Homeスポンサー広告歴史>外国人「なんで大戦時にアメリカは日本本土を直接叩かずに小さい島を少しずつ攻略していったの?」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「なんで大戦時にアメリカは日本本土を直接叩かずに小さい島を少しずつ攻略していったの?」【海外反応】

2014.12.13 Sat

外国人「なんで大戦時にアメリカは日本本土を直接叩かずに小さい島を少しずつ攻略していったの?」【海外反応】

投稿者
何でアメリカは第二次世界大戦の時に、あんなに大量な物資を使って小さな島を少しづつ攻撃していったの?というか単純に本土に向かえば済む話なんじゃないの?

大戦時にアメリカの戦力は十分日本を上回ってたはずだと思うんだ
日本に一番近くて爆撃に使える島を探していたのはわかるんだけど、ガダルカナルやペリリューでの戦いによる余計な損害を考えたら、まっすぐに日本本土に行く方がよかったような気がしてならないんだよね






日本軍があちこちの島に基地を作ってしまったためにそれぞれが補完し合ってる状態だったから、アメリカ側は一ヵ所づつ攻略していくことを余儀なくされたんだよ





↑アメリカも一応、島々を取る過程で「アイランド・ホッピング」と言う戦法を使ってる
これはなるべく日本に近い島に戦力を集中させる方法なんだ
さすがに一個づつ取っていくなんて野暮なことはやってないよ





↑投稿者
ありがとう
まさに求めていたような説明で助かるよ
それなら少しは納得いくね





↑できる限り日本本土に近くて、物資を安全に運べる島を見つける必要があったんだ
そう簡単なことじゃないよ





日本側の狙い通りになったっていう部分もあるよね
対艦決戦の前に、出来る限りアメリカ軍を散らすことで、一ヵ所づつの戦力差を抑えることが出来る





上陸作戦っていうのは、実際に上陸する前までの距離が長いほど失敗に終わる可能性が高くなるらしい
だから島同士の間隔を短く保っていた方が有利なんだ





1941年の12月から1943年の秋ごろまでは、アメリカは日本に対して有効な手立てが出せずにいたからだよ





↑開戦当初からアメリカの軍備が高性能だったわけじゃないしね





ガダルカナルを攻略していないと、オーストラリアへの航路が無い状態だった
アメリカ対日本という構図だけでなく、連合軍vs枢軸国という構図で考える必要があるね





↑その通り
ただドンパチをやるために戦争してるわけじゃない
その後の交渉や政治的背景を有利に進めていくための手段としての戦闘だ
相手がどのくらいまで抵抗して、どのくらいで妥協するのかを見極めながら、最少の被害に抑える必要がある





↑んで日本は欧米人が思っていたレベルを超えて妥協しなかったわけだw





アメリカ人はナメていたんだよ
小さく資源に乏しい国が、そこまで抵抗するわけないと思ってたのさ





開戦初期のゼロ戦の性能は圧倒的で、飛行距離もアメリカのものより長かった
だから迂闊に近寄るとアメリカ側にとっては危険だったんだ





↑それに捕虜を取らない、容赦ない冷徹な日本人というイメージがアメリカ兵たちのモチベーションを下げていたのもあるよね





いかに安全に遂行するかの結果が今の歴史になってるだけで、失敗したものでも当時は最善だと思ってやった行動なんだと思う





アメリカ政府にとって最大の障壁は、日本軍よりもアメリカ世論だった
パールハーバーはアメリカ政府陰謀論が言われてるけど、そのくらいアメリカ人はWW2への加入に消極的だったんだ





↑だから少しづつ確実にな戦法をとることで国民を納得させたかったのかもね





↑それもあるし、実際日本軍がややこしい方法で立てこもるから手が出しにくかったのもあるよ
日本軍だっていくら武士道とは言っても、正面からの衝突でアメリカに物量で敵わないことくらいはわかってたはず





徐々にアメリカは戦局や兵器の改善で状況を好転させていったんだ
最初っから全て順調だったわけじゃないよ





そんなに簡単なら、お前一人で乗り込んで来いよ
先人たちがどれだけの苦労をもとに、そこにたどり着いたのかをもっと勉強してもらいたいものだ








http://www.reddit.com/r/AskHistorians/comments/2ow2o5/why_did_the_us_spend_so_many_resources_attacking/
­
関連記事

コメント

*

スレ主は頭が悪すぎ
サッカーで「パスなんかしないでGKがそのまま相手ゴールに向かって蹴っちゃえばいいじゃん」とか言ってるのと同じレベル

つまり馬鹿

*No title

航空機の航続距離の問題
比較的大型で航続距離の長い爆撃機だって
護衛の戦闘機を付けようと思えば、戦闘機の航続距離に制約される

*No title

※1の喩えが秀逸。
いくらチームの力量差があると言っても、プロと小学生サッカーチームみたいな差ではなかった。
いきなりゴールまで進めるっていうのは馬鹿にしすぎ。

*No title

>ただドンパチをやるために戦争してるわけじゃない
>その後の交渉や政治的背景を有利に進めていくための手段としての戦闘だ
>相手がどのくらいまで抵抗して、どのくらいで妥協するのかを見極めながら、最少の被害に抑える必要がある

>↑んで日本は欧米人が思っていたレベルを超えて妥協しなかったわけだw

ルーズベルトもトルーマンも終始、無条件降伏しか認めなかっただろうが
日本の目的は有利な条件での早期講和だったんだから、交渉くらいは出来たはずなのにアメリカは日本を焼け野原にしなきゃ気がすまなかったんだよ

*No title

十分本土も叩いたけどなw

*No title

日本軍がアホみたいに戦力を小さい島に分散してたんだよな
もっと大胆に撤退しつつ戦力集中しつづければ戦えたろうに
マッカーサーは有能だったな

*

>アメリカ対日本という構図だけでなく、連合軍vs枢軸国という構図で考える必要があるね

その通りだね。
ついでに歴史を議論するとき、真珠湾攻撃からではなく、日清戦争にアメリカがどう関わっていたか、それが国際法的に合法だったかまで考慮すべきだ。
さらに言えば、欧米列強によるアジア植民地支配と黒船来航から検証すれば、我が国が主張する「自存自衛」が事実であることが理解できるだろう。

*No title

このスレ主のような近視眼的やからが
「戦争すればすぐに問題解決する」「数日以内に勝てる」
とか言っちゃうんだろうね
つまりはアメリカの好戦性を担っている層で、そのくせすぐ日和る連中

補給とか護衛とかなしで、即日思ったところに思うとおりの大舞台が展開できると思ってるし
それができなきゃ無能呼ばわりするタイプ
補給の確保なんて戦争の初歩の初歩なのに
さらに言うと、アメリカは世論次第で戦時体制維持できるかどうか決まる不安定さがあるってことも
(てめえの国なのに)わかっちゃいねえ
戦死者・負傷者が大勢でたらすぐ撤兵論が主流になるのは、つい先日のイラク駐屯で実証したはずなのに

そんなやつに限って恥ずかしいスレたててフルボッコってスタイルは、洋の東西を問わず共通するところみたいだ

*No title

戦争の末期の頃ならまだしも
開戦当初や中期当時の兵器の攻撃可能範囲さを考えたら
そういう戦略しか無いと思うがな

*No title

あと、捕虜をとらない日本って・・・
捕虜をとらなかったのはソッチだっての・・・
だから万歳クリフや沖縄の集団自決なんて事が起きてしまったわけで・・・

*No title

実際に南海の孤島の日本軍には
捕虜を取る余裕なんて欠片もなかったわけで。
そこに突っ込むのは野暮というもの。

*No title

実際に南海の孤島の日本軍には
捕虜を取る余裕なんて欠片もなかったわけで。
そこに突っ込むのはヤボというもの。

*

爆撃しまくりのアメカスがよく言うw

*No title

大東亜戦争は陣取りゲーム!
日本の地図を見れば本州は本州はまぁ城だ東京は天皇がいるから天守閣、まわりの海がお堀
お堀の外に朝鮮半島 樺太 カムチャツカ半島 東南アジアと日本は不落の城といわれてたんだよ

*No title

日本とアメリカはグルだったからですよ

*No title

フィリピンから攻撃されてたらこいつらどうやって日本に勝つつもりだったんだろうな。

*No title

アホみたいに本土空襲されまくってたんですが・・・

*No title

海外では日本は本土には原爆以外投下されていない事になっているのか?

多くの民間人を犠牲にして原爆の試し撃ちをするような連中だから
軍事における実践の実験期間は長い方がいいとでも考えたんじゃないかな

*No title

広島長崎東京で、どれだけ死んだと思ってるんだよ

*No title

今の考えと昔の考えを比べるな

*No title

欧米がアジア植民地にしてたから明治維新で何人の日本人が死ぬことになったか歴史を直視して反省してもらいたいよね。

*No title

東京大空襲は木造の日本家屋を研究し尽くし開発された”焼夷弾”による絨毯爆撃。
無辜の民への完全なるHOLOCAUSTです。当時も軍属以外への武力行使は禁じられていた。
アメリカの国際条約違反・戦争犯罪の側面は、ATMIC HOLOCAUST BOMBING 広島・長崎も該当。
その事実を覆い隠すための東京裁判であり、GHQ占領統治下の”WGIP”であり、
憲法9条によってそれらが補完されている。

*No title

本土への空襲は1942年(外地、台湾への空襲は1938年)から始まっておりましたが。
1944年から本土空襲は激化して1945年の終戦間際には原爆投下するまでもなく日本中焼け野原でしたが。
本土は空襲+原爆+機銃掃射+艦砲射撃、沖縄は地上戦+空襲、北海道は機銃掃射+艦砲射撃+雑な空襲で被害甚大でしたが。

*No title

植民地の惨状みたら妥協なんて出来ないよね
現にいまだに日本が悪いとか原爆投下は正当とか言われてるわけだし

*No title

ネットとミリオタのおかげで、客観的な見方が増えてきたのは良いね。

*No title

日本軍の占領した島を全部一つずつ攻略したのではなく、補給線を断ったり飛行場を作ったり、必要な島を順に占領した
このためラバウル航空隊のあったニューブリテン島や海軍の泊地のあったトラック島は補給を断たれ、また戦線の推移で戦略的価値も無くなり、消耗した戦力のまま終戦まで放っておかれた

*No title

復讐よりさきに取られた物を取り返したかった。
日本攻撃のため太平洋の島に基地が必要だった(B-29の発進基地だったテニアン島など)。

*No title

アメリカはヤルタ会談で太平洋の支配をもくろんでいたからね。

*No title

アメリカ様は補給なしで突き進めるに違いない
ハリウッド映画でも弾切れしないしね

*No title

スレ主は戦線形成、輸送、戦力分析などの戦略を知らない中学生だな。
アメリカがアイランドホッピングしていったのを日本軍でもしばらく解明できなかったから
案外似たり寄ったりかもな。

*No title

バンバン空襲しまくってたじゃん。民家の上を。
本土を叩かなかったって…何言ってるのよ

*No title

>捕虜を取らない、容赦ない冷徹な日本人というイメージ

まさに、おまゆうだな…イメージじゃなくて事実として有色人少ないしな

*No title

>あと、捕虜をとらない日本って・・・
捕虜をとらなかったのはソッチだっての・・・
だから万歳クリフや沖縄の集団自決なんて事が起きてしまったわけで・・・

数字で見比べると彼我の捕虜に対する扱いの違いがはっきり出てるぞ

*No title

>それに捕虜を取らない、容赦ない冷徹な日本人というイメージ

捕虜を取らなかったのはお前らだろ、どんだけ米帝軍国主義を美化してんだよ
そんなもんハリウッド映画の中にしかいないだろ低脳w

*No title

>>1
めちゃ分かりやすい

*No title

もう一回火垂るの墓見直してこいよバカちんが

*No title

色々言おうと思ってたら>>1で終わってた

*No title

なんだ、外人共はマッカーサーが戦前フィリピンに持っていた自分の権益を奪い返すために
わざわざフィリピンを経由する侵攻作戦を強行に主張したことを知らんのか

*No title

島々の次の支配者がアメリカになるようにしとかないとだめだから
日本本島だけ叩いても、イギリスやオランダ、フランスなんかにとられるから

*No title

[EN-日本語] America-s Sneak Attacks to Japan - だまし討ちをしたのはアメリカ!
ってのを検索して見てくれ。
真珠湾より前にアメリカ軍が日本航空機を撃墜する戦争状態だった事を。

*No title

そこらじゅう空襲されて10万単位で殺されましたが?
知らないか、目を背けてるだけじゃないですかね。

*No title

本土の民間人をギャクサツする為の燃料や弾の補給地として島が必要だったんだろ

硫黄島の二宮の最後のセリフ頭おかしいわ

*No title

ココまで馬鹿な質問スレは久々やで

*No title

うちのじーさんが配備された島には
一度も米英、オランダがくる事なく終戦。
でも日本に帰る際、いろんな敗戦の噂があって
帰らない人、独立戦争に参加する人とかいたらしい。

*No title

>それに捕虜を取らない、容赦ない冷徹な日本人というイメージ
被害者と加害者を入れ替える手法は、よくあるからな
慰安婦も南京も同じ

*

沖縄戦で市民が強制的に自決させられたと当時の軍国主義を批判する輩がいるけど、アメリカ軍も相当野蛮だったよ。日本兵の耳を切り取って首飾りにしたり金歯を削ぎ取ったり頭蓋骨をアメリカの家族に送ったりとね。では相手がアメリカ軍ではなく、中国軍や韓国軍、ロシア軍だったらどうか?

市民はもっと惨たらしく殺されたよ、強姦、手足を一本づつ切り取られ耳と鼻を削がれ、男子は一物を切り落とされ、女子は陰部に棒を突っ込まれて腹を裂かれ、最後に目玉をくり貫かれめちゃくちゃに身体を刺殺撲殺されて辱しめられて殺されるんだ。これは大陸文化としてちゃんてした文献に残っている紛れもない歴史の真実だ、日本の歴史上の合戦には無い、おぞましい所業だ。一夫一家殺害事件を知っているだろ、これを創作だと否定する勢力もあるけど事実だと断言するね。朝鮮人の残虐ぶりは信じられなくても真実残虐だ。

だから自決したんだよ。
状況がそうなったら当時の私でもそうするよ。
私は日本人だし武士の子孫だからね。妻や娘や幼児が自決したからといって誰かの責めを追うつもりはない。自分もそうだ。

*No title

スレ主みたいな無能な奴が軍隊の上にいたから余計に戦争が長引いた

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3051-805df91d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。