Homeスポンサー広告歴史>外国人「結局のところ第二次世界大戦って誰が始めたの?」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「結局のところ第二次世界大戦って誰が始めたの?」【海外反応】

2015.01.01 Thu

外国人「結局のところ第二次世界大戦って誰が始めたの?」【海外反応】

投稿者
これは他の記事で書かれていたことなんだけど、そこに書かれていた内容が興味深いんだ

その記事では

「オーストリア=ハンガリー帝国が第一次世界大戦を引き起こし、日本が第二次世界大戦を引き起こした」

「日本がアメリカを大戦に参加させるキッカケを速めただけで、第二次世界大戦を始めたのはヒトラーとドイツだ」

「日本はすでに1937年の時点で中国に攻め入ってた
アメリカ世論は最初ドイツに対して敵対的ではなかったのに、日本がドイツと組んだからドイツと敵対することになったんだ」

とかの意見があって

これらの意見に対しての解答の多くが

「日本が第二次世界大戦を始めただって?
さては君、アメリカ人だな?」

ってのだったんだ

ここから「どの国が一番残酷なことをしたか?」とかの流れになって話が飛んでうやむやになっちゃったんだけど、

でもこれって結局は誰かしら発端がいて、そいつのせいで始まった元凶があるはずだよね?
というか絶対に悪者はいるはずだよ!

本当に「第二次世界大戦は日本が始めた」はアメリカ人だけが信じてるデマなの?


問題は、そもそも第二次世界大戦はいつ始まったのか?だよね

これはもう終わることの無い討論になるだろうけど

一説には第一次世界大戦が終わった1918年の時点から始まってたともいえるし、

他にも1931年に日本が満州を占領した時点でと言うこともできる

それと更に言うと、「一体誰が始めたのか?」も重要になるよね?

そうなるとヒトラーがドイツ周辺を占領し始めたの自体が、第一次大戦で敗戦したドイツに強いられたベルサイユ条約に対するドイツ国民の不満からスタートしてるっていう意味では、やっぱり第一次大戦後が全ての始まりってことにもなりえる


というかここまで来るともう、そもそもの根源なんてわからなくなっちゃうんだよね

僕はここまでの結果、ヒトラーが元凶じゃないかと思うんだけど、
皆はどう思う?






フランクリン・ルーズベルトが日本に真珠湾を攻撃させたのが、全ての始まりだよ






最初っから日本本土が欲しくて、CIAも真珠湾攻撃が起こるのを知っていたのに放っといたらしいよね





第二次世界大戦はそれぞれの国の利権が絡んだ問題
ヒトラーはただ当時の国民と党の気持ちを代弁しただけ





う~ん、厳密に言えばナポレオン3世がビスマルクの言動に干渉しなければ第一次世界大戦は起きなかった
そうすれば第二次世界大戦も起きなかったんだ






問題の根本はそんなもんじゃないよ
マルティン・ルターが95ヶ条の論題をカトリック教会の腐敗に対して突きつけなければ、プロテスタントとカトリックの対立が起こることもなかった

これが無ければドイツの誕生もないし、普仏戦争もない
第一次世界大戦もない

これを考えると諸悪の根源はカトリック教会の仕業ってことになる





全員間違ってるね
第二次世界大戦を始めたのはユダヤ人だよ

ドイツを締め上げていた彼らに、やっとヒトラーが対抗できたのさ
(これナチスへの皮肉を込めた冗談だからね)





なんだろう、すごく皆ヨーロッパ中心に考え過ぎなような・・・
1937年に起きた南京事件が発端に決まってる






第二次世界大戦は太平洋とヨーロッパの別々の問題が発端になってるから、どっちが始まりとかはないと思うな






1937年~1939年の期間に起きたことだからね
ヨーロッパが戦争を始めた時が大戦の始まりなら1939年だ

あと太平洋での戦闘と中国が日本の脅威に晒されていたのとは若干別問題な部分もある





歴史上、僕らが「第二次世界大戦」と呼んでるものは、結果としてヨーロッパやアジアで起きた独立した社会的、経済的、政治的な出来事が雪だるま式に大きくなったことの総称なだけあって、1920年代から1940年代にかけて起こったいろいろなことが原因

便宜上必要な用語であるっていうだけで、明確にどこが始まりで、どこが終わりでなんてことは歴史には実際には存在してないよ







まさにこれを僕も言いたかったんだ
確かにある一定期間を切り取って歴史の説明をすることはある(例えば歴史上の人物がいつ生まれて、いつ死んだか等)
だけど、第二次世界大戦みたいに大きな出来事を一括りにして説明するのなんて無理がありすぎるんだよね





アメリカが大戦に加入したのなんて大戦後期の話





ポーランドが侵攻されたりするから戦争が始まったんだよ、きっと





どこの国の視点かによると思うな
ここオランダでは、大戦開始は1940年5月っていうのが共通認識だよ

歴史をもう少し知ってる人はヨーロッパ全体で1939年の秋に始まったと考えるね

さらに歴史認識のある人は日本が中国侵攻をしていたことも含めて考える

ヨーロッパの他の地域ではアメリカが日本に宣戦して、連合軍として加担した段階を大戦開始と考える国すらある

でもどれも間違いじゃないと思うんだ





「誰が始めたか?」を決めるのは無理じゃないかな?

戦争ってそう単純じゃないよ





元の記事は「世界の別々の箇所で大規模な戦闘が勃発したのは1930年代のいつなのか?」ってことを言いたいんだと思うよ

アメリカが戦争に加担した原因は日本が作ったってだけで、日本が大戦の元凶なわけじゃない






そうだね
もともと「誰がアメリカを参戦させたか?」を問題視してただけで、戦争の全責任を問うものじゃないはず

でもパールハーバーの話をするとき、アメリカ人は誰も日本がさらされていた厳しい貿易制限に関して言及する人間が一人もいない





厳密には1941年12月11日まで「世界大戦」ではなかった
メジャーな国の中で、それまでアメリカは参戦してなかったんだから





僕が大戦を始めたんだ

皆ゴメンね





日本が悪いとか、ドイツが悪いとか一概には言えないよ
それぞれにそこに至るまでの経緯があるんだから







http://www.reddit.com/r/badhistory/comments/2nuun0/who_started_world_war_ii_like_seriously_im_asking/
­
関連記事

コメント

*No title

今のロシア制裁が暴発を呼び、第三次になったら
どういう評価になるのか楽しみ。
何がきっかけと評価されるのかな

*No title

二大狂人、ウィルソン大統領とヴィルヘルム二世だろうと思ってる。

*

欧米が東南アジア植民地搾取したのが始まりかな

*No title

「世界大戦が始まる前は平和だった」ってのが錯覚だからな
第一次から第二次に書けて(もっと言えばそれ以前からも)小規模な戦争は頻繁に繰り返されてた、
で、それに嫌気がさした各国が、いろいろな共闘条約を結び始めたために、
世界大戦がが起きやすい形に導かれてしまってた

*No title

ユダヤ人(金貸しと科学者、コミンテルン)とナチスの戦い
ドイツ人は賠償金を払い続ける運命を受け入れられずに発狂したんだ

*No title

ある意味日本の第二次大戦は終わってないのかもな、勝者は終われるけど敗者は勝者になるまで終われない。

*No title

意外といつもの日本が全部悪い一辺倒にならなかったね

*No title

>今のロシア制裁が暴発を呼び、第三次になったら
>どういう評価になるのか楽しみ。
>何がきっかけと評価されるのかな

ホントそれな、ウクライナの内紛でEUと米国がどんだけ下衆なのか、見ていておもろかったわ
第二次世界大戦も今のロシアの如くこうやってスケープゴートされて孤立していったんだなーって思ったよ

*No title

日本の立場で言えば
1919年のパリ講和における人種差別撤廃提案が賛成多数であったにもかかわらず、アメリカのウッドロウ・ウィルソン大統領によって不当に却下されたのが決定的な切っ掛けと言える

*No title

英清戦争(阿片戦争)は正義で日清戦争は悪ですか

*No title

一般的には1939年9月のナチス・ドイツ軍とスロバキア軍による
ポーランド侵攻をもって第二次世界大戦の勃発としているだろう

*No title

コメントに中韓の人がいないと、皆まともだね。
悲しいことだけど人間が生きてる限り、これからも戦争はいつでもどこでも起こりうると思う。
本当に戦争の原因て複雑に絡み合ってるんだね。

*No title

結果として民族自決の世界に向かったんだが
それが良いのか悪いのかは北朝鮮やアフリカの現状を見ると
まだ決まっていない、結論が出るのは後数百年必要

何故かと言うとローマ帝国に始まる強国による支配が終わった
ギリシャやローマ帝国に対する評価さえ定まっていない

*No title

第二次は第一次が原因だし
第一次は不況が原因だし
不況は産業革命や植民地支配が原因だし
ぶっちゃけヨーロッパや他の国が植民地なんぞ作らずにしていれば
あそこまで酷くはなかっただろうね
つまり大航海時代まで戻ってその頃のヨーロッパが原因だろーな

*No title

結局はアメリカの匙加減だよな

*No title

ユダヤのための戦争だろ
共産主義、コミンテルン、パルチザン・・・
中国内にユダヤ国家
スターリン、チャーチル、ルーズベルト・・・
ベトナム、ベルリン、朝鮮いずれも領土を折半
確執のあった”ナチスとバチカン”、それと日本が手を結んだ理由は反共産主義
世界にコミンテルンスパイ

共産、社会主義国家拡散
イスラエル建国

*No title

各外人の意見の印象としては、いつの間にか現代の価値感で過去を裁いている人がいるな。

いつから始まったかは面倒臭いからヒットラーのポーランド進撃からでいいと思うけど。

*No title

なんだかんだで今も昔もアメ公が戦争のシナリオ描いてるんだよ!

*No title

この写真のナチスすげーな

*No title

教科書ではドイツのポーランド侵攻ってことになってるね
どこからどこまでをWW2として扱うかで変わってくるだろう
日華事変を含めるなら、盧溝橋事件が始まりだな

*No title

基本的に人種差別か異文化蔑視が原因だけどそれは昔からあるし、今でもあることだよね。
アレじゃないかな?きっとバベルの塔が原因だよ。

*

>でもパールハーバーの話をするとき、アメリカ人は誰も日本がさらされていた厳しい貿易制限に関して言及する人間が一人もいない


此処に着眼、言及するヤツがいるんだな。

*No title

第一次大戦は不況が原因じゃないぞ
当時のドイツはフランスのGDPを抜きつつあったところだから
当時は国が成長すると領土欲が出てきて侵略をするのがどこでも一般的だった
ただ武器が20世紀に格段に強くなったのが大きい
特に航空戦力のおかげで家の中でも危険になった

*No title

日本には日本の野望があっただろうし別に正義面するつもりはないけど
西洋人による侵略、奴隷商売、植民地化について誰も触れないのがもうね
争いの発端はほとんどが西洋人によるものだと思うよ
南京が発端で戦争開始とかどこのバカが言ってるんだよw

*No title

日中の戦争は二国間の戦争……というか一国と一地域の戦争だからそれを原因にされても困る。むしろ日本の東南アジア進行の方が複数の国相手だから大戦に近いような。

*No title

日本対アメリカに関しては実はアメリカが先に手を出してるんだよなぁ。

●日本が先制攻撃をしたとされている真珠湾攻撃以前に日本と交戦中の中国軍にアメリカは援軍を送って
おりすでに交戦状態であった。
●真珠湾攻撃前、アメリカは日本に対して禁輸政策を行っていたがアメリカは逆に「自国が禁輸政策の
対称になった場合 相手国とは戦争状態にあると認識する」と宣言している。

*No title

 極東地域は、イギリスとアメリカがそれまでのルールを変えた時だろ・・・朝鮮半島への干渉の時は良くて中国大陸で同じようにやったら駄目って事で行動する為のルールがワケワカメな状態になったんだから

*No title

・米英仏の自国経済重視によるブロック経済化及び内部経済優先政策
・ドイツへの第一次世界対戦時の天文学的賠償金請求と経済封鎖
・日本への獲得した海外領土放棄要求と過酷な貿易制限

ココらへんが第二次世界大戦の引き金
その反省の国連やWTOだったがまともに機能してないのが現状
アメリカが自国を攻撃されて廃墟と化すまで多分実現されんだろ

*No title

細川護貞著『情報天皇に達せず』より転載
「小畑中将の知人にて、梅津大将の子分の池田純久がかつて企画院にあって作成せる文書を手に入れたる人あるも、それには計画的に支那事変を起し、日米戦争までもってきて、我が国の制度を一変し、ソビエトのそれの如くせんとの意図を看取するを得るものなりと。軍中央部として国家革新の方向を決めねばならぬとし、池田純久のほか、田中清少佐、四方諒二少佐が、昭和八年九段の階行社で協議し、立案し、永田以下のメンバー全員に示し、つくり上げたが、百頁にわたる文書である」

シナ事変は侵略戦争を偽装した極左暴力革命。
戦争を始めたのはスターリンと繋がった赤い連中たちだよ。

*No title

ダンチヒをポーランドがドイツに返還しておけば戦争は起きなかった、よってポーランドが原因。
というのは冗談でドイツはそこでやめておけばよかったのに領土を広げようとしたのが間違いだった。
そういう意味で日本と似ている。

*No title

>問題の根本はそんなもんじゃないよ
>マルティン・ルターが95ヶ条の論題をカトリック教会の腐敗に対して突きつけなければ、プロテスタントとカトリックの対立が起こることもなかった
>これが無ければドイツの誕生もないし、普仏戦争もない第一次世界大戦もない
>これを考えると諸悪の根源はカトリック教会の仕業ってことになる

へ~、欧州の諸悪の根源が何か、ちゃんとわかっている人いるんだぁ
オーストリ・バイエルン・ナチスがどっち側で、プロイセンがどっち側かよく知っているよね?

オーストリアがどっちで、セルビアが旧東ローマ帝国系の正教会というのも。

*No title

そもそもアメリカが自国で発生した世界恐慌の対策で関税かけまくって国内経済を優先したのが経済的理由の始まり
そのため英仏が対抗策で自国以外に関税かけまくってブロック経済が始まる
結果、ろくに海外領土のなかった日独伊は経済悪化
海外領土の獲得走るのは当然の結果

*No title

>ダンチヒをポーランドがドイツに返還しておけば戦争は起きなかった、よってポーランドが原因。

第1次世界大戦後、ダンチッヒはポーランド領でもドイツ領でもない、国際連盟管理地域として、本来のダンチッヒ自由都市国家になっていたの。

元々あの都市は、ドイツのハンブルクやブレーメン同様の独立国で都市国家。

*

元凶は英米がやったブロック経済だよ。
おまけにアメリカは日本を干上がらせる為に対日禁輸政策で日本の息の根を止めにかかった。
この時点で、日本に最初の一手を打たして戦争への「大義」をでっち上げる為にハルノートという最期通蝶を日本に突き付けた。
諸悪の根源はアメリカだよ。

*No title

真珠湾攻撃はある程度予測してた気がする。  マレー半島へ1時間ほど先に上陸してるし、前の晩にイギリス機を撃墜もしてるんじゃなかったっけ? 他にも対日工作とかしてたみたいだし、どこかで何かが起こるのは時間の問題だったんじゃないかと思うよね。 一応1時間前に宣戦布告しようとしてた記録もあるんでしょ? それも、もう少し広まってもよさそうなもんだよね。 

*No title

第一次世界大戦は世界というほどのものじゃない
欧州での戦いがほとんどだしアジアやそれ以外の地域は小競り合いぐらい
当時の主流国家同士の戦いだったから世界大戦とか言い出したんだろうが
まぁ、日本やアメリカなど欧州以外の国の参戦があったからかもしれんが

*No title

>一応1時間前に宣戦布告しようとしてた記録もあるんでしょ? 


30分前だったと思う。
確かにこれが知られれば卑怯だと言われることも少なくなるかも。日本と言えば真珠湾で、卑怯というイメージが未だにあるからなぁ。

*No title

日本は三方ヶ原の家康、関が原の三成みたいなもんやで

*No title

世界大恐慌を外してるのはワザと?
そもそもWW2前の1937年からずっと断続的に英米が中国使ってワケワカラン事仕掛けてきてたよな

*No title

>おまけにアメリカは日本を干上がらせる為に対日禁輸政策で日本の息の根を止めにかかった。

アメリカにも責任はあるけど、口実を与えたのは日本の軍事行動だよ。
資源と対ソ戦略のために華北まで手を伸ばし、トラウトマン工作では和平提案を途中で変更し蒋介石が絶対飲めない案を出し泥沼の戦争に陥いる原因をつくった。事変後は中国に傀儡政権をつくり、インドシナに進駐した。ほとんど全部日本が原因を作っている。はっきり言って自業自得。満州だけで満足しておけば、華北なんかに手を出さなければ日米戦争は起こらなかったかもしれない。

*

そもそも盧溝橋の相手は山西軍閥であって国民党じゃないしすぐに停戦してる
中華民国との戦闘は中華民国による第二次上海事変からだから中華民国が最初に第二次大戦を始めた事になる
もし満州をいれるならその前に起きたトゥヴァ侵攻と外蒙古侵攻を勘定に入れないとおかしい
やってる内容は満州事変と同じなんだから

*No title

ダンチヒは、元々はポーランド系住民の街でもドイツ系住民の街でもない、あの沿岸部一帯はバルト三国同様バルト会系住民がいたところで、彼等が海洋貿易拠点としての港町の都市国家を形成していた。(保護国はポーランド王国)

ローマカトリック教会の武闘派修道士騎士であったドイツ騎士団による異民族征伐の北方十字軍に対し、バルト海沿岸の都市国家、地域がダンチヒを盟主としてプロイセン連合を組んで、ポーランド・リトアニア連合と同盟組んでドイツ騎士団と長年にわたって戦ってきたの。(神聖ローマ帝国にとっては、遙か彼方の彼等の権限の及ばない帝国外での戦争だったから、我関せず)

ドイツ騎士団の第37代目総長でホーエンツォーレルン家傍流のアルブレヒトがプロテスタントに改宗し、騎士団裏切ってカトリック団員追放して、その後ポーランド王の臣下になり、プロイセン連合をプロイセン公国として統治することを認められたのがホーエンツォーレルン家によるプロイセンの始まり。
貴族も親戚だろうが親兄弟だろうが、自国領を持てば、血のつながりがあっても時と場合次第では敵同然。
アルブレヒトの血筋は次の代で断絶してしまい、そこでブランデンブルクのホーエンツォーレルン家本流筋が乗り出してきて、プロイセン公国領を継承した。(帝国内領邦ブランデンブルク国と帝国外・ポーランド王国保護下のプロイセン公国という2つの独立国家の領主が同じ同君になった)

*

日中戦争は中国から始めたのに知らない人多いんだな
びっくりした

*No title

>アメリカにも責任はあるけど、口実を与えたのは日本の軍事行動だよ。

いや、アメリカが植民地侵略主義を促したんだけど
白人限定の侵略肯定だったけど、日本も白人と同じように侵略しないと白人至上主義が打ち破れないという事が1919年のパリ講和で決定的になった

*

中国による日本人虐殺でしょ?

*

悲しいかな、久しぶりにえらいまともなWW2スレを見たと思ったら※欄にチラチラ阿呆がいて残念な気分になったわ

*No title

>>アメリカにも責任はあるけど、口実を与えたのは日本の軍事行動だよ。

無理だな。当時はすでに自国産業保護の目的で関税障害が発生してた時期。
日本も不景気まっしぐら。海外領土の獲得で経済圏を広げるのはどこの国もやってた時代。
もし日本がやってなければ不景気に陥って国力は低下して下手すれば列強から転がり落ちてたかもしれん。

*No title

>>悲しいかな、久しぶりにえらいまともなWW2スレを見たと思ったら※欄にチラチラ阿呆がいて残念な気分になったわ

どういうコメなのか挙げないとそんなコメントはだれでも書けるぞ

*No title

一説によると真珠湾攻撃の前にアメリカは日本を攻撃していたらしい
それに欧米の植民地政策が無ければ日本は植民地の恐怖から富国強兵に走らず
戦争をすることもなかった

*No title

時系列順に並べたらわかるだろ

*No title

白人の植民地政策が原因だろ

*No title

第一次からの流れだが、第二次大戦の最大の原因はフランスのルール占領じゃね?

事情はどうあれドイツも日本と同じ、他国からの締め上げでパンクしたんだろ。

*No title

独仏の諍いはすでに1000年以上も前のフランク王国分裂から始まっているから
はっきり言ってどっちもどっち

南仏もアルザスロレーヌも北イタリア、スペインも、旧フランク王国領のそれぞれの帰属を巡る長年の歴史的東西フランク・ゲルマン同士の確執と領土争い

*No title

今現在、世界大戦が始まってると言うことも出来ると言うことだな。

*No title

独・仏との争いの的となったアルザス・ロレーヌ(元中央フランク王国領ロートリンゲン公国)には豊富な石炭・鉄鉱石があり、第二次世界大戦後、独仏のどちらに帰属するかで住民投票で決定したザールも地下資源豊富な地域(現、独ザールラント州)、ルールやラインラントも地下資源豊富であり、昔の各独立国だった時代の領土、帰属等が全然違う。
(元は帝国構成多数の独立国家領邦だったルール~ラインラントもプロイセンが併合してしまった)

旧ネーデルランド連合王国(オランダ・ベルギー・ルクセンブルク)時代の領土は、今のベルギーになっている領地に昔はドイツの一部も含んでいた。(リエージュ・リンブルク)

とにかく、大陸は事情が時代ごとにとても複雑で、確執だらけ

*No title

第一次大戦からの延長戦だと思えばいいんじゃねえかな

*No title

大陸は日本列島のように、海と陸とで不動の明確な国境線という物を持っていない。
また、周辺国とは時代ごとに同じ国家としての共有した歴史を持つという特殊性もある。
例えば、プロイセンとポーランドは特定の期間、ポーランドの歴史の一部でもあり、ドイツ・プロイセンとしての彼等の歴史でもある。(ブランデンブルク・プロイセン・ポーランド同君連合王国=プロイセン王国とも言える)

*No title

>日本も不景気まっしぐら。海外領土の獲得で経済圏を広げるのはどこの国もやってた時代。
>もし日本がやってなければ不景気に陥って国力は低下して下手すれば列強から転がり落ちてたかもしれん。

日本は中国と戦争して国力を落としたんだが。仮想敵はソ連であって中国に対しては絶対軍事力を使っていけないという参謀本部第二部長の永田鉄山のような人物もいたわけだが。そして日華事変が(欧州戦争との絡みもあって)結局アメリカとの戦争を誘発して列強の地位から転がり落ちることになった。 行き過ぎた対外積極政策が身を滅ぼしたんだよ。

*No title

>第一次大戦からの延長戦だと思えばいいんじゃねえかな
遡ると、第1次世界大戦に至るその要因には、さらにナポレオン戦争やプロイセン・オーストリア戦争、ポーランド分割などが絡んでくるし、もっと歴史を遡ればありとあらゆる事が一つ一つの細かい要因となってくるw

ある特定の時期から急に歴史が始まったわけじゃない

*No title

>一説によると真珠湾攻撃の前にアメリカは日本を攻撃していたらしい

一説じゃなくて、事実だよ
真珠湾攻撃の1時間くらい前に「日本の潜水艦撃沈したったwww」て報告が入ったそうな

*No title

第一次世界大戦の時は日本は目を付けられた。
日本は天狗になって周りが見えなかった。
米が裏で英と密談、結託
でも罠に嵌ったのは日本の慢心から来るもの
米英に隙を見せたのも日本自身だ。
勝って兜の緒を締めよとはまさに過去の日本の教訓だがwww
今となっては・・・

*No title

欧州の歴史において、貴族の領土、教会の領土、貴族によるその領地の継承争いで戦争もし、分割併合を繰り返してきた。
それ以外にも、欧州は大きな宗教戦争をしている。 キリスト教も各宗派とそれらの保護宗派国・保護領主・貴族による勢力争いで大荒れしたところ。(宗教宗派は欧州内の動向、歴史で無視できないものがある。 根深いんだよ)
現代で使われている便宜的な国家名だけで過去まで全部一括りにすると欧州が抱えている問題が理解できなくなる。

*No title

>米が裏で英と密談、結託
その英も結局、アメリカの罠にはまって大英帝国崩壊の憂き目に遭ったけどなw

大日本帝国解体と大英帝国解体をアメリカが一番したかったことだろw
米包囲網同然だった日英同盟と米の東西(カナダも合わせたら米の北も)海軍大国など脅威以外に何物でもない

*No title

アメリカには欧州各国からの移民がいる。
当然、ドイツ系(ドイツ系にはオーストリア、北ドイツ、南ドイツ、スイスも一括りにされて含まれている場合が多い)の移民もたくさんいる。
宗教も欧州内のキリスト教を大きく3分する勢力がいる(正教会系、ローマカトリック系、プロテスタント系)

キリスト教以外の宗教のことには疎いアメリカもキリスト教のこととなれば、欧州内と同程度のことはよーく理解できる。
欧州内のことは、ある程度は読める。

*No title

いち早く平和路線を主張できなかった日本の汚点
第一次大戦後に日本は路線変更して世界を味方に付けるべきだった。

*No title

>第一次大戦後に日本は路線変更して世界を味方に付けるべきだった。
当時世界と言えるほどの国は限られているし、影響力があったのは所詮欧米各国とソ連程度

第1次世界大戦が欧州側で悲惨な状態だっただけに、反対側の地理的位置にいる日本や極東のことなど理解しろという方が無理。 欧州内のことに関して日本では大して役に立たない。

*No title

資源独占、殖民地当然、外交がこじれたら即戦争が当然の価値観の時代に、いったいどんな平和路線を説けとw
「人種差別」問題だけでも日本の提案をほとんどの国が意に介せず、却下・否定しやがった連中なのにw
国際連盟理事国の一国であった日本の平和に向けた提案だぞ?

*No title

西洋の植民地帝国主義がアジアまで拡大してなければ日本もあそこまで焦らなかったろう。
拡大主義に陥る可能性があってももっと緩やかなものだったはずだ。

*No title

当時の日本と違ってロシアはほとんど自国で賄えるからいくら制裁されようが戦争に踏み切ったりしないだろ
制裁されて一番痛いのは金融資産だけどその金融という仕組み自体崩壊しかけてるからな・・・

中国バブルの崩壊も間近だし我慢比べになったらロシアより世界金融の方が先に崩壊するだろうな

*No title

第1次世界大戦後、米の東西南北挟撃の脅威であった日英結託の日英同盟を、日米英仏4カ国条約で同盟解消させた程度でアメリカが安心などするわけがない。
依然、日本の太平洋における勢力と軍事力、そして世界の大半を牛耳っていた大英帝国の殖民地市場と国力・軍事力、及びカナダやオーストラリアなどの英連邦の脅威はそのままだったわけで。(米英戦争以来、米はカナダが英側に連動して行動取ることを想定して、即座にカナダを軍事制圧する体制は保持していたほど)

*No title

第二次世界大戦後、アメリカは対日本帝国を解体、日本自体も占領して大平洋、米西海岸側からの脅威を取り除くことに成功した。

大英帝国は崩壊。 しかしながら英本国は占領できたわけじゃなく、 英に続くカナダとオーストラリアは健在。
で、何をやったかというと、オーストラリア、ニュージーランド、カナダに対し、英との離叛工作をやり、オーストラリアに関しては米豪同盟、大平洋全体での軍事はオーストラリア、ニュージーランドも合わせて太平洋安全保障条約締結し、英の影響を排除した。(もちろん大西洋側には米主導でNATOw)
それと一緒に欧州各国の支配していた植民地の独立うながしたりなw (英仏蘭は独立阻止しようと戦争して、国力疲弊までやってくれたしw)

まあ、誤算はソ連の動きと中国の政変、共産勢力の大躍進を甘く想定していたことかな。

*No title

ドイツ国内にも独仏間、独露間、それ以外の国家もその内外に欧州は常に戦争の火種だといくらでも存在している。
火を付けようと思えばいつでも出来る。

*No title

欧州の大火薬庫w(なにもバルカンだけが火薬庫ではないw)

西欧諸国に火がつくと一気に世界大戦w
とにかくいろいろな国を巻き込みやがる。

*No title

白人が大航海し現地住民をさらおう・利用しよう・侵略しよう、と考えた時から始まった。

*No title

結局、日本に対するアメリカの意思はペリーの頃からどんどん明確になってきていて、あとは口実が必要なだけだったかと。
大陸中国問題で上手くアメリカと折り合い一時的に付けられたとしても、遅かれ早かれ。

大きな犠牲を払ったが、ハワイやフィリピンのようにならずにすんだだけでも幸いかと。

欧州内問題? もう知らんがな・・・ 同属、似たもの同士で好き勝手やっているだけ。 欧州外にもその延長で放火しまくるなと・・・

*No title

欧州なんて、たがだか100年や200年程度遡って領土問題や民族問題解決しようとしたところで答えも正解もねーんだから。
根本的解決なんて不可能。
だからいつまた戦争起きてもおかしくない。
今の国家だけでも複雑なのに、昔はもっと細かい領地に分けられていて、それぞれの領地の継承権を持つ貴族様が五万といて、教会所有の元領地もあったり、各宗教宗派まで口出し始め、民族問題(今の西欧諸国内でも、特定の民族が2つ以上の国に分断されていることも普通にあるわけで)も関わってくればもう際限ない混沌状態。

*No title

ABCD包囲網とか、経済制裁は宣戦布告と同義。あと山本五十六はハーバードに留学した時に、ユダヤの犬になったな。

*No title

あの戦争は欧州内においては宗教戦争の一面もあるんだぜw
ローマカトリックとプロテスタントのなw

*No title

歴史ってのはある日ポッと始まるもんじゃないんだよ。
全ての歴史には流れがあって、関わり始める時は国によって違ってくるだけ。
二次大戦への流れは1次大戦からの続いているものだし、1次大戦は更にその前からのものになるだろう。

*No title

まあ悪いのはアメリカじゃね?
今だってロシアが戦争引き起こすように手ぐすね引いて待ってんでしょ
日本にやったABCD包囲網みたいなもんだ

*No title

世界史を時系列で理解していれば至極簡単に日本は侵略者でなく白人が侵略者だという事が分かるね。
260年以上奴隷制度もなく豊かで平和で持続的発展を達成して他国に資源も労働力も頼らない国だった日本に、
白人はアジア中にある植民地を拠点に日本に武力干渉して不平等条約で植民地寸前まで追い込んだ。
当然日本は武力干渉の拠点である白人の植民地を叩きにいった。
戦後マッカーサーが公述した通り日本の海外進出は正当防衛の自衛戦争だったということ。
幕末から近代を通して白人が一貫して日本の周りに植民地を維持しているどころか植民地を増やしてきた訳で、そこを拠点に日本にも不平等条約を押し付け圧迫し続けたわけだから。
パールハーバーが始めではないという事。
日本軍は白人の軍隊と白人側に付いたシナの軍閥と戦ったのであってアジアの人々と戦ったわけではない。

*No title

クリミアとか、明らかにロシアに正当性あるからな。ソ連時代以前からロシアの領土で、飛び地だったこともあり、ソ連邦形成後はウクライナに行政上帰属させたにすぎない。ソ連崩壊後も、ウクライナとの、特別な友好関係もあり、まんまにしていた。
それがEUがちゃちゃいいれてその関係に楔打ってきたから、話が違うから返してもらうわ、ってなるのは当たり前だろうにな。
しかも、曲がりなりにも法の手続き踏んで行われてるってのに。
ロシアが切れるのも無理はない。
もちろんクリミア・タタールの時代まで遡ってロシアの支配の正統性否定するのなら、話は別だが、そうなるとアメリカ建国以前である以上、アメリカという国家の正当性も否定せにゃ公平を欠くわな。

*

ラインラント進駐

*No title

地中海、黒海、西アジアは東ローマ帝国で考えるとわかりやすいかも

モスクワ大公国~ビザンチン帝国~ギリシャ

旧西ローマ帝国+現西欧とは別の歴史を歩んだもう一つの欧州

*No title

ドイツなんて言う国を作ったこと自体が大きな厄災だな

プロイセン+北ドイツ連邦
オーストリア+南ドイツ連邦

にしとけば、東欧の南北をそれぞれが抱えるだけですんだ
大陸欧州に潜在的に根深く横たわっているカトリックとプロテスタントの宗教的境界ラインで分けてはっきりさせておけばよかったんだよ
宗教的に別の国になったベルギーとオランダみたいに

混ぜるな、危険

*No title

ドイツ自体が大陸欧州の縮図みたいな国家構成だから、ドイツを発端として欧州全体をも巻き込む大事になる

*No title

ドイツのマイン川以南、ドイツ~オランダのライン川西岸まではローマ帝国でローマ文化の影響を強く受けたところ。
それ以北はローマの影響を受けなかった。

それと、今の西欧の大半はゲルマン民族によるフランク王国が全ての大元。
独仏の成り立ちも、王国分裂から。

そしてもう一つ別の欧州が、東欧南部~地中海~黒海~西アジア~ロシア中心とした旧東ローマ帝国がその大元。

正教会、ローマカトリック、プロテスタントでも欧州は大まかに分けることが出来る。

いろいろな戦争の原因を歴史を遡って突き詰めていくと、ほとんどのことが上記の事に行き着く。

*No title

第1次世界大戦はカトリックのオーストリアが旧東ローマ帝国圏(セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ)に手を出したことの反発が発端。
そこでオーストリアはプロテスタントのプロイセンに協力を要請して、いざ戦争が始まったら、カトリック圏がメチャメチャに破壊された。
第二次世界大戦はプロイセン側だった地域への報復みたいな一面もある。 だからローマカトリック教会、バチカン、教皇もナチスと手を組み、強力な後ろ盾についた。(もちろん正教会側にも報復)
ローマカトリックは昔から反ユダヤだし、当時はそれに加えて反共産だったことも合わさっている。

*No title

欧米が植民地政策なんてしなければ、世界大戦も起きてねーんだよ。

*

日本は正義の戦いだった。
こう言うとサヨクがキレるけど正しさなんて一方的な物なんだよサヨクの平和もな。

*No title

そんな事言ったら イギリスは産業革命起こすなよバカ
工場機械化のせいで近代化してここ200年で歴史上ありえねー進化しすぎて 地球のバブル崩壊まっしぐらじゃねーか

*No title

アメリカ政府の裏の奴らや欧州白人達が起こしたんだろ

いつだってそう

アジアは既に植民地化されていたしな

最後に日本を狙っていただけ

歴史学べよ

*No title

真珠湾は不意打ちということになっているが、事実は異なる。先に攻撃を仕掛けたのは米軍側であり、潜入しようとした日本海軍特殊潜航艇を爆雷攻撃している。よって、宣戦布告しないで攻撃した米軍による不意打ちである。

*No title

なんでもいいけどさ~
結局大元凶なのは西洋人
以上

*No title

のっけから全てアメリカの陰謀!
YouTUBEで
[EN-日本語] America-s Sneak Attacks to Japan - だまし討ちをしたのはアメリカ!
ってのを女性が訴えている!真珠湾攻撃は米帝へのただの報復攻撃!
卑怯さは白豚に敵わないって事だなw

*No title

最初の兵士が引き金を引いたとき

*No title

絶対正義を語る奴が諸悪の根源。

*No title

ハルノートだね うんそうね

*No title

パールハーバー前からアメリカは参戦してたよな。何で綺麗に忘れてるんだ?習わないから?
フライングタイガー、義勇軍だと言い張っていたが公文書の公開&裁判で
正式にフライングタイガーは、アメリカの正規軍=それによって退役軍人の制度を利用できるようになったよな。
潜水艦も沈めたし。パールハーバー前に、最新鋭艦はアメリカ本土に全艦避難済みだしw
いい加減、リメンバーパールハーバーの綺麗事は止めなよ。

ウクライナの義勇軍と同じだ。
アメリカがそれを責めてる声明は、本当に滑稽だった。ダブスタ本当に好きだよな。
正義のヒーロー様!

世界恐慌が引き金になってるのもある。
作りすぎて捌けなくて、ごめんね!って建国浅い国だからと言っても子供過ぎただろ。
ジャイアンが通り名なのもわかるわ。

*No title

※パールハーバー前からアメリカは参戦してたよな。
欧州側でもな。 そしてドイツ軍を挑発していた。

ヒトラーにとっては、もう米国との戦争は避けられないような状態になっていた。
ただドイツだけでその挑発に乗ることはほとんどの米兵力を欧州が引き受けることとなる危険が大きかったため、どうしても日本の参戦が必要で、米兵力を二分化して太平洋側でも引き受けてほしかった。
そのためにドイツは、在ベルリン日本大使館を通して日本に対米宣戦布告と参戦をしつこく迫っていた。

欧州戦当初から、ドイツも日本を欧州の戦争に引きずり込みたくてあの手この手で陥れてきた。

*No title

アメリカもドイツも所詮は似たもの同士なんだよ。
ドイツ系移民がたくさんいたアメリカはドイツをよくわかっていたでしょ。
アメリカもドイツと似た部分を色濃く継承しているということもw

*No title

ネタスレかとおもたwマジスレw

>どこの国の視点によるか
よるわけねーじゃんwよられてたまるかwどこの国だこいつw


*No title

>戦争を始めたのはスターリンと繋がった赤い連中
その赤い連中の発生原因の一つに日露戦争時の革命煽動があってだなw
明石元二郎>落花流水を嫁

*No title

こわ〜
日本って言われまくるかと思った。
良かった。

*No title

誰、というか、人類が知恵を持った時点で。

*No title

真珠湾攻撃の後、アメ公より先に日本に宣戦布告したのはカナダだったな。もうこの件だけでもあの辺りは最初っから日本と戦争する気満々だったんだなって気がするわ。
てゆーか日本の立場で言えば1941で米国を敵に回す前の1937日中戦争から戦ってるわけだから、第二次大戦=太平洋戦争なんて教えるのは間違い。大陸での戦いも含めて大東亜戦争って考えるべき。
で、日本の「大東亜共栄圏」という大義から考えるなら、原因は何百年もアジアの植民地支配を続けた白人国家だよね。

*No title

チェンバレンの融和()から

*No title

「白人の罪帳消し」会場

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/2998-4c2748b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。