アクセスランキング

外国人「日本に来る前に日本のメディアや文化や芸術で影響受けたのって何がある?」【海外反応】

外国人「日本に来る前に日本のメディアや文化や芸術で影響受けたのって何がある?」【海外反応】

日本に来る前、日本のメディア、文化、芸術などであなたが影響を受けたのはなんですか?

ちょっとノスタルジックな気分になってるんだ もうしばらく日本、東京に住んでいてまた1年が過ぎようとしている今ちょっといろいろと思いだす事もあるんだけど 中年症候群かも
日本の古い80年代のゲームについての記事を読んでその後ウィキペディアもみてみたんだよ 驚いた事に10代の初め頃野もっと若い時にやってたゲームがほとんど日本の物だったんだ ちょっと振り返ってしまったよ 特にゲーム好きって訳でもなかったけどメディアや楽しみってところでかなり大きな影響があったはずなんだ
ほかにも成長する過程で日本の物があったかもしれない、って思って それでそれが今と過去を結ぶ橋になってるのかも...なんて
本当に フロッガーは日本製? だから彼だけが水にさわると死ぬ両生類だったんだ 日本的な論理だね






子供の頃は日本の物に囲まれてたよ ニンテンドー、ウォークマン、テレビやビデオが日本のブランドだった 国似ついてのミステリーはいつもあるものさ 子ども向けじゃないアニメはサイファイチャンネルでアキラ、サイバーシティお江戸808やメガゾーン23みたいに始まったし これはインターネットが部窮する前だ 
でも最終的に背中をおしたのはシャンムーってゲームだね 横須賀が舞台のRPGであまり幻想的じゃなくて現実的だった 自動販売機が使えたり、商店街にいったりガチャを集めたり 街をぶらついてファッションも季節によってかわるし 子供の頃はとっても大切なゲームだったよ





↑水兵さんはいた?





↑いっぱいいすぎて





↑投稿者
おぼえているよ ドリームキャストだったよね?





↑そうそう クラシックだけど 全部のバージョンを持ってたよ





カフカが大好きだったから村上春樹を呼んだ時にはまったわ これが今私がここにいる理由ね たいしたわけじゃないけど、そんなもんよね





↑投稿者
村上春樹だいすきだよ いつかノーベル賞を取ると思うよ 絶対ね 日本の物語のシュールレアリズムと映画もかなり影響があったと思う なにか「日本的」なところがあって言いすぎかもしれないけど細かいところは気にせずに小説に没頭できたんだと思う 長くここにいる程いろんな事がわかるようになって昔ほど珍しいところはなくなったけどそれはそれとしてまた他の面がでてくるしね





日本に来る前に日本の事を知るために見たのはドキュメンタリーのアニメだね 国と文化を説明しているやつ このシリーズは「ポケモン」っていうのでいろいろと勉強になったよ





ドラゴンボールZ





ギターウルフ!





ギブソンSGを使ってる人 尊敬する





↑わかる! ゾンビーとニューハーフも





ポケモンだなぁ





イギリスの4チャンネル17−18年前の深夜やってたアニメがおもしろかったんだ 地下鉄で連続殺人犯が女性のあとをつけてるんだ タイトルが思いだせないんだけど(正直言うともともと知らない) 大学でも少し日本の映画の勉強をしたな それ以外はゲーム





1980年より前は日本のメディアは全く影響はなかったよ 1950年から80年代影響があったのは武道とセクシュアルな物だよ





↑モンキー、水滸伝と修羅雪姫はどう?





40才よりも若い人は必ずなにか日本のメディアに影響を受けてるはずだよね だから40代以上の人はちょっと参加しないでくれる?ああでも武道やエロ、文学やぶんかはもちろんみんな参加してください





この手の質問があるといつも赤毛の義理の子供みたいな気分になるんだよ 日本に来る前は全く日本文化の影響はなかったからね アニメもほとんど見てないし j-popやそれ以外もまったく興味ないし 大学でただ日本語を勉強してて日本に行こうと思うくらい好きになって、そのうち日本で仕事を探すくらいに本が好きになったのさ 日本にすんでいてもやっぱりアニメは見ないしJ-popも興味なし でも日本の古い音楽にすっかりはまっている(昭和の演歌とか) 20世紀の初め頃の人気のある歌手のスタイルが他の世界とかなり違うのがとっても魅力的だと思う





FFX(ファイナルファンラジーX)ではじめて「すてきだね」を聞いた時に完全に日本の音楽に取り付かれたんだと思う





↑アイルランドのかなり田舎で育ったんだけど14才のとき少しだけ都会からきた友達がエバンゲリオンをみせてくれたんだーn世代のVHSのファンサブ(非公式字幕)日本についても日本文化についても何一つ知らなかったけどこれはすごいと思った あり得ない程おもしろいってだけじゃなくてその文化、背景、語りのスタイル何もかもが違ってた
それが始まりだったと思う 10代を過ぎる頃にはアニメスタイルからは離れてしまったけれど(今でもエヴァとその時代の物はとっても懐かしいと思うけれど)その後何回か日本にいくチャンスがあって他の部分の文化屁の理解が深まったよ 最近は文学が大きな影響をもたらしてるかな 三島由紀夫の「豊穣の海」が特にいいね 村上春樹の本も良いと思うけど
日本のゲームも結構したけどこれが影響したとは思えないんだよね





両親が隣のトトロのビデオを昔から持ってて繰り返してみたよ 今日本の古い家に住んでいて強い風邪が吹くと壁が揺れるんだけど映画のシーンを思いだして嬉しくなるんだ 安っぽいよね...知ってる
小さな誰もいないような神社を歩くとか森や道がいい感じだとか ,,などなど
両親は小さな子供にはアニメが一番って思ってたんだと思う 蛍のはかとかもののけ姫とかけっこうショッキングなシーンもあったなって思うけどでも子供だけで見させてたし 8才とか9才の頃に見た映画だからもっと大きくなってからわかってきたところもあったけど







やっぱりゲームやアニメ関係が多いようですね
http://www.reddit.com/r/japan/comments/2n8qvv/before_coming_to_japan_what_japanese_media/

Ad by google





このエントリーをはてなブックマークに追加
­
関連記事






Powered By 画RSS









コメント

No title

来なくていいよ。影響も受けるなよ。わかったら帰れ

No title

>地下鉄で連続殺人犯が女性のあとをつけてる

きになる^^;

No title

村上春樹って翻訳がそうとういいんだろうな

No title

村上春樹は、日本語の文体が翻訳小説そのまんまの文体でやってるため、
欧米語に翻訳しやすく翻訳による質の変化をあまり起こさないんだよね
だからどんどん翻訳が出るんだけど、欧米圏でやや過大評価されすぎ
そこまで凄いもんだともいいもんだとも思えないです

村上春樹もいいんですが、凄いんだけど日本語の特質を生かし過ぎて
いるため翻訳が困難で本格的な紹介がされてない優秀作家も日本には
いっぱいいますので、翻訳家はそっちへも手まわしてがんばってくださいな

我らの民主党が日本政治の実権を掌握したから





No title

あの人の小説が気持ち悪いと思うのって少数派なのかしら?

No title

地下鉄で女性の後を付けるアニメって

lainかパーフェクトブルーあたりじゃないかな?

No title

赤毛の義理の子供なんて言い回しを悪意なく使えちゃってる人になんて、なんの期待も抱かないなぁ。
でもコンプレックス酷そうだねこの人。相当自覚なく周りに壁作らせてるとみえるw

No title

>地下鉄で連続殺人犯が女性のあとをつけてるんだ タイトルが思いだせないんだけど

BLOOD THE LAST VAMPIREかな

はっきり言って1945年以降の先進国の子供で日本人が作った物に触れてこなかった人の方が少数でしょ。1950年代からブリキのオモチャを輸出してたしね。1960年代にはアトムや鉄人28号を輸出。日本の物だって気付いてない場合もあるからね。
最近はけん玉が海外で少しずつ人気になってるよなぁ。

No title

村上春樹は、・・・、欧米圏でやや過大評価されすぎ 。近代的個人のいきずまり、でもそれを簡単には捨てるべきではないというのがテーマだろ。日本人は割りとそういうことに敏感ではない人が多い。村上なんかは敏感だが。だからそういう意味では日本人ではそうたいした問題ではないことが、西欧人とか一部の例外的な日本人たちからは重要となっている。過大評価ではなく、関心のありようが違うからそうなっただけ。過大評価ではなく評価に基準がちがうんだよ。まあ、池澤にほうがすごいとおもうけど。

No title

誤字と単語の翻訳ミスが多い…

No title

>あの人の小説が気持ち悪いと思うのって少数派なのかしら?

多数派だか少数派だかわからないけど、俺は気持ち悪い派。
あんなのが「日本の作家として」ノーベル賞候補とか言われるのは、
日本はロリコン変態云々言われる以上に日本の恥。

>まあ、池澤にほうがすごいとおもうけど。

俺は池澤も好かないが、こっちが候補になるなら全然わかる。受け入れる。

No title

>文化屁の理解が深まったよ 

それは凄い。
日本人でも文化屁が理解できる人は少ないのに。 

誤字多すぎだろ

No title

日本発の大衆文化の力強さの源泉が何なのかは真面目な研究の対象になり得ると思うな
自分はバリバリそういうものの中で育った者だが、確かに面白いと感じていた
子供の頃に面白いと感じるものには、普遍的な力がある
先入見に毒されずに、本当に心から面白いと思うものに夢中になる年代だからね
古代ギリシアの神話、説話と、古代日本の神話、説話には様々な共通点が存在するらしい
日本人には古来から普遍的な価値観を創造するセンスや能力が内在していたんだろうね
人類の普遍的感性にアクセスできる数少ない民族として、我々は存在すると
現在進行形で「物語」を日々消費する(現在は主に漫画の形式で)民族として日本人は存在している
こういう創造性を備えた人種は世界的にも稀であるが、魅力的な物語に対する需要は地球上の全ての人々にとって切実なものとして常に存在しているため、日本文化に対する熱い視線や高い注目度は今後も持続する可能性が高いと思われる
我々の想像力が枯渇しなければ

No title

誤字多すぎィ!

No title

赤毛の補足説明が要るぞ管理人。
ハリーポッターのウィーズリー家を思い出して欲しい、アレが赤毛のテンプレートだ。
なに?ハリーポッターを知らないのか?
じゃあ、赤毛のアンだ。主人公のアンは赤毛にソバカス、自分の遺伝が心底嫌でコンプレックスだ。それ以外で容姿が悪いという描写は殆どないがとにかくその容姿こそが彼女のいじめられる原因だったんだ。

因みに赤毛はヨーロッパ北部、ローマに駆逐されたケルト民族が比較的多く生存していたであろう地域に多く遺伝されている。…オノレ差別主義者どもめ!

No title

失礼、↑の赤毛説明に付け加えることがあった。
「赤毛の義理の子」についてだ。
コレは自分は赤毛じゃないけどまるであの卑劣な赤毛と血縁関係があるかのようだ。という意味だけど、ここで言われていら赤毛は裏切りのユダのことだよ。

ルネサンス期のユダの絵は別に赤毛じゃないけど、ユダは赤毛だったという俗説が流布してるんだ。
なに?ユダを知らないのか。
その昔、カルト宗教の教祖として指名手配されていたイエスは信者に貢がれながら世間の目に触れることなく過ごしていたんだが、ある日教団幹部だったユダが政府に密告したことでイエスは逮捕、裁判の結果死刑になったんだ。

No title

よし、なんかフリック入力に慣れてきた気がする。調子付いてきたのでさらに補足だ。

紅毛人について書いてみよう。
江戸時代に貿易に来た紅毛人ってオランダ人のことだよ。
実は金髪って日本でも知られて居たんだ。なにせシルクロードは偉大だから金髪碧眼の民族は昔は中国に居たんだ、三国志最高の万能の英雄曹操は黒髪黒目ではなかったなんて話もあるね。
赤毛ってのはヨーロッパ北部から来たオランダ人の形質として目立っていたんだね。
しかし、赤毛の人物の日本画って見覚えはあるかい?フランシスコ・ザビエルは黒髪だね、他には?…実は身分の高い人に赤毛はまず居ない。しかし赤毛は居た筈だし、宣教師の従者として一緒に来ていた黒人よりも、そして金髪よりも多く居た。水夫としてね。

当時の水夫はまず間違いなく奴隷だ。現代のヨーロッパでは少数派の赤毛も当時は多かった…なんてことはない。奴隷に赤毛が混じってたんじゃなくて赤毛の奴隷がむしろ多数派だった可能性もある。
彼らは九州各地で人狩りをして、珍しい東方の奴隷として売り捌いたという実話もあるね。

…ええいっ!ギリシャ趣味どもめ!
古代エジプト人を見習って犯罪者や捕虜でもない人間を奴隷扱いするのは止めるべきだ‼︎
数年前にアメリカのセレブがアフリカ人の子供を金で買って養子にしようとした事件があったな‼︎

No title

>1
いや、何の役にも立たんオマエが日本から出て行けよ

>文化屁の理解が深まったよ 
浮世絵の放屁合戦みたいなの?

No title

 文化屁は、河鍋暁斎の『開化放屁合戦絵巻』 の事

No title

「モンキー」というのは「西遊記」のことだな。 もちろん、堺正章のやつ。

No title

つまり、国際的評価なんてのは、単にコマーシャリズムにすぎないということ。
宣伝にはなるが、有難がるほどのものではない。

No title

場違い感を表わすのに赤毛の義理の子供ってそんなに悪意か?
取り替えっ子は赤毛だなんて俗説があるし、単に慣用的な表現だろ

No title

「40歳以上はだまっておいて」とか仕切るヤツってどこでもいるんだなw

No title

>地下鉄で連続殺人犯が女性のあとをつけてるんだ タイトルが思いだせないんだけど

ADポリスの2巻じゃね?大昔のOVA

No title

>1980年より前は日本のメディアは全く影響はなかったよ 

それは知らず知らずのうちに刷り込まれていたのだろう。

日本屁

文化住宅や文化包丁のように、
西洋の様式に和式を折衷した日本独自のスタイルだよ。
大正デモクラシー以降,一部のマニアがやり出したv-319

No title

村上春樹は比喩表現が素晴らしくて、小説を読んでるというか向こうの小説の世界に精神だけ引っ張られていくような感覚がある。現代の小説家の本は起承転結がはっきりと書かれてほんの少しの謎も残さず終わるけど、村上春樹は川端康成や三島由紀夫みたいな昔の小説家の作品みたいに、ちょっと読者に考える余地を残して終わる。

No title

なんだろう、村上春樹否定してる俺かっけーみたいな批判はw
まぁ、あの人は外国文学の翻訳とかやってるし、そっちの影響を強く受けてる人だから
そっち側のセンスと日本的なものが上手く融合してるのがいいんじゃね?




■コメントに関してのガイドライン■

・差別的中傷的なコメント

・トピックに関係ないコメント

・広告やスパムコメント

・当サイトへのコメント

・不適切だと判断したコメント

は削除やアクセス制限の対象となります

また当サイトへのご意見(提案・リクエスト・重複の指摘など)

は記事内のコメント欄ではなく下記アドレスにお願いいたします

kaigai.000@gmail.com



コメントをした時点で上記ガイドラインに同意したものといたします

これからもよろしくお願いします(´・ω・`)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

­
最新記事
­
­