Homeスポンサー広告スポーツ>外国人「なんでメジャー来る日本人選手ってピッチャーが多いの?」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「なんでメジャー来る日本人選手ってピッチャーが多いの?」【海外反応】

2014.12.15 Mon

外国人「なんでメジャー来る日本人選手ってピッチャーが多いの?」【海外反応】

投稿者
日本生まれでメジャーで活躍してる選手のほとんどがピッチャーなんだけど、これなんでかわかる人いる?
日本人のメジャーリーグベースボール選手一覧





ただの予測だけど、ピッチングに関してのスキルって数値化しやすいからなんじゃないかな
球の速度なんかは数字にでるけど、守備とかって数値化しにくいでしょ?






↑確かにバッターでも数をこなさないと打率は出ないからね
球の速さならその場でわかる





↑打率なんて今までの成績みれば済むでしょ?





↑過去の戦歴より、メジャーで活躍できるかが重要





↑確かに、今までの戦歴をもとにわざわざ海外から連れてきて使い物にならなかったら大損だもんね





日本人は小柄だから、パワーヒッターには向かない





もしかしたら日本人の忍耐強い所が、長時間の投球に向いているのかもね





イチローは?松井は?





↑そりゃ例外もあるって
ただ全体を見渡すと、ほとんどがピッチャーなんだ





確かに、イメージ的にもバッターよりはピッチャーかも





どうなんだろうね
もしかしたら日本の中でも、バッターよりピッチャーの方が人気なのかも・・・





↑だからってピッチャーばっかり増えたら試合にならんでしょw





↑別に人数が違うってわけじゃなくて、どっちに重点を置いてるかってこと





日本人選手は本当に優れた人が多いよ
これからも、もっとメジャーで活躍してくれる人が増えるといいな





↑昔イチローがメジャーに来たてのころの守備でみせた粘り強さには感動したよ
アメリカ人なら簡単にあきらめてただろうボールを必死で取りにいってた





野茂選手の功績が大きいんじゃないかな
だから日本人の中にも、メジャーでピッチングしたいって考えが当たり前になったのかもしれない





昔聞いた話(本当かどうかわからないけど)なんだけど、結構日本人選手がメジャーにいこうとすると、元のチームやファンから裏切り者扱いを受けるらしいんだ
・・・いや、それとなんでピッチャーが多いのには関係はない話なんだけど





↑そりゃどこでだって移籍したら多少なりとも裏切り者扱いはされるでしょ?





↑そう考えると、選手ってプレー以外でもタフでいなければならないんだね

大変だ





日本人選手に求められているものは、アメリカ人選手に対するものとは明らかに違う
派手なプレイスタイルではない日本人の特性が魅力として出てる選手の方が、結果的にアメリカでもウケてるね







http://www.reddit.com/r/baseball/comments/2owv60/why_does_japan_produce_more_pitchers_than/

­
関連記事

コメント

*No title

日本だと野球の主人公ピッチャーのイメージがあるから(漫画やアニメなどで)
なので野球をやる人はピッチャー志望が多いので、そっちに才能が偏る。
さらに民族的にどうも投げるのが得意なのかもしれない。
戦争中も日本軍の投げる手榴弾はよく飛び、正確だといわれていた。
(射撃は下手なのにと)
マンモスをおっていた民族の末裔だからね。俺等は。

*No title

そりゃパワーが重要なバッターでは日本人はまだまだ体格的に劣るからな

*No title

新庄を忘れてる

*No title

日本人選手はお薬やらないから
バッターとしては不利

*No title

川崎を忘れてる。


当然だけど

*

ショートが主役のアメリカとピッチャーが主役の日本との違いでしょ

*No title

「日本人選手はお薬をやらないから」(キリッ)。少し調べればわかるよ。

*No title

やっぱり打撃と守備、両方高次元なものを求められると日本人は分が悪い
あのイチローですら、ちょっと衰えただけでチームを渡り歩くことになる

*No title

メジャーで3割打てる日本人が何人いるのか。
長打力なしで2割7分なら、わざわざ日本から獲得する必要はない。
守備力や走力でも特に優れているというわけではないし。

*No title

ヘビー級がゴロゴロいるジャンルでフェザー級が戦うのは無理でっせ 
例外もあるけど

*No title

>マンモスをおっていた民族の末裔だからね。俺等は。

マンモスは世界中にいましたが?

*No title

お薬やってるとか関係なしに日本人と身体能力が違う。
スイングの仕方も違う。
ボールの重さも違う。
日本人でメジャーで活躍できるパワーヒッター生むには小さい頃からの指導をメジャー風にしてみれば?w

*No title

ボールの違いと芝の違いと打者の室の違いで守備の経験がそのまま通用しないからじゃないの?
ピッチャーは比較的そういうのに影響受けにくいのかなと思うけど。

*No title

日本では一番才能があって恵体なやつが最初に選ぶポジが投手やからやろ
特に高校野球は投手の差が勝敗にはっきりでる
点を与えなきゃ勝てるってのが日本思考で五点とられても十点返せばいいってのがアメリカ思考

*No title

松井秀喜がメジャーに移籍してからレフトスタンドへのホームランがほとんど出なくなったので分かった。
飛距離が10m近く違う。

*No title

そりゃ90年代にMLBが拡大路線をとって、エクスパンジョンチームが加わってチーム数が増えたからだよ。
チーム数が増えた分だけ選手の数が足らなくなって、ことに投手においてそれが顕著だったから。
今でも野手以上に優秀な投手が奪い合いになる傾向というだけだ。

*No title

野手の場合は英語力(コミニケーション能力)が必要
城島が嫌われた理由は、これ以外に慣習の違い
米では球種は捕手ではなく投手が決めるのが基本

*No title

新庄は走攻守ともに並以上だったけど、メジャーでは良いとこなし。
メジャーのバッターは明らかに日本と違うよね。

何が違うのか分かるほど野球に詳しくないけど。

*No title

日本で教えている、腰を落としてボールを正面で取るって云うのがメジャーで”一番やっちゃダメ”な捕り方だからだろ。
いままで正しいとされて体にたたき込まれた捕り方を否定して、日本じゃ”一番やっちゃダメ”な半身な捕り方しなきゃいけないんだから対応が遅くなるし「こいつ基本が出来てない=使えねー」ってなるからリスク高い過ぎだわw

*No title

高い技術と完成度が求められるピッチャーはむしろ日本人向きなんじゃないかな。
ランディージョンソンみたいなモンスターは出て来ないけど。

*No title

もっと単純に、今まで海を渡った選手だと投手のほうが通用する割合が高いからじゃね
投手はなんだかんだ一年くらいは戦力になることが多い。二年目以降も活躍できるのは半々くらいだけど

*

打者って視点で見ると、メジャーで成功する日本人が少ないのは適応力と長打力不足が最大の問題だと思う。
日本の場合、対戦するのは基本的に5球団のみで、ほぼ「御互いの手の内を熟知し合った」対決。
つまり、打者は投球の軌道をイメージできているわけだ。
他方、メジャーは選手数、球団数が多く、当然毎年莫大な数の新人が登場し、しかも移籍が頻繁だから、必然的に毎日が初対戦みたいなものになる。
事前に相手投手の球種や球速は知らされていても、曲がり幅や軌道はわからない。当然、打ち損じが多くなる。
完璧に捉えない限りフェンスオーバーしない日本人にとって毎日初対戦は、多少崩されても外野手の頭を越す打球を打てる大型選手より酷しい。
だからこそ、内野安打で逃げれる俊足の左打者のみが何とか成績を残せる。
守備に関しては、やはり生涯初めてとなる天然芝への適応力。
芝の長さやその下の土の硬さで変化する打球に適応するのは簡単ではない。
それと肩。正確には背筋をはじめ上半身の筋力の違い。
ノーステップが不必要な外野手の肩は充分通用するけど、内野手はそうはいかない。
ノーステップから上半身の捻りだけで送球することを求められる内野手は強靭な上半身が不可欠だが、日本人にはそれが欠けている。
踏ん張ると怪我の危険が大きくなる人工芝に慣れてしまったことも原因だろう。
つまり、充分に発達した下半身に比べ弱い上半身を徹底的に鍛えることが、今後メジャーを目指す打者、内野手には絶対に必要なんだと思う。

*

>>19
それは違う。
正面で腰を落として捕ろうが、半身シングルで捕ろうが、殺せるなら関係ない。
日米両国で非常識な投球フォームだった野茂も使われたように、結果さえ出していれば使われるんだから。
それと、キャッチングの基本哲学の違いはグラウンド事情の違いに起因してる部分が多く、無条件に日本式を否定するキミのような意見は愚かだ。

*

内野で言えば肩の強さが足りない
外野は福留がダメな時点でもうね
投手は落ちる球に外人が弱いからねえ

*No title

日本ではリトルリーグ時代から体格の良いフィジカル強い子はまず投手をやるし
一番人気のあるポジションだからな
だから良い選手は自然と投手に偏る
逆にアメリカでは内野手、南米では外野手が一番人気のポジションと聞いた

*No title

25人のベンチ入りの内、12、3人が投手だからだろw
どこの球団も必ずシーズン中に投手不足に悩まされるし

野手の枠は、控え捕手が必要だし、DH固定の選手、複数の守備位置が可能な
選手とかもろもろ考えると、空きはほとんど無い

*No title

イチローが成功
松井と田口でギリギリ及第点
松井、新庄、川崎がもう一歩
福留が偶然で、西岡はただのアメリカ旅行

*No title

そうだね。日本の過去の大打者たちを見れば一目瞭然だが
プロで野手に転向する前、学生時代は投手をしていた経歴のひとばかりなんだよね
単純に花形ポジションだからというのはあるけど、やっぱり野球は投手力、守備力という思想が根強いから
極端な話、投手がひとりも走者を出さなかったら負けることはないんだからな。理には適っている
よって、身体能力の高い子、才能が感じられる子はとりあえず投手として育てる
それ以外は言っちゃ悪いが余りもので占められるので、投手に比べると層は薄い

*No title

松井がゴロキング呼ばわりされてた頃、
外国人とのパワーの差に愕然とした思い出が

*No title

打者では、アメリカのパワーに勝てないだろwww松井はまれな選手www

投手なら、制球とパワー無くても投げ方次第で、スピードボールも投げられる。
投手に関しては、小学生から力を入れているから、アメリカでも通用するのだろう。

*No title

10代で成長ホルモン打つかどうかの影響が大きい
南米からアメリカのプロスポーツ目指す子供は成長ホルモン漬けだよ

*No title

そう、日本だと強豪でさえ身体能力高い選手を投手に置く、重複しても
止めてほしいわ
日本人手先足先得意だからそれなりにやるから打者に回してくれ

*No title

やっぱ松井ってすごいわ・・・ホンマもんの規格外やったんやな

*No title

>野茂選手の功績が大きいんじゃないかな
その理屈では最も成功したイチローの影響でむしろ野手が増えてなければおかしいのでは

*No title

単純にパワー不足で通用しないケースが多いからだよ
投手はそこまでパワーだけで差は付かない

*No title

イチロー :王と並ぶNPB史上最高の選手→MLBでも殿堂入り濃厚なレジェンドだが史上最高とまではいかない
松井秀喜 :NPB史上屈指の打者の一人→MLBではそこそこ活躍した名選手
その他  :NPBでは大活躍したその時代屈指の実力者たち→うーんこの~まあ頑張った
こんな感じで打者は必ずワンランクは評価が下がっている感じなのに対して投手の方は半ランクぐらいの評価減で済んでいる人が多い印象
まあ井川や松坂のような例もあるが・・・

*No title

俺は2つ理由はあると思っていて、1つめはそもそも日本では一番上手い選手がピッチャーをやるから。
2つめはMLBとNPBの文化の違いが投手では有利に働き野手では不利に働くから。

特に2つめは重要で、バッターはMLBの投手に適応する必要があるけど、投手はスタイルが違う事自体が武器に成り得る。

*No title

・パワー不足
・日本より飛ばないボールだから
・ボールが動く&対戦投手が多いから、コントロールバッティングで対応するのは難しい
・向き不向き
・ステロイドがどうのこうの

はい選んで

*No title

なんだかんだで投手力が一番重要だからね

*

全盛期のイチローはメジャーで一番打球が速いんじゃないかって本気で言われてたからな
あれくらい身体の使い方が上手い選手が出てくればまた打者もメジャーで活躍出来るよ

*No title

ピッチャーの方がまだテクニックで勝負できるからな
日本人は身体能力ではどうしても劣るから

*

松井が日本に残ってケガ無く40歳までプレーしてたらホームラン700本は越えてただろうな。
日本十年332本、米国十年177本。だけど米国5年目に骨折したのが悔やまれる。骨折してなかったら40歳まで12年で300本以上メジャーで打ってただろう。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3050-08a1adca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。