Homeスポンサー広告歴史>外国人「なんで日本とか東アジアは技術はあったと思うのに海を超えて探検しなかったの?」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「なんで日本とか東アジアは技術はあったと思うのに海を超えて探検しなかったの?」【海外反応】

2014.09.27 Sat

外国人「なんで日本とか東アジアは技術はあったと思うのに海を超えて探検しなかったの?」【海外反応】

投稿者
中国、日本、韓国はなぜヨーロッパのように世界を探検しなかったのだろうか?

明らかに技術的には可能だったと思う(コンパスや船など) 日本や韓国、それからイギリスはとても似ていると思う どちらも小さな島国で資源も少なく、しかし人口は多い ではなぜ、イギリス人は海を渡って新天地を探したが、日本はそうしなかったのか?(産業革命の前に)





シルクロードで貿易がさかんだったころ、富は西から東へ流れていた 中国はほかに貿易先を探す必要などなかったのだ 中国の近隣諸国にも同じことが言える 彼らは鄭和の大航海をサポートするのに十分な富を持っていた だが彼の船は燃やされてしまった 外へ貿易相手を探しにいくより、外から相手がやってくるのを待ったほうがお金が無駄にならないからね

ヨーロッパだって冒険が好きだったりお金があったらというだけで海へ出たわけではない 彼らにはそうしなければいけない理由があったのだ ヨーロッパの土地は人口に比べて狭くなっており、そこがいっぱいになったら植民地を探す必要があった

スペインがまず行い、イギリスなどが追随した どれだけその価値があるかということがわかれば、もっともっと探検をするようになり、彼らの経済は探検と他の土地、他の土地の人間中心の経済となった





↑ポルトガルが始めたことだ 多分
http://en.m.wikipedia.org/wiki/First_European_colonization_wave

http://en.m.wikipedia.org/wiki/Henry_the_Navigator





↑中国が世界の中心だという考え方が間違っていることが発覚してしまうこともあまり望ましくなかったんだろう 外へ旅にでれば、より野蛮で不安定な社会になるだろう もう約束の土地に住んでいるのだから、闇の世界へ手をだすことなどないだろう?





↑明の時代に、中国が内向的になった責任があると言われているよね でも貿易はずっと重要なものとされ続けていた 明の時代の貿易は、外国人が中国へ出向き、銀と交換に中国のものを買うというものだった 外の世界の人が欲しがるものを持っているのが中国であり、だから中国が世界の中心であるという考えはこの貿易では覆されるものではなかった 清の時代までこれは続き、ということは19世紀にイギリスがインド産の紅茶を売り出して中国のお茶と対抗するまでは、ということだ

この中国が世界一だという考え方は、中国の外交と、現代化の際にに大きなダメージを与えた 





↑イギリスがもっとカトリック化されていたら、同じような考え方になっていたかもしれないね





↑考えてみれば、古代の文明はほとんど、こういう考え方だったんじゃないかな そしてそれが探検する気持ちがどこまで深まるかに影響していると思う





中国についてだけど、鄭和については知ってる? 彼のおかげで中国はたくさんの貿易をおこなったよ:海から世界を旅してたくさん貿易相手を探した 彼は成功例として有名だよ
http://en.wikipedia.org/wiki/Zheng_He





↑投稿者 あぁいま彼について学んだところです でもちょっと不思議なんだけど 中国には何億人もの人口が紀元前1300年にいた でもたった一人だけが海を探検したのか ヨーロッパ大陸すべてまとめても中国ほど人口はないのに でも探検家はたくさんいた





中国の探検家は、イスラム教徒かキリスト教徒だったというのが興味深い アブラハム系の宗教はどうも外へ外へと探検するような考え方で、東アジアの宗教は、孤立や充足に重点を置いているよね ただの推測だけれど、もしこういう事実があったら興味深い・・・





中国海軍が本気を出したのと同じころ、海への探検は中断されて終わりを迎えた おそらく政治的な中国国内の紛争の結果だろう しかし、おそらくは中国内部にはとても保守的な考え方が多く、それが新しく生まれた多くの問題、外国と関わることなどを含めて、脅威にさらされていたからだ





そもそも、中国は東アジアの巨大ゴリラみたいな存在で、韓国と日本はゴリラを怒らせないように気を付けてなきゃいけなかったんだ 
中国については色々話したいけど、こう考えたらいい たとえ今日の世界でも、宇宙を探索することに巨額を投じることを嫌がる人は多い 「内部の問題を解決してからにすべきだ」ってね 
中国は、平和な社会を国内に構築することにまず重点を置いていた 欧米がどうしてそんなに探索に情熱を注ぐのか、不思議に思っていたかもしれないよ





↑そんなことないと思うね 日本が中国をそんなに恐れていたなら、和寇の海賊をそんなにサポートしたとは思えない それに、1592年には中国と韓国に侵略しようとしたじゃないか 中国と日本の関係っていうのは、池を挟んで睨み合ってる巨大な虎だと思ってるけど





↑和寇については長い歴史があるんだ それと世界を探索する海軍を作ることはまったく次元の違う話だ
韓国を侵略しようとした話についてだけど、彼らはそんなに遠くまで侵攻しなかったよ

中国が欧米によって安全に抑制されていたってことに間違いはないと思う 日本は領土を拡張しようとしたよ アメリカまで来てパールハーバーを攻撃したんだから





中国についてだけど、彼らは探検することに興味がなかったんだ 彼らは彼ら自身で十分に自給自足できてた 彼らはそれに完全に成功していたから、反対に国際化することと新しい技術を開発することに遅れをとったんだ





↑中国だって領土拡大に興味を持っていたよ 清の時代、18世紀半ばにはもっとも広い領土を誇っていた





韓国が島国だって思ってないといいんだけど(島みたいなもんだけどさ)

中国が国境の外へ探検に出なかったのは、韓国と似たような理由によるものだと思う 韓国はシルクロードとつながっていたころ(新羅と高句麗の時代だ)、貿易による利益は人口を満足させるために十分なものであった だから他の場所を探す必要性を感じなかったんだろう 歴史が進むと、韓国は国内の問題に翻弄された 特に朝鮮時代後期は 権力の奪い合いとかでね

新羅の時代の僧、慧超は例外と言えるだろう 仏教を学びに中国へ行った僧だ 彼の師匠たちは、彼にもっと学んでほしくてインドへ送った それだけじゃなくて、彼は中央アジアも旅したんだよ 
http://en.wikipedia.org/wiki/Hyecho

http://mongolschinaandthesilkroad.blogspot.kr/2010/12/hyecho-koreas-first-cosmopolitan-who.html





↑イギリスについてもだけど、島じゃないよ・・・!





↑日本もそんなことないし、それから、小さい?





↑うーん、確かにイギリスは比較的大きな島だね 島としては

http://www.bbc.co.uk/news/magazine-24083162





してたかもよ
http://www.gavinmenzies.net/Evidence/5-annex-5-evidence-of-chinese-fleets-visiting-africa-%E2%80%93-west-coast-including-south-africa/








日本は樺太探検とかしてましたけど世界中はあまりない気がします
http://www.reddit.com/r/history/comments/2gzfgl/why_did_chinese_japanese_koreans_not_explore_the/
­
関連記事

コメント

*

だから日本と韓国を同列に語るな!
ジャップ以上の侮辱言葉だぞ

*

当時韓国なんて国はなかったのですが。

*No title

>韓国を侵略しようとした話についてだけど、彼らはそんなに遠くまで侵攻しなかったよ

ほぼ全土を制圧したんだが。その後明軍の介入で膠着状態になった。
朝鮮人かなこのコメント。

*No title

鎖国してた良き時代でござんした。

*

彼方此方行ってたよな。ただ近代に近づくにつれ、幕府によって禁止されてた上に、帆も一つとされて遠方に行くには不利なようにされたけど。

*

だって一方は中国、一方はただの海
どこに行けって言うんだよ
蒸気船でやっと黒船がやって来たんだぜ?
各地を経由しながら

*No title

日本が大東亜共栄圏として東南アジアに出て行ったのも、
西欧の覇権に脅威を感じて日本なりの対抗策を
模索した上での消極的な結論からの結果。
本来、日本には覇権的な感覚が無いんだよ。

*No title

日本は印度や東南アジアや東アジアと海上交易していたんですがねぇ・・・

*No title

してないわけがないじゃん
白人の傲慢さが出てるな、人類なんてそもそもアフリカから離れれば離れるほど
探検により新天地へ増殖したんだし地の果てアメリカ大陸や北極圏の現地人はモンゴロイドだしユーラシアの端っこもモンゴロイドだらけ
こっちは文明が始まる以前から開拓しまくってただけで欧米人なんて最後に侵略したに過ぎない
あまりにもあたり前のことだから記録もなにも無いんだよ文字がない時代から行き来してるんだから縄文土器と南米の土器が似てるのも有名な話
逆に間に中央アジアが無く極東とヨーロッパが隣接してたら白人なんて淘汰されてると思うぞ
一神教なんていう原始宗教に未だにどっぷり使ってる奴らが何を言ってるんだか

*No title

知らない大地を求めて冒険するより
自分たちが今住んでいる地形を正確に書き記す事に夢中だったんだw
後は鎖国(外の世界に出れば死罪)があった時代背景かな

*No title

これについては最近の遺伝子研究にある
アフリカ人と欧米人は心配遺伝子が無い人が多い
これに比べて日本近辺はほぼ100パーセント持ってる
だから行動原理が違う
心配するから行動するし、行動しない
そこにメリットがあってもデメリットが大きく心配されるならしない

*No title

ヨーロッパのは探検じゃなくて侵略と虐殺と奴隷商売じゃないの?
コロンブスが何やったかなんて知らないわけないよね

*

寧ろあんたらが世界史の特異例だろうに。
普通はいくら人口が増え、大国に圧迫され、商路を求めようと、
地球の反対側の未開地まではいかん。

*No title

多分原文はKoreaなんだろうけど、なぜ韓国と訳すのだろうか
朝鮮か高麗と訳すべきなんじゃなかろうか
韓国だと南だけになっちゃうよ?原文はSouth Koreaじゃないんだよね?

*No title

胡椒なんて要らなかったし、銀はたっぷりもっていたw

*

開拓なんかしなくても、貿易国を探さなくても、お隣に巨大な文明国がありましたし
それよりも内戦で忙しかったし、ポルトガルが来てからは貿易に困らなかったし、キリスト排除に忙しかったし
んで鎖国した期間が長く、黒船にこじ開けられてからはあれよあれよと西洋化に勤しんでおりました

*No title

遠征先との間でテクノロジーのギャップが小さいと、遠出してもあまり利益はでない。近場では琉球の取り込みとか蝦夷地の開拓とか、地道に行ってはいたよね。

*No title

侵略を探検と言い換えるその傲慢無知さには吐き気を覚えるよ。なんか言い訳までしてるし

あとこいつらって真珠湾攻撃の理由を「日本がハワイを欲しがったから」とでも教わってるのかね?

*No title

宣教師が来なきゃ日本は300年も鎖国しなかった
反面、ヨーロッパの渡海は布教が目的のひとつ
結論=キリスト教のせい

*No title

地球は丸いってのが提唱されていなかったから
ショートカットを作ろうってことにならなかったんだろ

*No title

戦国期に日本に来た宣教師なんかさ
1年以上命がけの航海して途中で死ぬ奴もいたし着いても極貧の生活して布教したり追い出されたりさ
建前はどうあれその勇気は尊敬に値するよね

*

朝鮮半島の人達はそんな能力なかったろ

*No title

単純な比較で言うなら、日本と中国は欧州から見てアフリカ沿岸に相当する東南アジアまでの航海は普通にしていたよね。
造船技術のない朝鮮はおいといて。

欧州にとっての大西洋横断に相当する太平洋横断をやってない理由は「そこまでの動機がない」に尽きるだろうな。

*

普通はちょっと外向きの用事があっても、隣に拡大したり、移動したり、隣と取引したりだからな。
かの鄭和とて、数百年数千年かけて出来上がったインド洋交易路を、大規模にそのままなぞったに過ぎぬ。
シベリアから黒海まで俺の庭だぜな遊牧民や、ハワイからニュージーランド、
イースター島までは俺のプールだぜな海洋民ならいざ知らず、狭い半島に固定した奴らが
突如として拡散するのは、世界史上の異常事態だ。

*No title

出て行くと、当然入ってくるようになるんだよ
当時邪教のキリスト教が

*No title

>2014-09-27 09:02
割と真面目に地球侵略を企む日本が出てきたと思っている人が多いよ
勧善懲悪、ドラマなんかもそうだけど大衆はそういう捉え方をするんだよ
で、原爆二発で降参して改心して今があるというかんじ
仏教でも鬼子母神とかそういう風に伝えられているでしょ?
理解しやすいし、権力者的にも都合が良いしで

*No title

太平洋に旅立っていった連中もいたんじゃね?還ってこなかったけど。 

*No title

とにかく対外戦争を徹底的に避ける、海外の諸勢力との争いに巻き込まれるのを予防するって言うのが当時の江戸幕府の外交ドクトリンだった。排外的永世中立国でいようとしてたんだ。だから「外国船打払令」なんて法律も作った。それから江戸時代は新田開発や殖産振興を一生懸命やったんで、なんだかんだ言って、国内自給だけで生活していける様になれた事も大きかった。結果、喫緊の課題として海外に植民地を持とうと外に打って出る必要がなかったんだな。

*No title

日本が領土拡張しようとパールハーバー攻撃したって?脳みそスポンジなんじゃないのあいつら

*No title

中国は一枚岩じゃないんだからそれこそ戦争しまくる欧州と一緒だろ
あと思想の問題だろう。対外侵略の祖はやっぱちげーなw

てかアメリカのパールハーバーってなに?

ハワイには日本人多かったし当時アメリカの州でも何でもないが?
馬鹿なの?

*

探検ってアメリカ大陸発見限定の話?
なら、太平洋より、大西洋の方が小さいからスペインが一番初めに発見するのは自然だと思うけど
アメリカ大陸に限らないなら中国だって探検してた
アジアの開拓や貿易はもちろん、陸でもね
ただ、ヨーロッパとの間には中央アジア諸国があったからヨーロッパと直接国境接した時代が限られてるだけ
欧米人だけが探検心をもっていたって思いたいんだろうけど
それは完全に間違い

*No title

水車すら作れなかった土人国家韓国を知らなすぎだよ

*

朝鮮はずっと未開の属国だったろうに本当息を吐く様に嘘をつくなぁ
しかしアジアの海洋民族は昔から船で行き交ってただろう、流石に太平洋はデカすぎて東へはあまり行ってないけどね

*No title

単純に造船技術。
幕末に難破したロシア人に竜骨のある船の作り方教わるまで外洋の波に耐えられる船を作れなかっただけ。
当然中韓もその技術は無かった。

なおロシア人は日本の船大工が作った竜骨のある船で国に帰った。
船は日本に返してくれる約束だったが出来が良かった(大工の技術は日本が上)から返してくれずに替わりの船を日本にくれた。

*

探検の果てに日本に辿り着いたわけだが

*No title

東南アジアを舞台に語るならば、戦国時代、江戸時代に入る前辺りですでに
西欧のような現地人を殺しまくる侵略をしていないだけで、
東南アジア各地には日本人街があったし交易もしていた

華僑という言葉が有るように当然中国出身者人も沢山居た。
こちらも(現地と摩擦だらけではあったが)
西欧的な政治支配をしないで割と自由な交易をしていた

その比較的平和な地域に、『西欧が侵略してきた』

という事実が完全に無視されてるんだよなぁ。

*No title

あれっ?
世界史で習いませんでしたっけ?
イスラム圏があったため貿易をイスラムを
通してしか出来ない現状の打破。
特にスペイン、ポルトガルのような欧州の端では貿易の
値段も言い値だったからです。最初からコロンブスはインドを
目指してましたしインドと黒胡椒を独占的に取引したかったため航海に出たんだと習った気がします。

*

韓国混ぜてんじゃねーぞ、こら。

*

韓国は蛇足以外の何物でもない
日本の恩恵で今までやってきた国

*No title

他民族への侵略が当たり前な西欧の価値観こそが狂ってたし、今は大きな変化はない。
米国は西欧のコピーだけど、シナとロシアの野蛮性は土着だね。

*No title

まぁ基本は引きこもりだからねぇ

*No title

冷蔵庫の無い時代、
肉食のローマ人にとって胡椒(コショウ)は生活必需品だったんだが
インド産なので陸路だとムスリム経由でないと入手出来なかった。
ある時、モンゴルの遊牧騎馬民族がユーラシアの大半を牛耳った頃
コショウの陸路価格はハイパーインフレを引き起こし・・・
だから、大航海時代が始まった

生活必需品がハイパーインフレを起こした時に革命が起きるのさ

遊牧騎馬民族にとってのステップ(草原)とか
その昔のマンモス肉とか、近代ではクジラの脂、石油(熱源)
要するに大勢の人が命と引き換えても入手したいと思う物が
ハイパーインフレしないと戦争や侵略は起きないでしょ

*

大航海時代の目的の一つに”異国から奴隷を連れて来る”ってのがあって奴隷商人てのがいたろ
日本人は人を動物扱いして異国の地にまでさらって来るような事は好まないから

当時の鮮人の航海する可能性には無理があるな
エラは名残り程度に退化した後だし

*No title

ヨーロッパが外洋に乗り出した動機はただの布教じゃん。

*No title

探検家ってようするに侵略者だろ
そんなものに進んでなりたいとか思わねーわ

*No title

>奴隷
の扱い、つまり去勢
要するに動物相手に刃物を平気で振り回す、てのは、牧畜(遊牧)文化。

灌漑で天候が良い土地に根付き、税管理の為に中間管理職が増え、暇を持て余し哲学が生まれた農耕民族とは対照的

*No title

単一民族間での内戦に明け暮れて天下取ったあとも国内バランスとるので手一杯だったから
一神教下の王権神授説や選民主義からくる植民地獲得と言う発想がそもそもなかったから

糸冬

*No title

朱印船貿易を完全にスルーしてるよね。
東アジアは安土桃山~江戸初期には結構貿易してたと思うが。

*No title

パールハーバーってよく言うけどさ、アメリカはハワイに対して何をしたか。
知らないのか、忘れているのかどっちだ。

*No title

すぐ隣が100~200年ごとに戦国時代やるような地域で、北側は殆ど人住んでなかったから
台湾だって日本が編入するまで部族同士で争って刈った首の数に応じて相手の土地を分け与えられていたような地域だ
但、ベトナムとは平安時代から交易があるし、インドネシアから象が贈られてきたことがあるように、それなりに東南アジアとの交易もあったのが途絶えたのは、ヨーロッパが植民地にしたからじゃないのか?

*No title


>ブルネイの歴史
>1582年のスペインと倭寇との戦闘

*No title

江戸市民<1か月の航海期間中ずっと真水の風呂に入れないとかそれなんて拷問?

*No title

鄭和「朝鮮人と一緒にするなよ」
納屋助左衛門「全く持って遺憾だ」

*No title

もうはるか昔にアフリカから極東まで探検し終わってこの地に住みついたんでは?

*No title

西欧、中東などの帝国による侵略の歴史や世界地図(海図)を見たら領土拡大しようとする野望など極めて無謀。

朝鮮は一部の貴族以外、世界の事など何も知識はなかったと思われる。そもそも文盲。

*No title

まあアメリゴとかコロンブスを誇りに思うのは良いんだけどさ
そん時みっけた大陸に住んでた先住民がどっから来たのか、とかは考えんのかな
ある日突然泥から生まれた訳じゃないんだぞ

*No title

鄭和(の一団)の名前が出てこない時点でもうね…
キリンを連れて来て「これが麒麟なのか…」とビビらせたりしたのに

一団はアフリカまで到達したのに
明ではその業績は抹殺された
西洋の冒険って=侵略だろ?アジアには中国って
巨大な重しがあったからわざわざ冒険する必要ないし
何より中華思想により西戎(西の戎=蛮族)って
犬のような言葉を話す連中って考えだし
中華思想を西洋人理解しないといけない
唐でタラス河畔の戦いに敗れたりしたのもあるけどね

>>日本は領土を拡張しようとしたよ
アメリカまで来てパールハーバーを攻撃したんだから

は?お前ら(たぶんアメリカ人)が戦争せざをえない状況に引きづり込んだんだろうが
被害者コスプレ(韓国人風)するな

*No title

鎖国政策を始める前まで東南アジアにはけっこう進出していたんだけどな。
ベトナムのホイアンにはかつての日本人街が残されている。
その他、タイのアユタヤ、フィリピンのマニラ、カンボジアのプノンペン
などにも日本人居留街があった。

*No title

外人はなーんにも知らないらしいな
サムライ「秀吉様に命じられて朝鮮ってとこまで来たけど、なーんにも無いし、早く帰りたいわ・・・・」
ヒデヨシ「おうっ!帰ってこい!!」

*

日本人は薄い味付けを好むからね

香辛料なんて必要なかったのさ

*No title

してたよ
世界大戦前くらいは日本で人口増えすぎて
満州からヨーロッパやら南米やらハワイやら移民しまくってたよ
日本人は現地に溶け込みすぎて目立たないだけだよ
お前らみたいに先住民消す程自己主張しないんだよ

*No title

とりあえず外人達はなんで大航海時代が始まったのか調べろよ
それを東アジアの状況と照らし合わせてみたら答えは自ずと分かるだろ

*No title

この場合の韓国って朝鮮時代のことだよな?
技術的に無理でしょ

*No title

まず幕府の法律では他国の船や貿易以外の船に乗ることは死罪
貿易のため以外は受け付けてない

300年間戦争がなかったのはある意味厳しい鎖国政策があったから

*

朝鮮に技術があったと思ってるのか

*No title

西洋と違い、奴隷経済の国家じゃなかったので奴隷を探すために侵略先を探す必要がなかった

*No title

探検家一人一人の動機はともかくとして、社会的にそれがバックアップされるには切実な要求が無いと無理。
大航海時代が始まったのはオスマン帝国にシルクロードを遮断されたからだろ。
心配遺伝子とか関係ない。

*No title

竜骨(キール)の無い船で、何処まで行けたか

*No title

そういえば1600年頃にアンコールワットに行ってる(名前の落書きしてる)日本人が
少なくとも十数人以上いるわけだが、どうやって行ったんだろうな?
日本の船なんだろうか?

*No title

キリスト教の宣教師が中世日本に来て布教しても殺されなかったけど。
仏教の僧侶が中世ヨーロッパに布教しに上陸したら港で火あぶりにされるだろw

*No title

探検と言う名の侵略

*

>>そういえば1600年頃にアンコールワットに行ってる(名前の落書きしてる)日本人が
少なくとも十数人以上いるわけだが、どうやって行ったんだろうな?
日本の船なんだろうか?

日本の船かどうかはわからないが、その頃には日本人街がタイやジャワにあった。南方貿易などあったんじゃないかな (マンガ日本の歴史で見た記憶がある)

*No title

欧州の大航海時代は、インド中国との貿易で巨利を得ていたイスラム帝国の中抜きを排除して、それを自分たちの懐に入れようと考えたせいなんだが。
東アジアには中抜きするイスラム勢力が居なかったから、平和だったという話。
それと、東アジアは水田稲作が基本。熱帯アジアでは当時病害虫の多発でペイできなかったから、植民地にする価値が見出せなかっただけ。香辛料にも興味がなかったからね。
韓国は当時存在していないし、冊封で国ですらなかったんだが。

*No title

鎌倉時代は領地配分や内ゲバ倭寇でそんな余裕はなかった
戦国時代はそれこそそれどころではなかった
安定した頃には西洋の植民地思想の情報が入ってきたし奴隷なんつーヤバイ思考してたから守りを固めてそれ以上関わりたくなかった
太平洋、日本海バリアまじ守護神

*No title

動機の違いだよな。
アジアは、アジア同士およびアラブ世界と、普通にほぼ対等に貿易が成り立ってたので、ふつーに商売してれば双方ふつーに栄えた。
ユーロは、アラブ商人を介してもたらされるアジアの物が欲しくて欲しくて仕方なかったけど、自分達が持ってるものでアラブに買ってもらえるものなぞ、少々の銀か、足場材くらいには使えるかな程度のレベルの木材か、もしくは奴隷くらいしか無かった。

先に動機の違いと書いたが、むしろその動機になる「欲望」の違い、と言った方が良いかな。

*

キリスト教って放浪の民のものだし、欧米が遠出したがるのは当然でしょ。
旅が自分を、所属集団をより良く変えていくって意識強いよ。

日本人のエリート層にとっては海外に行くことは修養であって、経済活動というのは適さないと思うんだ。

中国は内弁慶だから仕方ない。

*

大西洋みたいな出来たレディとじゃじゃ馬太平洋を一緒にしちゃダメだぜ
太平洋を渡るなんて無理無理

*No title

喜望峰の発見からのインド航路開拓ぐらいまでは胡椒目当ての経済活動なので、
利益が見込める冒険にすぎなかった。コロンブスやらマゼランは
奴隷商売やら植民地という旨味があったからこそ資金調達できた。

実際にスペインはフィリピンを西回りのメキシコ経由で植民地支配したわけで、
その航海技術と商魂には恐れ入るが、植民地政策が否定されるのはWWⅡ以降なのだから
白人のおかげて世界は300年無駄にしたとも言える。

*No title

確たる証拠が乏しいだけでアリューシャン列島アラスカ北米南米まで行ってますがね
同一DNA持つ民族が。冒険している訳では無いんだろうけどね
ポリネシアミクロネシア民族なんかは交易で太平洋横断していたし、日本にも来ていたと云われているよねぇ

*No title

まぁ、鎖国政策で大きな船作るの禁止されてし。
大航海時代みたいに国王レベルがパトロンにならないと
資金だって捻出できないだろ。
伊達政宗とか近いこと考えてたけど、規模が小さいし時期も悪かった。
徳川幕府は内政で手一杯だったしね。

*No title

シナの高名なお坊さんは印度まで仏典貰いに旅をしたよね
印度人「オマエ どこから来た」
僧正玄奘「摩 訶 支 那」(ドヤッ)
摩訶=マハー(サンスクリット語:非常に大きい・偉大な) 支那=ちゅうごく
摩訶曼荼羅華摩訶曼珠沙華摩訶不思議摩訶な嘘そして摩訶支那
三蔵法師は差別用語で自国紹介??!
【中国】とは尊称。だから使わせたいんだよねw
自称だと「俺様」。他称だったら「貴方様」
知ってるよ、それくらい。スレち御免申候

*No title

伊達政宗好きな人って
イスパニアの武力で徳川を倒してもらって
植民地の日本王にしてもらおうと画策してたことを
なぜか見て見ぬふりをするよね
あと○年早く生きてれば天下取れた!とか
大言壮語するくせに

*No title

天文と実用的な数学、造船で遅れてたのは事実だからなあ

*No title

中国はやってたじゃん。時代的にいつかは知らないがニンナ?って人がかなり遠方まで船出してた筈。
日本はそもそもそんな外に興味ないんじゃない。自分達の土地を治めて暮らしやすくする事に忙しいかったとか?

*No title

> 日本は領土を拡張しようとしたよ アメリカまで来てパールハーバーを攻撃したんだから

フライングタイガースで卑劣なだまし討ちの戦争開始したのはアメリカだろw

それに世界史を時系列で理解していれば日本が侵略者ではないことがわかるね。
260年以上奴隷制度もなく豊かで平和で、持続的発展を達成して他国に資源も労働力も頼らない国だった日本に、
白人はアジア中にある植民地を拠点に日本に武力干渉して不平等条約で植民地寸前まで追い込んだ。
当然日本は武力干渉の拠点である白人の植民地を叩きにいった。
戦後マッカーサーが公述した通り近代の日本の海外進出は正当防衛の自衛戦争だったということ。
パールハーバーが始めではないという事。
アジア人で日本に文句があるなら先にアジアや日本に侵略してきた白人列強に言ってくれとなる。
お宅等の土地を拠点に武力干渉されたから正当防衛だとね。

*No title

この俺がまとめよう。
まず人類は二つの民族に大別できる。
湿潤地域起源の文明をルーツに持つ民族と
乾燥地域起源の文明をルーツに持つ民族。
湿潤地域の民族は自分が資源を調達する領域の扶養可能人口を把握しており、 自然信仰で10本の木があれば5本だけ切っても良いという持続的開発文化が根付いていて、人口扶養に必要な森林は維持されやすい。
乾燥地域は気候変動の影響を受けやすく森林(水源)の持続的な維持官僚が難しい。
一度増やした人口が気候の寒冷化で人口が支えられなくなると外に侵略するしかない。それが一神教の産めよ増やせよ地に満ち満ちよという事。
黄河文明も乾燥地域起源の文明で歴史上一貫して森林を枯渇させてきたが、
南下して侵略すれば陸続きで湿潤地域の豊富な自然資源があり繁栄した。
地中海世界は古代に繁栄を極めたが、地中海世界の森林を枯渇させて続けてヨーロッパ全土の森林も枯渇させ抑圧と停滞の中世に突入した。
自然に頼っても人口を支えられないので自然信仰はドンドン魅力を失い、一神教によって弾圧排除の対象になった。
しかし10世紀以降の造船技術の発達により近くに未開発(10本あれば5だけ切る文化)のアフリカサハラ以南地域と南北アメリカ大陸という無尽蔵の自然資源と奴隷を手に入れ、強国になり近代以降に世界中を制覇した。
シナは近代になり大陸南部の豊富な資源をヨーロッパに押さえられ大陸北部の自然資源では十分でなく停滞した。
技術も文化も思想も資源が不足すると発達しない。
勿論朝鮮はシナの植民地で持続性を無視した開発が続き自然資源が枯渇し、外に拡張する力もないのでもともと小さい国力も中世以降衰退の道をたどる。

人類の有史は乾燥地域起源の文明をルーツに持つ民族が湿潤地域のそれを侵略・弾圧排除していく歴史だが、
最果ての島国だった日本は湿潤地域で唯一侵略されず、大量移民もなく、
先進知識だけを取り入れながら持続的開発を成功させ
江戸時代には単位面積当たりの収穫量と識字率が世界でダントツの国に発展し、
ヨーロッパは広大な植民地の資源や奴隷からの搾取で近代化したが、日本はそれなしで近代化を果たした。
非白人で唯一近代化出来た理由がコレ。
中国は人口を支える自然資源が不足気味で国内をまとめる事は不可能だった。

*No title

アメリカのパール・ハーバーを攻撃したから侵略ってw
ハワイ王国を侵略して占領した歴史って、まさか教えてないのかな…?
一応、今は合衆国の一部になってるんだから、ちゃんと歴史として教えてそうなモンだけど。

東南アジアへの日本の進軍も東南アジア諸国との戦争じゃなくて、欧米との戦争だっただろ?
欧米は自分達が既に侵略した側だって事を丸ごと無視して、“俺達の”植民地を侵略しようとした!って考えるから
「日本の侵略」と素で思うんだろうけど、当の東南アジア諸国からしたら「侵略者 vs 侵略者」だろ。
「俺達の植民地」ってのに、まず前提として「俺達が侵略して植民地にした国」って意味合いが含まれてる事を
スポーンと抜け落として考えてるんだよ。
東南アジアだけじゃなくハワイも同様。(特にハワイ王国は日本と併合すら考えていたのを米国が侵攻して滅ぼしただろ?)

だからこそ、極東裁判で「日本の侵略行為」を糾弾する欧米は、
「日本が侵略者ならお前たち欧米はどうなんだ?」とインドに指摘され非難されたんだよ。
当時から、植民地になってた側の認識と欧米の認識には大きなズレがあった訳。
日本は「俺達の植民地」を侵略したから侵略国家だって認識なのが欧米。
外からやってきて「俺達の国」を侵略した侵略国家は欧米と日本って認識なのがアジア諸国。

*

掠奪立国の海賊のイギリス人とかが何か言ってら
何もなかった極貧のイギリス
豊かで飢えることのないアジア
これが真実

*No title

世界地図を見れば一目瞭然だわ。
欧州のすぐ下にはアフリカ大陸がある。
つまり欧州人は海の向こうに他の大陸があると知っていた。
一方で、日本の東は米国大陸、南はインドネシアまで延々と海。
先に何があるのか分からない大海原に進出するには相当な勇気が要るだろう。
もちろん東に向かって漕ぎ出した勇者はいただろうが、日本に帰っては来られまい。

*No title

>日本は領土を拡張しようとしたよ アメリカまで来てパールハーバーを攻撃したんだから

大航海時代以前の話に突然パールハーバーになって笑えるw
ってか、ハワイ王国を領土拡張のためにアメリカが侵略したという認識なんて当のアメリカ人は全くないんだな。

*No title

ばからしくて見てらんないな。
これ訳す価値あるか?

*No title

日本の倭寇も事実上大航海時代みたいなもんなんだが
ヨーロッパでいえばスペイン・ポルトガルの二強が
日本でいえば細川・大内でこの二大名は倭寇の大スポンサー兼事実上倭寇の頭目
30年戦争でドイツが負けてからヨーロッパ統一の目はなくなり植民地争奪戦になったけど
日本では関が原以降は天下統一に向かったから後は中国と同じく管理貿易でのんびり路線

*

スパイス、絹、陶磁器、宝石や金銀銅などの鉱物資源が近場で賄えたから

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/2585-dfc49831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。