Homeスポンサー広告歴史>外国人「第二次大戦の時に日本が他国よりも優れてた軍事技術って何があるの?」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「第二次大戦の時に日本が他国よりも優れてた軍事技術って何があるの?」【海外反応】

2014.10.12 Sun

外国人「第二次大戦の時に日本が他国よりも優れてた軍事技術って何があるの?」【海外反応】

A6M3_Type32_Tainan_Kokutai_V174.jpg

投稿者
第二次世界大戦時、日本が他の国々より優れた軍事技術を持っていたとしたら、それは何?
テクノロジーっていうのは船などではなく、レーダーとか・・・船などにも興味はあるけれど






君の質問に関しては、船について無視するわけにはいかないよ 船こそが日本の軍事兵器の素晴らしさが集結しているところだ たとえばタイプ93の長距離魚雷など
タイプ93の弾頭は比較的重く、飛距離も長く、他の魚雷よりもスピードもあった 日本の少数の艦隊に、他の国の二倍もの射程範囲を与えることになった





↑アメリカの魚雷の精度の低さについての問題点がある 不発が多いということだけれど、日本のものにも似たような問題はあった?





↑ざっくり言うと、ない 
日本軍は残骸を利用して大規模な魚雷のテストを行っていた唯一の大国だ 実際に戦争が始まる前にすべての問題は解決されていた かなりお金のかかるものだったから、他の第二次世界大戦参戦国はそれをすることができなかった だから問題が実際の戦況で発見されてから修正するしかなかったんだ





↑とても興味深い 日本の海軍兵器を回収して、自国の兵器の改良に利用したという事例はあった?





↑原為一の記録はとても興味深い読み物だ
Hara Tameichi : Japanese Destroyer Captain :Ballantine Books ISBN 0-345-27894-1





化学や生物兵器 そういうものは君の興味にないかもしれないけど、白ざれる731隊の実験結果は戦後、アメリカやソ連にすぐに参考にされた





↑サリンとタブンはドイツにおいて生産された ドイツは化学兵器において第一線だった でも生物兵器については君は正しい しかし生物兵器はこのような戦況では比較的効果の低い兵器だったからあまり意味のないことだった





↑ミッドウェー諸島を攻撃した陸軍兵士は化学兵器を搭載していた 我々の艦隊がその侵略を阻止していなかったら、もっと多くの国がこのような兵器を採用していたかもしれないよ





↑それについての情報源ある? ミッドウェーについて長い事調べてるんだけど、そういう話は聞いたことなかった! もし何か見逃してたなら、知りたいよ!





↑珊瑚海かアリューシャン列島の話だったかもしれない ミッドウェーとも関係のある戦闘だったからね





↑ググったけど何もでてこないんだ かなり前にドキュメンタリーで見たんだ それは確かなんだけど 僕も気になってきちゃった





日本は当時最高のライフルを製造していた 
帝国軍の製造力はとても高かった 日本政府はライフル製造用の高品質な金属も大量に生産していた 
アリサカのタイプ99ライフルは低級だと言うひとも多い それは戦争の終わりごろに生産されたものだ 原材料の不足によって品質を下げざるを得なかったんだ 
もし火器・銃器について興味があるならこのサイトは参考になるかもよ
http://candrsenal.com/rifle-japanese-arisaka-type-99/





↑平均的な日本兵には銃身が長すぎたし、よくある防塵カバーの問題もあったし、塗装されてない銃身はジャングルの湿気とかに耐えられないってことを無視すれば、まぁまぁの出来だったんじゃないの





↑タイプ99は全然マシだよ
とにかく、6.5x50の銃はまぁまぁだ 結構単調な射撃だが反動は小さい これは兵士がぐらつくことも防げるし肩にも優しい だからもっと多くの弾を撃つことが可能になる





↑物資供給の問題が悪化してから、違う種類の弾薬を使ういくつかのライフルを日本は製造したと聞いた それって本当?





7075アルミニウムと似たものを航空機の製造に使ったことが、日本が優れていたことの一つだ 日本は1936年までに秘密裡に開発した、アルミニウムに亜鉛とクロムを加え、より軽く強くした金属を使ったんだ 
7075アルミニウムを飛行機の中では一番重い主桁に使ったが、7075にはマイナス点もあった 他のアルミ合金に比べて腐食しやすかったんだ これが、日本の戦闘機の修復が難しかったことの理由の一つだろう

7075合金を日本の航空機に利用したことは日本の優れた重要な発明の一例と言えるだろう 今でも7075は航空機業界で使われている 

参考:
Mikesh, Robert C. Zero. Osceola, WI: Motorbooks International, 1994.





↑三菱 A6M 零式艦上戦闘機





↑坂井三郎の「SAMURAI!」
http://www.amazon.com/Samurai-Martin-Caiden/dp/0743412834 は戦時中の日本の航空機の第一人者的観点からの興味深い事例が描かれている
彼の記述によると、ゼロ戦は太平洋戦局においてアメリカの戦闘機の周りを円を描いて飛行したそうだ より軽く、制御しやすかったし、パイロットたちは(まるで侍のように)厳しく訓練されていた ヘルキャットが導入されるまではね 
http://en.wikipedia.org/wiki/Grumman_F6F_Hellcat  その後は日本のゼロ戦のパイロットたちは次々と打ち落とされてしまった





↑パイロットの才能はさておき、栄の放射状エンジン、サカエ31は効率の悪いエンジンだった 零戦五二型には重すぎたし
零戦五二型のシリーズの飛行機は後に改良されM7やM8が開発されたが、三菱の金星62エンジンも機体が古すぎたからあまり助けにならなかった
加えて日本の工業の失速が起き、零戦の時代は終わったんだ





答えになってないのは分かってるから謝るけどさ、日本は「殺人光線」を開発してたって聞いたよ サルか何かでの実験まで進んでたって?








ゼロ戦の性能が高かったというのはよく聞きますね
http://www.reddit.com/r/AskHistorians/comments/2ict6m/what_military_technology_if_any_where_the/
­
関連記事

コメント

*

× 零戦は凄かった
◯日本人パイロットの技能が最高

零戦自体はまぁまぁ

*No title

やっぱり酸素魚雷だな。
後は怪力線、蛟竜、エロ爆弾に空飛ぶ戦車に富嶽に

*No title

殺人光線は登戸研究所のドキュメンタリーに出てたね。
東宝怪獣映画に出てくるようなパラボラ型で10メートルくらい先のイヌやサルでの実験は成功したけど電力消費がバカにならなかったとか。

*

潜水艦の技術は今も昔も世界トップレベルだな。
日本が大艦巨砲主義じゃなく、空母と戦闘機の方に集中してたらもっとマシな結果になったのかな。

*No title

自動空戦フラップとかはどうだ

*

八木アンテナは日本発祥で米軍採用だっけか

*No title

>× 零戦は凄かった
>◯日本人パイロットの技能が最高
>零戦自体はまぁまぁ

アホか。零戦の性能自体すごかったんだよ。格闘性能と航続力が当時では他と比べて突出してた。勝てる性能故に優秀なパイロットが育つ時間が得られた
まあ逆に強すぎたから、後継機の開発が遅れて他国にさらに優秀な機体が作られて負けたんだけどな

*No title

零戦=シャアザク
ワイルドキャット=ジム
ヘルキャット=ガンダム

零戦はワイルドキャットをカモにしたけど、ヘルキャットの登場で逆にカモにされた。

*No title

機体もパイロットも技術も良かったけど資源と軍部トップに恵まれなかっただけさw
超一級のベテランを使い捨てにするとかありえないわ

*No title

やはり戦艦大和の46㎝砲かな
アメリカもイギリスもそんな技術なかったんじゃないか?

*No title

「性能が凄い」ってえらいあいまいな表現だよね。

翻訳元が技術の話だからこんなこというのもなんだけど、兵器ってカタログスペックや技術単体じゃなくて運用含めたコンセプトや要求仕様・開発目的をどの程度達成していたのかとかで評価すべきなんじゃないの?

*No title

×軍部トップに恵まれなかった
○大陸の利害関係でアメリカとの関係がこじれた時点で詰んでた

*No title

> ミッドウェー諸島を攻撃した陸軍兵士は化学兵器を搭載していた

ミッドウェー海戦に陸軍なんて全く関係ないのに、こういうデマを平気で吹聴するやつがいる
もし突っ込んでくれる人がいなかったら、事実として扱われるとこだったわ

*No title

ゼロ戦は古賀機が捕獲されて正体ばれるまでは強かった。
戦時は2年で代替わりというのに最後まで主力にされたゼロがかわいそう。

*No title

水上機、飛行艇、MAD、魚雷、艦載砲、測距、夜戦、水雷戦、航空対艦攻撃
俺がぱっと上げられるのはこれぐらいだった

*No title

空母による戦闘を確立したのは日本

*No title

ぶっちゃけ、魚雷もどうなんだかね。
実際、酸素魚雷はドイツに提供したけど総統閣下はお気に召さなかった様で・・・。
もう音響誘導式の開発してたらそりゃいらんよね。

*No title

潜水空母とKMX三式一号探知機は未来技術

*No title

戦闘艦相手に大火力ぶつけるための手段と考えていた日本と、通商破壊が主だったドイツじゃ魚雷に対しての考え方も違うだろうし、基本手間がかかる酸素魚雷なんて好まれないだろうね(日本以外では

*No title

化学兵器というと対戦車用に青酸を詰めた丸い小瓶を南方に持って行ってたはず
使ったかは知らん

*No title

またVANKのちよんがwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

根拠も無いのに化学兵器~ぎゃくさつ~~
どこかで見たニダ!

*No title

そりゃ当然、空母でしょ
そもそも航空機で戦艦を沈めるという戦術を編み出し、歴史的に初めてそれを成功させたのが日本であり、
更にそれ専用の艦船である航空母艦を発明したのも日本なんだから
皮肉にも日本は自ら発明した戦術でアメリカに敗戦するのであるが

*No title

>やはり戦艦大和の46㎝砲かな
>アメリカもイギリスもそんな技術なかったんじゃないか?
普通にあるよ
英では軍縮条約で流れたものの、第一次大戦後の建艦競争時に18インチ砲搭載艦が計画されてる
米では建造中止になったものの、モンタナ級が16インチ3連装砲から18インチ連装砲に換装可能なように設計されてる

>ミッドウェー諸島を攻撃した陸軍兵士は化学兵器を搭載していた
キスカ島撤退時に伝染病が発生したということを示す嘘の看板を残したという話辺りと勘違いしてないか、これ

*No title

ここまでふ号兵器なし。
ジェット気流(偏西風)を発見したのは日本人。
和紙をこんにゃくで補強して太平洋を渡るだけの耐久性を持つ風船を作るのも日本独自の技術。

第二次大戦当時の日本の気象観測技術は世界でもトップクラスだったらしいよ。
キスカ島撤退作戦でも気象観測技術が使われた。
日本海軍は霧の発生を予測して、霧に紛れてキスカ島駐留部隊を全員で回収してとっとと逃げたんだ。
その後で島に上陸してキスカ島駐屯地にやってきたアメリカ兵たちは同士撃ちしてたくさんので死傷者を出した。
キスカ島にはもう一つ、駐留部隊が作った秘密兵器があったんだよ。
「ペスト患者収容所」の立て看板。
立て看板はブラフだが、ペストにトラウマを持つ欧米白人には効果絶大。
一時パニックが起きて本国にワクチンを大量発注したそうだよ。

*No title

日本刀じゃね?
南京で当時の人口を大きく上回る数の戦果をあげ、さらに刃こぼれしなかった。

*

戦艦は太平洋戦争前に作ってた大和、武蔵だけで残りは空母に変更してたし

日本は飛行機の有効性は判ってたので空母機動艦隊の方に移行してたよ。

ただ戦争したアメリカが戦艦も空母も飛行機もじゃんじゃん造り
パイロットも海みたいな五大湖に練習専用の空母を浮かべて練習しまくり


アメリカの国力が化け物すぎて敵わなかっただけ

あと大日本帝国海軍の上層部の無策とエリート主義が現場の優秀な人材を酷使して使い捨てにし見殺しにした悪循環。

*

父方のお爺さんに訊いたら、ゼロはわが国のヘルキャットの前では、
まるで飛べない鳥ドードーみたいだったらしい

*No title

プロペラの後ろに設置した機銃とかすごくない回転と同期して隙間狙って連射する技術
多分日本の発明じゃないけど

*No title

当時は残念ながら、特にない。当時の特許数を調べれば一目瞭然。
あえて挙げれば、設計図面だけは良かったかな。
その反省から、戦後の日本が技術立国になったわけでね

*No title

性能の良い兵器はあったけど、ほとんどの技術的には劣っていたでしょ。
基礎研究よりも実用的な研究を優先していたし、足りないところは工夫で補ってい感じ。

*No title

>更にそれ専用の艦船である航空母艦を発明したのも日本なんだから
歴史クリエイトすんなよニワカ
発明したのは英国で、改造空母ではあるが航空母艦の研究を進めたのは英米
最初から航空母艦として建造を開発したのも英国(ハーミス)
二番目に最初から航空母艦として建造を開始したが先に完成させたのが日本
(英国は改造空母イーグルからの研究結果から設計を度々変更していたため完成が遅れた)

*No title

自分はこういう軍事知識って全くないんだけれど、詳しい人達って本とかから知識を得ているの?

まあ、他の分野にも言える事だけれど、自分が乗った事も触った事も設計図分析したこともない飛行機や兵器の優劣についてよくまあこれだけ断言口調で議論し合えるなと…。

*No title

>プロペラの後ろに設置した機銃とかすごくない回転と同期して隙間狙って連射する技術
プロペラ同調装置はスイス人が発明しオランダ人が実用化
そしてプロペラの後に機銃を設置していたのは別に日本軍機だけではない(独、伊、露)

*No title

二式飛行艇を忘れとるぞ。

*No title

>自分はこういう軍事知識って全くないんだけれど、詳しい人達って本とかから知識を得ているの?
本によって言ってることが違うことはしょっちゅうだし
新しい資料が頻繁に出てくるから古い知識で語ることがままある
つまり鵜呑みにするな

*No title

飛行機を船に乗せての運用はたいていの国で実験はしていた。
戦艦から空母へのシフトに勢いがついたのは、軍縮会議で主力艦が制限されたため、各国ともその制限枠外だった空母転用に拍車がかかった。

*

ユダヤアメリカは世界の元凶!日本独立の為と世界平和の為にユダヤ朝鮮裏社会を潰そう!!

*No title

ただの防疫部隊だった731を人体実験やってたとか言い出した赤旗の妄想小説

どうすんだよ日本共産党
てめえらのせいでまた慰安婦みたいにウソが世界に拡散されつつあるんだが

しねよクソ反日共

*No title

酸素魚雷と潜水空母かな

*No title

酸素魚雷と八木アンテナかな。
電探も技術者の言うとおり換装して、米国のように高学歴者に慎重に触らせるような緻密な運用していれば良い結果が得られたかも知れない。
技術があっても、それを正しく理解して運用する人が居ないと宝の持ち腐れになる、、、というのは現代の日本にも当てはまることが多い。

*No title

7075アルミニウムって超々ジュラルミンのことかえ?

*No title

>日本は「殺人光線」を開発してたって聞いたよ

その「殺人光線」なら、お前の家で食い物に光線照射してるハズだが?

*No title

>731隊の実験結果は戦後、アメリカやソ連にすぐに参考にされた

731部隊研究によるインフルエンザ抗体の情報ですか?
人体実験なんて在日特定アジア人左翼が書いたフィクション小説ですから
そのフィクション小説以外に何の紐付けがされていない

*No title

日米戦闘機比較で当時の状況を無視したコメ多いんだな

・一回の航空戦における彼我のざっくり戦力格差 日:米=1:1.5~1:3
・1937年における人口1000人あたりの自動車保有台数 日本:0.83台 米:194台
・マリアナ沖航空戦参加した日米学徒動員パイロット飛行訓練期間 日:6か月 米:2年半
・日本戦闘機=操縦に習熟を要する小型スポーツカー 米戦闘機=デカく速く頑丈かつ運転容易なsuv

*No title

と言うか、外人は「当時のアジア人の中では日本は頑張った」事を勉強して来い
中国なんてドイツやアメリカから輸入した兵器を使って日本軍に苦戦したんだぞ?w

なんでアメリカ人やイギリス人は日本軍を叩く癖に、中国の国民党軍がナチスの
トレーニングを受けていた事や武器を使っていた事を認めないんだろうね
それこそ中独合作を責めてほしいわ

*No title

沢山あるさ、知ったかぶりで書いているヤツ多いけど、特に日本に限らず主戦国ならどこの国だって甲乙つけがたいくらい色んな物を開発してたよ
なんか、やたらに日本と聞けば落とそう落とそうとしてるさもしい奴らが多いけど、そんなにダメダメだったら戦後の発展なんか無かったろうよ
事実をちゃんと見ろっての

*No title

731部隊の実験結果はあれば公文書に
残ってるはずなんだけどwおかしいねぇw

*No title

殺wwww人wwww光wwwww線wwwwww
まさに草不可避。そんなもんあったら負けてないwwww

技術っていうから多分機械的な物を考えてるんだろうけど、
いち早くジェット気流を知っていて、あれを利用して大陸間を横断する兵器を作ったのは凄いと思う。
あとは、潜水空母とか?八木アンテナは生かせなかったけど優れてたのは優れてた。

*No title

将校が南京攻略戦の時に佩用して行った刀はほとんどが造りの脆い昭和新刀だから、刃こぼれしなかったなんて事はない。
但し、刺して使う分には問題なかった。
だいたい、名のある刀工の業物でも五人も斬れば血糊で使い物にならん。
だから足利義輝は多数所蔵していた業物を足元の畳に抜き身で刺して、とっかえひっかえで大立ち回りしたんだ。

あと、731部隊幹部の軍医将校は後に製薬会社のミドリ十字社を設立する。
さらに時が下ると、薬害エイズ事件の当事者になった。

*No title

殺人光線って、電子レンジの原理のあのマイクロウェーブ?

*No title

マジレスすっと酸素魚雷しかない
三八式歩兵銃は日本人向けではあったが、世界比較すると名銃でもなんでもない
チハやゼロのように製造当時は十分対抗できるレベルでも装備更新の遅れで旧世代化しても使い続けないと行けなかったり

アメリカが日本が一部改良で四苦八苦してる間に、戦争中に3回も改良型出せてる時点で最強国家ですわ
そんな国と戦う選択肢をした政治家と当時の軍大臣がマジモンの糞

*No title

自動懸吊装置、重油漏洩防止装置、自動空戦フラップ

*No title

殺人光線は大昔テレビのドキュメンタリーで見たな 確かTBSの報道特集だった
海軍のZ研究と呼ばれたもので、高高度を飛ぶB-29を撃墜するのが目的だったと思う
その技術が戦後電子レンジに応用されたとか言ってたな

*No title

誤)タイプ93の長距離魚雷など
正)九三式魚雷

誤)飛距離
正)駆走距離

魚雷が飛んでどうする……翻訳はちゃんと専門用語を調べよう。

*No title

潜水艦技術だろ。

あと、地味なところで携帯榴弾砲とかか。外国の兵器マニアが検証したら当事としては性能が良いとか。

*No title

ほかにもひどい訳があるな……放射状エンジン、て日本語では「星形エンジン」な。
アリサカタイプ99とか、九九式小銃とすればいいものを、わざとガイジン感出してる?

*No title

第二次大戦時の日本の国力ってイタリア以下なんだけどな
当時の人たちの努力って凄まじいわ

*No title

当時のレベルで言えば
酸素魚雷が近未来兵器クラスだった

あとは潜水空母か

零戦は十分な活躍をした機体だね
戦時は相手の兵器レベルに合わせて開発を行うから
途中で性能で負けるのは当然の事
(ヘルキャットも時が過ぎて同じ扱いだし)

*No title

>酸素魚雷と潜水空母かな
酸素魚雷はその通り
各国が開発を目指していたけど実戦投入に成功したのは日本だけだった
潜水空母は無い
総合的な魅力に乏しいからどこも開発しなかっただけ
戦略ミサイル潜水艦の祖とか言うのは失笑物のトンデモ論だし

*No title

>酸素魚雷が近未来兵器クラスだった
盛りすぎ

*

空母を世界で最初に運用したことと、ゼロ戦の機体の軽さくらいしか知らなかったので、勉強になった。

*No title

軍縮会議での軍艦の保有制限に空母がはなから対象外であった事から見ても、当時空母は主力軍艦として戦力外、あくまで航空機を輸送や艦載機による偵察や艦隊護衛補助目的の艦みたいな扱いと認識が世界の主流。

*No title

731が出てきていきなり信憑性が無くなったな。

*

公文書が残ってるはず?
まずい資料は見付かる前に処分…至極当然の発想だと思うが。
 
戦時中の日帝軍か善かどうかなんて関係ない、不利な証言を裏付ける物証が存在しないってのが、今の日本にとっては重要なんだろ。
 
当時の関係者GJ!

*

結局無意味だった風船爆弾を草ネタにしようと思ったが、マジレスされてたので断念www←草

*No title

やはり酸素魚雷は出てくるよね。あと、意外なことに飛行機の落下増槽は開戦時、日本しか実用化していなかったそうです。
潜水艦の深度を一定に保つ自動懸吊装置や自動空戦フラップなど、いろいろ興味深いモノがあったようですね。

*No title

開戦当時は普通にトップクラスの殺し合いできたけど
5秒くらいで終わった

*


東京ローズ



国防婦人会の竹やり部隊

以上。報告終わり。

*No title

日本軍は割と地味な部分で進んでる物が多いから、目立たないんだよな。
例えば、大戦初期なら零戦の性能を支えてた沈頭鋲。
それから鉄兜の材質(ニッケルクロム鋼)はアメリカの物より良い贅沢な一品。
兵器として特筆するなら、潜水空母も欠かせない。

*No title

電子機器は遥かに劣っていたけど
造船関係は進んでいたかなぁ。
バルバスバウで速力アップやブロック工法で建造期間短縮など。

*No title

731部隊はただの防疫部隊です。

*No title

米軍捕虜パイロットが尋問で「電探」のことを「YAGI」と言ったことにorz

*No title

>殺wwww人wwww光wwwww線wwwwww
>まさに草不可避。そんなもんあったら負けてないwwww

これって当時海軍の最高機密扱いだったんだよね
そのはずだったのに、GHQが乗り込んでくるとイの一番に駆けつけ押さえた研究所w
アメリカのスパイ活動は優秀なんだよなぁ
海軍島田研究所(静岡)。研究資料はすべてGHQからボッシュート
この研究に携わった日本人の中から後のノーベル物理学賞受賞者が

*No title

>造船関係は進んでいたかなぁ。
>バルバスバウで速力アップ
日本でのバルバスバウ採用は世界の造船業から見ると遅い方なんですがそれは・・・・
欧米では商船でばんばん使われていたし、翔鶴型よりも米レキシントンのが先にバルバスバウを採用している

*

アメリカのヘルキャット=不時着した零戦ん研究して作った戦闘機。
船>すぐに沈んだイメージのある戦艦大和も、作戦行動に参加したアメリカの戦闘機や雷撃機などの総数をアメリカの空母の搭載機数から換算すると、
『戦艦大和1隻を沈めるのに、アメリカは空母30隻使った』←物量で勝るアメリカだから大和を沈められたのであって、イギリス海軍にゃ大和は沈められない。


*

>生物兵器については君は正しい
731は防疫部隊なんだが

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/2676-d7013868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。