Homeスポンサー広告雑談>外国人「日本って神道のほかに根付いてる宗教ってあるの?」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「日本って神道のほかに根付いてる宗教ってあるの?」【海外反応】

2014.12.11 Thu

外国人「日本って神道のほかに根付いてる宗教ってあるの?」【海外反応】

投稿者
日本には神道がある それ以外に何か他の宗教が存在している?そして元々日本固有の宗教は何だろう?





実際神道こそが日本の固有の宗教から生まれたもの、ただ長年仏教と深い関係で結ばれて来て、200年前からこの二つの宗教が統合して一つになり進化し続けている 今時ほとんどの日本人は特にどの宗教に入っているわけでもないけど、祝日などに神社やお寺に参拝しに行く習慣は持っている





↑「神道で産まれ、仏教で亡くなる」という言い方を聞いたことある 日本人の一生を表す言葉みたいだな





↑面白いのは日本人はどの宗教にも所属していないと言いつつ、その国の至る所に宗教的なものが目に入る 神社やお寺、記念建造物などたくさんある





↑面白そうだね、行ってみたくなってきた





↑行くべきよ 旅行者の天国だ 日本は綺麗で安全で、人々も優しい、しかも景色や行事など、現代都市から古代遺跡、いろいろ楽しめるんだ お金は少し高めだが、鉄道パス券とテントを買って、温泉でお風呂に入って、そしてレストランで食事するのを控えたら大分安くつくよ





↑いつか必ず行く、子供が大きくなったらな





↑俺は7年前に行ったよ とてもよかった





↑私は現在日本に住んでいるよ(アメリカ中西部から移住) 本当にいいところだ お金貯めて時々来てみて 人々は優しいし景色もとても綺麗だ





↑投稿者
宗教VS精神ね 大きさな違いがあることを知った





神道が日本古来固有の宗教の源だよ 仏教と関わっている部分があるが神道は日本特有の民俗宗教だ





↑投稿者
ありがとう 神道についてもっと詳しく知りたいんだ 





↑神道を理解するにはとても難しいことだ 日本文化と深く関わっていてしかも神道の神社など尋ねてみないとわからないものばかり 日本以外のところにもいくつか神道の神社があるが私が知っている限り多数はハワイにある アメリカにも一社あるはず(オレゴン州だったかな?) でも場所的にも離れすぎだ
神道は面白い 個人的にはいろいろ研究したいけど、すればするほど非日本人にとって非現実的で奇妙なものだと分かった





↑ワシントンに一社ある(アメリカ椿大神社) そしてコロラド州にも一社





↑神社やお寺に参拝しに行くのは神道のもっとも大事な部分だ 宗教というより日々行う行事みたいなものだ 一部の日本人の家にまで神社が建てられている





複雑な問題だな 多くの伝統的な宗教は「異教徒」と呼ばれるのが嫌だそうだ 日本は宗教上いろいろ面白そうな国だが私が感じたのは日本人は新しい宗教に抵抗があることだ 西洋の異教徒たちも強く疑われる でも私の宗教に好奇心を持つ日本人も居たけどね





日本の神道は自然界、祖先、大地の精神など深く関わっている 現代でいう祭司と近いのだ 





↑個人的に異教徒も含めて世界の様々の宗教はそれぞれ個性を持っているものだと認識している そういう観点は古代文明と現代社会にいろいろ現れている 神道はユニークの宗教でもありながらほかの宗教とも関わりがあると思う







http://www.reddit.com/r/pagan/comments/2or7x2/japan_and_paganism/#cmptol7
­
関連記事

コメント

*No title

>日本人は新しい宗教に抵抗があることだ 西洋の異教徒たちも強く疑われる
違います。一神教が嫌いなだけです。
信教の自由という点では、どこの国よりも懐が広いと思うよ?

こちらに強要さえしなけりゃね

*No title

在日犯罪速報<丶`∀´>


イスラム入れたらすげ絵悲惨になりそう

*No title

「私の信じる神をおまえも信じろ!他の神は信じるな」
これさえなければ…

*No title

熱心な仏教やらキリスト教徒の人(特に一神教徒)の前では言えないがイエスともブッダも八百万の神その一と見ている
神は全知全能のという価値観ではないから成り立つんだな

弱い神が強い神より下とかそういう優劣がないし、人間の一般人より弱い小動物並の神もゴロゴロいるから面白い
神だからといって高尚ではなく無意味ないたずらをしたり時に人間臭い行いもするのも味があっていい

*No title

他文化・他宗教に対して攻撃的な一神教に魅力を感じない。

*No title

明治以降に現れた国家神道は完全にキリスト教の影響を受けている。
そこまで、外国に習わんでもよかったのに、廃仏毀釈で多くの仏像が壊されてしまった。

*

思考を縛らず人々がユニークである事を尊重してくれるのが神道(or仏教の一部)で、日本人が持つ普遍的な価値観(和辻哲郎の言うじんかん主義)を肯定してくれる。
だからこそ、神道と好意的に接する日本人が多いのであって、思考を縛り人々がユニークである事を尊重しない異教に懐疑的なんだな。

*No title

実際に宗教として信者がいるというよりは、もはや文化として根付いて習慣化している部分が大きい。

しかしキリスト教やイスラム教といった一神教の教えを見ると、神道に比べ「やっぱクソだわ」とは思う。

*No title

日本人の宗教観は神道、仏教、キリスト教、etc

根底を流れているのはアミニズム自然崇拝一木一草にも神が宿ると子供の時から教えられている。

自然を大切にし又自然を畏れ共存している、ここが一神教の人達との大きな違いであろう。

*No title

神様じたいの概念が違うからな
向こうだと絶対善だったり、万能だったりするが
日本の神様は荒ぶるのもいれば、基本一芸に秀でてる
無理矢理近いものを探せばギリシャ神話だったり
北欧神話だったりの神さんに似てる
人間以外の神様も多く山や木なんかも神様になる

*No title

神道には明確な教えや聖書のようなものもないよね
禁止される行為もないしせいぜいやめといたほうがいいよってレベル

*No title

キリスト教やイスラム教、クソとは思わないけど、信者が狂っているとは思う

*

『人間は自然をも支配する主人だ』という価値観は日本人には違和感があるよね

一神教信者のいう『残酷だ』とか『可哀想だ』とかは、人間の方が価値があると思っている上から目線だから、日本人には何か違和感を感じるのだと思う

*

欧米人が神道を理解したいなら、神道はユニークな一神教だと思えばいい
一神教なら世界樹の概念があるでしょう
根源たる一つから、様々な物質や現象、教えが生まれる
だから、教えは預言者を通してのトップダウン方式だ
神道の場合、様々な物質や現象が根源たる一つにつながっている
神話はご愛嬌であり、概念と作法はあっても教えがない
世界樹の概念さえ知っていれば、向きが逆だと理解すればいいのである

*No title

中小企業・零細企業の経営者の間では倫理だの最高道徳だのという保守と宗教をミックスしたのが流行ってるよ

*

神道において日々の生活が宗教な行動とされている。料理も掃除も洗濯も仕事も神事として扱われる。
年末の大掃除とかは分かりやすい例だと思う。

*No title

日本人がとくにどの宗教にも入ってないってなんで思うの?
普通仏教でしょ?先祖代々どっかの宗派に属してるはずだよね
どこにも入ってなかったら死んでも墓にはいれないじゃん
自分が信仰してなかったとしても家が携わってる宗派があるんだから、
普通に仏教徒、神式なら神道だって言えばいいじゃん
欧米人だって自分がほとんど信仰してなくても家が代々キリスト教だったらキリスト教信者だって答えてるよ

*No title

そんなことありませんよ、クリスマスもやっていますよ。
砂漠の神なんて信じていないけれど、サンタクロースなら信じるぞ

*No title

日本人がとくにどの宗教にも入ってないってなんで思うの?

グローバルな視点では日本人の宗教はほぼもれなく神道にカテゴライズされるだろう

仏教も神道の一部になってるからな
坊さんですら神社行くやついるしなw
あえていうなら一般人は神道系仏教真言宗とかになるのかな

ただ日本視点で言えば習慣というのが一番近いかもしれん
あちらの視点では神社寺が教会みたいなもんでいただきますはアーメンかねw

*

クリスマスは北欧の冬至だろ
キリスト教関係ねーじゃん

*No title

イエズス会とか宗教を使って他国を征服してきた歴史があるから
嫌悪しているだけ。

*No title

神道はネイティブアメリカンやアボリジニと同じカテゴリ

*

地元九州は、地域に必ずある天主堂に日曜日にお祈りに行ってるよ
祖母ちゃんたちと、よそ行きの服を着て行くのが、子供の頃の楽しみ
の一つでした。地元出身の俳優さんやタレントさんも敬虔な人が
多いよ。先祖を権力者に売った神主や坊主は、正直日本には要らない
けどね。

*No title

日本の神の概念は幅が広いからなあ
上は源初の神から下は精霊≒鬼(もの)まで入るしね

*No title

氏子(神道)は少ないけど檀家(仏教)はそこそこ多いぞ?システム的に。
多分昔から?この辺は良く判らない。(言葉)による教えは仏教の方が遥かに多いし。
魔と対峙する(厳密には現象?だけど)方法や故人の記録も禅宗。というか寺が多い。
信徒、と言うとちょっと違うけどこの氏子や檀家が所属を示す。相当数いる。

*No title

>テントを買って、温泉でお風呂に入って~大分安くつくよ

アホなこと吹き込んでんじゃねえよボケが
日本はアリゾナやコロラドじゃねえんだよ

*

根源にあるのは神道というよりはアニミズムだろうな

*No title

日本の場合、終戦して天皇のカルト支配が終わってからは宗教自体に信憑性がなくなったんだよ
宗教行事はイベントとして残っているだけで、重要視はされていない

*No title

尊敬はするが信仰はしないというのが現代日本の宗教観じゃね

*No title

統一教会=自民党、創価学会=公明党、という朝鮮カルトが、日本で売国を繰り返してる。

*No title

まあ神道は外来魂について考える宗教ではあるな
定常的で永遠の存在と流動的で変化しつづける存在を考えるわけで
常世に存在する神と人間世界に存在する神あるいはその他の比較的流動的な鬼≒精霊達

それと常世ってのが外来魂だけで成っている神道的な形而上の世界だね
高天原と根之堅州國がそうだよね
どちらも古代より人間世界からは天浮橋や黄泉比良坂を通らないとたどり着けないとされている

江戸時代になってから神道の形而上の世界に幽世というのが発生して拡張したね
生きている宗教ならではだね

*No title

               ⊂⊃
..            (ヽ、   ノ),
..        _ノ⌒ヽ、ミ(  ) 彡 ,ノ⌒ヽ、
       `ー,へく,'  )彡⌒ミ゙ ( 、,` ヘ ー'
       ノノ, , ヽ ( (´・ω・`)ノノ    \ またカミの話してる
          'ノノノノ(|   |)八ヽ)八)) )
              (γ /
               し/

*No title

日本で育った人間は血統に関係なく全員神道を意識して生きている。
タタリを意識したらもはや信者。
タタリ対策として仏教を使う奴もいるしキリスト教の奴もいるし共産主義の奴もいる。
救われれば何でもいい。逆説的だけどそれが神道。

*No title

教派神道と国家神道は無かったことになってる、暗黙の黒歴史。
神仏不離融合の時代が懐かしい。

*No title

外来の宗教は制限が多すぎなんだよ
まるで人を抑制するのが一番の目的のようにさえ思えるのがダメで
信仰へのハードルが高いように抵抗を感じる
もっとゆるやかで自由な信仰がいいのよ
おまじない程度でいいんだ

*No title

檀家に関して言えば戦国時代に九州で奴隷貿易なんかをやってたキリスト教対策で
江戸幕府が国民全員を寺に所属させたのが元なんだけど
これのお陰で勉強しない坊主でもそこそこの暮らしが出来るようになって
庶民はお布施を迫られるなかで「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」なんて言葉が出来るようになったわけだ
260年の間の反動で明治時代の神仏分離令に伴って民間で廃仏稀釈なんて運動が起こったりしたね

まあ仏教もまた外来の宗教で日本の土着宗教に対しては結構攻撃的になる部分もあるからなかなか難しいね

*No title

ちなみに御髪神社という髪の神様を祀った神社もある

*No title

ところで「国家神道」と言っている人は
GHQの戦後言い出した「State Shinto」の事を言っているのか
明治維新後の内務省による教派神道への統括の事を言っているのか
1300年前に起った天武天皇による全国の神社の様式のある程度の画一化などの神社神道の事を言っているのか

どれの事をいっているんだろうね

*No title

キリスト教「神は1神のみである」
イスラム教「神はアッラーのみである」
神道「神はいっぱいいるよ」

キリスト教徒「世界は神が作り人に与えられた
イスラム教徒「世界は神が作って我らに与えられた」
神道「世界は神が生んだけど人間のものじゃないな」

キリスト教徒「神は偉大なり」
イスラム教徒「神は偉大なり」
神道「神様はお茶目だったりコワかったり、まあ人間は関わるなって話」

キリスト教徒・イスラム教徒「お前、宗教としてやる気あんのか!」
神道「無いよ」

*No title

檀家に関して言えばってのは
九州で奴隷貿易及び侵略行為をしてたキリスト教に対して
江戸幕府が敷いた寺請制度に伴って激増した檀家の話ね

*No title

神道だとギリシア神話と同じく
世界は混沌から生まれたわけで

まあ無から自然と世界が生まれてもいいけど

大事なのは「自然発生した世界」ってこと

*No title

日本の神様は森羅万象どこにでも存在する神様です。精神的に敬い、尊ぶもの。
仏様ですら多種多様いるのが日本だw

*No title

文化的な意味では宗教は素晴らしいと思うよ。
素晴らしいごっこ遊びだねw

俺は全く関わりたくないけど。

*No title

世界を創造したとか作ったってのはメソポタミア的だよね
古バビロニアとかマルドゥクとか

なんでヨーロッパの人ってイラクで起った考え方を引き継いでイラクを攻撃してるんだろうか

*No title

他の生き物の迷惑になることは止めよう バチがあたる 初詣 葬式 これらの行為は神道だからする事なのか?
俺はこれらが宗教的行動って言われてしっくりこないのは、なんでなんだろうか
親から教えられたからか?これらの教えを子供の時から坊さんから聞いてたら俺は宗教に入ってるって実感できたのか?

って事は、決まった時間に決まった方向に祈祷するのも 日曜日にミサに行くのも どの肉を食べるの駄目とかも、親から教えられるんだよな 違う国の人たちはそれを親の教えではなく、神様が決めたことだと思って行動するのか
うーーん、俺の頭では理解できない

*No title

日本人「神道ってなんだよ(笑)」

*No title

神道はそんなに難しく考えなくてもいいんだけどね。
恐ろしく人間くさい神様がたくさんいますよー
穢れ(血、死などなど)は嫌いますよー
ぐらい頭に入れておけばいいんじゃないかなw

*No title

それは神道が日本にとって土着の宗教だから
その宗教的な行動は自分達では認識できないってだけの話なんだよ
無意識に行うことが多いから

一神教に関して言えばヨーロッパでも中東でも本来は土着の宗教ではない外来のものだから
それらの宗教的な行動は本人達にとっては意識したものになるんだろうね
そのために日本人からしたら強迫的なものを感じざるを得ない部分が多いんだろう

*No title

武士道の精神も宗教のようなもんだろ

*No title

つうか、日本といえば禅(Zen)だろ
神道なんかよりはるかに知名度があると思うが

*No title

神道は解釈次第では宗教とは言えないらしいな
宗教は教義を指す意味合いが強いから、教義を持たない神道は宗教と言えないって理屈らしいが
そこに教義だけで成り立ってる仏教が入ってきて習合したわけだからよく出来てる

*No title

武士道的なものは戦場にあるべき存在がどうあるべきかを考えるものだから
つまり通常ではない(自然の精神状態ではない)死と直面することを考えざるを得ないから
非常に強迫的になるよね、そういう意味では宗教的

実際仏教的な精神が強く反映されてるように思える
まさに無常観を基にした死の受容の精神ってのが根底に流れてる
だから突き詰めると強迫的になるよね

*No title

神道は人集め、人を囲うのが目的の宗教じゃねえしな。日本の場合そこらは
神道じゃ使いモンにならんので、そこで利用されてたんが仏教だしな。
まあ仏教はまだ理解はできるだろうが、神道は無理かもな。ぶっちゃけると
神道のがよっぽどシンプルでわかりやすいんだがさw

*No title

だから勘違いしてる人多そうだけど
武士ってのは神道を守護すると同時にその精神は非常に日本仏教的なんだよね
同時にその道は海神の道・死の道でもあるわけだけど

*No title

まあ単純にいうと単なる感謝の気持ちみたいなもんだよ。「お母ちゃん毎朝朝ごはん有難う」その気持ちだよw
その感覚であんまし苛めないで・・・とか、今年も宜しくおねげえしますだとかがあるだけだw

日本人のキャラクター好きも神道の感性から来てるもんだと思うね。やたら擬人化するしw

*No title

モラルを宗教と絡めて教える外国の宗教は日本には合わないんだよ

*No title

日常生活は神道で死生観が仏教
それが日本人

*No title

そうそうそう分かってる人もいるみたいだけど
神道ってのは人を動員するとかを目的にしたものじゃないんだよね
それは(まあ良く分からない言葉ではあるけど)「国家神道」というものでさえそうであって
人を動員して死を強要するのは武士道同様に確実に「仏教的精神」なんだよね
その根底にあるのは無常観でありそれを基にした死の受容の精神であって

神道は死を恐れるから戦争などには使えないんだよね、古事記でも国譲り等お互い殺さないで決着がついたりするし
ドナルド・キーンがTVで寺で日本兵の手帳を読んでいたことを引き合いにだして
「死が怖くない兵士はいない」って戦前の日本を批判してたり坊主と対談してたりするけど
それを目の前の坊主に対して言えよって思うもんね

*No title

神道に限らず、仏教もキリスト教だって
すでに外来文化という域を出て
日本人に深く根ざしている。

このことが実感できない外人のメンタリティくらいだよ、
日本人が受け入れられていないのは。

*No title

遊女が無残に殺されたからみんなが哀れんで神さまに祀り上げたのが発祥だとか、
何が祀られていているかもよくわからないけどとりあえず祀り続けてる神社だとか、
神さまの名前が無尽蔵に増え続けてる神社だとか、変な神社もいっぱいあるからねえ

*No title

仏教は日本人の努力によって日本化することにかなり成功してる部分があるから
すでに外来ではないと言えるかもしれないけど

キリスト教は確実に「外来」だからね

現在キリスト教が日本の歴史のどの部分にあるかといえば
崇仏派の蘇我氏が天皇家周辺を牛耳ってる辺りだから

日本人もそこまでバカじゃない

*No title

外国人にとっての宗教はOSで
外国人にとっての神道はOSかもしれないけど
多くの日本人にとって神道はBIOS+VMシステムなんじゃねーの で他の宗教はOSかサブシステム的な・・・

バグのある新興宗教なんかはたまにハードに直接介入して人生壊すけどな

*No title

つか西洋の元来の宗教は自然信仰だったわけだけど、彼等には独自の多くの神が居ただろうよ
それを精霊と呼んで三位一体を唱えて一神教に取り込んだわけだが

日本で同じ手を使おうとしてる輩をよく見かける、特にネット上で見かけるが
日本で神に対して精霊という呼称を使うことは実は侮辱にあたることは神話を読めば分かる

日本では古来(鬼という漢字に訓じていた)モノという呼称が精霊を意味していたりする部分が多かったわけだが
ある邪しき神を続く文で鬼(モノ)≒精霊と呼んで貶める箇所がある(古事記だったか日本書紀だったか忘れた)

日本の神を精霊であるとして吸収しようという意図を感じる主張が多いけど
確実にキリスト教に悪感情を覚えるからあの表現は止めた方が良い、一応忠告をしておくわ
日本ではその表現は信仰上侮辱の意味があるから
モノの気性(モノノケ=妖怪)だと言っているのに等しいからね

*No title

神道も神社もキリスト教と同じでとっくに利権化、支配のためのツールと化してるでしょ。
バカな日本人はまったく気づいてないけど

*No title

>神道は死を恐れるから戦争などには使えないんだよね
穢れを忌み嫌うので、神葬祭なんて自己同一性の否定もいいところだからな。
あれは江戸時代に出来たなんちゃって儀礼。

*No title

支配の為のツール足りえなかったから
神身離脱型の神仏習合があったわけなんだが
集金システムの大きな強化と土地の所有のために仏教が広まったんだよ
バカなのは君だねえ


護法神型の習合ならまだマシだがね

*No title

神葬祭は殯を庶民でも出来るようにしたものじゃないの
実際古事記でアメノワカヒコの葬儀にその様子を見ることが出来るけど
貴人が死んで周りでその復活を願いながら回りで宴会を開きながら
キッチリ体が穢れたことを確認することによってその死を確認して
その後ちゃんとした墓(古墳)に葬る儀式だと思うけどね

なので穢れを嫌うからといって神道で葬式をしないということは無いだろう
大体現実には古墳があって古事記にもその様子を見ることができるんだから
神道に葬式が無いわけがないし出来ないわけも無いだろうよ

*

新しい宗教ってモルモンとかアーミッシュとか、トム・クルーズがはいってる変な宗教とかだろ。
日本どころか母国アメリカで嫌がられてるじゃんよ。

*No title

テストに使わせてもらいます
申し訳ない

*No title

あ~ごめん他人のコメにどうやってコメント付けるか分からないから試してみた
スマン

*No title

日本人だって神道を理解している人なんて氏子でもないかぎりあんまいないから

*No title

そうなんだよなあ~
神道を理解してないのにドヤ顔で「神道に葬式はない」とか言うやつがたまにいるからねえ
お前は古事記の最初方でさえ読んだことないのかって

*

ヨーロッパとかも元々は自分達の土地の神様がいた、多神教だったじゃん。
その後の欧州の戦乱の歴史でどうしても一神教にならざるを得なかっただけで。
ネイティブアメリカンとかも神道に近いのでは。

*No title

日本は思考的には無宗教というのであってる。
というかそういった方がわかりやすい。
だから楽しむ(祭りとか)ことや伝統を守るのが好きだから一部行事は宗教的な行事がある。
自分達から受け入れることは問題無い
というだけ
だから本来は日本にはほとんどいないキリスト教行事であるクリスマスは定着してたりするしな。

日本にとってNGなのは押し付けに思われる普及活動(小さい内はスルーされるがでかくなると必ず強引な勧誘や詐欺に発展するからむしろ反発を生む)
そして神道の一部になりつつある皇室侮辱
この2点はぶちギレる可能性がある。

だから知ってもらいたいという他宗教特にイスラム系は爆弾になる可能性がある。
今はまだ少ないから問題無いが
あくまで適当範囲ならむしろ受け入れる可能性があるが、限度を超えると離れていく。
だから宗教を知ってもらいたいと思わないでもらいたい。押し付けに思われる可能性が結構ある
食べられないものやお祈り時間などやらなきゃならないものだけは知っておいてもらった方がいいが

*No title

いまいち神道のことも仏教のことも宗教のこともわからんが
いろは歌の
「色は匂えど散りぬるを、我が世誰ぞ常ならむ、有為の奥山今日越えて、浅き夢見じ酔ひもせず」ってのは凄く好きだな
こういうのでいいんじゃないかと思う

*No title

俺が考えてる神道が正しいんだ!知らない奴がバカとか
思ってる奴のほうがよっぽどバカだよ。統べるモンなんかいねえし、教義もねえよ

*No title

創価は仏教だっけ?
日本人にかなりの数、宗教法人創価人いるよね

*

知らないのに神道に葬式は無いというような主旨の発言をしてしまう方が馬鹿なんだよなあ
知らないなら黙ってればいいのに

教義や教典の話ではなくて葬式があったかなかったかの話なんだから

*

>神道の一部になっている皇室侮辱
これが良く分からん、天皇は神道における最高神祇官なんだが

*

祝詞には天つ罪と国つ罪が列挙されてるわけだし神道に教義がないって違うんじゃない?

*No title

>日本人は新しい宗教に抵抗があることだ 西洋の異教徒たちも強く疑われる
かつてキリスト教を足がかりに植民地を増やしてたヤツが疑われるのは当然だと思うがな?

*No title

大概の宗教は権力や政治的イデオロギーとの結びつきが排他性を招いてるんじゃないか?
キリスト教やイスラム教だって本来なら寛容の精神や非暴力の教えを説いてるわけだし、
逆に寛容な宗教と言われる仏教や神道だって馬子と守屋、伊勢の内宮と外宮、比叡山と園城寺のように
激しい武力抗争に発展した対立が歴史上かなりみられるわけじゃん?

*No title

「西洋の異教徒」って考え方自体を、普通の日本の人はしないような気もするけれどね(^^;。
「異教徒云々」という考え方を日本人がする、という考え方自体が、
発言をしている、外国人の方の馴染んでいる一神教的な考え方でもあると思う。

*No title

神道は考えるものじゃなくて、
日本に生まれたり、幼少の頃を過ごしている内に
自然に浸かる「お風呂」のようなもの。
だから移民等で、その「お湯」が沸いている「日本」から離れてしまうと
2世くらいになると、もうその「お湯」の感じが分からなくなって、
日本人はその地域に溶け込んでしまう事も多い。
そういう意味で、この「日本」は、特に先進国と呼ばれる様な地域では
他にはなくなってしまったような、良い「お湯」が滾々(こんこん)と湧いている
世界でもまれな場所。
「千と千尋」で言えば、日本自体が「湯屋」みたいなもの。

*No title

神道に限らず民族宗教なんてほとんどそんなものだろ
道教やヒンドゥー教だって同じじゃないの?

*No title

※2014-12-11 09:25
> 『人間は自然をも支配する主人だ』という価値観は日本人には違和感があるよね
毎年のようにこれだけ災害が起こる国に住んでいれば、「人間が自然をコントロール」なんて馬鹿な考え方は出てこないと思う。

*No title

神道の考え方の一つ 八百万の神
自然のもの全てには神が宿っている
自然は大きな恵みを与えてくれるが 反面荒ぶれ災いももたらす

日本人は 神との共存してるのであって 神に従属するのではない
そこの違いが 他宗教と大きくちがうところ

神に恵みを感謝し敬い 時として畏怖し鎮める 存在であり
八百万の神(自然)とうまく付き合って行く 共存しいていくという概念 

*No title

自然現象全般に神が宿ってるって多神教全般の特徴じゃね?
神道は古代に王権イデオロギーと結びついて国家儀礼化してるし
大陸思想の影響を受けて世界観の整備も行ってその影響が近現代にも及んでるので、
アイヌやアボリジニのような純粋なアニミズムではとっくになくなってる。
素朴な自然信仰から権力者による祭祀権の独占というどこの古代文明にも見られる経緯を辿ってると思う。

*No title

神道「穢れは根の国へドーン!あとは知らね」
仏教「じゃあ、あっしが受け持ちますわ」
神道「あっそ、よろしくー 、酒うめぇー!生きてるうちに呑んでおけよー」

こんな感じだと思ってる

*No title

キリスト教が伝わって数百年も布教されて、でも結局根づかなかった国って、日本くらいじゃないの?

キリスト教に限らず、一神教って一部の日本人のぞいては肌に合わないんだろーなーと思う。

*No title

信じるか信じないか選ぶ自由がないからな宗教は
神がこう教えているからって聖書に妄信することが当然と思う感覚が理解出来ない

*No title

一応神道も統べる、教義化をしようとはしたんだけど失敗したんだよね

*No title

そもそも人も神さんの類なんだけどね。水の神さんも火の神さんもいりゃ
貧乏にだって神さんがいるw

*No title

 
 神道には、原則的に異教徒なんて言葉はないんじゃないかな、
異国の神様も神様なんだから。w

*No title

>神道はユニークの宗教でもありながらほかの宗教とも関わりがあると思う
というか、人類の最も古い世界観ってあんな感じだったんだと思うけどなあ。
ネイティブアメリカンとかアフリカの部族の世界観ってなんとなく日本人は理解できるんじゃない?
神道も体系とか色々あるけど、決まったモノっていうのがあんまりないから皆それぞれの解釈で認識してるから日本人同士でも違った見方してたりするようなそんな緩さがいいんだけどね。

*No title

宗教というか生活の一部って感じだよな。
法事、お墓参り、七五三、盆踊り、初詣、お祭りetc…
寺社仏閣は観光地だったりもするよね。

*No title

国ってものは大体宗教による習慣と道徳心の上に建つものだ

戦後アメリカに忘れさせられたんだから習慣としてしか理解できてないのが多い←日本を根から滅ぼす為だ
日本がアカと戦ってたのが分かって中途半端に終わったから習慣だけでも残ったんだけどな

*No title

神道よりも古いとされる九頭竜やアラハバキとか

日本は宗教に優しくなんかないぞ。むしろ偏見の塊
キリスト教や仏教・神道に優しいのは単に派閥が大きいから。
日本人は派閥が大きければ逆らわない。ただそれだけ

*No title

バモイドオキ神てのもあるぞ。

*No title

日本の宗教って話題になると、仏教の方が民衆には密接だったのに神道の蘊蓄を語りたがる人が多いよね。
深いのか浅いのか(笑)

*

オウム真理教

*No title

一神教の西洋人たちが云うような宗教はないよね。
できるだけ分かるように説明することはできるけど完全に理解させることはできないかなー。
西洋の方で習慣とか風習と思われていることが集まってるようなモノだしね。
神の中には悪魔とか精霊とか動物とか人とか含まれるしw

*No title

密接なのは神道だろ?仏教は死ぬとこだけやんなあ

「いただきます」「御馳走様」も七五三も神棚も神宮も命皆平等も擬人法も元の公民会も先祖信仰も日本独自の民主主義も神道

仏教ですら神道の最高司祭である天皇がはじめちまったから国民に広がった訳だ
神道の方が重要密接だったからGHQがやたら忘却洗脳作戦に懸命だったろ?

*No title

DNA レベルでインプットされてるからね
パソコンで云えばOSだね、普段意識しないけど、神道上の倫理観に基づいて動いてる
普段の生活やら区切り、冠婚葬祭とかでアプリケーションとしての仏教やらキリスト教やらが出てくる

*No title

言わば旧世界の宗教なだけ
昔はどの大陸も世界中がアミニズムだった
アブラハム系の一神教は現れてこの方世界を征服し続けた
世界の果て故にそれに屈しなかっただけの事

*No title

わけのわからない新興宗教もたくさんあるよ

*No title

言うほど葬式関連以外で寺なんかいくか?
他は有名な金閣寺とか大仏とか建造物自体を観光スポットとして見に行くだけじゃん
だって普通の時は基本的に墓地とか見たくねぇし

宗教っぽいといえるお祈り系はほとんど神社だろ
全然有名じゃない地元の神社にも観光とは関係なく参拝に行くだろ

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3039-79e1fc1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。