Homeスポンサー広告歴史>外国人「こんな穴が空いてよく沈まなかったな…」アメリカに16インチ砲で射抜かれた大和級戦艦の金属板が展示されていると話題に【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「こんな穴が空いてよく沈まなかったな…」アメリカに16インチ砲で射抜かれた大和級戦艦の金属板が展示されていると話題に【海外反応】

2014.11.11 Tue

外国人「こんな穴が空いてよく沈まなかったな…」アメリカに16インチ砲で射抜かれた大和級戦艦の金属板が展示されていると話題に【海外反応】

投稿者
USネイビーミュージアムに展示されている、日本の大和級戦艦の厚さ26インチの兵器 アメリカ軍の16インチ砲で貫通した穴がある





こんな穴が開いてどうやって戦艦が動いていたのか不思議だ





↑浮力はあるだろう…ミッチ・ヘドバーグのジョークでオレンジをつければ何でも浮くって言ってた





↑水だって相当重いからね 船の重みで押しのけられた水の方が船より重かったとしたら? 浮くよ





↑戦艦は相当の量の水をのけるな





↑装甲というのは場所によって厚みが違うから、全体で見たらそこまで厚くないのかも





明らかにテストだろう これはフロントの銃弾よけだから、船全体がこの厚みだったわけじゃない 実際の戦艦大和はすべてが海底に沈んだわけじゃない 修復して近代化すれば、世界最強の戦艦になったはず





↑大和は最初の戦闘後外側を代えたんじゃなかったか? じゃなければ、敵を惑わすためにわざと古い外装にしたか





↑最近の研究だと、オリジナルの大和の船体を使うことで新しい戦艦の建造を隠したとか





↑装甲に力を入れるより戦闘機をコントロールする方がよっぽど効果的だったんだよね そこが映画化されないのは残念だ





ちょっと嫌な展示だね でもクールだ!





↑これを見て憂鬱になる必要はないよ これは戦後テストのために行ったもの 大和と武蔵は戦闘機の攻撃で沈没したよ





↑大和「級」って言ってるからね 実際の大和じゃない





↑これは信濃らしいけど、戦闘中の損傷じゃないし、これで何千人の命が奪われたわけじゃない





↑こんなことやられたらみんなぐっちゃぐちゃだぜ





これ以降、戦艦に分厚い装甲がつけられなくなったんだよね





↑いやそもそも戦艦自体が作られなくなったよ 当時の装甲艦はほとんどが戦闘機の攻撃で沈没している





旋回砲塔をつけるためには装甲が必要だったんだよ 日本の方が装甲戦の技術が進んでいたのは驚きだな





↑日本軍は全部を金属で装甲していたよ





銃撃の時の騒音を想像してみて 海軍の戦闘は気が狂いそうだっただろうね








http://www.reddit.com/r/ArtefactPorn/comments/2l6rsp/26inch_thick_armor_from_japanese_yamato_class/
­
関連記事

コメント

*No title

Armorは兵器じゃなくて装甲な。
あと、これ、結構怪しい出自のじゃなかったかなー。

*No title

大和級は戦艦と砲戦して沈んでなどいないぞ
大和はご存じのとおり空襲で沈没 武蔵も引上げできるような場所じゃない
信濃も砲戦なんぞしていない この時点で大和級ではない
そして戦艦で引き上げる程度の場所で沈んだのはせいぜい陸奥くらいだ
それも謎の爆沈だから砲撃など受けていないw
大和級の装甲の厚さを実際に作ってそれを打ち抜いたらと仮定した展示だな

*No title

>>大和級は戦艦と砲戦して沈んでなどいないぞ
大和はご存じのとおり空襲で沈没 武蔵も引上げできるような場所じゃない
信濃も砲戦なんぞしていない この時点で大和級ではない
そして戦艦で引き上げる程度の場所で沈んだのはせいぜい陸奥くらいだ
それも謎の爆沈だから砲撃など受けていないw
大和級の装甲の厚さを実際に作ってそれを打ち抜いたらと仮定した展示だな

嘘つきだな
おまえ
自意識過剰だね

*No title

被弾しても注水でバランスを保つから沈まないんだよ。
頼むからそういう事にしといてくれ。

*No title

沈没した大和級は引き上げられる場所ではないわな
多分大和級の装甲をを想定した耐久実験だろうね

太平洋戦争では砲撃戦は想定外の遭遇による一回だけだったはずで
開戦前までは海戦は艦隊決戦を重きを置いていたのが真珠湾やらで艦載機の有用性を示したことと
そもそもの燃料不足及び他の艦隊に比べて速度不足ってことで秘密兵器のはずの大和級どころか
古くなってた金剛級の方が速度が出るから活躍する皮肉になった訳だわな

資本注ぎ込んで当時最新鋭の魚雷や砲撃何発か喰らってもタフさやダメコンがあっても
終戦に向かいただただ大量の艦載機に群がられ沈んでいく様は痛々しかったろうな

*No title

サイドに書かれた文字はJAPANESE DREADNOUGHT REALと読める
単に「日本の弩級戦艦(本物)」というだけで「大和級」とは確認できない

正面の展示ボードになんと書かれているかはわからないが、元スレッドの主か博物館側が
「日本の弩級戦艦=大和級」と勘違いした可能性が高いな

*No title

大和級戦艦は分厚い装甲と何千もの隔壁に区切られた構造に中排水システムによって
魚雷攻撃で穴が開いても傾斜を復元できる不沈艦だよ。
でも、三番艦信濃は徴兵で技術者がいなくなり、挺身隊なんかの女子供が作っていたりして
溶接なんかが下手糞の欠陥だらけで、完成間際の移送中に攻撃を受け簡単に沈んでしまった。

*No title

それにそもそも大和は「超弩級」で「弩級」じゃなかったな
DREADNOUGHTという表記を信じるなら大和級でないことは明白だわ

*No title

>>嘘つきだな
おまえ
自意識過剰だね

どこら辺を嘘と言ってるのか謎ですが、くだんの装甲板は実戦参加した艦艇のものではありませんよ?
米軍が力を誇示する為のデモンストレーションとして行った貫通実験(至近距離からの発砲です。通常砲戦距離以下なら
16インチ砲でも貫通できるのはあたりまえ)の結果をいかにも「アイオワ級でも戦闘すれば大和級戦艦の装甲を抜ける」ように見せかけただけの物にすぎません。

*No title

長門じゃないのか?
長門は生き残りアメリカに引き渡された。
その時の船体の一部を外したんじゃないのか?
後に核実験の的にして沈めたけど。

*No title

実物の大和型のものではないのは上でコメントされてる通り明がだが、どこから出てきたもんなんだろうな?
戦後予備パーツとして残ってたものを試験に使ったのかな?

*No title

これたしか戦後接収された信濃の大砲のカバーの部分だったと思う
しかも10㌔圏内で撃って貫通したインチキな測定方法だったと思う。
違ってたらごめん。

*No title

>古くなってた金剛級の方が速度が出るから活躍する皮肉になった訳だ

「大和よりも速度が出るから活躍した」わけではなく、「旧式の金剛なら惜しみなく使い倒せる(沈んでもいい)から積極的に運用された」というだけの話なんだが何を勘違いしているんだ?

*No title

大和級は爆撃や雷撃で沈んだのであって戦闘機に沈められてはいない

*No title

信濃の空母化で余って放置してた砲塔用の装甲板をもって帰って10キロ前後で試射して貫通して、(そら10キロならな)
USA!USA!USA!してるだけ。

*No title

>これたしか戦後接収された信濃の大砲のカバーの部分だったと思う

おいおい信濃に大砲はないだろ…と思ったが、ちょっと調べてみるとそれが正解みたいだな
Wikipediaの信濃の項にも書いてあるが、空母に改装することが決まる以前に製造されていた主砲の装甲板のようだ

*

艦これ()で知った知識をひらかすやつがいると面白いよね(笑)

*No title

主砲前盾ってやつだね。
上に書いてるとおり、信濃のモノでインチキしてぶち抜いた。
興味ある人は下のサイトに詳しくのってるから、ここ見てみて
ttp://homepage3.nifty.com/ki43/
ttp://okwave.jp/qa/q2092734.html

*No title

ふーん、アメリカさんもインチキするんやね。
まるで朝鮮人みたいやね。

*No title

空母に改装されたことで用意されてた主砲塔のパーツが結果的に生き残っちゃって、それが試験に使われたってことか。

*No title

>空母に改装されたことで用意されてた主砲塔のパーツが結果的に生き残っちゃって、それが試験に使われたってことか。

つか開戦と同時に工事中断、おまけに樫野も早々に沈められて最早戦艦としてはどうしようもなくなってた、てのが実情だろうね。

*

非論理的な阿保が多いな。試験の射程が10kmだとなんでインチキなんだよw

*No title

>非論理的な阿保が多いな。試験の射程が10kmだとなんでインチキなんだよw

ネタ? 或いは釣りかな? もし本気で言ってるならあまりにも無知すぐるぞwwww

*No title

貫通孔見て分かるが本来傾斜させる装甲を垂直にしてしかもあれだけ小さい目標に当てるには
相当な至近距離(2km以内)でないと無理

*No title

>非論理的な阿保が多いな。試験の射程が10kmだとなんでインチキなんだよw

ネタじゃないのなら、もう少し常識を勉強してくれ。

*

>27、30
実際に30kmも40kmも離れて撃ったら、命中させるだけでも一苦労だろうがwww
近くから撃って試験して、「この場合こんだけの大きいダメージがあったけど、実際の距離ならもっと小さいこれぐらいのダメージになるだろう。」と推測する、という方法じゃないと試験自体不可能だわ。
お前らは飛行機の風洞実験なんかでも、「実際に空中を飛ばしてないからこんな実験は無意味!」とか言いそうだな。

*No title

>艦これ()で知った知識をひらかすやつがいると面白いよね(笑)

なんだかなあ…心が狭いね。さり気なく訂正してやれば済むことだろうに
同好の士として扱ってやればいいのに、直ぐこんなこと言いだすんだから

*No title

>お前らは飛行機の風洞実験なんかでも、「実際に空中を飛ばしてないからこんな実験は無意味!」とか言いそうだな。

風防実験は風の動きを当てて計測するでしょ?
この場合、角度も無視(防盾、弾道)でやってるのよ。
君の言い方に合わせると、風防の中に模型を置いて、風を正面から当てずにやってるのと同じ。
下から風当てて「浮いた、成功だ」と言ってる状態な訳。

>実際に30kmも40kmも離れて撃ったら、命中させるだけでも一苦労だろうがwww

調べれば簡単に判る事だけどね、実際の砲撃試験はそうやるんだよ!(もっとも40kmなんて砲戦距離ですらないが) それで散布界や命中時の砲弾の状態を計測するの!
日本でも退役戦艦を実標的としてそういう試験をしてデータとったんだよ・・・

いい加減脳みそ拾ってきたら?

*No title

大和級をあえて分類するなら超々々?弩級くらい

『軍艦長門の生涯』 阿川弘之著 
「長門」を通して帝国海軍、帝国の興亡を綴る。世代を超えて読み継がれる大ベストセラー本
司馬史観など読むより遥かに宜しい

*No title

え、写真だからなんとも言えんが、地面のタイルの大きさや、文字の大きさから推測すると、
せいぜい人間の胴体2つ分あるかないかくらいの穴じゃね??
思ってたより大分小さい・・・(´・ω・`;)
「よく沈まなかったな」ってタイトルから、砲弾で開いた穴自体はコレぐらいでも、
そこからひしゃげて2mくらいの穴が開いてたり寸のかな~と思ったんだけどな(´・ω・`)
こんな穴なら軍艦じゃなくても沈まなくね??

*

16インチ砲で10kmの距離は、超至近距離。しかも、本来の傾斜角を無視して据え置いた装甲を撃ち抜いたって、せいぜい貫通力のテスト程度にしかならんわな。あと、これ試験したのダルグレン砲撃実験場じゃなかったけ?

*

マジレスすると信濃に搭載予定だった46cm主砲の装甲の一部

*

>28
>この場合、角度も無視(防盾、
>弾道)でやってるのよ。

だ〜か〜ら〜、そういう角度の違いとかも含めて、実際の状況との違いはすべてきちんと勘案するんだといってるんだよ。
前の方のリンク先にこの試験での米軍の結論の出し方がちゃんと書いてあるだろうが。いわく「試験では垂直に撃ち込んで貫通しちゃったけど、実際には角度がついてるから貫通しないはず。」と。
正直にそう書いてあるのに何でインチキなんだよ?!お前の中では正直に書くことがインチキなのか?

*No title

>貫通孔見て分かるが本来傾斜させる装甲を垂直にしてしかもあれだけ小さい目標に当てるには
相当な至近距離(2km以内)でないと無理

こいつすげーなー(棒)
多分恥ずかしいとかいう感情ないだろうななー

*No title

だから実戦じゃ起こりえない状況を想定してテストされた結果なんだろ
大和型の装甲をぶちぬいたという実力を誇示するためだけのテストだったんだよ

*No title

まあ、ぶち抜いたのが主題であって条件なんてどうでもいい、でも結果だけ見てね、て話なんだからどっかの○○見たく顔真っ赤にする必要はないと思うよ、ベタだけど戦勝国の権利?の一つとも言えなくもない。

ただ、流石に10㎞を損傷なしでその距離まで詰められる前提で「論理的w」とか言うのにはお前就職前なら、オレが親なら全力でで阻止するは、だったけどね。

*No title

>嘘つきだな
おまえ
自意識過剰だね

は?自意識過剰な嘘つきはお前だ
2014-11-11 17:27 | 通りすがりの日本人の書いてることは合ってる

*No title

今頃海に沈んだ日本の戦艦はほとんど中国人にサルベージされて、
高額な鉄くずとして売っぱらわれてるだろうな。

*No title

そんな技術あるなら逆に尊敬するはw、あるわけないけどなw

*No title

ああ!ごめんなさい!
生きてる人も生き埋めにしちゃうの忘れてました!
流石シナ様です、精々メキシコに喧嘩売っててください^^^^^^^^^^^

*

>36
>ただ、流石に10㎞を損傷なしで
>その距離まで詰められる前提で
だからよ、この実験は兵器を純粋に工学的に調査するためのものであって、実戦でそういう状況になるかどうかなんて関係ねえの!
こんな単純な事が理解出来ないとは真性のバカだな。

>オレが親なら全力でで阻止する
>は、だったけどね。
日本語で書け阿呆www

*No title

戦後まで残った日本の戦艦なら燃料切れで呉の港にあった長門か榛名か日向かな?

*No title

アメリカの主砲は実戦でも優秀だった。
日本の口径が大きいだけの見掛け倒し砲じゃ仮に命中しても装甲を抜けないか突き刺さっても不発になって効果がなかっただろう。

*

日本海軍の艦船の砲が見かけ倒しだというなら砲戦でアメリカ艦艇は一隻も失われてないんだな?

*

ちなみにこの距離で撃ち合うような砲弾にはその質量をその射程まで飛ばせる段階で相当エネルギーが乗ってるわけで
仮に威力が足りないとなると飛ばす事すら不可能な話なんですが

*No title

未だに日本兵器は粗悪品の集まりで使えたものじゃないなんて戦後の日本軍サゲ
教育で洗脳されてるのなんて1部の頭の悪い日本人だけだな・・・
情報が広まった現在では海外では戦後の日本兵器サゲの嘘はバレていて日本兵器
でもいいものはいいってのが当たり前なんだよね
あのアメリカ人でさえね

*No title

あれだけ真っ直ぐ抜いてるってことは相当近くから撃ったなw

*No title

>だ〜か〜ら〜、そういう角度の違いとかも含めて、実際の状況との違いはすべてきちんと勘案するんだといってるんだよ。
前の方のリンク先にこの試験での米軍の結論の出し方がちゃんと書いてあるだろうが。いわく「試験では垂直に撃ち込んで貫通しちゃったけど、実際には角度がついてるから貫通しないはず。」と。
正直にそう書いてあるのに何でインチキなんだよ?!お前の中では正直に書くことがインチキなのか?

その前の参照コメをみて書いてるのなら文盲なのか?

*

18のリンク先のリンク先にある、この実験に関する解説によると、この実験は件の装甲板を16インチ砲弾で貫通させるには最低限どれだけの速度で着弾させる必要があるかを見極めるためのもの。結果は、
砲撃1回目:弾速607m/s→貫通した
砲撃2回目:弾速502m/s→貫通しない
これらの結果から、貫通する/しないの弾速の限界を561m/sと見積もっている。また、その数値を米軍の「タイプA装甲」のそれと比較して、84%の性能を持っているとも書いてある。

このような限界を見極めるための実験なら、貫通するような状況での砲撃を一回はやらないと、数値を見積もるのは難しいだろうというのは容易に想像できる事。
これらの一連の実験の手法のどこが「インチキ」あるいは「誇示するためだけ」なのか。説明してみろ。>48

*No title

>これらの一連の実験の手法のどこが「インチキ」あるいは「誇示するためだけ」なのか。説明してみろ

簡単な事だよ。
君の上げたデータはそこでは掲示してないの。「16インチ砲によって破壊した」という表記になってる。
そもそも貫通できなかったらスクラップにして廃棄する予定だった。
データは真面目にとるだろうよ、でも展示においては明らかに誇示目的なんだよ。
つまり、最初から結果を優先していた訳。

*

>50

>データはそこでは掲示してない
展示にデータを掲示してるかしてないかなんて、実験がインチキかどうかに関係ないだろ。もし関係あるというなら、展示の当初にデータを掲示してその後に引っ込めたら、過去に行った実験が時間を超えて非インチキからインチキに変わるのか?んなわけないだろw


>データは真面目にとるだろう
結局、実験はインチキじゃなかっと暗に認めちゃってるじゃないかw自覚してないのかもしれないけどな。はっきりと「実験はインチキじゃなかった。」と認めろよ。

>明らかに誇示目的なんだよ。
で、誇示する事以外に目的がなかったという証明はどこにある?
そもそも実験するにあたって「誇示する」という意図が本当にあったかどうかが怪しいが、仮に百歩譲ってあったとしても、1発目で貫通してるのにそれで終わらせずに2発目を撃ってデータをとって強度の評価を出してるんだから、「強度を評価する」という、「誇示する」以外の目的もあったとしか言いようがないだろ。

*No title

↑おまえにはミンス党の入党権利をやろう、辻○と仲良くなw
つか散々吠えてるようだがそのずれ具合は↑原さんも脅威に感じるだろう!

正しく「僕は100%正しい、世界の標準的な検証条件なんて関係ない!」てとこでな。

期待の新人ktkr

*

>52
一言も反論出来ずに捨てゼリフ、無様すぎるwww

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/2858-88edd1f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。