Homeスポンサー広告歴史>外国人「夢を生きた最初のガイジンで素晴らしいね!」徳川家康に仕え侍になったイギリス人『ウィリアム・アダムス』が話題に【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「夢を生きた最初のガイジンで素晴らしいね!」徳川家康に仕え侍になったイギリス人『ウィリアム・アダムス』が話題に【海外反応】

2014.10.24 Fri

外国人「夢を生きた最初のガイジンで素晴らしいね!」徳川家康に仕え侍になったイギリス人『ウィリアム・アダムス』が話題に【海外反応】

投稿者
将軍徳川家康のアドバイザー/侍になったイギリス人、ウィリアム・アダムスの家があった場所に記念碑があった





この場所を見つけるのは結構難しい 自分は交番で訊かなきゃいけなかったし、地元のお店の人が教えてくれた 道は彼の日本名である三浦按針にちなんで按針通りと呼ばれている
住所は室町日本橋1-10で、日本橋三越の裏ら辺にあるよ
英語では記念碑にこう書かれている:「三浦按針として知られるウィリアム・アダムスを記念して 日本に定住した初めての英国人で1600年にリーフデ号の航海士として来た 初代徳川将軍の家康の顧問として砲術、地理学、数学等を教え、彼の為にヨーロッパ式の船を幾つか造船した 日本人女性のミス・マゴメ(馬込勘解由の娘)と結婚し1620年の4月24日に57歳で亡くなった 1951年にどっかの日本人によって立て直された」





多分夢を生きた最初の外人だろうね、、、素晴らしい話だ 実話を基にしたっていうのを知らずに小説を読んだよ 面白かった





↑ もし彼が実在してなかったら、誰かが彼を作り上げただろうーートム・クルーズとラスト侍のようだ これは完全にリアルだけど
時々真実がフィクションよりも素晴らしい





↑ ラストサムライって日本に住んでたフランス人の人生をベースにしたんじゃなかったっけ? でも時代設定は1800年代だから徳川の統治の少し後なのかな





↑ 1800年代のほとんどは徳川の統治下だよ、、、
勝本は一応西郷隆盛をモデルにしててオールグレンはジュール・ブリュネをモデルにしてるよ
だからこれは戊辰戦争と西南戦争のミックスなんだよ





↑ そうだな 徳川の統治は1868年に終わった 自分は特に徳川家康自身の統治下って意味だったんだ すまん 不確かだったな





どっかの日本人に立て直された 何て変な言い方なんだ





↑ 英語を習ってる人に「カナダ人のグループ」っていうフレーズを説明するのはすごく難しいんだ 「日本人のグループ」も同じように意味が伝わらない





↑ 彼らの言い方では「匿名/不明」ってなってるんじゃないかな 1951年だったら外人の侍を尊敬しているなんて公に言えなかったろうし





小説はちょっとした理由で名前を変えるからうざい 明らかに史実から離れるじゃないか まぁたくさんの歴史ドラマがやってることだけど 徳川/虎長 航海士は特に意味もなくブラックスローンだし 三船敏郎が虎長役をやってるテレビシリーズは最高





↑ それは作者のスタイルだよ 彼の他の本もチェックしてみて 彼はセンセーショナル的なまぁまぁ歴史にそったものを名前をちょっと変えてやってるから、、、多分法律の問題?





↑ あのシリーズはマジ最高 何回も観た 小説は読む価値ある?





良い発見だね:) 最近伊東に居た時に彼が最初に作った庭の為の記念碑に出会ったよ 脱線してごめん





もしまだ読んでないなら、ガイル・ミルトンのSamurai Williamはすごく面白いよ 江戸の初期の時代に東アジアと西洋人の間にあったやりとりの見識を持てるのが特に良い





↑ 投稿者
素晴らしい本だよね それに読んでてすごく面白いし!





横浜の南野三浦半島まで行けば、彼の村と山の上に彼のお墓があるよ





これはめっちゃクールだ だけど、彼を初の西洋人侍としているのが疑問 織田信長が侍になったアフリカ人ボディーガード持ってなかったっけ? はいこれリンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/弥助





↑ だれが彼が最初の西洋人侍だって言ったよ?





↑ 写真の右下の角
>初めて認識された西洋人侍





↑ そう ヘンだね 弥助は結構有名なのに





↑ ほとんどの人はアフリカ人を「西洋人」だと思ってないよ









http://www.reddit.com/r/japan/comments/2jrunr/i_found_a_memorial_in_nihonbashi_at_the_site_of/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A0%E3%82%B9
­
関連記事

コメント

*No title

「西洋人」ていうと大体白人思い浮かべるしな

*No title

どっかの日本人・・・  笑ったw

石碑を見たこと無いから知らないけど、 不詳 って書かれているのかな? > フォローで書かれているように。

*No title

>>彼らの言い方では「匿名/不明」ってなってるんじゃないかな 1951年だったら外人の侍を尊敬しているなんて公に言えなかったろうし。

欧米人はそういうふうにしか考えないんだな、遠い地に来て頑張った人だから、当時の日本人も大事に葬ってあげただけなのに、敬意とか分からんのか?

今だってそうだよ、バカ外人はタダのバカ外人、だが貢献した人には敬意を持つ、それだけだ。

*No title

本人は帰りたがってたがな

*No title

※本人は帰りたがってたがな

友達?本人に聞いたの? まーホームシックはあるだろうね、だが時代を考えろ。

*No title

帰りたがってたのはマジだよ
幕府に帰国のお願いをしてるけど却下されてる
ある意味かわいそうな人

彼の名前である三浦は
いまでも三浦水道の名で東京の海の玄関口として
残ってるってすごいと思うな

*No title

俺は山本五十六の友達じゃないが、彼に愛人がいたのを知っている。
つまりはそういうことだ。

*No title

SOME JAPANESE
ここは「とある・・・」にしてあげようよ、

*No title

家康亡き後は幕府に冷遇されて、
ならばと貿易で一稼ぎしようとして
マラリアで死んだらしいね。
可哀想。

*No title

ヤン・ヨーステン「八重洲口>>>按針通り。俺勝ち組w」

*No title

三浦半島

*No title

帰りたい・・そうだろうな・・そりゃそうだ。

だが勝手にやってきて、帰りたいって、国から船呼べ!って話しだよな?
時代を考えろってのはそお言う事だ。

*

ラストサムライやらブリュネなんて軽いものに例えちゃいけないな。弥助や三浦按針は逃げ場の無い異邦人としての根元的苦痛を生涯に渡って持った。高年俸の明治のお抱え外国人とか観光客以上に気楽だろ

*No title

国に帰っていいって家康から言われてたけどねアダムス
ただアダムス本人が帰国船の船長と馬が合わないからって理由で拒否してたけど

*

わがままアダムスw

*No title

今でも子孫は分かっているからね。
大昔のようだが、そんなに古い話でもない。

*No title

>1951年だったら外人の侍を尊敬しているなんて公に言えなかったろうし。
すんげえ独り善がりというか決めつけの激しい人だね。
普通に匿名or有志で自分の名前をわざわざ出そうと思わなかっただけじゃないかな。

*No title

八重洲の元になったヤン・ヨーステンの方も取り上げてやれよ

*No title

山科羅久呂左衛門勝成 

*No title

こういう風にまともな外人なら普通に働けた訳だ。
キリスト凶宣教師がいかに異常だったかがよくわかる。

*No title

>国に帰っていいって家康から言われてたけどねアダムス
>ただアダムス本人が帰国船の船長と馬が合わないからって理由で拒否してたけど

これ本当?
本当なら笑える

*No title

>三浦水道の名で東京の海の玄関口として残ってるってすごい
それ逆だから。

*No title

ラストサムライというよりむしろファーストサムライというべきだろw

*No title

中国で亡くなった阿倍仲麻呂みたいなもんだ。

*No title

信長も当時の常識を超えて進歩的な人物だったけど、家康も相当時代を超えた開明的な人物だったことがわかるね
キリスト教の宣教師が海を越えて、危険も省みず布教活動してるのをみて
「うちの武士もこうでありたいものよ」みたいに感心したというしね

*No title

東京大空襲・・・

*No title

三浦按針の碑は昭和5年6月、東京府史跡の指定を受け、 同7月、地元有志の手で記念碑が建てられる。

東京大空襲で破壊される。

昭和26年5月に再び現在の記念碑が建てられる。

こういう流れらしい…

*No title

>ただアダムス本人が帰国船の船長と馬が合わないからって理由で拒否してたけど

なんかウケる。我儘か。でもこれも日本居た外人は全て不幸で哀れな存在で
帰国したくても帰国できない哀れな被害者と見做したい人間の手にかかれば

>弥助や三浦按針は逃げ場の無い異邦人としての根元的苦痛を生涯に渡って持った。

こうなる訳だ。そんなに日本が嫌いならさっさと出てきゃあいいのに。今は21世紀ですよ?

*No title

同意できるけど

>こうなる訳だ。そんなに日本が嫌いならさっさと出てきゃあいいのに。今は21世紀ですよ?
三浦按針との関連性ないだろw

*No title

最初の東洋人ではない侍は弥助じゃないかなぁ……

*No title

一方、ヤン・ヨーステンは帰国しようとマニラかどっかまで行ったけど、本国から帰国の許可が下りなくて
諦めて日本へ帰ろうとしたら嵐にあって溺死したらしい。
船長の合う合わないは大事だろ。

*No title

白人ってだけで持て上げされるってのは、今も昔も変わってないんだな

*

棄教させられて日本で暮らした宣教師も結構いたらしいね。転び伴天連だっけ

*No title

『白人』だからじゃないよ。
当時、自分たちの持たない先進技術または知識を有していたから優遇されただけ。
その他、日本まで来れた海外人、中国人や朝鮮人にはもう学ぶこと(目新しい技術等)がないと判断していたからね。

*No title

戦時中ですら露助を丁重に扱ってたんだし
敬意を表するに値する相手には誰だろうと敬意を表するのが日本人の価値観だ

あとアフリカ人が西洋人なんて発想はまるで無かったわ
西洋人てヨーロッパ(場合によってはアメリカも)の人間
さらに言えば白人のことだろ、日本人的には

*No title

黒人は人間じゃ無いって西洋商人や宣教師に教えられたからそれを信じてたんだろw

*No title

正直、日本史にはあまり影響も及ぼさなかった人だけどな
白人で日本の歴史的なというとペリーとかハリス、シーボルトじゃないか
まあどうしても外人が侍になったという夢を見たいなら丁度良い人だけど
当時の歴史に名を残す大量の武士の時代で見るとやっぱり重要人物ではないなぁ
戦国時代は日本史の長い流れでみてもあまりに有名人が多すぎるしな

*No title

検索してみたら「三浦安針像」とか言うのが出てきて、
トラウマになりそうなくらいきもかった。v-12

*No title

>>>彼らの言い方では「匿名/不明」ってなってるんじゃないかな 1951年だったら外人の侍を尊敬しているなんて公に言えなかったろうし。

逆じゃね?
1951年ならWW2後だし、まだギリギリGHQ占領統治時代だ。英国なら戦勝国だろ?
だから英国人の偉人なら尊敬の念を表すのに何の支障もない時代。
寧ろ戦後のGHQ統治下で自虐教育開始されてる時代だから、日本人の偉人を尊敬してるなんて公に言えなかった時代だろう。
「道を誤った悪い日本を欧米が成敗して正した」ってのが基本だから、
過去の日本人を誉めたり尊敬してるなんて公言しづらかった。

*No title

どっかの日本人でじわじわくる

*No title

馬が合わないって、航海のことで意見が合わないってことじゃないかと。
当時の船のことを考えれば、これは重要。危険がいっぱいなのだから。

*No title

え?
家康が九州に流れついた難破船から拾ったんだろ
でカトリックが狙った土地にキリスト教宣教師送って
まず努人を手なづける→次に軍隊を送ってその地を占領する
って白人達が世界でやってるの植民地支配手口聞いて
キリスト教禁止令出したんじゃん

*No title

だから秀吉〜家康奇跡のキリスト教禁止連携プレーで
キリスト教普及からの植民地支配を逃れたって
日本史的に重要といえば重要だな

中国は全土アヘンづけで実質露英仏に刻まれてたし
アジアで植民地支配受けてなかったの
日本とタイしか残ってなかったからな

*No title

>当時の船のことを考えれば、これは重要。危険がいっぱいなのだから。

そう。逃げ場のない船内では内輪もめして殺されて捨てられることもよくあった航海時代

*No title

まだ超大国ではなかった頃に興味を持つところはさすがの家康
秀忠と取り巻きが過度の鎖国政策にしたのは残念

*No title

関東の三浦の地名は鎌倉時代の三浦氏からですがな・・・

*No title

三浦はどちらかと言うと伊達政宗、或いは伊達家との印象が強いんだが。
何故こんな記述に?下克上派だったのでは?時代の変わり目に翻弄された人物のはず。

*No title

>だから秀吉〜家康奇跡のキリスト教禁止連携プレーでキリスト教普及からの植民地支配を逃れた

秀吉亡き後、秀頼、大阪方はポルトガル・スペイン・カトリックを味方に付けたんだなあ・・・

対する家康側は彼を情報源として英蘭プロテスタント側を味方に付けた

*No title

伊豆の辺りを「三浦」と言っていたのはすでに鎌倉の世からそうだった
三浦の地を治めた豪族だから三浦氏なのか、三浦氏が治めた地だったから三浦というようになったのかは知らない

足利の荘の源氏が足利氏のようにね

*No title

欧州の貴族の家名も結構領地の名前からっていうのがほとんど

*No title

もう名無しの日本人やめて、どっかの日本人にしようぜ

*No title

SOME JAPANESE →コメ欄にもあるけど、「日本人有志」だな。

*No title

この人のチクリで伴天連禁止令が始まったんだろ。

*No title

>三浦の地を治めた豪族だから三浦氏なのか、三浦氏が治めた地だったから三浦というようになったのか

そりゃあ普通「三浦に土着したから三浦の苗字を称するようになった」でしょう。
本姓は坂東平氏(桓武平氏)が有力だそうだ。

*No title

西洋は狭義ではヨーロッパとアメリカだけを指すからそんなに間違いではないな。
モザンビークはアフリカだし。
植民地も西洋に入れるなら別だが。

*

後に弥助の七男坊が晩年の水戸光圀に仕えて渋い活躍するんだから、まさに真実は小説より奇なりだねぇ。

*No title

>ラストサムライやらブリュネなんて軽いものに例えちゃいけないな。弥助や三浦按針は逃げ場の無い異邦人としての根元的苦痛を生涯に渡って持った。高年俸の明治のお抱え外国人とか観光客以上に気楽だろ

ブリュネが軽い?高年俸の明治のお抱え外人?
ブリュネは明治政府でなく江戸幕府に招かれ、処罰覚悟でフランス軍籍を捨てたんだが?
「新政府と幕府の間に争いが起こった場合はどちらにも与せず即刻帰国すべし」という国命に背き、勝手に軍籍を離脱すれば最悪の場合銃殺だよ。
また、幕府伝習隊顧問の間は無論高給だったけれども、軍籍離脱後はいわば浪人であって無給。
かつての教え子に懇請されたというだけで、俸給も含め軍人としての地位を捨て、命の危険も顧みず函館戦争に身を投じることが「軽い」とは到底思えない。

のちにブリュネはフランス軍に復籍できたがそれは普仏戦争勃発・切れ者の上官の工作・世論の後押し等の偶然の事情があったからに過ぎない。

「ラストサムライ」は見てないから知らんw

*No title

まあ、ブリュネの件は「漢心に漢が惚れた」風な浪花節調で、確かにグッとくるよね。

*No title

> 1951年だったら外人の侍を尊敬しているなんて公に言えなかったろうし

こういう一言で、欧米の人種差別が本物だってわかる。
日本では何かに敬意を持つことはタブーじゃない。
それがそんな人種、生物、宗教であってもだ。
(キリシタン弾圧? あれはアンチ植民地侵略で別の話しだよw)

*No title

ああ、まあ確かに世の中を西と東にわけたらアフリカも西洋人になるんじゃないか?本来、アジアってのはアラブ以降東の地域全般を指すからな

*No title

どっかの日本人……何故か笑える。

*

キリシタン弾圧じゃなくてキリシタン区別というべきだな

悪略侵略的外来種宗教のキリスト教を区別しただけ
国防だ

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/2749-814c7568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。