Homeスポンサー広告文化>外国人「用心棒でお歯黒を見たとき困惑したよ」日本で中世時代にお歯黒をする理由に外国人興味津々【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「用心棒でお歯黒を見たとき困惑したよ」日本で中世時代にお歯黒をする理由に外国人興味津々【海外反応】

2014.11.06 Thu

外国人「用心棒でお歯黒を見たとき困惑したよ」日本で中世時代にお歯黒をする理由に外国人興味津々【海外反応】

投稿者
日本では中世(明治時代末期)まで歯を黒く染めるお歯黒という習慣があった
それは虫歯を防ぐ働きもあったが歯を漆で染めることが美しいと思われていた






すごく面白い 砂糖の取り過ぎで虫歯が増えた今日の社会でもこういった虫歯予防法があるのかな
僕だったら申し込むな





↑そういったデンタルシーラントはあるよ
子供の時にやってもらった これって普通のことかと思ってた





↑君の両親はきちんとしたデンタルケアをしてくれたんだね 今日、この時まで僕は聞いたこともなかったよ





↑どの歯医者も僕にデンタルシーラントの事はいってくれなかた なんでだろう 僕も初めて聞いたよ





日本の侍の歯が黒いのを見た時、歯が腐ってるのかと思ってたよ





用心棒をみてお歯黒を見た時すごく困惑した このスレで納得できた





その当時、歯を見せるのは品がないと思われていたんだよ





日本人の女性が笑う時に口を手で覆うのはこの時代の上流階級のエチケットからきてるんだね





↑ほんと?
その当時お歯黒はみんなしてたんだと思うんだけど、 娼婦でもやってたよ
お歯黒は魂に生気を与えるのに使われてたんだ、結婚式でお歯黒は結婚した人に施され、大人になった(18歳以上)女性
の証だったんだ
僕が読んだ本の中には日本人が白い歯を不快なものと書いたものはなかったけど





昔の習慣についてはなんとも言えないけど、僕は日本に住んでて娘がモデルをしてるんだ
彼女はモデルとして洋服を着るときは大きな笑顔をして、着物を着るときは歯を少ししか見せないんだって





ベトナムでもお歯黒の習慣はあったよ でも女性だけが美的な理由でやってたんだって
歯の虫歯予防は二の次の理由だったらしいよ





出典はわからないけど、歯を黒くするのは頭蓋骨の一部が見えて死を彷彿させるからだってなにかの本に書いてたよ





↑僕もそれきいたことがある 骨や肉は神聖なもので人目にさらしちゃいけないんだ
だから死体解剖を見た時に気持ち悪くなる人がいるんだよ





舞子は昔から芸者になる前の最後の舞台では歯を黒くするだろ すごくきれいだよ





↑そうだね 最初にそれを聞いた時はいいもんじゃなかったけど、実際にみてみるとすごくかわいかった





1800年代って中世だと思うの...?





お歯黒は江戸時代まで続いたってことは、アメリカで言えば南北戦争のころにあたるね





日本人と彼らが漆が好きだってことを知りたかったら、谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」を読めばいいよ





お歯黒がきれいってほんとに思ってるのかな それともお互いにうそをいってるだけ?





↑たぶんほとんどの流行と同じで、偉い人が冗談で言ってそれから農民たちが真似してカッコいいと思ったんじゃないか?







外国人からみたら物珍しいみたいですね
http://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/2l8dr1/til_in_medieval_times_the_japanese_used_to_dye/
­
関連記事

コメント

*No title

中世の定義を

*No title

美しいからというものではなく「既婚者の印」だろ
もしその女性に手を出すと額に「犬」と刺青されるんだぞ(ちょい嘘)
不倫したら「犬」なんて粋だろw

*

田母神さんが、既婚女性のお歯黒の復活を提案してたね。
日本人の素晴らしい伝統だと思うし、アラサーやアラフォー
なのに、いつまでも「女子」なんて、子供扱いされるよりも
日本女性の精神的成長のためにも、既婚女性だけでなく、二十歳を
迎えたら、染めるべきじゃないかと思うよね。

*

字は忘れたけど、カネって呼ばれる染料じゃなかったっけ。
昔のは重金属だか毒性のある成分が含まれてて体に悪いと聞いた事ある。

*No title

>その当時、歯を見せるのは品がないと思われていたんだよ

もう古い感覚だとは思うけど、一応今でも歯を見せるのは下品とされてるよ
歯を見せて笑うなと厳しいお宅は娘に躾けてる
うちはあまり厳しくなかったけど、みっともないとは言われて育った

*No title

>字は忘れたけど、カネって呼ばれる染料じゃなかったっけ。
>昔のは重金属だか毒性のある成分が含まれてて体に悪いと聞いた事ある。

マジか
そういや昔はおしろいも鉛を含んでいて中毒症状が出てたって話だな
胸近くまで塗るもんだから赤ん坊の死亡率にも一役買っていただの何だの
いくら伝統でも毒を飲むのはご勘弁願いたいね

*

海苔お歯黒は、日の本の民なら誰もが通る道でおじゃる。

*No title

俺の知識と一致しない情報がチラホラ(汗)

*No title

江戸時代の既婚女性の目印になる以前は、
貴族の男女がやってた。
戦国時代でも、貴族かぶれの今川義元が、武士なのにお歯黒してた。
古い古い時代の絵巻にもあるよ。

*No title

おしろい(白い化粧) お歯黒(虫歯予防) 引眉(細い眉毛) の3点セットやね

お歯黒文化
アイヌ     
雲南省のミャオ族、ラフ族、ヤオ族     
ベトナムのザオテン族、ルー族、黒ザオ族、ヌン族
ラオスのハニ族、カトゥ族、プーノイ族   
タイのアカ族、リス族      

弥生人ってミャオ族じゃないかな
黥面(げいめん、顔の入れ墨)・文身(身体の入れ墨)や断髪
長江流域の太陽族・鳥族・蛇族の苗族
太陽信仰、鳥信仰で高床式住居で水稲農耕

*

>公家かぶれの今川義元が

室町時代の守護や守護代など上陸の武家は、皆さんしてたんですよ
もちろん、尾張守護代の織田信長さんも、信濃上田の真田幸村さんも
皆さんお歯黒は必須のおしゃれでした
今川さんだけが公家かぶれではありませんでした

*No title

日本人が持っている美的感覚の一つ時代のはやりで移り変わる。

ご新造がお歯黒で化粧をしているところはゾクゾクする程色っぽく見えたことだろう羨まし限り。

タトゥーを好む欧米人は多いように思うがマオリ族のマネにしか見えない、やるなら和風の刺青を勧める。

*No title

時代劇でもお歯黒再現するのは極少数派だからな

*

平安時代の武家もお歯黒してたよ
当初は虫歯予防だったのがいつの間にかオシャレになったんだろうね

*

武家も辿れば、皇室の流れを汲んでいたり公家の従者だったりで、文化として断絶したものではないから不思議じゃないね

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/2825-06f2c6d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。