アクセスランキング

外国人「ディズニー扱いとか侮辱だろ」日本のウォルト・ディズニーでは決してない宮崎駿監督【海外反応】

外国人「ディズニー扱いとか侮辱だろ」日本のウォルト・ディズニーでは決してない宮崎駿監督【海外反応】

「日本のウォルト・ディズニーではない アニメーター・宮崎駿はピクサーがやらなかったことをすべてやったから文化的アイコンになったのだ」

むかし懐かしいアニメはすたれ、ピクサーの時代が来た ドリームワークスなど大予算のプロジェクトを組む会社が子供向けエンタテイメントを独占している 3Dアニメは、観客もキャラクターと同じ場所にいるかのような感覚を味わわせてくれる ファンタジーの世界と一体になれるのだ アニメーション・スタジオは最新技術の導入に躍起となり、ずっと使ってきたフィルムを辞めてデジタル制作が主流となった だがその流れに警鐘を鳴らし、手書きと2Dにこだわった有名アニメーターがいる ピクサーでさえレンガをひとつずつ積み上げるような作業で作り上げたものを、彼は確実なインスピレーションですらすらと生み出すのだ

300x dsgsdfggsdsdsd(1)

クリエイティブの源、スタジオジブリを創設した日本人アニメーター、宮崎駿について書くのは難しい 彼に直接会った人間、例えばロジャー・エバートなどは貴重なインタビューの機会を得たが、宮崎のエキセントリックさを理解することはできなかった 宮崎のメディア嫌いは有名だ

1941年、真珠湾攻撃の年に生まれた宮崎駿は、病弱な母のもとで育った 彼の作品に強い女性が多々出てくるのはそのせいもあるかもしれない 「魔女の宅急便」のキキ、「もののけ姫」のサンなど、宮崎のイマジネーションから生まれる女性は自らの力で生き、安全のために男性に寄りかかることをしない

宮崎は日本のウォルトディズニーと呼ばれるが、それは決して彼の作品が家庭でも見られるということではなく、その圧倒的な世界観のためである 「ポニョ」「ハウルの動く城」「となりのトトロ」など、作品の多くは子供向けであり、またディズニーと同様、ある程度のモラルがストーリーに盛り込まれている だがディズニーとの共通点はそこまでだ 「ジブリ」という名前は、第二次世界大戦中イタリア戦闘機を襲った、サハラ砂漠を吹く地中海からの風を表すリベリア語から取っている 宮崎が空への憧れに取りつかれていることは、作品から容易に見て取れる 近代社会に全く興味を感じていない宮崎は、いくつか挑戦的な作品を制作したりする
東京にあるジブリ美術館は子供向けのアトラクションがいくつかあるが、それは乗り物がいっぱいのディズニーのテーマパークとは全く異なる ヨーロッパ調の建物の中に、立体的な小物や、アニメーションスタジオ体験、子供が乗り込めるように、「トトロ」のねこバスを再現したものなどがある 小さなシアターは「暗くなって子供が怖がらないように」という宮崎の主張通り、自然光が入るようになっている そして昔ながらのフィルムでつくられた作品を流している

imageaqpolkjnhbvdssds (1)

宮崎は心理的に複雑な作品を作り出す ディズニーに似たスタイリッシュな要素もありながら、決してディズニーのようにはならない ディズニー映画は古典的な造りから外れない 口髭をつけた悪者はあくまで悪く、必ずやっつけられるし、真実の愛は最後に訪れる あるいは「ウォーリー」や「メリダとおそろしの森」「インクレディブルズ」などはピクサーのオリジナルだが、基本的にピクサーのストーリーは人間中心だ ディズニー映画では主人公の幸せはエンドロールで訪れる ハッピーエンドのためには立ちふさがる敵を倒さなくてはならないし、争いがあっても社会自体は変化しない 対して宮崎の作品では、人間より自然のほうが重要であるように描かれる

宮崎のアナーキスト的な風貌は子供向けアニメーターに見えないと言われるが、2005年のニューヨーカー誌の記事で彼はそれを覆す発言をしている 「自分はあと30年生きて、東京やマンハッタンが水に沈むのを見たい 金も欲望も崩壊して、野草が青々と茂るだろう」と 宮崎の持論では、人間は地球で増えすぎたらしい
日本以外ではあまり受けていない「ナウシカ」だが、この作品が宮崎のラディカルな世界観を良く表しているだろう 有毒な森が広がるなか、人間はごくわずかな安全違いに少人数だけ暮らしている 生きることは難しく、出生率は低い 小国の戦うプリンセスである主人公ナウシカは、結末で人類が作ったテクノロジーを消し去る このような物語はディズニーにはない

宮崎の作品は近代生活やテクノロジーを破壊するなど破滅的ではあるが、そのメランコリーは誠実さと暖かな心でバランスを取っている 彼の作品を希望の光とみる人が多いのはそのためだ 

kazetachinuimsdgg03.jpg

宮崎は昨年、監督を引退すると発表した その最後の作品となったのは「風立ちぬ」という、ゼロ戦を作ったエンジニアの話であった

最近になって、宮崎は新たに漫画を制作していると伝えられる 彼の期待を裏切らない作品から目が離せなくなりそうだ

http://www.salon.com/2014/06/23/dont_call_him_the_walt_disney_of_japan_how_animator_hayao_miyazaki_became_a_cultural_icon_by_doing_everything_pixar_doesnt/





ピクサーだってアンチ・ディズニーなアプローチの作品を出してるけどね





↑ピクサーは壁にぶち当たったらスタジオジブリの作品を見てインスピレーションを得るって言ってる





↑作品によるだろ ピクサーは明らかに、ディズニーの原則から離れた作品をつくろうとあらゆる手を尽くしているし、またディズニーとは違うタイプの子供向け映画の制作もしている ジブリの作品が、ピクサーやディズニーアニメーションスタジオと真逆ということ





↑公平に言えば、ピクサーとディズニーアニメーションのチーフ・クリエイティブ・オフィサーはどちらもジョン・ラセターだからね いまはどちらもピクサーの所属なの





宮崎駿とピクサーを比べようというのがおかしいよ ピクサーのヘッドと親友だしね それに、ウォルト・ディズニーはピクサーとは何の関係もない





↑宮崎の引退がささやかれ始めたころ、ピクサーの人間といい関係だというのを見たことがあるな トイ・ストーリー3はトトロへのオマージュだろ





日本のディズニーは手塚だよ 宮崎はスピルバーグ 外見も似てるしね





↑「鉄腕アトム」だな 近代マンガとアニメの父と言われている





宮崎の作品を欧米のアニメーションと比較しようと思ったことはない どちらがいいとか悪いということではなく、たんに違うと思う





千と千尋の神隠しは今でも自分のお気に入り 素晴らしい監督





昨夜「千と千尋の神隠し」を見た 美しかったし、手書きであるということを知って頭を抱えたよ 声優も素晴らしいし、アニメーションはただただ美しい これ一つ見ただけでスタジオジブリのファンになったし、すぐに「となりのトトロ」と「もののけ姫」のDVDを買いに行った





↑「ハウルの動く城」「天空の城ラピュタ」も見て、素晴らしい作品だ!





日本のウォルト・ディズニーは映画監督ではないよ、ゲーム・デザイナーの宮本茂だ ディズニーのような手腕で、アメリカ人アニメーターにマリオやドンキーコング、ゼルダをつくらせた 宮崎にそんなコネクションないだろ





うちの先生は宮崎駿を日本のウォルト・ディズニーと呼ぶと怒る ウォルト・ディズニーこそアメリカの宮崎駿だと





「風立ちぬ」を劇場に見に行ったとき、観客席が子供でいっぱいだったのには驚いた あれは歴史ドラマだろ





宮崎はピクサーがまだ会社になる前から、スタッフと仲良しだよ





宮崎を日本のディズニーと呼ぶなんて侮辱でしょ





宮崎駿はアニメ界の黒沢だな





こいつピクサーはディズニーに統合される前にたくさんのフィルムを作ったって知らないのかね?





この記者はピクサーの事情は全く知らないようだな 日本のウォルト・ディズニーなんて誰も呼んでないけど、まあいいか





いやいや、ピクサーはディズニーがやらないことを全部やってるよ





http://www.salon.com/2014/06/23/dont_call_him_the_walt_disney_of_japan_how_animator_hayao_miyazaki_became_a_cultural_icon_by_doing_everything_pixar_doesnt/
http://www.reddit.com/r/movies/comments/29y6zz/dont_call_him_the_walt_disney_of_japan_how/

Ad by google





このエントリーをはてなブックマークに追加
­
関連記事






Powered By 画RSS









コメント

No title

ウォルト・ディズニーもロリコンなの?

No title

ブサヨの最後の砦

No title

カートゥーンネットワーク見てると
こいつらディズニーピクサー以外の選択肢が
こんなひどいものしかねぇのか。。。と驚くわ

No title

>ピクサーの時代が来た

えっ

No title

宮本茂はディズニーのパクリばっか。
キノコ王国の城はシンデレラ城そっくりだし、キノピオは七人のこびと。
マリオの声はミッキーみたいだし、ゼルダの主人公の服はピーターパンみたいだ。
ディズニーに本気で訴訟起こされたら勝てないだろう。

No title

>日本のウォルト・ディズニーは映画監督ではないよ、ゲーム・デザイナーの宮本茂だ ディズニーのような手腕で、アメリカ人アニメーターにマリオやドンキーコング、ゼルダをつくらせた 宮崎にそんなコネクションないだろ

嘘つくな、チョン

No title

>「風立ちぬ」を劇場に見に行ったとき、観客席が子供でいっぱいだったのには驚いた あれは歴史ドラマだろ

あっちの人って子供を子供扱いし過ぎだよね

No title

ピクサーは確かに素晴らしいけど作風はもう少し毎回冒険してほしいね。
完全に王道パターン化してるから前情報を知らずに子供と一緒に見るのはいいけど、大人だと普通に二度目は見る必要性を感じない。

ウォルト・ディズニーはディズニーランドを絶賛する連中でも万人が褒めるわけじゃないと思う。間違いなく偉大な始祖の一人ではあるけどね。団体運営や後進育成は一流だけど作家としてはかなり劣ると思う。
逆にパヤオは後進育成も団体組織運営もからっきしだよなぁ・・・結局パヤオがいないジブリはどんどん自己アピールのひどい変な団体になって言ってる気がする。

No title

宮崎がいなかったらネトウヨはanimeみたいなクソでホルホルできなかっただろう

No title

ウォルト・ディズニーが自分ではミッキーマウスすら描けなかったと知ったときは驚いた

No title

まあその手の表現は、作風にインスパイアされた人が後追いで作品を作り、別の場所で成功した時にしか使われないしな
だいぶ違う感じの物は普通はそういう表現しないし

No title

というか、どう考えても手塚治虫の方が偉大だろ

No title

風立ちぬを見た子供たちはガッカリしたことだろうな

No title

ドリームワークスは好きだな
アクションシーンの完成度はピクサーより上だと思うわ

No title

ディズニーピクサーで俺が知っている作品は無いな
だれかジブリのどの作品よりもいいものってある??
あったら教えてほしいのだけれども

No title

ディズニーといえばファイアボール&ファイアボール・チャーミングだろ。

>2005年のニューヨーカー誌の記事で彼はそれを覆す発言をしている 「自分はあと30年生きて、東京やマンハッタンが水に沈むのを見たい 金も欲望も崩壊して、野草が青々と茂るだろう」と 宮崎の持論では、人間は地球で増えすぎたらしい

ジブリの営業は観客の動員と金稼ぎの宣伝に必死なのに呑気なもんだな。
自ら金の卵を生む存在となる皮肉。

No title

日本の

というか○○(国)の××(誰々)ってなんかイラッとするな

No title

「自分たちが大好きな○○と同じほどに偉大」という表現と思えばべつに侮辱じゃないよね?

ジブリ宮崎を知ることによって、自分「たち」が認めているディズニーの欠点・もしくは物足りなさを感じてしまう人がスレタイのようなメンドクサイコトwを言うのかな、と。

No title

もう枯れちゃった人じゃん

No title

こんなこと言うとディズニーファンに叩かれるかも知れないけどさ
アナと雪の女王、シュガーラッシュを最近に娘と見に行ったが、子供は喜んでいたよ
私はあんな中身空っぽのアニメーションは無いと感じていた。
「そりゃオマエが感受性が乏しいだけだ」と言われたらお終いだが、私が子供のころ見た魔女宅やトトロは
今みても色々と感じさせられることや新しい発見がある。
ディズニーはなんていうか、すごく偽善的で安っぽい
日本のアニメーションみて育った人の多くは同意してくれるんじゃないかな?

No title

何でマリオやゼルダがアメリカ人アニメーターに作られた事になってんだよw

No title

>私はあんな中身空っぽのアニメーションは無いと感じていた。
ディズニーファンじゃなく映画ファンとして言わせてもらうが、あの二作は映画としてかなり高い完成度だったと思う
特にシュガーラッシュの世界観の構築やそれを違和感なく受け入れさせる技術、脚本の隙のなさ、テーマの伝達、どれを切り取っても一級だったと思う。子供を喜ばせるにはこの程度でしょって映画では決してない。

No title

ディズニーと比較するなら、ライオンキングで
ジャングル大帝を丸々パクられた手塚治虫だろうという気がする。

No title

>もう枯れちゃった人じゃん
もう70歳越えてるんだぞ。枯れてない方が怖いわ

No title

俺ディズニー嫌いなんだけど
絵とか動きがキモくて、子供の頃から受け付けなかった
流行りの3Dアニメも、受け付けない
そして、最後はハッピーエンドだろ
火垂るの墓みたいに、妹が死んで終わるとかを、子供の頃に見る大切さ
そういうの、あるだろ
子供だって人間なんだぜ、ガキには刺激が強すぎるとか大人が考えちゃダメだよ
アメリカの大人は、子供を信用していないってのが凄く感じる

アメリカじゃ、ソニックもアメリカ人が作ったってことになってるよ
ストリートファイターもな
好きな物、自分たちが愛する物の起源を主張するのはアメリカ人の国民性なんだろう
信じられないだろうけど、トヨタもニッサンもセガもソニーもアメリカ企業だと思ってる奴までいたし

No title

まあブッチャケナウシカ以降のやつって、テレビでタダでやってても見なくなったな。
安心安全、子供にお勧め的な?明らかに一般大衆受け(特に子持ちの若い夫婦)狙って
広く浅く利益得ようってのが見えて萎えるわ。
でパヤヲも引退したっつーんだから、おとなしく若手に任せりゃいいのに無粋に口出しして
だったらもっと早く後継者育てろよとw
つかそもそもジブリの前身の二馬力社はパヤヲと高畑の2人だから二馬力社って命名したんだから
パヤヲが引退した時点で解散、その後に新会社として立ち上げるのが筋だろ?
ゼニゲバPは、いつまでパヤヲの看板に頼る気なのかね。

No title

過大評価。千と千尋以降はまさに老害
しかしこの老害ですら越えられないのが今の日本アニメ界
これから日本のアニメは衰退していくだけだろう
オタクが自分達が逃避した世界を再生産するだけだから

日本のディズニーとか言われてる事自体、アメリカの奴らはディズニー基準で物見てるって事だろ、むかつくわ。てかアメリカ自体がなんでもかんでもアメリカナイズというか、アメリカ人好みの視点でしか物事を捉えようとしないからな。だから世界中で反感買うんだろ。

No title

それぞれの国の視点でみて何が悪いんだ・・それが固有の文化だろう?
独自路線を突き進む事こそが多様性を保ち、それぞれの良さをスポイルしていくことになる。
いま日本式のアニメに傾倒しているのはあまり良いことではないよ。
まだアメリカはマーベルももっているし良いと思うけれど
アニメ新興国はすべて殆ど日本をまねしちゃっているのは残念な事だ

No title

3Dはクソ、何がいいの。ディズニーはあまりに子供だましだし

No title

>>過大評価。千と千尋以降はまさに老害

害はないだろ。過大評価でもない

No title

老害とか言ってるやついるけど、アリエッティとか見てたら宮崎が口出ししたくなっちゃうのすごくわかる
かといって口出ししちゃうと若手は育たないし…
風立ちぬ観たけどよかったよ、親世代は特に感動してたわ

No title

宮崎は冒険するアニメーターでしょ世界観とか独特でワクワクする
今のアニメは独特な世界がほとんどないね
近代的かSFかかわいい女の子出しまくって戦わせるアニメばっか
泥くさいアニメはほとんど見なくなったね
いつからアニメは女だけの世界になったんだw

宮崎駿ってなんでこんなに高評価されてるの?
いや、何本かは純粋に楽しめるし、何本かは神が降りているとも思うけど
提起する問題もありきたりだし、そりゃ人間ブレることもあるだろうけど、どうもこのオッサンに関してはファッション社会派の雰囲気を感じてしまうわ
ナウシカで神が降りたせいもあるだろうけど、重くしておきゃ社会派風、みたいな気取りも見て取れる
実際に一番売れたもののけなんかは人と自然の共存みたいな問題提起をしているけど、本当はそんな問題を提起する気がなかったんじゃないか
なぜなら結局、もののけは終わることができなかったし、ナウシカでは人と自然が共存するには人が全くの自然へと回帰しなければならないという結論を出している
自然を大切に!人間は悪!
確かにもう古臭いテーマだし、みんな飽きてるけどこれを貫けないのがとってもかっこ悪い
最初から最後まで絵柄がどんなに変わり、方向性が変則してもいつでも命というテーマがずっしり横たわり、読み終わると重いのに読んでいる時には自然光を感じる手塚作品(おそらく藤子Fも)が単純でディズニー的な子供向けと解釈され、宮崎駿が社会派とされるのは納得いかない
宮崎駿の方がずっと幼稚だ

手塚さんの漫画は色んな事を考えさせられるから好きよ

宮崎さんのアニメは冒険物は好きだけど何か言いたそうな作品は大概は流し見する
あんまり共感も出来ないし思想が押し付けがましくて

ディズニーさんはアニメーターなの?イラストレーターなの?プロデューサーなの?
あんまりイメージが湧かない

ディズニーアニメは悪い奴をヒロインを貶めてヒーローが救う話って感じ
そこに裏切りも過度の思想も面倒な構造も無いアメリカの娯楽ミュージカル映画アニメ版みたいな感じ
アラジンとかポカホンタスとかライオンキングとか
見た作品は二度三度見ようとは思わないな
見てない映画のが多いけど

No title

宮崎は頭ん中お花畑だけど、ディズミーみたいに真っ黒ではないだろう(多分)

No title

ナウシカは原作読むと印象がまた変わるんだけどな、ヒロインは映画よりも
現実的でもあるしテーマはもっと重くて深い
映画はナウシカやあの世界観の一部の側面だけ抜き出してある方向に向かって
強調しているにすぎない
まあ本気で原作の伝えたい事を全てやったら最低3部作ぐらいじゃないと無理だから
今作るならやるかもだけど制作当時の資金的余力や宮崎氏の置かれた状況考えると
構想を全て映像化するのは無理だっただろうけどね

アメリカナイズは文化とは言わないと思う。単に他の文化をかっさらってきて自分たち好みに作り替えるだけ。反感買おうがお構い無し。
後、日本の真似ばかりで残念とか何言ってんのかと。 元々アニメ、コミックなんてのは世界じゃサブカルの中のさらにマイナーなサブカル扱いで発展もクソもなかったんだよ。日本みたいに独自の流れが続いたとこなんてないに等しい。ホルホルしてるとかじゃなく、ホントのことだもの。世界が日本の真似してるから残念なんてのは連綿と続いてきた日本のサブカルに対する侮辱とすら思うわ。
何を卑屈になってんのか、と。
ただ、ディズニーがあんな昔にアニメ技術を作り上げたのは素直に凄いと思うよ。

No title

日本のディズニーに相当するのは円谷英二なんじゃないかと思う

No title

もうかなり前からなにも生み出せない宮本茂とか…
任天堂はもう死んだんだよ

No title

ディズニーランドは子供の夢でも何でもなく、「子供」という言葉を利用してしていかに金を儲けるかを追求した施設だけどね。

No title

ぱやおはぱやおだろお...最高なアーティストであり、偏屈で左翼的面のあるロリ豚...それが宮崎駿だと思うんだけど。

No title

はっきり言って宮崎は素人に毛の生えた程度の実力です
一流はクオリティを維持しつつ仕事が速い,宮崎は中クオリティに仕事が遅い
ジブリのクリエーターは一流のアニメーターを自分の手元に置く事に必死です
宮崎もその一人

No title

長編映画からの引退であってTVシリーズをやってみればいいんじゃね

不思議。宮本茂の知名度は国内より海外の方が明らかに上だね~。

ピクサーって、抵抗したけど結果的にディズニーに取り込まれたんじゃないの。コンテンツは良いかもしれないけど、ディズニーのやり口には良いイメージがない。TVでも大人のディズニーランドフリークを取り上げたり、持ち上げるのを見ると気持ち悪いなぁって思う。

No title

ピクサーもバグズライフやMr.インクレディブルの頃はすごく冒険的だったんだけどな
ウォーリーやトイ3も確かに面白いんだけど置きにいってる感は有るな
それに比べてジブリ(というか宮崎&高畑)は....

No title

宮崎は非凡な作品を多く作り出したけど、傑作なんてない。
ディズニーのように購買力のある家族世帯をメインターゲットにし、かつ周知されたから内容など二の次で行く層が増えただけ。さらに売り上げ厨のバカメディアが上っ面を報道しアニメに無知な層(大人子供含む)まで関心を持たせて拍車をかける。
くだらねー内容でも、さも聖典のように扱う様を見るとディズニー的なものと混同するのも当然かと。

No title

>ゲーム・デザイナーの宮本茂だ ディズニーのような手腕で、
>アメリカ人アニメーターにマリオやドンキーコング、ゼルダをつくらせた

おい、嘘つくな。Wikipediaで調べたらアメリカ人アニメーターはデザインに
一切かかわってい無し、声優だけじゃねえか。何でこう海外のアニオタは
「この日本人共は白人から影響を受けた」と嘘を言いまくるんだ?

No title

海外で評価される日本人を誹謗中傷するのが何故か上から目線の日本人とか最低だね
自分は何の貢献もしてないのに気に食わない人は引き摺り下ろそうとする
民度が低い







■コメントに関してのガイドライン■

・差別的中傷的なコメント

・トピックに関係ないコメント

・広告やスパムコメント

・当サイトへのコメント

・不適切だと判断したコメント

は削除やアクセス制限の対象となります

また当サイトへのご意見(提案・リクエスト・重複の指摘など)

は記事内のコメント欄ではなく下記アドレスにお願いいたします

kaigai.000@gmail.com



コメントをした時点で上記ガイドラインに同意したものといたします

これからもよろしくお願いします(´・ω・`)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

­
最新記事
­
­