アクセスランキング

外国人「尊敬の念しか出てこない…」日本のどの方向からでも木組みできる技術がすごすぎると話題に【海外反応】

外国人「尊敬の念しか出てこない…」日本のどの方向からでも木組みできる技術がすごすぎると話題に【海外反応】

投稿者
俺の日本の指物に対する尊敬の念はもうこれ以上深まることができないくらいだと思ってたんだが

http://instagram.com/p/tQ_KzbREQl/?modal=true





これ気に入ったから、SketchUpでこれの模型を作った 俺にこれを自分で作る技術があるかはわからないけど、君らのうちの誰かは持ってるだろうね





↑ 頭が痛くなったわ マジでこれやってみて、YouTubeのデモ動画作ってくれない?





↑ 正直言うと、俺って電力工具派なんだよね CNCルーターも持ってるんだけど、こんなシャープな角度には対応できないな 





嫌気がして道具を落としたわ





↑ おまいにつくよ なんだこれ





後ろのジョイントはどうなってるんだ? 2つの様にみえるヤツは右の角に繋がってんのか?





↑ 自分でやった事ないけど、四方蟻継ぎっていうんだ つなぎ目は実はななめに切られているんだ コレどうやって作るか説明しているサイト
http://www.craftsmanspace.com/free-projects/impossible-dovetail-joint-puzzle-plans.html





↑ ありがとう、オレ、、、
、、一瞬止まったわ





↑ もう一つのやりかた:






この継ぎ目には物珍しさと視覚的にアピールするものがるけど、実際どれくらの強度なのかわかるかな? それともこれって美観のためだけ?





↑ 俺も同じ事考えてた、、、これは木だし、この継ぎ目、、、でもこれはこのクールなファクターを超えて実際使いやすいのか? まだ、俺は未だに蟻継ぎのベイビーだし、こういうのに取り組んでるのを想像できない





↑ 彼がどうやってこれを作ったかっていうのを撮影した写真を見つけたよ 実際の寸法を見て手に持ってみないと、全く分からないな 俺って結構スマートなハズなんだけど
ビジュアルの視点から言うと、これは机やテーブルの足の先を仕上げるのにはクールな方法になるね 下半分は明るめの色の木で、この継ぎ目で濃いめの色の木とつなぐんだ





俺はやってみようともしないね あと数年はやらない すごく精密で良く出来てるな 俺はまだ自分の蟻継ぎ(の道)の途中なんだ





誰かこのジョイントのことを何て呼ぶか/何を使って作られているか知ってる?





↑ 投稿者
この人のinstagramにもっとインフォーメーションが載ってるよ(どうやってこの切り方をレイアウトするかも含めてね) これを発明した河合さんていう人に因んで河合継手って言うみたいだよ 





↑ はい、動画:
http://instagram.com/p/tQ5quuREYP/?utm_source=partner&utm_medium=embed&utm_campaign=video





↑ 投稿者
それ、オリジナルの投稿以外の他の動画だね どっちの動画の方が好きかわからないけど、両方ともメリットがあるね!





わぉ! すげークール!





素晴らしい仕事だ





全部コメント見てみたけど、誰もこの質問をしてないのが信じられない、、、この継ぎ目はもともと何に使われるものなの? すっごいクールだ これは斬新と云うのを超えている







http://www.reddit.com/r/woodworking/comments/2m57of/and_i_thought_my_respect_for_japanese_joinery/
http://instagram.com/p/tQ_KzbREQl/?modal=true

Ad by google





このエントリーをはてなブックマークに追加
­
関連記事






Powered By 画RSS









コメント

No title

元材をばらせない部位の修復やリフォーム時に真価を発揮する宮大工の伝統技法であって
これは技術披露用というか、遊びみたいなもんなんだよ
強度に関しては木釘を併用したり蓋金被せたり斜交いにも合わせ木してモーメント補強する

No title

釘使うと錆びるしね。

No title

大工のちからってすげー!

No title

これ韓国の技術じゃなかったっけ?
百済時代に作られた工法らしい

No title

>これ韓国の技術じゃなかったっけ?
>百済時代に作られた工法らしい

しょーもない釣りして楽しい?
暇なやっちゃな

No title

腕試し、練習用と考えればよい。

昔の宮大工は腕自慢で良くこんなことをやってたな
パズルみたいに一見どう継いでるのかさっぱり分からない、不思議なのがいっぱいある

No title

マジレスすると、鎌倉時代に宋から伝わって、江戸時代に和算と一緒に完成したもんだ。

No title

匿名ってほんとすげーなw
日本人がここまでクズ化するとはw

No title

>これ韓国の技術じゃなかったっけ?

韓国に行って古い木造の建築物の構造を見てこい
修復箇所が見れたら、もっといい
その前に、オマエの目って見えてる?

No title

>匿名ってほんとすげーなw
>日本人がここまでクズ化するとはw

匿名って言っておきながら日本人限定ですか・・・

No title

宮大工がよくやる自己主張というか遊びの延長だろう
後世の大工にこの継ぎ方が理解できるか?という風に
パズル状にして継ぐ
理解できないと外せない(w

No title

今のオタクもそうだけど
仲間内で評価されたいためだけに
わけのわからない努力をするのが日本人の特徴
「あいつすげー」と言われるために長年努力する
鉋がけの大会もある、一般人は理解できない

No title

>匿名ってほんとすげーなw
>日本人がここまでクズ化するとはw

このコメント欄に、そこまで言うような内容のコメってどれよ?
半島系のやつ?

No title

こういうのって日本だと結構ある
非常に特徴的ななのが算額ってやつで
今で言う数学の問題を絵馬に書いて神社に奉納する
その神社に来た同好の士が答えを書いて奉納して
出題者が正誤を書くという
オタク気質なんだろうな

No title

日本ではアイドルも継手が作れますww

No title

出た、百済w
出るとは思ってたがパターンがマンネリ化し過ぎw
そんなに半島が凄いって言いたいのなら南大門くらいマトモに造ってから言えよw
というか、向こうに行って言ってこい!

No title

お前らって笑っちゃう位韓国ネタはスルー出来ないんだな

No title

これまで長年スルーしてたら、好き放題するようになったので、見かけたらその場ですぐ潰すことにしたんじゃね。ゴキブリみたいに。

No title

腕試しや自己満足の面も無いとは言わんが、手先指先を使う仕事は毎日続けていないと勘が鈍るんだ。
だから仕事が空いてる日でも、何かしら作業する。

No title

>2014-11-15 22:45

お前…
謝れよ…!


ゴキブリに謝れ!!!

No title

天井裏では曲がった木材でもほぞを切り木材を継いでいます、日本独特ですよ。
みんな知らないだけで実は日本の大工さんはすごいよ。

No title

デモンストレーションの意味を正しく理解しよう?

No title

もう少なくともこの界隈の住人はどうしようもないんだな、俺もだ

No title

パズルとか遊びとかじゃねーよ。
柱とかが腐ってしまって、切断せざるをえないが十分な長さの木材が手に入らない場合など、
材木を繋ぎ且つ強度を保つ為に考えられた技術だぞ。

No title

遊びって・・・木組みは1本の木より強度も飛躍的に上がるんだが

No title

木組みは日本の湿気に対応するための技術でしょ。
湿気で釘などが錆びやすいから金具を使わないようにした技術
日本独特

No title

これぞ、日本大工の職人芸!!よ!!大統領!!!!!!

No title

就職先が決まらない奴は職人も一つの道じゃないか?

No title

>見かけたらその場ですぐ潰す

うん、これが正しいんだよな。
繁殖されたら手に負えないから。

実用性があると思うけどね
必要なだけの木材を集めるのは結構大変な事だし、部分的な修復などにも使われてる筈
ただ、動画はあまりに雑なので使えないように見えるだろう

No title

これ直角と直線の90度だけだけど、角度つけるやつとかも作ったらびっくりするだろうな。

No title

ごきぶりもいい迷惑




■コメントに関してのガイドライン■

・差別的中傷的なコメント

・トピックに関係ないコメント

・広告やスパムコメント

・当サイトへのコメント

・不適切だと判断したコメント

は削除やアクセス制限の対象となります

また当サイトへのご意見(提案・リクエスト・重複の指摘など)

は記事内のコメント欄ではなく下記アドレスにお願いいたします

kaigai.000@gmail.com



コメントをした時点で上記ガイドラインに同意したものといたします

これからもよろしくお願いします(´・ω・`)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

­
最新記事
­
­