Homeスポンサー広告雑談>外国人「お気に入りの日本語とかことわざって何がある?」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「お気に入りの日本語とかことわざって何がある?」【海外反応】

2014.09.06 Sat

外国人「お気に入りの日本語とかことわざって何がある?」【海外反応】

投稿者
お気に入りの日本語とかことわざってある? 似たようなスレがたくさんあるのはわかってるけど、いろんな言葉を知りたいから教えて





「十人十色(じゅうにんといろ)」 誰でもユニークってこと





↑日本語のネイティブより とおいろ、じゃなくてといろ、ね





↑よく似てるけど、自分のお気に入りは「千人千色(せんにんせんしょく)」





↑「とお」って何? 「十(じゅう)」って書いてるのに






↑「とお」は「十」の読み方のひとつ、おなじ10って意味





↑知らなかった 同じ漢字でふたつの読み方があるのはどうしてだろう?





↑「いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう」は音読みで、数字を表す日本語だけど、元は中国語の読み方
「ひと、ふた、み、よん、いつ、む、なな、やつ、ここの、とお」は少ないものの数を数えるときの読み方で、それぞれに「つ」をつけて「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ、やっつ、ここのつ」のように使う ただ「10つ」という風に使うかどうかはわからない でも「十日(とおか)」という単語はよく使われているよ





↑「とお」に「つ」はつけないよ





↑「十」はいろんな読み方をするみたいだね じゅう、じっ、じゅっ、とお、と、など 自分は日本語初心者だから確実じゃないけど、音読みだと「じゅうにん」、訓読みだと「とお」「り」だよね ひとを数えるときに「人」という字を使って「一人(ひとり)」「二人(ふたり)」と読むから





↑そう使うのは「二人」までだよ 昔の日本語では「ひとり、ふたり、みたり、よったり」と数えたらしいけど、いまは使わない





↑少女時代の「The boys」という曲の歌詞に「九人十色の中毒性」っていうのがあるんだ 「9人いれば9種類の毒がある」ってことみたいだけど Kポップのアーティストが使ってる日本語はちょっと意味がないね





自分のお気に入りは「敵に塩を送る」 つまり自分の敵にも人類愛を示すという意味 戦国時代、上杉謙信が塩の供給を断たれた武田信玄に塩を送ったことから来ているんだ ことわざの意味だけじゃなくて、その由来も知りたくなるんだ





「風林火山」風のように早く、林のように静かに、火のように激しく、山のように動かない





「弱肉強食」適したものが残るためのサバイバル 「花より団子」美しさより実用性 「喜怒哀楽」人間の感情(喜び、怒り、悲しみ、ユーモア)





「鬼に金棒」鬼に金棒を持たせるともっと強くなる、何かを得てマックスの力を出すということ あと日本語で何というかいま調べても出てこないんだけど、「毒を飲もうとするなら、カップも食べてしまえ」というようなのがあったな…そういうことをしたいわけじゃないけど、すごく鮮明に想像できるよ! あと「七転び八起き」は7回転んだら8回起き上がれという意味 「正々堂々」はフェアに、まっすぐと





↑「毒を食らわば皿まで」じゃない? 皿だよ! カップより悪いかもね





「三日酔い」だな!





「悪因悪果」「わがまま」





「木漏れ日」木の枝を通して差してくる日光のこと





「何とかなる」これは自分の日本語の勉強の仕方 一生懸命勉強を続けていれば、何とかできるだろう





「知らぬが仏」「金魚の糞」「肩で風を切る」「馬鹿は風邪をひかない/あほうは風邪をひかぬ」これはおもしろいよ、馬鹿は風邪をひかないんだ、風邪を引いたことにも気づかないから たぶんこれが自分の一番のお気に入りだな





「加齢臭」中年のサラリーマンって臭うんだ、タバコとか、コンビニの揚げ物とかの刺激臭がまとわりついてるかんじ





「雨が降ろうと槍が降ろうと」! 英語でもcome hell or high water(どんなことが起ころうと)って言うけど、それよりすごいよね だって槍が降ってくるんだよ!





「大雑把」日本人がこれを言うときにはネガティブな意味が多いけど、自分はその方がアメリカンスタイルって気がして好き





「失敗は成功の元」これいいよね、勇気づけられる





「必ず」英語のdefinitely、certainly、absolutelyのどれとも違う、強いニュアンスを感じる










ものすごい詳しいですね
http://www.reddit.com/r/LearnJapanese/comments/2exbn6/i_know_there_was_a_post_similar_to_this_recently/
­
関連記事

コメント

*No title

アメリカ=大雑把 は正にその通りw いい意味でも悪い意味でも

*No title

四字熟語は中国由来のが多いよな

*No title

※1
それでバランスが崩壊してもまた違う方向に発展するのがアメの面白いとこ

*No title

>馬鹿は風邪をひかないんだ、風邪を引いたことにも気づかないから

高校球児の野球馬鹿が風邪ごときで甲子園を休まない的な事だよね?
釣りバカが風邪ごときで折角チャーターした船を台無しにしないみたいな

*No title

「焼肉定食」が好きですね

*No title

>「悪因悪果」
こんな言い方するか?
因果応報の間違いのような気がする

*No title

アメリカン=大雑把。をアメリカ人自体が受け入れてるのかw

*No title

風林火山は孫子からだから日本のと言っていいのかどうか
まあ言ったら諺は昔の中国からのものが多いけど

*No title

「木漏れ日」を挙げてる人がいたけど、外国語には中々ない表現らしい

*No title

>馬鹿は風邪をひかないんだ、風邪を引いたことにも気づかないから

「夏風邪は馬鹿がひく」まで入れたら完璧だった。

*No title

「悪因悪果」もありまっせ。因果応報とともに仏教が出典ですな。

*No title

風林火山は四文字熟語ではなく、有名な古典兵法書「孫子」の一節の、さらに頭文字だけ抜き取ったものですな。

*No title

好きな日本語?それならば、

よんきびう!よんきびう!

*No title

ことわざ系は中国由来が多いだろうね
中国以外にも意外といろんな国の伝来を日本語訳してあるんだよね
調べるとおもしろい

*

古語に詳しいガイジンとか萌える

*No title

言葉が違うと考え方も変わる
でも全く違う国のことわざなのに、妙に似通ったものがあったりして面白いよね

*No title

「みたり、よったり」なんて、よく知ってるなぁ。落語くらいでしか聞かない。

*No title

情けは人の為ならず
宗教を介さずして利他的行動に合理性を見出したのはユニーク

*No title

「傾城に誠なし」が江戸時代っぽくて好きだな。「耳嚢」しか読んでないけど。

*No title

『藪から槍』
なんかもう騙し打ち的、奇襲攻撃的に初撃で詰みな状態。『此の人私の弁護士だから』状態。
今作った。

*No title

「加齢臭」は資生堂の造語だろ。

*No title

>加齢臭
それじゃない。
朝起きた時になんか懐かしく思う枕の臭いだ。
「あ、親父の枕の臭い・・・」

*No title

『目から鱗』
どういう状況か気になって調べてみたら、聖書由来だったのね・・・

*No title

強いニュアンスがいいなら「必ず」より「絶対」の方がよくないか?

*No title

小学校の時に勉強したけど 鬼がつくことわざだけでも腐るほどあるよな

あと加齢臭はダウンタウンの松本が言い出しっぺだと思うな
カレー臭 カレー臭うるさくて 初めはカレーのニオイの事かと思ってた

*No title

我が生涯に一片の悔い無し

*No title

3.3センチの虫にも16.5ミリの魂打法

*No title

これ知ってる
某巨大ブログで読んだ
ここでは初見?何回目?

*No title

たいの尾よりいわしの頭
ぬかに釘
きいて極楽みて地獄
のれんに腕おし
金時の火事見舞い
玉に瑕

*No title

>「雨が降ろうと槍が降ろうと」! 英語でもcome hell or high water(どんなことが起ころうと)って言うけど、
>それよりすごいよね だって槍が降ってくるんだよ!

hell or high waterって、そういう意味だったのか!
リチャード・ウィドマーク主演の映画の題名通り、まんま「地獄と高潮」のことかと思ってた

*

億万長者
表裏一体
長期休載
連載再開
腰痛休載
狩人狩人

*No title

加齢臭はそんな匂いじゃないw

*No title

「藪から棒」突然って意味だけど、どうやった藪から棒が出てくる例えなんか考え付くんだろう。昔の日本人のユーモアって好きだわ。

*No title

ことわざじゃなくて、慣用表現や単語がほとんどですね。

*No title

外人さんから見たら、数の数え方はむつかしいだろうなあ
そして、自然の描写、たとえば雨の常態を言い表す言葉の種類の多さには、ビックリするらしい
確かに、霧雨、小糠雨、五月雨、驟雨、豪雨、雷雨、夕立、通り雨、狐の嫁入りまでw さすが水の国w

*No title

>>「木漏れ日」を挙げてる人がいたけど、外国語には中々ない表現らしい

へー、雲間から差す光のことを天使の梯子(Angel's Ladder)って綺麗な表現するのに意外だ。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/2469-77f1293a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。