Homeスポンサー広告歴史>外国人「こんなのが向かってきたら漏らす…」角をつけた馬とそれに乗るサムライの姿が勇ましいと話題に【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「こんなのが向かってきたら漏らす…」角をつけた馬とそれに乗るサムライの姿が勇ましいと話題に【海外反応】

2014.12.11 Thu

外国人「こんなのが向かってきたら漏らす…」角をつけた馬とそれに乗るサムライの姿が勇ましいと話題に【海外反応】

投稿者
馬上のサムライが桶側胴の鎧兜を付けて、馬には角のついたドラゴンの兜を付けている 江戸時代初期、17世紀 日本





こんなのが、夜道に僕に向かってきたら、多分漏らしちゃうね





↑NYの混雑している道で真昼間に出会っても漏らしちゃうよ





「なんてこった!!あいつらはドラゴンに乗ってるじゃないか!早く逃げよう!」
―敵方の軍:糞漏将軍





↑「臆病者め!」





超カッコいい!





視野は狭くならなかったのかな それから、不思議に思うのは、あんなに髭がふさふさなのは、血とか雨とかが口に入らないようにするためなのかなぁ





↑サムライと髭についての面白い歴史があるんだ 過去、サムライたちは時に、戦いで殺した相手の地位によって賞金を受け取ったりしていた 彼らは殺した相手の耳や、鼻などを切り落としていたんだ でも、心の卑しいサムライが子供や女性を殺して耳や鼻を削ぎ始めた それから、サムライは髭を伸ばすようになった 髭のついていない鼻を持ってかえっても賞金がもらえないようにするためだ

これについて調べたことがあるんだ 聞いたのはだいぶ前だからね でもきちんとした情報源を見つけられなかったよ・・でも信じてほしんだよね 僕は髭の歴史に関して研究しているから





↑それじゃあ、髭があんまり伸びない男性はどうしていたの? 





↑時には偽物の髭をつけたそうだけど、おそらく時代にもよるだろうね たとえば豊臣秀吉は日本の戦国時代にかなり重要な人物だが、彼のほんとうの髭はあんまり立派じゃなくて、偽物を付けてたそうだ





↑戦いの間、馬が跳ね上げる泥がくっついちゃいそうって思った





↑その髭のが何で出来てるかにもよるけど、自分が読んだ文献によると、ほとんどがイノシシの毛か、金属で出来ていたらしいよ 金属のやつは威嚇目的以外はないと思うけどね イノシシの奴なら役には立ったかも





ここで展示されているよ
The Ann & Gabriel Barbier-Mueller Museum: The Samurai Collection





↑これが聞きたかったんです ありがとう 





なんだかマリオみたいって思うのは僕だけ?





ということは、彼の鎧にもすごいひげがくっついてたってことだ





↑そしてとがった乳首もね





ロサンゼルスのContemporary Art Museum (LACMA)に素晴らしい展示があるよ 興味があれば

http://www.lacma.org/samurai





素晴らしい出来だしゴージャスで高級なようだ 当時の日本がどれほどテクノロジーが遅れていたかを考えると驚く そして今は彼らは本当に先を行っている





これは恐ろしい・・・・





なんで「髭」が兜にくっついているのか分かる人いる?






http://www.reddit.com/r/ArtefactPorn/comments/2orxfx/mounted_samurai_wearing_tatehagid%C5%8D_armor_with/
­
関連記事

コメント

*No title

頬当のヒゲについては、飾りの意味しかないのではというのが一般的だと思うけど
例えば元服したての若い武将(後の後継者とか)の威厳付けや年齢を多少上に見せる効果はあったかもしれない
実際問題顔面ガードするのは必然というか当たり前のことだから、たいていの名のある(身分の高い)武将はみなつけてたと思うが
時代劇じゃ誰が誰だかわかんなくなるから割愛してんのもわかる

*

恩賞をもらうための証拠として耳や鼻をそぐ歴史と文化は日本には無いだろ?
アメリカ軍には今でも有るわけだが(ww2・ベトナム戦争)

*No title

>当時の日本がどれほどテクノロジーが遅れていたかを考えると驚く

どこと比べて「遅れてる」って言ってんだろ。
江戸初期の17世紀だったら、ヨーロッパ諸国と比較しても、同等とまで行かなくともそこまで酷い開きではなかったと思うが・・・。

まさか現代の自国と比較して「遅れてる」とか言っているのではあるまいな・・・。

*No title

日本はどっちかというと首そのまま持って行ったイメージ

*

顔の部位を削ぐ、ってのは何処から出た話なんだろ?
そんなんで誰の鼻か口かなんて判るはずもなく。
首を斬って持ち帰ったという話なら知っているし、その最中が最も無防備な瞬間なので他の敵兵から斬られる事もしばしばあったと何かで読んだけど。

*No title

>当時の日本がどれほどテクノロジーが遅れていたかを考えると驚く
子供なのかも知れないが、何故か今の自分達と昔の外国を比べる人って偶にいるよね。

*No title

>―敵方の軍:糞漏将軍

家康のことかー!

*No title

普通に鼻とか耳は首の代わりにとってたよ、口は聞いた事ないけど

*No title

耳とか鼻を切り取って討ち取った数を証明することは日本でも一時期あったぞ。大将首ならともかく一般兵の首全部取ってたら持ち運べないしな。耳塚とか残ってるよ

*No title

敵将打ち取っても耳とか鼻やったら判別つかんやん…。
よっぽど特徴的な鼻とかやったら兎も角。それに鼻そぎ落としても
髭はくっついてこんやろ。やっぱ御首級でないの。

*No title

ついでに百姓の鼻そいだりしてたのも本当だよ

*No title

耳塚は荷物の邪魔になるから耳や鼻にしただけで、通常は首を切り落としていた。

首切り、というのがあるからね。

*No title

髭は威嚇
鼻とか耳は日明戦争の話をしてごっちゃにしてるんだろう
だいたい鼻毛じゃないんだからさ… 削ぐときに唇まで削いだって考えてるのかな

あと、ほんと戦国末期から江戸中期に関してそんな遅れてないから 圧倒されたのは蒸気機関と産業革命以降だろ
それにしてもこういう手工芸的なものは明治以降にも欧州より優れた技術で魅力してたんだから別に不思議な話じゃないわ 

*No title

雑兵だと首実験なんてしないから
鼻と髭の一部だけサッと切り取って証拠にしてたと聞いた
将クラスだとちゃんと首取らないとダメよ

*No title

スキタイの馬の甲冑みたいでかっこいいね
スキタイのは紀元前だけど、もちょと角の部分が長くてなかなかかっこいいんだよね

>当時の日本がどれほどテクノロジーが遅れていたかを考えると驚く

産業革命が18世紀なので、このころはまだヨーロッパもそれほどでもない気が・・・しなくもないけど、
その後50年ほどで発明される蒸気機関の元になってるセイヴァリ機関で特許を得てるのが17世紀なので日本は完全に遅れてるというのは正しいんだろうなあ

*No title

まあ、アメリカの教育は「アメリカつおい!アメリカ正義!USA!USA!」な内容のアメリカ史が歴史の勉強だから
それが世界史だと真剣に思っていて、日本はWW2以降にアメリカによって文明化されたと信じてる
日本がWW2に零戦や大和を作ってたのは知ってても、日本人は教育もされてない野蛮人でWW2以降にアメリカのおかげで人間の暮らしになったと考える、アメリカは不思議な国
韓国ほどじゃなくても都合の悪い歴史はカットして教育してるから辻褄が合わない

*No title

外国人よ、コレが鬼武者

*No title

首実検の細かさとか首桶とか聞いたら驚くだろなw

*No title

>恩賞をもらうための証拠として耳や鼻をそぐ歴史と文化は日本には無いだろ?

いいや、あるよ。侍が首を取る理由はそこだからね。耳や鼻をそぐのもあった。日本の各地に首塚や耳塚が残っている。ただし、人を食べる文化はない。人食いの文化はむしろ大陸だろうね中国や韓国では人食いの文化がはっきりとある。この辺が似ているから外人は日本人が首をはねたり、切腹したり、人を食ったりしたと思っているようだが。切腹は日本独自で、中国人はしない。逆に人食いは日本人はしない。大陸と日本を含む島国ではそういう意味で結構根本的な文化には違いがあるんだけど、区別されずに混ぜてくるから厄介。首を取るのは東南アジアやオーストラリア、北米にも首狩りの習慣があったので環太平洋には日本外にも存在してるな。

*No title

>当時の日本がどれほどテクノロジーが遅れていたかを考えると驚く

世界的に見れば、むしろ戦国時代の日本のテクノロジーは相当高いと思うんだが。当時の世界標準は日本の遥かに下だと思う。当時なら世界最高水準の金属加工技術や木工技術、土木、建築技術があるといっても良い。軍事力も鉄砲なども世界で最も流通していた地域の一つだし、運用に関しては世界で最も進んでいた地域だろう。欧州にも劣らない。日本が工業的に遅れだしたのは欧州で蒸気機関の発明が進み産業革命しだした江戸時代だろう。ただ、全分野で遅れたというわけではなく、変わりに文化的な面では江戸時代の日本も優れていたとは思うけどね。

*No title

日本人が人を食べることはあるぞ

江戸時代に
磔やにされた遺体の肝を
喰らうとかな

*No title

鼻そぎ・耳そぎは国内戦でも平安後期以降よくあったんだが。
朝鮮半島でだけ行われたものではなく、髭の有無を判別したというのも事実あった話だ。
刑罰としての鼻そぎ・耳そぎもあったしな。
吉宗が廃止させたけど。

*No title

なんで偉そうに無知を晒すやつが多いんだろうな

*No title

>なんで偉そうに無知を晒すやつが多いんだろうな

同感

*

厄介なのは悪意なくデタラメを披露している事
裏付けがないと言いながら、テキトーぶっこいてる

*

なんで「髭」が兜にくっついているのか分かる人いる?

最後のオチ最高です。笑

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3043-1763a83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。