Homeスポンサー広告文化>外国人「家具作りの依頼をした人が本物を分かってるのがいいね!」日本人職人の木工技術に外国人感銘【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「家具作りの依頼をした人が本物を分かってるのがいいね!」日本人職人の木工技術に外国人感銘【海外反応】

2014.10.27 Mon

外国人「家具作りの依頼をした人が本物を分かってるのがいいね!」日本人職人の木工技術に外国人感銘【海外反応】

投稿者
日本の木工





感銘を受けたし、うらやましい 自分はMiya Shoji工房で働けるならお金を払うわ 折りたたみ式テーブルのアイディアを僕の最初のハンドクラフトのプロジェクトとして記憶の底に残しとく





↑ 投稿者
文字通り同じ事をしたよ 精密さとジョイントが完成してたらこのテープはとても行う事が出来るものだよ
それと、僕もお金を出して働きたいって思ったよ はは もしこれがニューヨークでなくてサンフランシスコだったらね 自分はウェストコーストにいるんだ





↑ あの折りたたみ式テーブルは天才





この客達には我慢ならない





↑ 障子を開けてミニ禅ガーデンで遊ばせてくれ 今から瞑想するわ
あ”ーー あいつ、、、





↑ そんであいつはMacBookをとりだすんだ!





あの小さい折りたたみ式テーブル気に入った!





↑ 本当に! あの工夫に富んだ折りたたみのメカニズムが特に気に入ったよ シンプルで、直観的で、固定可能だ とってもスマートだ





素晴らしい動画だ 家具を依頼した人達がよく理解しているとこが良いと思った それに、全てのピースが木自身を伝えているところも好き





↑ 投稿者
最初に僕が思った事もそれで、だから余計に気に入ったんだ 「えり好み」してるとか言うわけじゃないところがいいね





あの木は美しいね 彼らがあの木を用いているのをみるのは素晴らしかった!





自分の初めての「大きい」厚板プロジェクトを終えたばかり あの指物のシンプルさにインスパイアされたよ 日本スタイルの指物はとても難しいと思ってたんだ だけどこれらのジョイントのメカニズムはとても近づきやすいね 
シェアしてくれてありがとう





シェアしてくれてありがとう 違うけど似ている視点からウッドワークを見るのは楽しかった





↑投稿者
うん、これを見た後、僕も自分の仕事になにかシンプルさをブレンドしてみようと思った 
僕は自分のハードウェアを作る時はナイフ・ヒンジを使うのが好きなんだけど、この木が育ったそのままの形を使うっていう哲学がとても気に入った 僕はそういう風に思いついた事なかったからさ 木は広がって、正しく収縮するんだね 





↑ 僕は特に彼らが木のしなやかな部分をカチッとはめてテーブルの足を固定するのに使ったのがとても気に入ったよ シンプルだけどとても頭がいい 彼らのプロジェクトに糊も使わなかったのかきになる





↑ よく聞こえるかもしれないけど、これは完全にでたらめだ まぁ真っ直ぐなスクリーンはそうかもしれないけど、でも横木だって? こんな半インチの横引きが4ftの厚板からできるわけないじゃないか





↑ 多分彼らは横木も木目の方向にマッチしてなければいけないという意味韃靼じゃないかな その言葉のまんま受け取る必要はないよ





↑ 彼が言ったのはそういう事じゃないよ 彼ははっきり「この部分は木のした部分だったから、我々はこれをこのスクリーンの下部分にした」って言っている 彼はどこが厚木の下部分なのかなんてわかるのかって思ったけど、彼は自分の手で刈り取り、乾燥させているからわかるんだろうね 彼が言うには、こういうマッチングをする為には全てのスクリーンは一つの厚木から作られなければいけない もし混ぜ合わせてしまったら均等な拡張/収縮を得られないから 





これは美しかった シェアしてくれてありがとう





折りたたみのテーブルは素晴らしい









とても精巧な造りですごいですね
http://www.reddit.com/r/woodworking/comments/2k8lgt/japanese_carpentry/
http://vimeo.com/88519127
­
関連記事

コメント

*No title

宮大工の仕事とか見せた反応を見てみたい

*No title

司馬の小説で韃靼疾風録ってのがあったな。

*No title

わ 笑い飯の西田が・・・

*No title

日本だとこういう高級品を買う需要が減っているのが悲しいな。

*No title

伝統をまもるということは進化するということだ。
ここに映っていたものは死んだ技術だ。
多分習った技術を進化も洗練も工夫もしていない。前に進んでいないのだ。
もったいぶった蘊蓄と素材のプレミアで商売をしてるだけ。

*No title

韃靼人の踊り

*No title

弘法筆を選ばず とか 画期的なアイデア とかも欲しい気持ちもわかる
でも別に いい物でいい物を仕上げるのも、間違ってはいないよ

個人的には 和風な製法で洋風な家具を作るとこなんかも見てみたいかも

*No title

韃靼 ボヨヨン ボヨヨン

*No title

本当の金持ちしか買えないよなあ。
 家具に見合った家と、楽しむ余裕(金と時間)と見識がないと成金の高級家具寄せ集めの中で
不当に扱われてたりするからなあ。
 素晴らしい。

*No title

内輪設定でごめんよ、この動画はここでは再生できんのよ

*No title

コメントにもあったけど顧客のセンスが許せない。日本好きじゃないよな、間違った東洋趣味なだけで。
それでも向こうではああいうのが日本式なのか

*No title

動画で見かけるこの↓日本人の職人さんは漢字は分からんけど、Tomoyuki Takeさんで間違いないはず。
http://s2.djyimg.com/n3/eet-content/uploads/2013/07/120716_0506_tomoyuki_take-353x450.jpg

この人、アメリカで数々のニューヨークハードコア系バンドで活動しててごく一部で有名だよ。
かなりマニアックな話になっちゃうけど、最初はボストンでCease 2 Existというバンド組んでて
解散後には元Dyingraceのトモキ氏とNJでHomicidalやHell Brigadeというバンドもやってた。
今はNYでEveryday Dollarsやってるし、一時期はあの有名なDarkside NYCにも在籍してた。
この人、見た目がメキシカンぽいってんで現地の仲間内ではホゼって呼ばれてるらしいw

*No title

5年10年で買い換える物じゃないからなぁ。
工業製品も歪を取って長持ちさせる技術はあるけど、まだまだ職人の感性には届かない。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/2766-370651dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。