アクセスランキング

外国人「ダウンタウンの浜田と松本って実際どんな関係なの?【海外反応】

外国人「ダウンタウンの浜田と松本って実際どんな関係なの?【海外反応】

投稿者
浜田と松本の関係をふしぎに思ってる人の為に:





俺が見えるのはゴリラがバカな男にアタックしてるだけ





↑ リップモンスター





ごっつええ感じの時期にはこういうジョークをたくさんやってたんだ youtubeに古い動画があったんだけど、今見つけられない - まっちゃんが電気を消して浜ちゃんに「触れ、触れ」って言い続けるヤツ
それで電気がついて、みんな気まずいフリする etc





だから自分で「Downtown」って呼んでるんだ!





これは面白い! それに、彼らの表情、、、 彼らは本当に、、、バカだ、、




1:24~
https://www.youtube.com/watch?v=eypzhjI-gzM
疑惑は今までにもあったの?





↑ 彼らは頭がいいね 彼らは結婚の何について質問したの? 最初は違う意見で、その後喧嘩し、最終的にはキスしてうやむやにする 最高の即興だね 彼らが仕事以外で会わないのはこういうことができるようにだ 松本はステージに登っていない間良いジョークがひらめくかどうかが怖い、ステージの上でのみ喋ることがフレッシュでオリジナルでもの凄く面白くしてくれるんだって言ってた!





↑ ドキュメンタリー(注





↑ すごくカジュアルだね





↑ ほぼ40年間週に数日はお互い顔を突き合わせてるんだ 誰でもおかしくなるよ、、 世界中で一番の友達だとしても、殆ど一緒に生活してるようなもんなんだから仕事の後にも会う必要は無いよ ;)





↑ 彼らは学生時代からお互いを知ってて、今は結婚し、子供もいる 高校の友達と当時と同じ位遊ぶか?もちろん違うだろ 多分仕事の外でも時々はショーや将来のプランを話し合う為に会ったりしてると思うよ 毎日遊ばなくても彼らがとても近しい事は見ててわかる なんで皆がこれにびっくりしてるのかがわからない





↑ 泣いた 笑 すごく美しい友情の本物の愛だ





↑ 「まぁ、だからそういうことですよ」 ダウンタウン大好き!





最高





正直言って、俺は驚かない





ゴリラ > バナナ





最高の友達 <3





↑ どうかな Wikipediaによると、彼らはプロフェッショナルな関係を保ってて、仕事以外ではほぼ全く会わないみたいだよ





↑ 自分の記憶が正しければ、それって「プロフェッショナル松本」スペシャルで松本がショーの前に自分を周りから隔離して彼のリアクションやマテリアルがより自然に、そしてより本物に見えるようにするって言ってたヤツじゃないかと思う





友達には2つの種類がある お互いの腕を殴り合い、お互いを傷つけ合ってふざけ合う こういうタイプの友達があるんだ 俺もそういうタイプの友達







http://www.reddit.com/r/GakiNoTsukai/comments/2pi9ne/for_all_who_were_wondering_about_hamadas_and/
https://www.youtube.com/watch?v=eypzhjI-gzM&feature=youtu.be&t=1m24s

Ad by google





このエントリーをはてなブックマークに追加
­
関連記事






Powered By 画RSS









コメント

No title

腐れ縁コンビだけどすっかり相方がいじけちゃって将来性はもう怪しいな。
とんねるずぶっ倒したかったんだろうけどもうひっくり返すのは無理だろうな。
他人の悪口を言ってるときだけ相手されてるのは完璧にだめだろ。

No title

とんねるず・・・?何言ってるんやで?イッチー。
とんねるずは勝手に倒れてるで。あいつら
いつまで昭和バブルの芸やってんねんな・・・。

No title

※1
君は何を言いたいんだね。思わせぶりな発言はやめたまえ。余韻を味合わせる発言は、葬式の時だけで結構。発言が臭すぎるのでOUT!

No title

ハマやねんが先に死にそうだよな
弔辞は松本かw

No title

松本の本当に気のおける同年代の相手は高須とかだろ
浜田はあくまで相方

No title

とんねるず辺りからそれ以降の世代って
あんまコンビ解散するってなくなったな>そこそこ人気あるコンビが

No title

日本の夫婦なんかでもそうだけど、長年一緒に居ると照れくさかったりでちょっと距離を取ってしまう
こういうのは外国人にはわからないだろうな

No title

浜田は松本を金づるって表現してたな

No title

プラーベートは「まっつん」と「はまちょん」らしい
むかし高須が言うてた

なんでこいつらこんな深く考察してんだよw

No title

※1
ダウンタウンに将来性なんかもういらんやろw
すでに大御所じゃん

ってかよくガキ使とか海外の反応で話題になるが実際はたいした知名度でもないんやろなー
多分マニアックでネット見てるやつだけかね

No title

今でも浜田のツッコミが一等好きだわ
視聴者目線というか欲しい所にピッタリ差し込んでくる安心感がある
あと、今のボケちゃんと笑いに変えたるからな!みたいな頼もしさを感じる

No title

ツッコミで笑えるのは浜田とフット後藤のみ。
それ以外はただヤジを飛ばしてるレベル。

最近は松本がツッコミで浜田がボケだよな
本人もずっとやってると逆になるって言ってたし

No title

マニアックって海外の芸人なんて知られてるほうが可笑しいだろ
ダウンタウンの芸は中堅が良くて、上にも下にもいて誰にも同じように接するのが面白かった

No title

そういやとんねるずってまだいるの?木梨はCMとかでたまに見かけるけど石橋はここ何年も見てないなぁ

No title

もうダウンタウンは完全に頂点だろ
こいつらより面白かった芸人がどこに居んの?
さんまでも紳介でもこの2人には及ばない
そりゃ劣化はするだろう、でも「あいつらはもうつまらないから糞」といえる奴はただのガキだ

※1は池沼すぎて話にならん、とんねるずなんか遥か昔に抜き去っとるわ

No title

ダウンタウンが全国区になり始めの頃に、TBSで二人の過去を振り返るみたいな番組があって、小学校の校庭で話してたのを覚えてる。
強烈に覚えてるのは、三菱銀行強盗の梅川が射殺されたとき、二人して校内放送で「梅川ぁ~、何で死んだんやー!!」って絶叫したエピソードw

No title

>>1
海外でとんねるずの番組を毎年楽しみに待ってる奴が一人でもいるのかよ、と(笑)
関東ローカル芸人とは住んでる世界が違うんだよ。
間抜けに見えるから、無知なりに気をつけて発言しな。

海外ってコンビの芸能人とかいないのかね
漫才師は流石にいないだろうが、アーティストでも二人組なら同じような関係だと思うけど

No title

芸人じゃないから実際は知らんけど
例えば久しぶりにあった友達とは会話が弾むよな
それと一緒で普段会わない方がトーク番組とかでもネタが増えるんじゃね
ずっと一緒に居ると喧嘩もするだろうし

No title

カウスボタンっていうじいさん漫才師が舞台でキスしたときも
客席から黄色い声が飛んでたな

吉本芸人の話題をそらす時の常套手段なのかな

No title

とんねるずの真似事でよくここまで来たよね
事務所のおかげかな

No title

冗談抜きでどっちも妻よりはるかに付き合い長いからな。
お笑い芸人のコンビって特殊すぎて他に例がないのでどういう状態なのか他者に説明するのが非常に難しい関係。

No title

>松本の本当に気のおける同年代の相手は高須とかだろ
気を置いてどうすんじゃw
親しい友人は気の置けない友人

昔話になるとデビュー前は本当に仲良しで、どこそこ行ったとか云う話になると大体二人で行ってるよねw

No title

今は大御所だから気にならんけど若手の頃から態度でかくて当時は大嫌いだったな

No title

ガキ使のトークとか今見ると相当面白いからな
松本の機転がすごすぎるし
浜田のツッコミのタイミングが異常

No title

とんねるずファンのオレでも、以下のように点をつける。
最盛期な。
ダウンタウン100
ドリフターズ95
とんねるず90
ナイナイ、ウンナン75
さんま、たけし、タモリ70

さんま、たけしはひょうきん族の頃から
見ているけど、過大評価されすぎ。大したことはない。

少し変わってるくらいの日本人かと思ってたけど取り巻きのイタオとかキムラとかの犯罪歴見るとあっち系だっていう話にも納得いった。





■コメントに関してのガイドライン■

・差別的中傷的なコメント

・トピックに関係ないコメント

・広告やスパムコメント

・当サイトへのコメント

・不適切だと判断したコメント

は削除やアクセス制限の対象となります

また当サイトへのご意見(提案・リクエスト・重複の指摘など)

は記事内のコメント欄ではなく下記アドレスにお願いいたします

kaigai.000@gmail.com



コメントをした時点で上記ガイドラインに同意したものといたします

これからもよろしくお願いします(´・ω・`)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

­
最新記事
­
­