しただろうと
天皇や上層部は米英と対立しても日本にとっては負ける道でしかないのは分かりきっていたが
それが分からない国民を抑えることができなかった
結果どうなったかは言うまでもない
自国の利益を最大限求め続ければ国力の強い国はそれで良くても
弱い国はますます墓穴を掘るしか無い
これは株や為替にも似ている
力及ばず少し損が出た時に、素人はそこで引くと損しただけになると考え、止めるができずにますます大損をする
上手い人間はすぐに損切りし、それ以上の損を出さないことで次へとつなげる
外交も同じようなものだ
目先の利を得ることだけを考えて、先の損得を考えられなかったら
いつか大負けする
それで勝てるのは世界最強の国力を持った国だけだ

No title

>誰一人反対を言い出せない空気でなし崩し的に戦争が始まったらしいね

え、そうなの?
交渉を持ちかけても頑なに態度を変えないアメリカに崖っぷちまで追いやられて
「仕方ない、玉砕覚悟で突貫する!」って感じじゃなかった?

ジャーナリスト宣言

今のオバマアメリカが、中国の南シナ海や東シナ海での侵略行為工作を非難したら、ハワイも我々の領土だと主張する事もできるのだぞと恫喝される始末。
無能な指導者や真実を報じないジャーナリスト宣言の自称メデイアが、ここまで彼らを増長させ助長して来たのだろう、再び太平洋が戦火となる事でしょう。

No title

山本五十六がGF長官でなければ真珠湾攻撃はなかったはず。
週末なのになぜか空母だけがそっくり出払っていた真珠湾。
停泊していた戦艦群は概ね型の古い軍艦。

No title

相も変わらず、白人さん達は『歴史は一日の積み重ねである』という至極単純な事実を無視して話をするよな。
なんで、降って湧いたかの様に真珠湾から話を始めるんだか…。

No title

中国での利権争いに加われなかったアメリカがなんとかしようとして日本に開戦させようとしたんだろ。
アメリカ国内での厭戦気運(またはモンロー主義)を抑え込むために真珠湾は日本の奇襲とした。

アメリカはWW1でもWW2でも途中参戦で、まさしく利益が欲しかっただけなんだよな。
モンロー主義貫いてりゃいいのに。

半分くらい妄想はいってるよ。

No title

それで勝てるのは世界最強の国力を持った国だけだ
↑確かにこの視点は総力戦下で重要だが、仏は独に降伏しパリは陥落した。日米の国力比は3:7とか10倍とか言われてたが、WWⅡ直前の仏独だと国力差は約30倍だったらしいから。
それに海軍の真珠湾攻撃は否定されてないか?浅瀬で艦隊を引き上げられ復旧できるとか、占領しても離島でロジックが保てないないだの。それも含め南進は問題があるというのが最近のトレンドじゃないの。

No title

開戦前日本側の暗号でいちばん強度の高かったものが海軍。
アメリカはなんとか解読しようと躍起になっていたそうな。
で、結果的に解読に成功するのだけれど、
そのきっかけとなったのかもしれない事件が
大森?にある海軍研究所当該暗号研究施設で起きている。
番犬はそうとう吠えたらしい。
誰かが侵入した形跡はセキュリティデータで残っていたけれど、別に荒らされてもいなかったので有耶無耶になってしまった。
戦後にアメリカで出版された本の中では、日本海軍の暗号を解読したことを「正当な手続き」によってもたらされた偉業と讃えている。

当時のアメリカに於ける日本海軍暗号コード名は「パープル」。

旧帝国海軍は暗号用紙に薄紫色の紙を使っていた。

詳しく読みたければ阿川弘之著「軍艦長門の生涯」若しくは「山本五十六」を読んでください。
アホみたいに面白い。飯食うの忘れたわ。

No title

戦後にあった秘密の「海軍反省会」のテープを聴くと結構笑っちゃうよね。
陸海軍ともに戦争には大反対なのに、お互いメンツがあって言い出せなかったそうだ。

陸軍「海軍さんがやりたくないなら戦争しなくてもいいんですけどっ!」
海軍「いえいえ陸軍さんこそ戦争無理なんじゃないんですかっ!」
これを延々繰り返してたそうだw
で、もう始まっちゃうよ~ってなった時にお互いの幹部達をなじり合ったんだって。
も~絶対負けちゃうじゃん! どーすんのコレ? ねぇどーすんの? ってなって嫌々戦争突入。

これが真実なんだよ。みんなも海軍反省会聴きましょう。

No title

アメリカに勝てるとしたら、戦争はある程度で終わらせて
満州、朝鮮を日本化して経済で圧倒するしかなかっただろうねぇ。
5億の日本って最強だろう。ニダが足引っ張ったかも知れんが。
どの道アメリカとは戦う道だったんじゃないかなとね。

No title

阿川氏は東大文学部から兵科二期予備学生として海軍に入り、通信科の特務班(暗号)所属。
志賀直哉最後の門下生で阿川佐和子さんの実父。

No title

ロクに興味もなければ知識も無いのに、ヘラヘラしゃべるのが外人
しゃべって自分の存在をアピールする事が大事だと思ってんだから、中身が無い

考えてしゃべるんじゃなくて、しゃべっちゃってから考えて、正当化するためにまたしゃべる
重みのカケラも無いよ

No title

↑テープってNHKで放送されていた奴かな。
「海軍戦争検討会議記録」ってのもある。


「ある所まで来たら、あとは運命なり。」永野修身元帥

「近衛手記に、海軍は和戦を首相に一任セリとあるが、当時の空気は今と全く違う。
『海軍は戦えない』などと言える情勢ではなかった-後略」沢本頼雄大将(開戦時海軍次官)

「たとえ陸海相争うことになるとも、全陸海軍喪うよりマシである。何故男らしく処置されなかったか。
如何にも残念ではないか。」井上成美大将

責任感の欠如甚だしいものが多いと思うが、平成の日本を見渡すと国家の指導層レベルはより劣ってきている気がする。

No title

ルメイのことはずっと言われ続けるだろうな

No title

まあ外交べたも問題だと思うがな
満州の利権をアメリカにちょっとあげるとかすりゃあ収まってた
対等と勘違いしてた事だろう、
っつーかロシア(の一部)に大金星あげた時点で国民感情的に譲ったらアカン状態でもあったし(戦後賠償とかほぼ無し)
不可避っちゃあ不可避だったんだろうな、調子にノンなって方が無理だわ
もうパニック状態の群集心理将棋倒しみたいなもん
ハルノートやらABCDやら酷いもんだが、そん位の酷さは想像できたし今も昔も当たり前にあるだろう
世界なんてそんなもんだ、そんなもんの中でお互いどうにかこうにか騙しあい助け合い生きてくもんであって(ry

No title

そもそも在米日本資産を凍結したり、明確な制裁理由もないのに禁輸措置をとったりしたのは戦争行為じゃねえのかよ。真珠湾攻撃なんて貴様らの言うところの「軍事制裁」だろ、それの何がおかしいんだ。

No title

南雲は機雷屋だからな。
それに自軍は無傷で敵軍だけ叩けってのも無理があるしな。仕方ない所もある。
全て貧乏が悪いんや。

No title

なんだよ機雷屋って
それをいうなら水雷屋だろう

No title

英語の投稿も出来ない奴らは
外国人の議論に口を出す権利は無い

No title

↑煽りは要らねぇから

No title

武士道よりも商人道だよなあ・・・損して得取れ。満州を譲っていれば・・・ハルノート受け入れてても今よりはるかに
領土多いんだぜ。あるいは三国同盟とかアホなことしてなければなあ。上の海軍と陸軍のメンツとか馬鹿すぎる。
商人として長期的に損得考えて外交してればよかった

No title

日本人は商売下手だからな
民度が高すぎるせいでだましてでも得を取ろうとは思わない

No title

日本人が商売ヘタとかどんだけwww
焼き畑農業的な短期視点やモノポリー的な独占しか頭にないアホじゃあるまいし。

しかし、日本を悪として描くのはまあ勝った側の歴史の常として理解は出来るんだが
開戦前に日本のイメージを極端にゆがめたせいか、前後との辻褄が合わなくて無茶苦茶になってるな。

連中の戦前の日本のイメージって、中国の反日ドラマレベルなんじゃないだろうか。

ハルノートをアメリカ人は知らない
昔々ハワイが日本になってた可能性があったことも知らない

No title

日本をけしかけ対米戦を強要させ、欧米戦線に参戦するきっかけを作ったのはルーズベルトだが
蓋を開けると全てはコミュニストパーティーの思惑だったことが分かる
アメリカ人の反共精神は世界一だが、WW2の頃の話になるとこれがすっぽりと抜けてしまうのは、
おそらくコミュニストに利用された歴史を隠したいからだろう

No title

ハワイがアメリカ領になった経緯とそれに対する日本の対応なんかが歴史的経緯を無視するからな真珠湾攻撃って あんな島国がなんでアメリカ領になったとおもってるんだろか?

No title

1級、2級なんて言ってるのはランキング大好きな中韓あたりの土人だろうね。

No title

アメリカ人はハルノート読んだことがあるのか
それとも読んだ上であの内容で戦争を避けることができると本気で思っているのか

No title

フライングタイガースのこと知らないとかアメリカ人ってバカなの?

No title

>実際はせいぜい第3級程度 第2級のロシアに勝った経験だけで、開戦の機運が高まっていたんだ 日本の近代化は目を見張るスピードだったが、到底西洋には及ばなかった


外人ってよくこんな間抜けなコメント書けるな
少なくとも当時の日本軍の質・量は欧州のどの国よりも高かったのは事実
海軍力だけでも英国をぶっちぎってたじゃん
アメリカから空母を譲り受ける前までは、英国の空母なんて小型~中型しかなく
その数も日本軍よりも少なかった
よって欧州最強の海軍王国である、英国をも上回ってたのは事実
戦艦だって14インチ砲のプリンス・オブ・ウェールズがせいぜいでしょう
話にならんよ

また、陸軍力ではソ連と互角のレベル
実際、ノモンハンでは互角、占守島でも圧倒的不利な状況でもソ連陸軍をコテンパンにやっつけちまった。




■コメントに関してのガイドライン■

・差別的中傷的なコメント

・トピックに関係ないコメント

・広告やスパムコメント

・当サイトへのコメント

・不適切だと判断したコメント

は削除やアクセス制限の対象となります

また当サイトへのご意見(提案・リクエスト・重複の指摘など)

は記事内のコメント欄ではなく下記アドレスにお願いいたします

kaigai.000@gmail.com



コメントをした時点で上記ガイドラインに同意したものといたします

これからもよろしくお願いします(´・ω・`)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

­
最新記事
­
­