Homeスポンサー広告雑談>外国人「『Caesar』のカタカナ表記がなんで『カエサル』になるんだ…」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「『Caesar』のカタカナ表記がなんで『カエサル』になるんだ…」【海外反応】

2014.11.04 Tue

外国人「『Caesar』のカタカナ表記がなんで『カエサル』になるんだ…」【海外反応】

投稿者
本日の頭痛の種のカタカナ・・・「カエサル=Caesar」
まあ理屈はわかるけれど、ドイツ語の発音をもとにしているのかな 






というよりかオリジナルのラテン語だ ViennaとFlorenceのカタカナ表記は知ってる?





↑投稿者 知らない 日本人はどう発音するの?





↑「ウィーン」と「フィレンツェ」だ オーストリア人とかイタリア人がするのと同じだ Parisはパリ、Munichはミュンヘン、Naplesはナポリ、Pragueはプラハだ 英語の発音ルールが常に用いられるわけではないんだ 中国の名前や都市の名前については例外もある





↑他にもたくさん例外はあるよ
イギリスは、イギリスの呼び方(大ブリタンの連合王国)ではなく、オランダとかポルトガルがイギリスについて読んでいる呼び方だ 
メキシコシティはスペイン語(ラ・シウダッド・デ・メキコ)ではなく英語をもとにした呼び方だ





↑英語の言い方もなんでこんなにバカバカしいんだって理解不能なことがあるよ なんでその地域内で呼ばれてる呼び方に統一しないんだろう? 「ニッポン」とか「ドイチェラント」と呼ぶのもそれほど難しいことではないのに





↑歴史からみて、君は「Deutschland」を正しく読んでないことを保証するよ





中国語でも、訓読みで読む町と中国のピンインで読む町があるだろ・・・いろいろだよ





↑基本的には有名な都市は中国語の読み方を真似してるよね、たとえば上海(シャンハイ)、北京(ペキン) で、他の年は音読みだ:四川(しせん) 例外は沢山ある





「C」という文字はラテン語で英語の「K」と同じ発音だ ドイツ語の「Kaiser」も基本的には同じ単語だ





↑それから、16世紀には、Kasparっていうのはとても一般的なドイツの名前で、それはCaesarを起源とした名前だそうだ ということは、あのかわいらしいお化けのキャスパーは、ジュリアス・シーザーのお化けってこと?





↑そうそう Czar、Kaizer、Caesarはつながりがあるはずだ Kについては分からないけど





あぁ、でもCaesar SaladaとかBloody Caesarカクテルのときは違うよ その場合は「シーザー」って読むんだ





↑うーん、「シーザーサラダ」については意味はわかるな それはローマの皇帝とは関係ないもんね 「シーザー」って名前でそういう読み方をしたアメリカ人が作ったものだから





↑その名前はローマ皇帝とは違って「che-zar」って感じの発音だとおもうよ カタカナだったら「チェーザル」とか「チェーザー」って呼び名になるんじゃないかな? 「Caesare」のスペルは「チェーザレ」だっていうのは知ってる





↑そうか、 Caesar Cardiniさんの名前をそう発音するとはしらなかったよ ならどうしてアメリカでも「che-zar」サラダって呼ばないの? 皇帝の名前のほうが一般的だから? 日本にとっては単純なことだ アメリカから伝わるときに「シーザーサラダ」という名前で伝わったからね





↑あぁ、それはアメリカ英語の問題だと思うよ





↑投稿者 うん、美味しいサラダだっていうのは知ってるけど、このサラダは古代ローマから伝わるものではないと思うから、これの発音の仕方についてはとやかくいわなくていいとおもう





うん、どうして日本ってのはある言葉の発音を英語に合わせずその土地の発音に合わせるんだろうね?





↑そうじゃないときもある だれかも上で言ってるけど、たとえばメキシコとイギリスみたいに





「キシリトール」って知ってるかな





それはね、もともとのラテン語の発音に沿っているからだよ Caesarって英語の名前だとでも思ってた?









シーザーが英語の発音に近いカタカナ表記のようです
http://www.reddit.com/r/japanlife/comments/2jxu1q/katakana_headache_of_the_day_%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%82%B5%E3%83%AB_caesar/
­
関連記事

コメント

*No title

なんで「英語に合わせ」なきゃいけないんだ?

*No title

まだラテン語の方が、発音のルールがローマ字的で日本人に有ってる。
発音ルールが無茶苦茶な英語に言われたかないわ

*No title

なんで「英語に合わせ」なきゃいけないんだ?


これ

*No title

ラテン語読みで「カエサル」
イタリア語読みで「チェザーレ」
英語読みで「シーザー」

日本では昔は「シーザー」が一般的だったが、最近はラテン語読みの「カエサル」に移行してる
基本的には地元での呼び方に近づけるようになってる

*No title

基本はその国の発音に合わせるよね。
昔は入ってきた経路にも因ったけど。
なんでもかんでも英語が優先されると思ったら大間違いだよ。

*No title

何で米欄はひねくれた捉え方しか出来ないんだ

*

なんで英語にする必要があるんだ
カエサル、カイザー、ツェーザレ、シーザーなど人名としても国によって読み方違うだろうに馬鹿なのか

*No title

そんなこと言ったら、カラオケをカラオーキーとか発音するんじゃねーよ

*No title

チャールズだって、シャルル、カール、カルロス...
というように言語によって読み方変わるじゃん。

*No title

ワルキューレとヴァルキリーみたいなもんか

*No title

日本国内にいるならカタカナ読みでいいんじゃね?
海外に行って、その国の言葉で話してから考えればいいと思う
ただ言えるのは、ナンシー&たけおで終わってる世代には海外は無理

*No title

何かで有名になれば逆転が可能だ
たとえばタイトルに冠して人気漫画になったりね

*No title

昔の英語と読み方が変わってるなら、今の英語表記どうにかしてくれよ…初見だとどう発音するのか分からないのが多くて…

*

ピーター・ジャクソンは、ロシア語読みでピョートル・ヤーコブセン
マイケル・ムーアは、フランス語読みでミシェル・モア、
ドイツ語読みでミヒャエル・マウアー
スティーブン・スピルバーグは、ステファノ・シュピールベルク
ジョージ・ルーカスは、ゲオルグ・ルクス
デビッド・クローネンバーグは、ダビデ・クローネンブルク

浦沢直樹「MONSTER」のヨハンは英語読みでジョン

*No title

戦前だと、「ロシヤのキャサリン大帝」なんて書かれていたこともあった。
エカチェリーナ2世のことね。

*No title

チェーザレだとボルジア家の印象かな

*No title

昔は「シーザー」だったよね
世界史の教科書でもそういう表記だった
いつごろから「カエサル」て表記が広まったんだっけ?
おっさんの俺には「カエサル」はちょっと違和感あるな

*No title

ハーキュリーズに違和感

*No title

最近は現地語読みのカタカナ表記を超してハングル表記そのままの場合もある。グー○ルマップとか、、、何処の国の地図とは言わんが、どう読めと、、、

*No title

最後のが全てだよな。
> それはね、もともとのラテン語の発音に沿っているからだよ Caesarって英語の名前だとでも思ってた?

あいつら「ギリシャ」神話のヘラクレスさえ、
「なんでハーキュリスって言わないの?」とか真顔で聞くからな。

*No title

まー日本国内では読み方を統一してくれと思う事はある
「スールシャール」と「ソルスキア」が同じ人だとかすぐにはわからんわ
「マヨルカ」と「マジョルカ」位ならまだわかる

*No title

ローマ皇帝の名前だからラテン語読みなんだろうに。へんなことを疑問に思う外人だな。

チャールズと呼ばれていればイギリス人で、シャルルと呼ばれていればフランス人でカールならドイツ人でカルロスならスペイン人だ。ワーテルローならベルギーだが、ウォータールーならイギリスの地名だとすぐわかって便利なんだよ。

*No title

漢字の音読みなんかは場所に合わせるどころか伝わってきた時代にまで合わせる伝統があるからな
呉音、漢音、唐音・・・あー頭痛い

*No title

この手の問題でいつも思うけどその人物の生まれた国の発音で読んでやれよ。無礼だろ。

*No title

ロサンゼルスオリンピック
ロサンゼルス=スペイン語のカタカナ読み
オリンピック=ギリシア語の英語だかフランス語に変形したものをカタカナ読み

カオスすぎる

*No title

やっぱ「アメリカ」は「エスタドス ウニドス」って言った方がカッコイイと思う

*

そういえば最近まで
ヴェネツィアのことを
英語風に「ヴェニス」って呼んでたな。
「ヴェニスの商人」とか
「ヴェニスに死す」とか

*No title

ヘボン(Hepburn)とヘプバーン(Hepburn)とかどうしろってんだよ

*No title

日本人「パリ」
アメ人「ノーノー、ペアリス!(ドヤ顔)」

これはマジ見たことがある。
英語帝国主義って凄いよなw

*No title

「なんで英語に合わせないんだ」って、傲慢の極みだよなぁ
良い教訓になったよ、ありがとう

*No title

ミハエル・シューマッハのことを執拗にマイケル・シューマッハと呼んでたレポーターを思い出した。

*No title

エネルギーはドイツ語読みなんだけど、最近はなぜか英語式にエナジーていうやつ増えてるなw
そのほうがかっこいいつもりなんだろか

*No title

カエサルとシーザーが同一人物だと知ったときは衝撃だった

*No title

フランスの「パリ」ってよォ…………
英語では「パリスPARIS」っていうんだが、
みんなはフランス語どおり「パリ」って発音して呼ぶ。

でも「ヴェネツィア」はみんな「ベニス」って英語で呼ぶんだよォ~~~
「ベニスの商人」とか「ベニスに死す」とかよォーー

なんで「ヴェネツィアに死す」ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォーーッ
それって、納得いくかァ~~~、おい?
オレはぜーんぜん納得いかねえ……

*No title

マイケル
ミカエル 
ミケーレ
ミハイル
ミッチェル 
ミシェル

あとどんなのがある?

*No title

『ヴェニスの商人』は作者がシェイクスピアなんだしそのままでいいとは思う。
ま、だったら何でトーマス・マンの小説は『ヴェニーディッヒに死す』じゃないんだ、という話にもなるがw

*No title

フローレンスって言われるとイタリアっぽくなくなるなぁ

*No title

多国の英語読みは間抜けすぎる事に、英語ネイティブが気付いてないのが笑える

*No title

ぶっかけうどんの単語に異常なまでに過剰反応する外国人

*No title

カエサルでもシーザーでも、どっちでも通じればイイわな、と思ったが
でも息子は、シーザリオン一択で覚えてたわ。今はカエサリオンが普通なのか。

*No title

アメリカ人ならスペイン語で発音しないとw

*No title

ミカエル/マイケル系列(?)のことなら、フランスならミシェル、スペインやポルトガルならミゲルと濁るね。
フランスだと姓がミシェルって人もそう珍しくないんだよな。まあ「ミシェル・ミシェル」にはならないように避けてるんだろうけども。

*No title

日本は固有名詞は元になった国の読み方から日本語のカタカナに変換する場合が多いけど、一般名詞の場合は民族的なものでも国別の名称の差を無視する場合が多いよね
英語ほどじゃないかもしれないけど



*No title

>他の年は音読みだ
何年?w

*

どう頑張ってもシーザーとは読めないんだが…。百歩譲ってもサエザーだろ。
そのまま普通に読んでもカエサル、カエサールじゃないか?
よくわからない

*

日本の発音をネタにしようとして無知を晒す残念なスレ
しったかでスレ立てする奴ってなんでこう馬鹿なんだろう

*No title

カエサル表記がシーザーに逆転したのは、「ローマ人の物語」あたりが転機なのかな?
それ以前にもカエサル表記がある事は有ったろうけど。
それと、フランクの大帝のカールとシャルルマーニュは、
日本語表記的にはどっちがいいんだろうとは昔から思ってた(仏独なら現地音が自然なんだろうけど)。

*

アメリカ人がジョンポールジョンポールって言ってて、そんな奴知らねーよって思ったらヨハネパウロ2世のことだったでござる

あと、鰻をunagiって書かれるとユーネイジーとしか読めないから
oonageeって書けと文句付けてたアメがいたが、英語話者以外は
オーナゲーとしか読まんわアホか。英語は綴りのメチャクチャ加減を何とかしろよ。

*No title

『Paris, Texas』…映画の舞台はアメリカだし主演もアメリカ人、監督のヴェンダースはドイツ人。英語でもドイツ語でも「Paris」は「パリス」。しかし、フランスの首都と同じ名前の街がテキサス州にある、というそもそものネタ(面白み)を汲み上げるには、やっぱり日本じゃ『パリ、テキサス』という邦題にするしかないんだよなw

*No title

そんな事言ってたら有名な和製英語の「ランニング」とか訳わからなくなっちゃうだろ^^;
グルジアがジョージアにしてくれとか、オーストリアがオーストリーにしてくれとかと一緒だろ?
(個人的にはオーストリアはエスターライヒの方がかっこいいと思うけど…)

*No title

日本は英語をカタカナにして日本語化、そのカタカナ英語同士をくっ付けて、新たな日本語英語を作り尚且つ簡略化、それをアメリカ人が発音をちょっと変えて使う

ポケット+モンスター=ポケットモンスター⇒ポケモン⇒ポキモン
コスチューム+プレイ=コスチュームプレイ⇒コスプレ⇒コスプレイ

*No title

英語ってけっこう合理的じゃない言語なんだよ
エスペラント語はもっと世界化にがんばるべきだったけど、ラテン語もそうだけどインテリのための言語になったしね

*No title

実は日本語はラテン語と親和性が高い。
蛮族の話す英語なんておとといきやがれ。

*No title

↑↑ウナギが「おお長え」、というネタオチなのか?w

*No title

ジョージ、ゲオルグ、ジョルジュ、ホルヘ...

*

>どうして日本ってのはある言葉の
>発音を英語に合わせずその土地の
>発音に合わせるんだろうね?

脳味噌腐ってんの?

*No title

英仏は文字通り読め。もしくは音どおり書けw

*

昔はシーザーだったのにいつの間にかカエサルに変わっていたり、
知識がないと同一人物とわからない事例が増えた。
全世界的に固有名詞は現地読みが定着すれば良いのに。
わかりにくくてイカン。
○○ジャパンとかはそれなりに定着しているから今さらジャパンは今後ナシね、
といわれても困るけどさ。

*No title

アメリカ人(おそらくイギリス人ではないと思うが)の基地外ぶりがわかるな。本当すげーよ、あいつら。

ところで、日本では、スペイン語圏の国名・地名とかを、なんで英語式で発音するんだ?
イタリアやポルトガルも現地発音準拠なのに。
昔の、「イスパニア」の方が現地音に近いのに。なぜ「スペイン」? 「メヒコ」「アルヘンティナ」も
この辺がわからんな。

*No title

ゴンザレス
ゴンサーレス
ゴンサルヴェス

*No title

あー、あまり気にしたことはなかったけど、
いつの間にシーザーと呼ばなくなったなとは思ってた
カエサル=シーザーなのはわかってたけど、
苗字と名前の違い?とか思ってたわw
そういうことか

*No title

とても単純な話だ。英語圏には言語統一運動がない。あればこんな煩雑にはなっていない。
日本としても面倒だがない袖は振れない。それぞれの輸入国に殉ずるより他手は無い。
中国は統一言語すらつい最近で本来なら話にはならないし。

*No title

>カエサル表記がシーザーに逆転したのは、「ローマ人の物語」あたりが転機なのかな?

それよりはるかに昔ですね。初版のときから読んでるけど、間違いない。それ以前からカエサルで定着してた。
教科書とかユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)みたいな記載もあったと思うが、普通にカエサルで覚えてたよ。

*No title

「ハーキュリーズ」のこと「ヘラクレス」なんて珍妙な発音してやがるぜ、これだから日本人は
みたいなのも見たことあるな。

*

日本にとっての外来語が英語だけとでも思ってんのかね。
もしそうだとしたら傲慢にも程があるわ。

*No title

この分じゃその内「何で日本人はsushiをスゥーシィーじゃなくてスシって発音するの?」などと言い出すアメリカ人とか出てくるだろうなww

*No title

もともと聖書の翻訳で
カエサルのモノはカエサルに
で訳されているから
一時期ハリウッドがジュリアス、シーザーの映画を
作ったから広まりかけたけど
結局ユリウス・カエサルから離れられない
ユリウス暦とか派生する単語があるからね。

*No title

文句があるのなら世界の全ての読み方を統一してからこい無能

*No title

当時の発音がわかってる限り人名はその発音に遵守すべきだと思うが。

*No title

スレ主が無知で傲慢なので腹が立のはよくわかる。
発祥地の発音に合わせるのも理にかなっている。
ただこの先、英語を共通語、公用語とした場合にそれに合わせるほうが理にかなっている。
くやしいけどこの傲慢さを柔軟に受け入れていく必要があるじゃないかな。

*No title

>>2014-11-05 01:00 | 名無しの日本人

そう思うんならまずお前が東京を「トーキヨー」、カラオケを「カラオーキ」と発音することをお勧めするw

*No title

ポーランド語でミハウ、ウクライナ語でミハイロ

*No title

英語をツールとして身につける努力を怠るべきではないと思うが、
共通語とか公用語とかは御免だわ。
たしかに文法簡単ではあるが、それでも不合理なものが多すぎる。発音表記においては言わずもがな。

*No title

それにしても同じアルファベットを使ってる他の言語圏の発音じゃなくて何でよりによって日本の発音にケチつけてんだろうこの外人は。

*No title

英語表記の「シーザー」も実は「スィーザ」 ザの音は短め
これを知っている人は英検2級以上進める人

*No title

なんで他所の言語が英語話者の思い通りになると思ってるんだ?

*No title

塩婆の本で日本でも自国から近い地域は日本語の読みで遠く離れれば離れるほど現地語で時代基準で呼ばれてると言ってた金大中はそのままきんだいちゅうでキムデヂュンとは大統領に成った頃に言われたくらいで毛沢東もマオツォートンとは言ってなかった。それはヨーロッパも同じで遠く離れるほど現地の読み方だよ。

よく関わる国とあまり関わらない国の違いなのかな使う頻度が全然ちがうから
あと何処を経由して伝わったのか歴史の名残りも関係してると思う
英語準拠は横暴だな現地に行っても地名が通じないだろ。それこそめんどくさいから世界の言語をアメリカ英語で統一するって勢い。英語もdisって米語、更には世界語かアメリカ様様

*No title

日本以外の国、非英語圏の欧米諸国にもこんなこといってんのかね? それが問題。
日本他非欧米諸国にしか言ってなさそうで。

*

掘った芋いじくるな!

*No title

Minotaurusもミノタウロスが一般的、英語だとミノタウ
Centaurusもケンタウロスが一般的、英語だとセンタウ
saberもサーベルが一般的、英語だとセイバー

元になった言語の雰囲気を大事にする。

*No title

プトレマイオスなんて、トレミー だぞ。しかも、綴りはPtolemyなのに。

*No title

英語圏で生まれたやつはガキの頃から人間は英語を話すものだと思い込んでいるからね。
英語が話せない奴は野蛮人か無教養で高等教育を受けていないと思い込んでいるのさw

*No title

フランス語やラテン語のような、ある程度強力な国家や宗教をバックにした教養言語ですらこんな扱いだもんな。
弱小国や非白人の言語の扱いはもちろんもっとひどい。

*

なんで日本での呼称を問題にしてんだ?
中国なんか表意文字しかないから突っ込み処満載だぞ

*No title

>漢字の音読みなんかは場所に合わせるどころか伝わってきた時代にまで合わせる伝統があるからな
>呉音、漢音、唐音・・・あー頭痛い

読みを解読するために五十音図が必要で、梵字・悉曇文字(サンスクリット)使ってたみたいやね

*No title

明治以前の日本は方言も含め3ヶ国語ぐらいは普通に使っていた。
女は言葉の通じない隣町から嫁に来るが時をたたずして民族に同化していくのは
長年の嫁取りの風習により男よりも日本女の語学能力が発達したせい。

現代の教育はひどいと思っていたら日本人には無関係の在日が教育委員会にいたりするから

*

Celebrity…有名人
セレブ…お上品な金持ち
 
発音より魔改造和訳の方が海外に知られると恥ずかしいわ。

*No title

>>セレブ…お上品な金持ち

そうそう、嘘・捏造を広めていくクソマスゴミです

*No title

シーザーって言ったりカエサルって言ったり安定しないよね
どっちもよく聞くわ

*No title

フローレンスよりフィレンツェのほうがかっこいいだろ
てか、現地語のほうが国や地域を予想できるだろ

*No title

>発音より魔改造和訳の方が海外に知られると恥ずかしいわ。

そもそもラテン語を魔改造英訳したものですが・・・

*No title

ジョジョはイタリア読みではヨヨ

*No title

第2部では、シーザー
第7部では、カエサル
なぜなのか?

*No title

> 英仏は文字通り読め。もしくは音どおり書けw
2014-11-05 00:28 |

フランス語はまだ綴りと発音のルールがある。
一番綴りと発音にルールもへったくれもなくて、メチャクチャなのが英語

*No title

英語じゃなくて、アメリカ人がやらかしてるじゃんw
”英語”って表記なだけにイギリスとばっちりだな。

*No title

「英語なんか」より正しいからだよwwwwwwwwwwwww

*No title

欧米のアルファベット圏では、それぞれに発音のクセがある。
日本ではアルファベットは外来文字だ。クセがない。
古典ラテン語については、ローマ字通りに読み、長い短いは無視する。
だから Caesar はカエサルとなる。
中世(教会)ラテン語はイタリア語の影響が大きい。
Caesar は Cesare となり、チェーザレとなる。

*No title

カタカナになった時点で日本語です。
カタカナ表記の由来は色々あります。
それだけの話

*No title

まあまた基準が変わるかもしれんしな
そのたびに肯定vs否定も馬鹿らしいというかなんというか

*No title

関係ないけどカエサルとクレオパトラの子供ってやっぱり殺されたんだよね?

*No title

カタカナって便利だなぁ

*No title

シーザーサラダって人名だったんだなぁ。 
海に関係あるサラダだとずっと思ってたさ~ (;´∀`)λ

それにしても英語脳の奴ら融通が利かねーんだなぁ、アホス。

*No title

>ジョージ、ゲオルグ、ジョルジュ、ホルヘ...

Georg は、「ゲオルク」もあるよね?

*

長い歴史を見れば、英語なんて辺境の貧しいド田舎の島国の方言だもん
訛りがきついから発音が難しい
文化の中心地であったイタリア語はラテン語に近くてきれいな発音だなと思うけど

ポルトガル人が来日して以来、外来語がたくさん入ってきたけど、イギリスやアメリカが幅を利かせるようになったのってつい最近のことだし
歴史の浅いアメリカでは太古の昔から英語が主流で天下を取ったと思い込んでいるんだろうけどw
日本の長い歴史の中においては、つい最近だよ

*No title

英語圏の人間の傲慢さがまた露呈したなw

*

まずはGODZILLAをゴジラと正しく発音できるようになってから言えよ、この糞害人
自分のおつむの弱さを棚に上げて、日本語表記にケチつけてんじゃねーよ

*No title

ラテン語の読み方は簡単で例外は無く合理的。
caesar,Cは「か行」発音。
子音+母音が基本で子音が書かれていない場合「U」を入れて読む、例外は無い
vは「U」発音これさえ覚えておけばラテン語は全て読める
Caesar→CAESAR「U] カエサル
virus→virus「U」 ウイルス

*

そもそも国によって地名の呼び方が違うのは当たり前のこと
まずは韓国人に日本海をJapanese seaと認めさせ呼ばせることに成功したなら、話を聞いてやってもいいぞ

*

>日本人「パリ」
>アメ人「ノーノー、ペアリス!(ドヤ顔)」

日本人「英訳:それは英語圏の方言ですね、パリが正式名ですよ(あきれ顔)」

で返せばOKw

*

エアーズロックの正式名称はウルルです
みなさん覚えてくださいね
滅ぼされたオーストラリアの原住民のためにも
彼らの聖地ウルルをエアーズロックと呼ぶのは冒涜なのでやめましょう

*No title

シューマッハの件は
一時引退する前=最初の現役の時、本人が「マイケルってよんでくれ」と言ってたとフジのアナウンサーが言ってた。定着しなかったけど
ブーツェン=ブートセン、バリチェロ=バリケロ、クルサード=コールタード、クビカ=クビサ

*

理屈がわかってるなら難しくもなさそうだけど、投稿者はカタカナとは英語を表記するためにあるって思ってた時期があって、英語じゃ違うのにって考えてしまって頭が痛いって事かな。

*

テニスの選手で、スイス人のWawrinkaは英語読みで長らくワウリンカと呼ばれていたけれど、トップ選手に肩を並べるようになったら、本来の読みのバブリンカと呼ばれるようになった
もう引退したけど女子テニス選手世界1位だったエナン・アーデンはエナン・アルデンヌとか言われたりして結構混乱したなあ
ベルギー人で表記はHenin
そのため活躍しだして有名になる前はヘニンと日本のマスコミには呼ばれていたらしいけど、正直結構無神経だなと思う

*No title

ヴェネチアも昔はベニスの方が一般的だったね。

*

しかしカタカナ語が英語学習の弊害の一つになっていると思うので、地名や人名以外の単語は熟語など日本語になおすべきだな
明治の偉人を見習って

*No title

歴史的な人物の英語の発音ってちょっと間抜けに聞こえるね。
弱そう。

*

>テニスの選手で、スイス人のWawrinkaは英語読みで長らくワウリンカと呼ばれていたけれど、トップ選手に肩を並べるようになったら、本来の読みのバブリンカと呼ばれるようになった
もう引退したけど女子テニス選手世界1位だったエナン・アーデンはエナン・アルデンヌとか言われたりして結構混乱したなあ
ベルギー人で表記はHenin
そのため活躍しだして有名になる前はヘニンと日本のマスコミには呼ばれていたらしいけど、正直結構無神経だなと思う



何が?

*

>シューマッハの件は
一時引退する前=最初の現役の時、本人が「マイケルってよんでくれ」と言ってたとフジのアナウンサーが言ってた。定着しなかったけど
ブーツェン=ブートセン、バリチェロ=バリケロ、クルサード=コールタード、クビカ=クビサ




理由は何だろう。
ドイツ語圏じゃない外人がミハエルって言っても、どうせ正確には発音してないわけだから、外人に呼ばれる時はマイケルの方がいいとか?

*No title

日本語を英語で読んでもらうのも苦労している
例えば自動車のマツダはMATUDAなのにMAZDAで
野球の松井はMATSUIなのでマチューイとしか読んでもらえない

*No title

これだけコメントがたくさん書かれているのに一切出てこないジーザス、イエス、ヤハウェ涙目

*No title

英語が公用語として確立されたとしても、固有名詞的なものはその国の言語オリジナルの読み方にしないと、別物になってしまうと思う。
でも自分の数少ない外国人の知人であるイギリス人は、そういうところは逆に拘っていた気がするのだが、理由は「読み方で国がすぐわかる」ということらしい。そもそも英語も元はといえばイギリス発祥なのに、アメリカ発音にあわせろとか変だと思うw

*No title

>例えば自動車のマツダはMATUDAなのにMAZDAで
あれは英語表記を、ただの苗字で外人にはイメージが伝わらない「松田」より、
なんとなく高級で知的そうに感じる「アフラマズダ神」のイメージに乗っかるためにああいう表記にしたもので実は発音とは無関係
字面から感じ取るイメージの問題
日本人だってたとえばジョージを「譲次」「貞治」「情事」と書くとそれぞれで想起するイメージが変わるだろ

*No title

ユリウス・カエサルだよな? カエサルの物はカエサルに。
ローマ皇帝なら「カエサル」呼びだな。だってそっちの方が元のラテン語発音に
近いんだろう?

シーザーっていうとシェイクスピアのジュリアス・シーザー、その「作品」自体を
思い出すな。皇帝本人よりも。「シェイクスピアの描いた」シーザーという登場
人物だ。

*No title

チェーザレっつったらボルジア家だよな。信長っぽい感じで創作物だと
マイナーながらもそれなりに人気あるし。

シーザーだとシェイクスピア。文学。

カエサルだとローマ。歴史。     っていうイメージがある。

*No title

見ざる、聞かざる、カエサル。

*No title

白人って馬鹿が多いんだな
改めて思った

*No title

昔テニスの伊達公子が若くてランク下位だったころ
DATEという名前をデートと読まれてアナウンスされる事が頻繁にあったんだとさ
本人が笑い話として紹介してたよ。

*

「うん、どうして日本ってのはある言葉の発音を英語に合わせずその土地の発音に合わせるんだろうね?」

こいつノーベル賞級の馬鹿だなw
ドイツ人の名前はドイツ語になるべく近い発音で読むのが当たり前じゃないか。なぜ一旦、第三国の言葉である英語を介す必要がある。

*No title

>> イタリア語読みで「チェザーレ」

チェザーレ?
チェーザレのことならスペルはCesareだぞ。
Caesarはイタリアじゃカエザールだと思うけど。

*No title

オランダを探すときよく間違ったわ
ネザーランドなんだよな

*

スレが伸び※が増えるにつれ、自分が大恥をかいたことに気づいたアメリデブが
必死に誤魔化す様をご覧ください

*No title

コメント欄で世界史の教科書はシーザーだったと書いてる人は何歳なの?
俺はアラフォーだけど高校の世界史は先生も教科書も参考書も全部カエサルだったぞ

*

文句つけたいんなら自国の人間全員に日本語の単語を間違いなく正しく発音出来るようにさせてから言ってくれ

*

伊達公子もそんなことがあったのか。
竹下登が総理になって初めて渡米した時、「テイクシタ」って間違って呼ばれたの思い出したわ。
TAKESHITA…

*No title

シーザーサラダは、ホテルCaesar's Placeで作られたもので、厳密には人名由来ではない。固有名詞なので英語読みが正しい。まあそのホテル名は、もちろんカエサルから来てるのだろうが。

*No title

つーかアルファベットは表音文字なのに、音が統一されてないってことがややこしくするよな。
各地で読み方違ったらそれは表意文字になっちゃってる。

*No title

ベテルギウスがビートルジュースに変化する奴らに言われたくはないわなあ

*No title

英語でマイケルアンジェロって言われては?ってなったけど
よくよく聞いたらMichaelangelo(ミケランジェロ)って分かるかーいそんなの

*No title

英語の場合、英語読みをかなり通しているから何て強引な・・・といつも感心するw

*No title

聖書も英語版で読むと、すげえ違和感あるよなあ。
ヨハネ=ジョン
マタイ=マシュー
ヤコブ=ジェイコブ
パウロ=ポール
ペトロ=ピーター
マルコ=マーク、とか

*No title

ひょっとしてアメリカ人は、古代ローマ人がカエサルの事をシーザーって呼んでたとでも思ってるのか?
だとしたらアメリカ人て、バカすぎないか?

*No title

読み方で自由度というか
それぞれにあわした事をきちんとしてるのは
日本ぽいんだけど

*No title

ローマ字文化が浸透してるからだよ毛唐

*No title

ローマ字文化が浸透してるからだよ外人さん

*No title

ビアガーデンでビール飲みます!!

*No title

アメリカに住んでるけど、英語圏以外の人命の発音に困る。ゴッホはヴァングー、みたいな。逆に中国の地名や人名は現地発音だから、日本語読みしか知らないと中国の話ができない。モウタクトウといっても誰も理解してくれず、マオツートンと言わないとダメ。習近平もシューキンペーじゃないし。日本は韓国人の名前は現地の発音に合わせるのに、なんで中国人は日本語読みなんだろ。金正恩をキンショウオンとは読まないじゃん。

*No title

>なんで「英語に合わせ」なきゃいけないんだ?

それはね、アメリカ人は日本の西洋文明はすべて敗戦後にアメリカ人が教えてやったと勘違いしてるからでしょ。
だから理解できないんだよ、英語以外を何で使ってんのってさ。

*No title

>日本は韓国人の名前は現地の発音に合わせるのに、なんで中国人は日本語読みなんだろ。

何年か前に韓国人が文句を言ってきたから、変更したんだよ。
まあ韓国は漢字を廃止したから、日本読みも存在しないしね。

*No title

キム・イルソンはキンニッセイだったしイ・スンマンはリショウバンって
読むのは昔はテレビでも普通だったんだけどねえ
日本海をトンヘと呼べ!とかなんでも自分の思うとおりにしないと怒り出す迷惑な隣国だよな

なのに通名は使うという謎

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/2817-404567ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。