アクセスランキング

外国人「いくつかが海外に輸出されるのかな」1位はやっぱりアレ!?今年日本で大ヒットした商品ランキングに外国人興味津々【海外反応】

外国人「いくつかが海外に輸出されるのかな」1位はやっぱりアレ!?今年日本で大ヒットした商品ランキングに外国人興味津々【海外反応】

投稿者
電通が「2014年度ヒット商品」を発表

2014年の注目商品1位は「アナ雪」、2015年に有望なのは…
 2014年にもっとも話題や注目を集めた商品は「アナと雪の女王」であると11月27日、電通総研が発表した。「2015年の有望商品ランキング」1位には「電気自動車」が選ばれた。博報堂生活総合研究所による「今年のときめきランキング」1位は「特別列車旅行」だった。

 電通総研のランキングは、事前調査などで抽出した約130の商品・サービスについて、全国20~69歳の男女を対象にアンケート調査・集計したもの。

 「2014年の話題・注目商品ランキング」は、1位「アナと雪の女王」、2位「しゃべる『ゆるキャラ』」、3位「東京スカイツリー」、4位「クローズドなコミュニケーションアプリ(LINEなど)、5位「妖怪ウォッチ」。子どもたちから絶大な人気を誇る「アナと雪の女王」と「妖怪ウォッチ」は、今年初登場となった。

◆2014年の話題・注目商品ランキング
1位:アナと雪の女王
2位:しゃべる「ゆるキャラ」
3位:東京スカイツリー
4位:クローズドなコミュニケーションアプリ(LINEなど)
5位:妖怪ウォッチ
6位:スマートフォン
7位:実名登録制SNS(Facebookなど)
8位:ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(USJ)
9位:コンビニの本格コーヒー
10位:ロボット掃除機

◆2015年の有望商品ランキング
1位:電気自動車(燃料電池車も含む)
2位:3Dプリンター
3位:格安スマートフォン
4位:国産ジェット機
5位:4Kテレビ
6位:終活
7位:スマートウォッチ
8位:カーシェアリング
9位:公衆Wi-Fi
10位:ウェアラブルカメラ(装着型カメラ)

◆今年のときめきランキング
1位:特別列車旅行
2位:3Dプリンター
3位:USJ「ハリー・ポッター」
4位:高音質音楽プレーヤー
5位:ソチ五輪
6位:超大型ショッピングモール
6位:車内が広い軽自動車
8位:消せる色えんぴつ
9位:携帯電話の格安通話
10位:SIMロックフリー端末





素晴らしいね これらのうちのいくつが海外で待ち望んでいるバイヤーに輸出されるんだろう?





↑ 多分妖怪ウォッチ(は来る)
でも、No.1の商品は輸入のアナ雪だから、ベストなものってわけじゃないみたい





↑ それについてちょっと疑問におもってたんだ おれはポケモンってのが出た時には俺は年をとりすぎてたんだが、この妖怪ウォッチってやつはポケモンを塵に帰す勢いみたいだね
でもこれって海外の子供達に受け入れられるコンセプトかな?





↑ 妖怪はレベル5によって生産されてるよ 俺の友達が今ドイツでこれの翻訳をしてる これが成功するかって? 正直いうと、こういうゲームは最近は大人に人気があるよね 20代半ばの「ポケモン世代」マーケットをターゲットにしたら成功すると思うよ





アナ雪にはもう飽き飽きしてる





↑ それでもいいんだよ、ただありのままでいれば!





つまりまとめると、この知るとは小学生をターゲットにした商品とだいぶ昔はフレッシュだったけど最近やっと古い人達がキャッチアップしてきた商品で構成されているのか





なんてランダムなリストなんだ
俺は見んと味の歯磨き粉とファストフード店のケチャップのパケットに票を入れるね





え? 「第6位:自分の人生の後半の事を考え人生の終わりの為に備える」ってなに 商品?





なんて気の滅入るリストなんだ ヒット「商品」にノーベル賞受賞者?
このリストの全ては「俺たちは不安定な、自分たちの方法でハッピーになるように出来るだけ現実逃避してるファンタジー世界ラブな人間です」って叫んでるじゃん
先進国の多くでは、ショッピングよりももっとシンプルな喜びから人生の質を得られると理解してきてるのに、日本は未だに自分のイメージの為にもがいてるんだね 時間とお金がありすぎる主婦達は自分の幸福の為に買い物をする 働き蟻の旦那が残業を出来るだけ多く捻出しようとしてる間にね 庶民は理解しないし気にもしないけど、「金持ち」の国としての降伏を得よううと彼らが言われた事をしているだけ





2015年のファンタジー商品: 「全ての」家族の為に2週間のバケーション





ディズニーでさえもアナと雪の女王のサクセスには「もの凄く」驚いたと思うよ 映画はUS$2億5千万の興行収入を上げた 日本が東アジアでは映画館の上映をしたのが一番最後だったことを考えるとさらにすごいよね それに今でも日本人はアナ雪のグッズが棚にあるとすぐに買うし
妖怪ウォッチももちろん日本ではものすごいヒットになってる 特に日本の昔ながらの妖怪の知識に触れてるしね 残念な事に、その日本の伝承とのとても密接な関係が妖怪ウォッチを日本以外に輸出できなくしてるんだけど





2015年にとってカーシェアリングは良いね 俺はすでにちょいちょいこっちで使った事あるけど、かなり便利だし簡単に使えるよ





ここでカーシェアリング?? いや、2015年か2020年まで起こらないね





↑ 電車シェアリングがすでに結構発達してるからな 毎日電車シェアをする人をみるよ





↑ はいはいw 俺はヘリシェアリングをしたいわ





俺は妖怪ウォッチ好きだぞ! 日本の民間伝承は素晴らしいね イタリアに来るのを待ってるよ :)





俺は「第三位:東京スカイツリー」にめちゃめちゃ行く気満々だったんだけど、他のリストも見てみて俺がマジで必要なのは「第14:日本人ノーベル賞受賞者(ブルーLEDの)」だって気づいた
送ってくれるといいな





>2015年の有望商品ランキング
>自分の人生の後半の事を考え人生の終わりの為に備える
あぁ、日本 ー 変わらないな x





元々の日本語は「終活」だと思う ちゃんと訳せないよね、、、






http://www.reddit.com/r/japan/comments/2nmkxb/dentsu_announces_2014_hit_products_in_japan/
http://www.japantoday.com/category/national/view/dentsu-announces-2014-hit-products-in-japan
http://resemom.jp/article/2014/11/28/21655.html

Ad by google





このエントリーをはてなブックマークに追加
­
関連記事






Powered By 画RSS









コメント

No title

ノーベル症を発症してる人がいるねw

No title

明らかにファビョってるのがいると思ったらjapantodayからも拾ってんだ

No title

この手のランキングって結局電通なんでしょ?

No title

電通と逆のことをしたくなる。

長文で発狂してる人がいるな

長文には余計なお世話と言ってやりたい

No title

有望商品ランキングに潜水艦とリニアが入ってないなんて…

No title

終活ってw言われるまで意味が全くわからなったぞ。

No title

終活=自分の人生の後半の事を考え人生の終わりの為に備える
まさかこんなオチとは

No title

コンビに本格コーヒーのみ納得で後は電通が売りたいもんじゃねーか

No title

アナ雪は松たか子のあの歌声と創作訳詞がなかったらこうなっていなかっただろう

No title

>アナ雪にはもう飽き飽きしてる

まぁ世間一般はそうだろうなぁ。
でも楽曲は凄い出来だと思うんだよね。

No title

東京スカイツリーは観光じゃないの?観光は客が来ないッていってたジャン。この表記だと売ってるのかな。実は模型が売れてる?

No title

電通ごり押しが1位か
タレントが話の流れぶった切って、強引にねじ込んでて気持ち悪かった
チョソ流と同じで、騙された馬鹿がいるんだろね・・・

No title

長文のバカがスルーされててワロタw

No title

妖怪ウォッチは海外じゃ受けんだろ
パロディありきだし妖怪自体も微妙

映画やドラマが流行ったかどうかは、パクりタイトルのAVが出たかどうかで分かる。

長文くんには「まずその文章をシンプルにまとめてよ」と言いたいw

No title

電通が日本国民にやらせた、やらせたいランキングでしょ。
ここまでくると資本主義じゃなくて拝金主義やな。
あ、どっちも同じかw




■コメントに関してのガイドライン■

・差別的中傷的なコメント

・トピックに関係ないコメント

・広告やスパムコメント

・当サイトへのコメント

・不適切だと判断したコメント

は削除やアクセス制限の対象となります

また当サイトへのご意見(提案・リクエスト・重複の指摘など)

は記事内のコメント欄ではなく下記アドレスにお願いいたします

kaigai.000@gmail.com



コメントをした時点で上記ガイドラインに同意したものといたします

これからもよろしくお願いします(´・ω・`)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

­
最新記事
­
­