Homeスポンサー広告歴史>外国人「キリスト教の宣教師が一番布教に苦労した国は日本らしい…」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「キリスト教の宣教師が一番布教に苦労した国は日本らしい…」【海外反応】

2014.12.22 Mon

外国人「キリスト教の宣教師が一番布教に苦労した国は日本らしい…」【海外反応】

投稿者
宣教師が数百年かけて布教しても弾圧や懐疑的な態度で、早い段階で信念を失ってしまうほど過酷だった





もっと色々な国でも宣教師に対して厳しく接するべきだったと思うよ
殺すとかはまずいけど、だいたい良いもの持ってこない
とくにアフリカ大陸では酷いもんだったわけだからね





日本人は頭が良い
彼らには独自の哲学やモラルがある
誰も彼らにどう生きるべきだとか指図する必要なんてないんだよ





日本にはよくわからない色んなシガラミがある中で、キリスト教の入る隙なんてあるわけない





僕はキリスト教の家で育ったけど、今思うのはキリスト教なんてただ人をコントロールするためにあるだけだなって感じるんだ
日本人は最初にそのことに気づいていたんだよ





日本は良い判断をしたね
他の国みたいに滅茶苦茶にされるところだった





日本人って優柔不断だから、態度を決めかねてただけなんじゃない?





キリスト教徒として育ったわけじゃないからわからないけど、現代に生きてるとキリスト教もギリシャ神話もケルト神話も、大して違いが判らない





家も自身もクリスチャンだけど、確かに韓国や中国、ベトナムなんかはコアなキリスト教徒がいるけど、あまり日本人でそういう人って聞かないね





だって日本の人は、白人の神様を信じる程バカじゃないからだよ





日本人の知り合いに、何の宗教を信じてるかって聞いたことがあるんだけど、すごくミックスされてる印象だったね
単純に、西洋の宗教は「これを信じなければいけない」みたいに固定しようとするから日本の土壌には合わなかっただけなんじゃないかな?





エイブラハム系の宗教に抵抗してくれて本当にありがとう、日本!





韓国を見たらよくわかる
彼らはキリスト教の精神のせいで、自分たちの文化やアイデンティティを失ってるよ
そのあたり、日本は上手に立ち回ったわけだ





色んな人の色んな考え方があるっていうことが分からないキリスト教がバカすぎる





キリスト教なんて地獄に落ちろよ
自分たちで信じたいんなら勝手してろって





そんなことくらいで信念を曲げる宣教師ってどうなのよw





今の時代、クリスマスを祝うからってキリスト教とは限らない
あんなもの、ただ商業ベースで広まっただけなんだから






キリスト教だけが全てじゃないって、日本人は最初っから知ってた





これだから日本って好き





宗教いらない
出ていけ





神道が素晴らしいからだよ!
だいたい他人の考えを変えようとすること自体が間違ってる






https://www.facebook.com/thejapantimes/posts/10152487814473344
http://www.japantimes.co.jp/news/2014/12/20/national/history/christian-missionaries-find-japan-tough-nut-crack/#.VJY6eAB9U
­
関連記事

コメント

*No title

元々仏教や神道があったのもあるけど、最初の宣教師たちが奴隷として、日本人を連れ出したりしていたからというのもあるのよね。
そりゃあ弾圧というか、取締りを受けるのはごく自然な流れというもの。

*No title

一応安定した社会構造と統治能力があるからこそ出来ることじゃないの
あと韓国人がキリスト教好きなのは盲目的絶対善というあたりが合うんだろ

*No title

キリスト教を弾圧してたローマ帝国が、結局キリスト教を利用してしてたくらいだから
推して知るべし。だが、困ってる人を積極的に行動して救う行動力とかやっぱり素晴らしい。
それがお節介な軍事行動まで結びついちゃうんだけど。

*No title

https://www.youtube.com/watch?v=oCNh9pnzHX0 これか、証拠は残しようがないけど、キリスト教はあまり普及して無かったのは事実だろうね、今ないから

*No title

既に他の信仰があったからでしょうか?
来るのがもっともっと早い時代だったら広まったかもしれません

*

単一神に違和感あるからかな。単純にその神を信じたいならキリスト教でいいのでは。キリスト教で疑問なのはイエスは神じゃないのに、扱い神より上じゃない。

*

宗教なんてクソの役にもたたない。ごみ以下。

*No title

たんに禅問答に答えられなかったんだろう

高名な宗教家ならさぞすばらしい答えが返ってくると信じてwktkしながら禅問答を出したら
しっぽをまいてにげられたんだろ

*No title

例のアレが出てくるかもしれないから前もって言っておくけど
ホルホルしすぎるなよ。

『ザビエルも困った「キリスト教」の矛盾を突く日本人』によるミスリードと嘘
ttp://togetter.com/li/451988

*No title

信じる者だけ救われるってのが合わないんだろうな
キリスト教を知る前に亡くなった先祖はどうなるのか?
と宣教師を困らせる質問も多かったみたいだし

*No title

そこらの村人が聖書の矛盾とか疑問を宣教師に次々質問して辟易させたっていうけどねえ

*No title

他の国の様に単純に信じる程馬鹿では無かった其れから元々の宗教観が精神世界、道徳に近いのも有ると思う

*No title

>>宣教師が数百年かけて布教しても弾圧や懐疑的な態度で、早い段階で信念を失ってしまうほど過酷だった

鎖国政策やめてから200年経ってるけどな。
いまだ人口の1%も布教出来てないどころか高齢者問題で信者がいなくなりつつある事態
それって単に、宗教側に問題があるだけなんじゃないの?

*No title

仏教の説法や禅問答みたいなのがすでにあったから、日本では宣教師の話に庶民がいちいちツッコミを入れたらしいな。
で、答えに詰まると笑われるとか、厳しかったらしいぞ。
人の話を黙って聞くタイプで救いを求めていた一部には受け入れられたけど。「罪を赦す」っていう甘言に頼る人生の人たちが。

*No title

彼等が奴隷貿易を日本でもやってたってのもあるけど
考え方が日本人とは合わないってのもある

それはそうとヨーロッパ人は中東のオッサンを処刑装置に磔して崇めてるのはなんでだよ
凄く疑問なんだよね

お前等のオリジナルの神にユピテルとかマルスとか色々いただろ、どこいったんだよ

*No title

単純に死後に救われる天の王国思想と仏教の浄土信仰の違いがわからなかったという話がある
同時にアブラハムの神以外を拝んではいけないという一神教の根本が理解できなかった
初期に大名の密貿易を怪しまれキリスト教が弾圧される前は、キリスト様なんて「新手の菩薩様」みたいな感じだったんだろ
阿弥陀仏信仰は変形キリスト教といっても過言じゃないほどキリスト教と近似してる

*No title

そして韓国系キリスト教が蔓延って好き放題やる、ってのもなんだかなー

日本人はとりあえず念仏さえとなえれば極楽へ行ける

*No title

ご先祖様よりキリストの方を大事にしろ、なんて無茶な事要求するからだろ

*No title

「ミスリードと嘘」の趣旨はわからんでもないが
キリスト教が要らないという事実は変わらない。

*No title

当時切支丹になった日本人ですら「マリア観音」みたいな観音像を作ってた当たり、本当にクリスチャンだったか怪しい

*No title

古代ローマも多神教独特の緩さから文明が発展していったと思うんだ。
キリスト教が広まってからはそれが一気に止まった。
ヒュパティアのような聡明な人間がキリスト教徒に残酷に殺された。
中世以降も馬鹿な民衆は馬鹿のままでいさせるように聖職者にしかわからないラテン語だけでのミサ。

*No title

だって宣教師が奴隷商人ってバレたやん

*No title

水の国に何で砂漠産まれの宗教が根付くと思ったんだよwww

*No title

日本人にとっては信仰と言うか生活だかんな。自然とか。

*

そりゃ日本ではキリスト教系大学なんてほとんど反日でひどいもんだからな。朝日新聞の売国奴を教育者として受け入れたりするんだから。

*No title

宣教師「慈悲深いデウスに帰依なサーイ。基督教を信じれば天国行けマス。信じないと地獄落ちマス」
日本人「信じないだけで地獄とか、全然慈悲深くねーじゃんwww」
宣教師「」

*No title

ミスリードの件って、ザビエルの手紙に限った話?

*No title

布教なんか表向きでスパイやってたしな
日本が思ってた以上に賢いから方向転換したけど

*No title

ご先祖の扱いが粗末なのが敗因かなあ<布教
日本だと極楽ってそこここにあるし。

*No title

明治後は欧米化で結構キリスト教徒増えたらしいが
当時はロシア正教も日本で布教してて、日本人の正教徒ってのが結構いたようだし
サンクトペテルブルグに留学する日本人とかもいた
まあ、それも結局廃れてしまうがね

*No title

日本人は災害が多く経験して失うものが多い人生だから
仏教の方が肌にあったんだろうね
神道が無くならないのも、自然災害のせいだろう

*

宗教は時にお酒に例えられる
自分に活力を与える道具に過ぎない。
原理主義過激派は目的と手段が逆転してるんだよな

*No title

元々八百万の神がいる土地で
一神教を信仰させようってのが間違いw

*No title

宣教師「洗礼を受ければ天国行きマス、受けなければ地獄に落ちマス」
日本人「じゃぁ、私達のご先祖様たちはどこにいるのですか。」
宣教師「もちろん・・・、地獄デス」
日本人「神様とやらはずいぶん、無慈悲で無能ですね。私達の国にあなたたち宣教師が来たのはつい最近で、ご先祖は洗礼を受けることなんてできなかったのに。慈悲深く全知全能と言うなら、私達のご先祖様くらい救ってくれても良いじゃないですか。」
宣教師「」

こら普及せんわ。

*No title

逆に仏教はなんでここまで浸透したのか
どちらも外国からやってきた宗教なのにな

*No title

これに関しては秀吉GJすぎる
あとまあ惑わされなかった国民も

*No title

布教先の地方神を一旦取り入れてその後悪魔扱いするから信用できん。

*No title

言葉も外見も文化も違う異人達の信仰ってだけで広まらない理由として十分な気が
大陸なんかでは遠いだけでキリスト・イスラム世界と陸続きで色目人の高級官僚もいたような世界だから同じ東洋でもまた事情が違う

*No title

それでもザビエルさん今でも好かれてるんだよな
日本人は不思議だよな

*No title

>>だって日本の人は、白人の神様を信じる程バカじゃないからだよ

白人てバカなの?
旧約聖書と新約聖書、両方読めば、イエスキリストが白人じゃないことぐらい、中学生でもわかるんだけど。

*No title

異教徒を取り込むうえで宣教師も色々な教え方をしていた
先祖に関しては、キリスト教を知らず洗礼を受けなかった異教徒も死後蘇る対象に入ってる
無知はあかん

*No title

路傍の石ころにも神が宿るとする日本で「あたしゃ神さまダヨ~」とかマヌケなこと言われても、引くわぁ~。
マジひくわぁ~。

*No title

ご先祖様が思考能力を持った"人間"であったことに感謝。

*No title

>だって日本の人は、白人の神様を信じる程バカじゃないからだよ

そもそもキリストは白人じゃねーよ

*No title

とりあえず、数人のオバチャンと子供連れ立って日曜日に勧誘に来るな!!キモチワルイ!!祟ってやる!!ガルルルル!!

*No title

一神教にとって「神」とは善良なるモノだが
多神教にとって「神」は善良なモノとは限らんからな
疑い恐れて当たり前、無条件に信じろとかお前何言ってんの?という感じだったんでしょ

*No title

近所に古ーい巨石信仰の神社があるんだけど
最近やっと意味がわかった
土石流特別警戒区域だったw

*No title

キリスト教はただの政治利用の洗脳活動
キリスト教に憧れ持ってる奴はよく考えた方がいい
この前は中国に屈したしな

アメリカは原爆を長崎に落とした時に近くにあったキリスト教も破壊した
それを後に知って急いで隠蔽工作

*No title

この時期はクリスマス→除夜の鐘→初詣のコンボだもんな
節操ない多神教は平和やで

*No title

ヤオロズ万能説

ってか、キリスト教が広まらなった国に対して随分好意的なコメントが多いような気がするんだが
なぜだろう?

*No title

>逆に仏教はなんでここまで浸透したのか
>どちらも外国からやってきた宗教なのにな

中学で習うことだろ・・・。推古天皇・聖徳太子・蘇我馬子の時代に、中国や朝鮮から伝来した仏教に、天皇家が仏教に入信した。当時は神道派の物部氏とも騒乱になり、聖徳太子や蘇我氏が勝利、それ以降、天皇家が仏教に入信するのが割りと普通になり、天皇が仏教を広めもした。聖武天皇の奈良の大仏とかな。法皇というのは仏門に入った上皇のこと。

*No title

キリストを隠れ蓑にして日本で奴隷貿易やり始めたことを早めに察知してバテレン追放令を発令した秀吉は有能

*No title

ネストリウス派の景教すら広まらなかったしな
自然精霊DNAの方が身近
魂を(祭り・奉り・祀り・政り・纏り)鎮め祝い祈願する
多神教の八百万の神々の魂を鎮める方が合ってたんじゃね自然災害多いし
マナの力が宿る御霊だな
祭りも多いほうが楽しいだろうし

*No title

>韓国を見たらよくわかる
>彼らはキリスト教の精神のせいで、自分たちの文化やアイデンティティを失ってるよ

そんなものは最初からないだろう
今は「反日」が宗教みたいなもんだろうけど

*No title

宣教師が奴隷連れてる宗教なんて誰が見てもヤバいってわかるがな。

*No title

神仏習合の1要素なら多少は広がったかもしれんが
キリスト像も鳥居の向こうで二拝二拍手一拝されてたな

*No title

日本はシャーマニズムに近い神道を持ち、諦観を持つ道教のを知り、仏教の観念を知っていた
識字率も高くて日本人の祖先は神だったとされていた

これらに共通するのは人間が神や仏になれる
一神教じゃ無理だ

*No title

当時のスパイが宣教師

*No title

単一神は日本人からすれば相当胡散臭い
全知全能みたいなものはちょっと

*No title

信じなかったら地獄行き(もしくは信じる人だけ救われる)っつうのが鮮明すぎるんだもん
なんか偏ってるなって感じて不信感持つと思うわ

いろんな神を許容して、入信すら必要ない神道があったりする日本人には
ヘタな間口の狭さなんかは不自然に見える

*No title

宗教を信じるのは勝手だけど、心の中ではそういう奴らを見下してる。
神様信じている人、ごめんな。

*No title

普通にザビエルは論破されてるし、子供にもなw

*No title

学が身に付いていたのもあるけど神道と仏教が良すぎてキリストが底の浅いご都合主義の人を無理矢理まとめるための宗教としか思えなかったんだよな
日本人は元々宗教が無くても和の中で団結する能力を持っていたから元々そんな野蛮な宗教は必要なかったんだよ
それにキリスト教は明らかに日本に対する野望を持っていたしね
元々キリストに堕ちているのは一部でしかなかったけどさらに公式に弾圧されたんだよな

*No title

単に奴隷貿易してるのがどっかからバレちゃってたんじゃないの
神様を売りにする宣教師が奴隷船の手引きしてちゃダメだよねー
何人もすし詰めにして死んだ奴隷はポイポイ捨ててたんだろ?
そんな商売しながら「信ずるものは救われる」とか馬鹿じゃねw
とりあえずお前らを信じたら救われないな、と勘のいい人々は気づいてたんだろ

*No title

教会で十字架だけを拝んでいるのならまだいいが、十字架にくくりつけられたキリストを見るのは精神衛生上よくないと思う
あのキリストは、死んでいるのか、生きているのか知らないが、見て楽しいものではない
というより残酷な状況だ(拷問を受けているのだ)
子供の頃からこんなものを見ていたら、よろしくないでしょう!

*No title

日本は島国だからだと思うが、日本人は自然を神様と考え生きてきた。
太陽や水や風に感謝し、作物の収穫を大地に感謝する。
そういう実質的で地に足がついた生き方をしている日本人に、
目の色も髪の色も違う外国人が突然やってきて、何の実態も
ないような教えを説いて回ったところで胡散臭く思われ、
今で言う新興宗教としか思われなかっただろう。
当時キリスト教が根付いた地域を見ると貧しい地域ばかりだ。
生活に窮し明日が見えない弱いものらを取り込んで行ったのだろう。
しかしやがてカソリックやプロテスタントが拒否されなくなったのは
先進国がキリスト国だったからだろう。そして日本において正統派の
キリスト教が政治や経済に絡まなかったこと、クリスマスやウエディング
などイメージの良いものに関連していたからだと思う。

*No title

バテレン追放令のきっかけは人身売買禁止令。
秀吉は統一政権を完成して、いよいよ平和に向けて政策を練らねばならなかったときに人身売買、乱暴狼藉を止めさせようとあれこれ考えた政策の一つがバテレン追放令。
キリスト教がどうのこうのというより、秀吉は人身売買を止めさせたかったからその行き先の一つとなっていた南蛮貿易の連中を締め出しただけ。秀吉とバテレンのコエリュが人身売買について議論したとき、コエリュが「売るやつがいるから買っているだけだ」と開き直ったことも原因のひとつだと思われる。心証が悪すぎる。

イエズス会本庁も人身売買は止めさせたかったが、現場は貴重な収入源だったようで無視されていた様子。
とはいえイエズス会も戦争奴隷自体は認容していた。現代の価値観ではとても想像できない世界だよ。

なので平和な時代に布教活動していればそれなりに広まったんじゃない?

*No title

仏教が浸透したのは律令国家の成立とともに起った
神道を基礎にした徴税システムの破綻が原因

新しく強力な徴税システムと土地の所有化に都合の良い理由が必要だった所に
仏教という手段があったということ

*No title

よくキリスト教宣教師が奴隷云々を言う人がいるが

当時の日本人も戦で普通に人狩りをして

日本人を売ってたんだけどね。

*No title

君たち歴史をよく勉強したまえ
当時の宣教師は植民地支配の先鞭だ
奴隷として売られた日本人たちもいるし、国内のキリスト教地域では仏教や神道への迫害も多発した
キリスト教を迫害したんでなく、キリスト教の方から他の宗教を迫害したってわけ
それがあって貿易目当てで寛容だった戦国時代から、江戸時代は禁じる政策に転換した
(オランダだけは布教をしないので貿易を許可しつづけた)
そもそも、天皇を中心とした統治システムと相容れないし、仏教ほど変質に対して寛容でもないし
数々の悲劇はあったにせよ、正しかったと思うよ

*

統治者の支配ツールとして取り入れられるか否かが分かれ目ってことか。戦国期、開国期、敗戦後、どの場面でも支配ツールになりそうなのにことごとく失敗してる印象。結構昔から関わってて拒絶感もそんなないのに、タイミングと相性が悪いとしか言いようがない。

*No title

神様? 天国に行ける方法?
間に合ってます(´・ω・`)ナムナム

*No title

日蓮系は仏教の衣を纏ったキリスト教ですけどねw

*

その昔、布教のためにハワイに上陸した宣教師は早々に殺されたとか聞いた事があるぞw

*No title

キリスト教で心が縛られてしまった事に気付いてきたからでは?
愚民政策ですね。
例えば、宇宙飛行士が宗教者になったりするのは、結局縛られた心では受け止めきれない何かを感受してしまい、怖ろしくなって逃げているのかも。
信仰と宗教は違うのもわかってないかも?
にこにこもあらぶるも、なんでもありの八百万の神々を信仰していると、
そこまで困らなかったかも。・・・とか思う。
問題は、幼少時からそこまで洗脳しても、愚挙の収まらない人達。
結局、宗教を利用してる。あるいはキリスト以外の何を求めたらいいのか
わからず暴れてる人達。ムスリムに傾いた白人達とかさ。
道徳の授業くらい受けろっつ~の。地元の等身大の理想像を教えろよ!

*

まあ明治時代には結構な人がキリスト教信者になったけどなw
今まで否定的だったのにいきなり改心し始めたから外国人はビビっただろうね

*No title

「明季の人、其国の滅びし故を論ぜしに、天主の教法(キリスト教)、其一つに居れり。
我国巌に其数を禁ぜられし事、過防にはあらず。幾を知るものにあらざらむには、誰かはこれをよくすべき。
ただその夷(仏教)を以て夷(天主教)を治む。時の権宜には出ぬれども、虎をすすめて狼を駆る、またその畏なきにはあらず。」
(西洋紀聞, 1715年頃)

*No title

村社会で閉鎖的で保守的だから、最初に根付いた仏教なり祖霊信仰なり山岳崇拝の伝統の方が優先されたとかじゃね。
あと日本までは教会の圧力(武力)が届かんから異端認定だとかの社会的死亡宣告が村八分以下の権威しか持たないわけで、地方領主(大名)がそれなりに宣教師保護して貿易権益と結びつかないと広まるもんも広まらんしな。九州長崎でそれなりの規模残ったのはもともと貿易で商人や大名が海外と繋がりを手に入れておいしい思いするためだったし。

*No title

細々とながら熱心だった信者の上に原爆落とされたんだ。
信者が増えるわけないだろう。

*No title

前方円墳のあの形は「神権」を意味し神(エイリアン)が国王などに、この地を治める権利を託したという証。
その形を世界でおそらく初めて神より頂いたのが日本で縄文2万5千年の始まりである。
同じ文様はシュメール、エジプト、ペルー、インカでも見受けられる(日本から伝来したと云われる)
そのような神との契約地である日本において、仏教は親和性が高い。そのルーツはミトラに行き着くからだ。
ミトラが名前を変えミロクとして伝来してきたわけにすぎない。(ミトラの2つ上は神)
一方、後発でありミトラ教の丸コピーであるキリスト教が入ってきてもしょせん偽物なので
詳細な点で辻褄が合わず看破されたんだと思われる。

*

布教させたら奴隷貿易しはじめたんで秀吉が怒って宣教師磔にしたんじゃなかったっけ?

*No title

>逆に仏教はなんでここまで浸透したのか
キリスト教を防ぐために寺請制度を導入したから。
なぜキリスト教を防ぐ必要があったかというと、明朝はキリスト教により滅びたと言われていたから。

*No title

キリスト教も八百万いる神様の1つに過ぎないよ。日本には、たくさんの神様がいらっしゃるから。

あ、トイレの神様に怒られるから今日はきっちりトイレ掃除しないと!

*No title

>日本人って優柔不断だから、態度を決めかねてただけなんじゃない?
日本人がはっきりNOと言うのを避ける傾向があるのは日本人にとって最後通牒の意味が含まれる場合もあるからだよ。
だからあえて遠回しな表現をするのだ。
優柔不断とか勘違いして調子こいてると本当に最後通牒を突きつけられるぞ。

*

ぶっちゃけキリスト教が来る前に仏教が来たのが幸いだったな。

*

民俗学の柳田國男が結構面白いこと書いてたな
宗教の役割を共同体のヨコの繋がり、
祖先信仰のタテの繋がりで果たしてるとか

*No title

奴隷貿易してたんだから弾圧されて当たり前だろが、クソ外人が
インドから東南アジアにかけては植民地やそれ同然の状態だったから、平気で人さらいしてたわけだ

それが武力で制圧できない日本じゃできなかったもんだから、苦労しただの弾圧されただの抜かしやがって
被害者ぶってんじゃねえよ
腐れ外人が

*

結構昔だが凄く悩んでた時期に教会のミサに参加して牧師に相談したことがある
その時は、
どうすればいいでしょう?
→神は許してくれます。祈りましょう。
いや、神とかよくわかんないんですけど…
→神は父親のような存在です。
はぁ、そうなんですか…
→だから神に感謝を示すために、お金を捧げましょう。方法は直接現金を収めるか銀行振り込みの2種類あります
口座はこちらです
(゚Д゚)ハァ?
って感じだった
それ以来行ってない

*No title

聖☆おにいさんみたいなユルさがあれば良かったんじゃ無いかなぁ

*No title

「其天戒を破りしもの、罪大にして自贖うべからず、デウスこれをあはれむがために、自ら誓ひて、三千年の後に、エイズスと生れ、それに代りて、其罪を贖へりといふ説のごとき、いかむぞ、嬰児の語に似たる。
方さに今刑をつかさどれるもの、猶よく其情のあはれむべきものを議して、其罪を赦し宥だむ。其天戒といふものも、デウス自ら誡し所也。自ら其罪を赦し宥むに、なに事のあるべきにや。
いはむや其誡しところのごときも、これをして果を食ことなからむのみ。あやまちてこれを食はむ罪、いかむぞ其食ひしものの、自ら贖ふ事あたはずして、其獄決せざる事、三千余年を経て、デウスそれに代りて、其罪をうくるにはおよぶべき。
たとひデウスは、アダンがために其罪をうくるとも、これを磔罪せし所のもの、これまた誰に代りてか、つゐに其国を滅すには至りぬらむ。
又デウス盡世界の人を溺殺し、ひとり其教にしたがふもの、海中に路開け、また其駕せし所の船、大水に漂ひ来りし所の螺殻の類、猶今にありといふ説のごとき、デウス称じてみづからよく天地人物を生じ養ひて、大公の父無上の君といふ。さらばなど、其人をして、皆ことごとく善ならしめ、皆ことごとく其教えにしたがはしむる事あたはずして、盡世界の人をして、ことごとく皆絶滅せしむるには至れるにや。
たとひまた、デウスといヘども、人をして皆ことごとく善ならしむる事あたはず、皆ことごとく教ふる事あたはずば、いかむぞまた、天地創造の主とは称ずべき。また至愚にして、其教ある事をしらざるもの、何の罪かは深く咎むべき。
しかるをつゐに盡世界の人をして、ことごとく皆絶滅に至らしむる事、いかむぞまた、これを生じこれを養ふ大父大君とは称ずべき。」
(西洋紀聞, 1715年頃)

*No title

世界の紛争のかなり多くが宗教がらみだよね。
みんな「オレんとこの神様が唯一だ」とか「オレらの解釈の方が正しい」とか・・・etc

日本みたいに「神様が何人いてもいいや」ぐらいの感覚なら、そんな争いほとんど起きないのに(´・ω・`)

*

キリスト教徒弾圧とか踏み絵とかあったな。あれはひどかった。
そして今、日本では韓国信者の弾圧がブームでつ。

*No title

>キリスト教も八百万いる神様の1つに過ぎないよ。日本には、たくさんの神様がいらっしゃるから。

アブラハムの宗教のGodと、日本の神道の神は別物な。
これぐらいはいくらなんでも恥ずかしいから知っておこうな。

*No title

> キリスト教徒弾圧とか踏み絵とかあったな。あれはひどかった。
「明季の人、其国の滅びし故を論ぜしに、天主の教法、其一つに居れり。 我国巌に其数を禁ぜられし事、過防にはあらず。」

*No title

奴隷貿易自体はバテレンが日本に到着した時からあったよ。
日本国内でも鎌倉の時代から乱捕り略奪は当たり前だったし、人買いの相手にバテレンが増えただけ。
秀吉が統一する以前に、宣教師が日本人奴隷に耽溺して、信仰を疎かにするとイエズス会本庁が嘆いていたという資料もある。

キリスト教があまり広まらなかった理由には仏教の連中も既得権益を奪われるのではと危機感を抱いていたというのもある。
仏教僧の腐敗を目の当たりにした知識人たちにはけっこう受け入れられていたようだけど、時代が悪かったね。秀吉を怒らせたのもいけなかった。

*No title

>日本みたいに「神様が何人いてもいいや」ぐらいの感覚なら、そんな争いほとんど起きないのに(´・ω・`)

中学生レベルの日本史を勉強してりゃこんな認識にはならんだろうに・・・

*No title

>>そして今、日本では韓国信者の弾圧がブームでつ。
バカじゃねえの?

*No title

戦国時代の宣教師
のコピペ英訳して
誰か4chあたりに貼ってこいよ~w

*No title

日本人は「無宗教ではないw」日本人は「自然摂理の中に古代神道を見出し、物には命が宿る。という考えから「日本には八百万の神々が存在している」大自然の驚異に晒されてきた日本人は「自然災害は神の怒りであり、またその災害の後には豊かな実りをもたらせてくれる事を知っていたから「日本人は自然の流れに身を任せ、春に豊作祈願の祭りをし秋には収穫を感謝し神に祈った。そして仏教もまた「日本人の神道が根底にあり我々が存在するのはご先祖様のお陰であり子子孫孫までも栄えるように、御先祖様をも「祀っている」日本人の死生観にキリスト教徒は根本的に受け入れられない・・「キリスト教徒の信者でなくては救われないという言葉に「日本人は今存在している自分が否定されていてなお、自分達を見守ってきた先祖の方々は救われないことを知った「当時の日本人はキリスト教を受け入れられなかったのだ」「綺麗事ばかりの宗教だからw」
今現在も「日本人にキリシタンは少ない」「日本の神道は哲学だからw」「相容れない訳だよw」神道は「道」と考えた方が分かりやすいかも・・

*

キリスト教にはトラウマがある(´・ω・`)大学のときに就職セミナーに誘われて行ったらそれが韓国のキリスト教だった。ヨハンキリスト教会ってカルト

当時大学生がいっぱい勧誘されてた韓国人信者もたくさんいた。今も日本で活動してるのかわからないけど

*No title

北伝(大乗)仏教はキリスト教(景教)影響を受けているという可能性は
かなりあるんだけどな。本来の仏教にはない一神教的要素がかなり強い。
まぁ日本の場合、その仏教も八百万の神と融合しちまったが。

*No title

もともとは神道と仏教で鎬の削り合いをやっていたところに
キリスト教って明らかにヤバイ宗教が入って来たので
とりあえず表向きは仏教国ということにしたのが寺請制度なわけで

仏教が一線を越えて神道側に侵入してきた場合には
その都度(江戸時代にはちょくちょくあった)分離運動は起ってるんだよね
明治時代に突如として分離したわけではない

出雲大社に戦国時代に尼子氏によって建立された三重塔も
江戸時代前期に撤去されたりしてる

*No title

キリストに改宗 → 自分は救われるが先祖は救えない
仏教 → 問題ない

耶蘇教の神は器が小さいで決着

*No title

9.11の時崩れたビルの中にはいるレスキューの身の安全を祈るために
レスキューに帯同した神父が一番最初に瓦礫にあたって死んでいたのをTVでみた。
神父も災害救助の訓練を受けないと神は守ってくれない。

*No title

日本には自分達で長いこと守ってきた現存の天皇陛下がいるのに
神とかいう異国の架空のオッサンなんか崇め奉るわけないじゃんw

*No title

キリスト教に限らず、一神教は馴染まないよね

*No title

最も余裕だったのが韓国
そこに気付くのも時間の問題だ

*No title

宣教師「イエス・キリストとは・・・」
日本人「スゲー、キリストいいわー。
神様の1人と認めるわー」
宣教師「いや、そうじゃなくて、あのな」
日本人「ザビエル様、バンザーイ。
拝んどくわー、ナムナムナムと」
宣教師「待て、こら待てよ」
日本人「メリークリスマス!」

*No title

チャンコロが私刑を行う世の中を正常に戻すためにキリスト教が広まるかもしれない

*No title

科学を発展させたのは、キリストやイスラムの一神教だけど、いまとなっては、日本みたいな、異種混同の宗教観の方が現代的。

最終的に、自然に感謝するみたいな。

キリストとイスラムの原理主義者は、ただのテロリストだからな。

*

あれするなこれするなって宣教師が教えたら、日本人は「あんたらの神さんは肝の小さいこと言うんだな」って鼻で笑ったらしいからな

*No title

ニーチェの本読んだら、キリスト教の悪口たくさん書いてあった笑
キリスト教は興味無いけど、キリスト教関連の建築は好き。素晴らしいと思う。
でも神社が一番好きだけどね。

*

当時は西洋人が宗教を使って骨抜きにして相手国を支配する手法をとってたから警戒するのは当たり前

*No title

宣教師「はいはーい、異教徒の皆さんは地獄行き確定です! でも、今すぐ改宗すれば煉獄で済むんです!」
宣教師「しかも、あなた達の子供は天国行きに格上されます。いまだけのお得なサービス!」
日本人「ふーん、ご先祖様は?」
宣教師「え?」
日本人「え?」

*No title

宣教師が宗教者の皮を被った奴隷先買い人&スパイ&工作員だということがバレて幕府の怒りを買い禁教になる。
それを見抜けなかった他のアジア諸国はことごとく西洋の植民地に。
昔の日本人は偉かった。

*

キリスト教の根っこにある罪と罰の考えと、これだけが絶対という排外主義が日本人にはあわなかったんだろな。
神道も仏教も弛いし。
信じればハッピーで先祖もハッピーになるみたいだったらたくさんの日本人にヒットしたかもな。

*No title

キリスト教国でキリスト教への信頼が落ちている米が多い。

*No title

キリスト教もイスラム教も、自分がー自分がーってな調子で、我が強すぎてついてけない。 エゴの塊って感じ。

*No title

日本人に生まれてよかった♪

*No title

宣教師が奴隷商人かつスパイだった。
キリスト教の根本的な考え方が合わなかった。

こんだけだな。
しかしコピペはどれも馬鹿っぽいな、イエス=神とか多神教は寛容とかアホなもんばっかだ。

*No title

キリスト教は仏教の劣化パクリだと言われていた。

「...、すべてこれらの説、番語ことごとくに通暁すべからずといヘども、大約その教の由来る所、西天浮図の説に出づ。陰《ひそ》かに其批糠を竊むの説、鐘子が言ひし所、また我を欺かず。即今其説によりて、ヲヲランド鏤板の地図に拠るに、そのデウス降生の地ジュデヨラのごときは、西印度の地方を相去る事遥からず。又其説に、エイズスいまだ生れざる以前、ジュデヨラのみ、デウスの教ある事をしる。この他はことごとく皆仏教を尊信したりといふ。さらば、西天浮図の説、其地方に行はれし事、エイズスが法のさきにあり。今エイズスが法をきくに、造像あり、受戒あり、灌頂あり、誦経あり、念珠あり、天堂地獄輪廻報応の説ある事、仏氏の言に相似ずといふ事なく、其浅陋の甚しきに至りては、同日の論とはなすべからず。」(西洋紀聞, 1715年頃)

Wikipediaの「仏教とキリスト教」も参照。

*No title

そもそもキリスト教の布教っていう
白豪主義的な押し付けがましさ何なの?
結局宗教だからマインドコントロール下に置きたいってこと?

*No title

教科書にも載せろ奴隷貿易で日本に来ましたあ

てな

今はイスラム基地外 がHOT 会いつられらが得ろ本持ち込んだり仏像立てたりしたら○すくせに
モスク立てないのは差別だとか基地外だからな
勝手に入ってきて名 欧州でやってること見たら糞杉 ハーフの奴は苦労するだろなそれとも俺らが○されるか
生まれた時点で有無を言わさずムスリムやめたら死刑 結婚するなら強制的にムスリム こんな基地外宗教が

モスク勝手に立ててんだからな 観光目的に日本人が作ってんの葉数個だぞ後はイスラムが勝手に作ってんだけど

*No title

巨大な墓や下僕などなくとも、私達は世界の美しさと残酷さを知ることができる。
私達の神は一枚の葉や一匹の蟲にすら宿っているからだ。 ─風の谷の ナウシカ



*No title

そら仏教の宗派の一つが布教することに限界を感じて「南無阿弥陀仏さえとなえりゃぜんぶOK」って言いだす始末だし。神道にいたっては万物すべてに神が宿るとか言いだしてるし。カオスすぎるんだよ。

*

キリスト教に限らず、宗教に熱心なのは過酷な土地や荒んだ土地だったり心が弱ってたりと基本的に悪い場所にしか根づかない。
奴隷貿易のほかに、神社や寺を焼き討ちにしていたしね。
宣教師は植民地化のための尖兵だったし。
オランダ人が日本人は自分達を見下す、なぜなのかきいたら奴隷なんぞを嬉々としてつれ回すからと。外人にたいして不信感持つのは仕方ないな。

*No title

あっちの宗教ってうさんくさいんだよね
魔女狩りで火あぶりとか異教徒は皆殺しだーヒャッハーとかやってたんでしょ

*No title

キリスト教の布教を認めなかった事は正しい判断だった気がする(弾圧で命を落とした人達は勿論気の毒だけど)。
まぁいくら広めようとしても国民すべてには多分馴染まなかっただろうな。元々この国とは相容れなかったと思う。

*No title

一部のキリスト教徒の
「キリスト教は唯一絶対の正しい宗教」
という態度には辟易させられる

*No title

結局、欧州もキリスト教に上書きされて、いろいろ祖先の大事なものを失っている気がする

*No title

多神教だから、絶対の唯一神は受け入れ難いな。
大幅に譲歩しても、超高位の強力神キリスト位になって独自の進化をしてしまう

*No title

おりしも、今日は19年7ヶ月周期で新月と冬至が重なる日。
伊勢遷宮の周期の初めになったと言われる朔旦冬至。
天照大御神の再生

そして、明日は天皇陛下誕生日 天長節
おめでたい。

この日本に生まれて感謝しています。
八百万の神様がおわす日の本に。

*No title

向こうの宗教は苛烈というか極端すぎ
信仰心なんか強制的にもつもんじゃねえだろ
信じたい人が信じれば良いだけ
でもそれを他人に強制するな

生まれ、生きてきた環境って物凄く大事だよなーと
こういうの見て思うわ
多分西洋に生まれてたら当たり前のようにキリスト信仰してたかも
日本の曖昧さや大雑把ぶりが好き
八百万、全ての物に神様が宿るという考え方が好きだ
つか宗教戦争とかバカ過ぎ本末転倒
救いの手段で争い起こしてどうすんだよwwww
オマエラたたえてる神様がそうしろっつったんか?
それを望んでるんか?
聖人がどんなに説いたってそれを広めるのがただの人間なら
人間の汚い部分混じるわな

*No title

宗教は金儲け!宗教は支配の道具!という一面は確かにあるんだよな。
それはそれとして、宗教は人々の幸せのため、心の安寧のためという一面もあるんだろう。
じゃあその点を考えてみると、日本のキリスト教徒って幸せなのかね?
まぁ主観的には幸せで、それでいいのかもしれないけど、はたから見るとそうでもないし、だからこそ日本では流行らないってことじゃないかな。
キリスト教って根本的に貧者・弱者の宗教なんだよね。不遇だけどもそれがいいんだ!神の教え通りなんだ!っていう開き直り、あるいはやせがまんの宗教。
キリスト教が入ってきた頃、その辺はすでに一向宗がカバーしてたってのも大きいのかね。

*No title

>それでもザビエルさん今でも好かれてるんだよな
>日本人は不思議だよな

ハゲに優しい国家なんだよ

*

比叡山の例にもあるように、宗教団体が政敵になる事を秀吉はわかってたんだろうね

*No title

信教の自由のある現代でもキリスト教はたいして広まってないのだから
日本人の死生観とか道徳観には元々合わないんだろうな
皆もコメントで言ってるように八百万の神を祭る多神教の方が肌に合って自然な感じなのだろう

*No title

「キリストは白人じゃねえよ」って言ってるやつは文盲なのかね?
「白人の神様」ってのは「白人たちが信仰している神様」って事だよ。

*No title

まず奇跡とやらを目の前でみせろ、口だけで他人の考えを変えさせようなんて横着しすぎ

*No title

賢かったというよりは
キリスト教がすばらしいという宣教師自体が口で言うほど素晴らしくなかったから
民衆に「信じるほどには値しない」とされたのでは

*No title

キリスト布教→農民を洗脳してクーデターを起こさせる→国が内部崩壊した隙に侵略

これが基本的な奴らの植民地の増やし方だからな
日本はこれがわかってたからキリスト教を危険視した

秀吉と家康は天才や

*No title

隠れキリシタンだって先祖伝来の生活習慣だったから居ただけで、開国してからは減る一方。
根本的に合わないんじゃないの。

*No title

>アブラハムの宗教のGodと、日本の神道の神は別物な。
これぐらいはいくらなんでも恥ずかしいから知っておこうな。

いや、あんたに言われなくても知ってるし。常識だし。神の訳語はGODじゃないし。神の訳語はKAMIだし。

*No title

宗教が悪いとは思わないが、薬も酒も飲みすぎると毒になるように、バランスが大事なんだよ。

*No title

イエス様と言われてもピンとこないwww

やっぱり、観音菩薩とか天照大御神とかのほうがしっくりくるwww

*No title

キリスト教には興味があって色々調べた時期があったけど
信仰しようとは微塵にも思わなかったな。
独断的なあの教えは馴染まないんだよ、日本人には。

*No title

日本には、外来宗教に匹敵する精神世界がすでにあった。
それを誇りにするべきだろう。

*No title

ちょっと宗教について勉強して「キリスト教のGodと日本の神は違う。恥ずかしい。中学生じゃないんだから」なんて言うのはよしなさい
そういう発言が一番恥ずかしいし、中学生みたいだ

*No title

宗教は支配への詭弁。
乗っ取りと搾取の手段なのは、いまのカルト宗教と変わらない。

*

>白人の神様
神様が白人の意味じゃなくて、白人達の(信じる)神様って意味じゃねーの?

*No title

日本は八百万の神の国

キリストさんも日本に来ればその他大勢だよwwww

*No title

キリスト教が日本の土壌に合わなかったんじゃなくて、秀吉、家康が意図的に排斥したんだよ。

*No title

宣教師が論破されたんだよなwたしか
矛盾を突いてきて宣教師も心が折れたとかいう話じゃなかったっけ?w

*No title

人間も自然の中の一部、という考え方が根っこにあるからだろうなぁ。
「人間は神が自ら作りし選ばれた存在」「いつか人間は永遠に生きられるようになる」という教えじゃあ、
厳しい自然災害から生き抜いてきた日本人に論破されるわな。

*No title

自然災害で一度に大勢の人が死ぬ国だから、神は我々を救わない、ということが分かっている。
それよりは怒ると災害をもたらす神々を、怒らないようになだめすかしているほうが性に合う。

*No title

キリスト教は弾圧されたから広がらなかったって
これはそういう話じゃなくて、宣教師が布教の際に
苦労したという話だよね

*No title

神は一神にあらず ここが砦となる

*No title

ニーチェの本読んだ時、キリスト教は、支配層や特権階級が愚鈍な民衆をコントロールするための手段だよって書かれてたよ。


それ以前に、肌感覚としてキリスト教の考え方は日本の風土気候には合わないよ。

ヴェルサイユ宮殿など海外の庭園と日本の庭園を比べてみればよくわかる。庭園の違いは人生観の違い。

価値観が異なり過ぎる。

*No title

それにしても仏教の葬儀費用
何百万とかかるのなんとかならんか?

*No title

一番の問題は言葉の違いだろ、国内でも方言の違いは大きいし
宣教師が布教するのに通訳を複数挟まないのに意訳ができないとか

*

日本人はキリスト教よりもカステラが好きなんです^^

*No title

南都六宗に代表されるように日本の宗教は討論好きで、
その説法を聞く民衆も論理的(not科学的)に宗教の話を聞いていた
だからキリスト教の説法の中で矛盾点を見つけると民衆はツッコミを入れてきたし
僧はバチバチに矛盾をついて叩きのめした。
なので日本にきたキリスト伝道師は本国に学のある人物、さらにいえば東方の文化に詳しく
ある程度キリスト教を現地にあわせて説法できる柔軟性のある人材を要請した。
そういったキチンとした伝道師の話を聞いた人は熱心なキリシタンに転じることもあったが
東の蛮族と舐めてかかってきた伝道師はけんもほろろにされた。
しかし後者の伝道師が自分たちの非を認めず、あまつさえ蛮族に合わせて語る前者を異端として叩き
日本人を奴隷として輸出するなどの行為を率先して行ったために、キリスト教は危険視され追い出された。

*

農民に論破される宣教師なぞ、誰が敬うかね
第三世界のつもりで、知識を教えてやるから、俺達を敬えとかやっても、無駄ってこった

*No title

信じる者は救われる。
すくわれるのは足元だがなって四次元殺法コンビが言ってた気がする。

*No title

ほとんどの人は仏教+神道って感じじゃないかな?
宗教っていうよりは日本人の生き方・価値観のベースになってるんだよ。
日本で生まれ、日本人として日本の文化で育てば自然とそうなるものだ。
そんな中でキリスト教を信仰する人のほうが理解に苦しむね。
実際にキリスト教徒の日本人に会ったことはないけど、TVで見た時にすごい胡散臭く感じた。
時代劇に出てくるキリシタン見ても違和感バリバリだしww

*No title

>既に他の信仰があったからでしょうか?
>来るのがもっともっと早い時代だったら広まったかもしれません

いやいやいや
キリスト教国の殆どは元々別の信仰があったってのw

*No title

日本は長いこと多神教があたりまえだったから一神教が馴染まなかったんだろ
それに結構いろんな神様を日本の神様に融合してるよね
七福神とかもはや日本の神様だろ

*No title

叡山の学僧連中にことごとく論破されて、えーんって泣いちゃったんだよな

*No title

みんな神道が素晴らしいって言うけど、じゃあ神道って何?その教えの本質は何?


Wikipediaに頼らないで教えることができる人って、どれだけいるの?純粋に疑問なんだけど。

*No title

>神道が素晴らしいって言うけど、じゃあ神道って何?その教えの本質は何?

神道の教義というのは別にないと思うから答えられないが、穢れを嫌い先人を敬い自然を畏れ愛し豊穣を祝う
その生活に豊かさをもたらす原始的なよろこびにあると思う
神道の素晴らしさは、出雲の国譲りに代表されるように、日本には元々地方ごとに神格化された有力者がいたんだが、それを宗教戦争という形をとらずに八百万の御柱という概念でうまく統合して和した歴史にあるんだと思うよ

*No title

>ちょっと宗教について勉強して「キリスト教のGodと日本の神は違う。恥ずかしい。中学生じゃないんだから」なんて言うのはよしなさい
>そういう発言が一番恥ずかしいし、中学生みたいだ

おっとその中学生以下の知識の奴もいたか
しかもその無知を恥じないと来てる、まかり間違ってもここのコピペなんかようつべなんかで外人に説くなよ
ホンモノの日本の恥になるからな

*No title

たとえばモーゼがエジプト出国を王に要求する際に、疫病を流行らせたり王の子を呪い殺したりしてるな
まるっきりテロリストの所業だが、こういった悪逆非道を「神の御業」とか「神の使途のやることは正義」
とは思えなかったのだろう
そんなこと神様がしていいの?という問答をずけずけと突きつけたのじゃないかな

*No title

神道は、祭り(祀り)ごとを行うけど、なんか海外が言うところの宗教という枠組みには当てはまらない気がする。
宗教というより、日本人の生活そのものというか、生き方、考え方、ライフスタイルって感じ。
だから、自然に日本人の人生や習慣に組み込まれているものだなって気がする。湯船につかるのもアジアでは日本人だけだし、神道から来てるでしょ。 色々と意識しないレベルで神道の息吹が感じられる。そんな感じで、日本人はいつのまにか神道とともに生きているっていう存在の仕方だと思う。 
外国の宗教みたいに、布教とか、改宗とかいう言葉が神道には当てはまらないし。

*No title

震災の時、外国人に日本人は無宗教な人が殆どなのにどうして助け合ったりちゃんとしたりできるの?って聞かれたけど、
逆に宗教の教えが無いと外国人は助け合ったりしないの?って思った。
近所の人達と助け合ったり、列に並んだり、拾ったお金を届けたりって宗教がないとできないものじゃないから(笑)。

*No title

お天道様が見ている っていう発想は神道から来てるものですか?
私、結構この考えが体に染み付いているんですけど。元々はおばあちゃんや親から言われたものだけど、それは神道由来なのかなって気になりました。

*No title

神道は開祖もいないし教義もないから宗教というより文化だわな。
仏教も個人名を冠する宗派以外は神仏習合のせいでそれに近い。
教会が神社みたいに気軽に入れてアーメンて出来るようならば違ったかもな。
まあ唯一神という概念があるんじゃ難しいか。

*No title

神道が素晴らしいというより、遠くに住む人々に神の教えを説いて幸せにするために
わざわざはるばる大海を越えてやってきたなんて話は普通は信じないだろ
生きるために必要なものを獲るためにちょっと船を出すだけでもえらい大変なんだから

*No title

最初の訳が意味不明

*No title

キリスト教の神って人間を救ってくれるヒーロー(救世主)、擬人化された神って感じで、
日本人の考える神様のイメージ(人知を越えた存在、畏怖の対象、人間と共存している)と大分違う気がする。
日本の神様は人のかたちじゃなくてもいいし、沢山いる。

*No title

一神教のカルトなんてお断りだろう

*No title

イエズス会だけならヤバかった
スペイン人がアホで鬼畜で助かった

イスラムもキリストも武力が背景の布教だからね
日本の権力者がキリスト教を否定したのが大きいよ
日本人の良識なんて無関係  農民も職人も殆どが無学だぞ

*あ

これってザビーの心が折れて、ローマ法王に『日本での布教無理。質問責めにされる』って泣きの手紙を出した件のこと?

*No title

神道ありますから
自然から産まれて自然に帰る

神様の機嫌ひとつで決まるとおもってません

*No title

>農民も職人も殆どが無学だぞ

時期的に違うんだな
キリスト教伝来が鎌倉仏教で仏の教えがいっきに庶民化したあとだったし
怱村やら民衆の自治にも意識がたかまったあとだったから

*

キリストが白人てwww

*No title

昔の話しだろ。
今は受け入れ過ぎて多神教の国に
なってるんじゃね。

*

キリスト教もユダヤ教もイスラム教も基本砂漠で生まれた宗教だから厳しいことを信者に求める。厳しい土地で生まれた宗教だから。
あとキリスト教じゃなくキリスト教徒がクズ過ぎたからイエス・キリストが被害被る。
七つの大罪犯しまくる奴がキリスト教。
イエスも泣いてるだろ。植民地化のための道具にされるし

*No title

キリスト教の布教が活発な平戸では、キリスト教に改宗したキリスト教徒たちが仏教の寺や墓を打ち壊して、入信しない連中とずっとトラブっていた。
やがて不満は高まり仏教徒たちが暴動を画策するまでになった。
暴動計画を知った領主の松浦隆信は、布教していたヴィレラ宣教師を追放して暴動を治める。
しかし、キリシタンvs仏教徒の火種はくすぶり続けた。
そんな折、日本側の商人と南蛮商人の商取引きが折り合わず、殴り合いのけんかが始まる
見かねた武士が仲裁に入ったが、南蛮商人は日本商人に加勢したと思い込み、船に戻って武装して日本商人と武士たちに襲い掛かった。
これがのちに言う「宮ノ前事件」である。

キリスト教信徒はこのテの事件をあちこちで起こしていたんだろうな。
今風に言えば「テロリストの宗教」って認識だったんじゃないの
戦国時代のキリスト教ってさ。

*No title

勧誘に熱心な宗教なんてどれだけ歴史があろうが高尚な心持ちだろうがカルトだと思っていいと思う。
人は必要な時は自分で辿り着くもんだ。押し付けるな。

*No title

ほぼどんな宗教も、人が人を説得する。しかも神様の代弁という胡散臭い権威を身にまとって。

だから、どうしても人間の順位付が生まれ、欲望と支配が入り込んでくる。

教義も実態もなく結果自然と対峙し、詰まりは自分の心や行いと向かい合う神道こそ日本人の中心にあって欲しい緩やかで穏やかな信仰。

*No title

そもそもキリストって白人か?

*No title


“隣人”を愛せよ → んムリっす!!

*No title

日本は宣教師の墓場?
いやいや、根付いてじゃん
今週は年に一度ケンタ食べる日だしなw
近所の神父さんは毎年初詣の神社で会うぐらい
日本に馴染んでるぜw甘酒大好きなんだってよ(^^;

*No title

神道のトップであるものよりも、現世のトップである支配者階級よりも
更に上の立場もってきてその名のもとに好き放題してたら
そりゃ支配者側怒るわな弾圧するのも当然
結局のところ根拠地たる場所から離れすぎていて武力制圧しようにも
お互いに手が出せなかったというだけなのが真実と思われる

*No title

もっと寒いとか土地がやせてるとか環境的に厳しくて
仏教と同程度、あるいはより早く伝来して
天皇を否定していれば、キリスト教の国になってたかもね
それを日本と呼ぶかはわからないけど

*No title

> お天道様が見ている

いいよね、この感覚。

*No title

>色んな人の色んな考え方があるっていうことが分からないキリスト教がバカすぎる

ですよねー

*No title

ザビエルが好かれてるんじゃなくて、教科書に必ず載っててザビエルハゲが印象深いから皆覚えてるだけでしょw

*No title

キリストは日本でクリスマスっていうガキと恋人の為のお祭りを開く恋愛成就の神様になった
それでいいじゃん

*No title

すごいな、世界にはまだキリストが白人だったなんて信じてる阿呆がいるんだね

*No title

白人の定義って何だよw

アラブも白人に入れて良いだろ。金髪碧眼=白人なのか?
三銃士の著者はモロに先祖に黒人の血が入っているが白人扱いだよ。白いからな。

*No title

キリスト教を弾圧した秀吉は偉かったよ
当時の宣教師は植民地にするための先兵だったのだし

*No title

その辺の一般人にまで問答責めされて信念を失うってのが布教の信念を失うどころかキリスト教の信念すら危うくされる惨状だったからな

*No title

宣教師  『全知全能の神はこの世を無から作り上げたのです』
日本の農民『じゃ今オラが蒔いてるこの種はどこから来た?』
宣教師  『え?』
日本の農民『え?』

宣教師  『神は全知全能なのです』
日本の農民『ならこの世に不幸も悪人もないはず』
宣教師  『え?』
日本の農民『え?』

宣教師『法皇様へ。私は日本で信仰心を失いそうで怖いです(涙)』

*

南都六宗から鎌倉五山の僧徒もほとんどが無法者だったんだけどな。
比叡山や高野山の天然要塞に数千人から一万人も常駐していた僧兵たちは学問などせず剣術、槍術ばかりの軍事訓練に明け暮れて京や奈良の街で乱暴狼藉。

秀吉がキリシタン禁止令を出したのが正解なら、信長が叡山を焼き討ちし一向宗を弾圧したのも正解ではないのか?

家康が天海僧正と組んで檀家制度を作り葬式仏教として仏教の集金制度を今に残したのは愚策ではないのか?

オウムも幸福もS価も仏教だ。

*

キリストは黒人なのか?黄色人種なのか?
白人だろ。エジプト人もアラブ人もペルシャ人も黄色人種ではなく白人に入るだろうが。
ハム族セム族は黄色人種なのか?

*

日本にキリスト教徒は1200万人いると言われていますね。国民の10人にひとりです。
著名人にも多いですよ、故大平正芳首相、作家の故遠藤周作、プロレスラー故ジャイアント馬場、芸能人、文化人、スポーツ選手など数知れずたくさんおります。

*No title

キリスト教が苦戦した理由は大きく分けて3つあると思っている。ひとつは布教にきたタイミングそしてもうひとつは、昔のキリスト布教は、邪な付帯物が多過ぎて邪魔をしてしまったこと。そして最後に日本には、土着信仰とその親玉格である神道と仏教が融合した日本教が存在していたことだよ。日本教は他の教えを吸い取って進歩する宗教。仏教は旨く日本文化を否定らづに布教し吸収された。
現代においてもキリスト教が思った以上に進まないのも日本人が既に日本教という宗教を侵攻しているからだと思う。
おれ自身もエホバだの何だのと複数の話を聞いたけれども、共感も説得されることも無かったよ。逆に上から目線で反論してやろうと思う気持ちの自分がいたしね。
つまり日本人って無意識のうちに生活の中で○○道とか行って複数の教え哲学を作りながらうまく宗教をの教えや習慣を取り入れて日本人独自の宗教観を作り上げてしまっているんだとおもうよ。

*No title

まぁ、キリスト教でも、イスラム教でも日本人は
それを「至高だ、邪悪だ」とかは思わないけれど、
結局、元コメにもあるように、
既に神道的な感覚と、仏教的な理念が上手くミックスを
してしまっていた日本の土壌には
入り込む隙間がなかったっていうのが本当の所だろうね。
第二次大戦の後の様な状況では、
世界の何処でもキリスト教の様なものが入り込み易そうな
環境にある様に思えるけれど
日本ではその状態でも、あまり一般には広まらなかったのだから
余程、土壌的には別の状態にある世界だと言っても良いだろうね。

*No title

アホか、本当に全知全能なら悪魔なんか簡単に消せるやろ
それ以前に悪に染まる未来が予知できるんだから
そもそも悪魔自体が存在せんわな

*No title

要はたかだか1/800万にすぎないんだから、デカい顔すんなってことだ。

*No title

>単純に、西洋の宗教は「これを信じなければいけない」みたいに固定しようとするから日本の土壌には合わなかっただけなんじゃないかな?

豊臣秀吉は、最初はキリスト教を許そうと思っていた。
ただし、大名による領民への強制は禁止って形で。
ところがこれについてキリシタン大名に意見を聞いてみると、それはできない、キリスト教は唯一神で、唯一の救いの為に他者に布教するのがデフォだから、って答えたもんでこりゃ弾圧しないとヤバいってことになった
という歴史講義をニコ動で見たな

*No title

信長、寺社勢力の世俗への関与を弱めるためにキリスト教を許可。宗教には興味なかったが、西洋の合理的思考方法や文化に興味を示す
秀吉、西洋文化には興味示したが、宣教師たちが日本人改宗者を奴隷として売買してる事実を知り激怒、以後布教を禁じた。
家康、海外でキリスト教が布教された国が植民地化している事実を知り、キリスト教の信仰を完全に禁じた。布教をしない約束をしたオランダとだけ出島で交易することにして鎖国政策をとる。後の天草の乱後、さらに苛烈にキリスト教を弾圧した。

国体がしっかりしててキリスト教の布教が十分されなかったタイと日本のみが植民地化を免れた事実はけっこう重い。単に国体が弱っててキリスト教関係なく植民地化された国も多いが、宗教がはっきりしなかった国をのっとるために利用された面があるだろう。西洋=外敵⇒キリスト者=ナカーマという感じで国内を分断して抵抗を弱めるということ。

*No title

秀吉ってやっぱ頭いーんだな。

*No title

>当時の日本人も戦で普通に人狩りをして
>日本人を売ってたんだけどね。
ないない
奉公制度ならあった
借金さえ返済できれば自由の身になれた

西洋の奴隷制度は一生奴隷

*No title

戦国時代のすぐ後にEUのあたりじゃ30年戦争があった訳だけど、それってカトリックとプロテスタントの宗教戦争な訳だよ。
もう無茶苦茶な魔女狩り的弾圧をカトリックはやっちゃってる訳で。
そういう情勢見越してバテレン追放令なんかを出したのは本当に慧眼。
主に禁止していたのはカトリックだからな、オランダとかが出島貿易できたのはカトリックじゃなかったから。

*No title

女児への性的暴行で逮捕された”エロ牧師”金保容疑者(61)の寝室には、
無数のバイブレーターやバイアグラが散乱した、まさに狂気のさただった。
京都府警によると「金容疑者の寝室には、無数のバイブがあちこちに散乱
していた。それも、各バイブには性的に辱めた少女たちの名前が
書かれていた」という。

*No title

>>僕はキリスト教の家で育ったけど、今思うのはキリスト教なんてただ人をコントロールするためにあるだけだなって感じるんだ 日本人は最初にそのことに気づいていたんだよ

全くその通り。宣教師に言われるがままにキリスト凶を受け入れた国は、民度が低いとしかいいようがない。
そりゃフィリピンやラテンアメリカ諸国のように、全て奪い尽くされる訳だ。

*No title

> キリスト教徒弾圧とか踏み絵とかあったな。あれはひどかった

バカかお前は。最初にキリスト教宣教師が日本人を人身売買してたから排除しただけだ。
加害者のくせに被害者ぶるなキチガイ。

*No title

>>韓国を見たらよくわかる 彼らはキリスト教の精神のせいで、自分たちの文化やアイデンティティを失ってるよ

ウリスト教=統一教会だな。韓国にはキリスト教を跳ね返すだけの文化的高尚さがなかった。
キリスト教の「自分さえ良ければいい」 という考え方が韓国人に合ってたのもある。
ウリスト教=統一教会に完全支配されてる韓国は、もはや欧米キリスト教諸国の玩具。

*No title

神式でも葬儀はできるんだよ
日本では穢れを嫌うから葬式は仏教ってなぜか棲み分けが出来ちゃってるけどね
地獄がある仏教はやっぱちょっと陰気ではある
神式はあっけらかんとして線香のにおいもしないし清々しいよ
悲しいのは一緒だけど、みんなあの世で神様になって、坊主にすがらなくても地獄で苦しまなくていいっていう安心感がある

*No title

戦国時代に武士の間でキリスト教が広まったのは、主に火薬を買うために宣教師と奴隷と引き換えに取引でそうしただけで、心からキリシタンになったわけじゃない
武装してた生臭坊主の比叡山を焼き払った織田信長と同様に、武装するために似非キリシタンになった敵を懲らしめ、火薬を勝手に売らないようにキリスト教を取り締まった豊臣秀吉
宗教弾圧などではない、武装したテロリストの掃討のためである

*No title

来るのが遅すぎるよね
仏教伝来と同じころにきてたら、日本はまだ統一されていなかったし、大陸からの移民が大量に来て治安も悪化していたため、識字率も低かったから、広まったかもしれない
安土室町時代にはある程度の科学力も有していたので、伝来した火縄銃をたった2丁からあっという間に大量生産することができた(他のアジアなどの大陸などでは買うだけで作れなかった)

ただ、たくさんの仏様がいる仏教と違って一神教はやはり日本ではなじまなかったかもしれない
日本古来の神道は穢れを嫌い、罪を犯した者には必ず罰が当たるとされる
キリスト教では信心すれば罪は許されるという
そのため、明治以降などは軍人や政治家に信者が増えた
それだけ罪深い仕事ってことだね
仏教も血生臭い武士を中心に広まったのは、救いを求めていたからだろう

日本の神さまは何も言わないけど、誰より厳しいんだよ、罪は許さないんだからさ
無口な頑固おやじみたいなものだね
キリスト教とかは過保護で過干渉な親って感じ
前者の子供は、これをしたら怒られるかな?とその都度考えるので何度も失敗しつつも大人になると善悪の判断がつくようになる
後者の子供は、思考停止し、親が言わないことはしてもいいんだと自分勝手に考えたり、謝れば許されると舐めて罪にたいするハードルが低くなる

*No title

キリスト教には萌えがない
神道には萌えがある
天照たんきゃわわ

*No title

日本では個より集団(家族)を重んじる
だから宣教師がいくら信心すれば天国に行けると言っても、そこにおっかあやおっとうはいないなら行かないと反論する
慌てて後付で、改宗すればご先祖様たちもまとめて天国に行けますよとささやいても、ご先祖様に無断で自分の勝手で変えられんと突っぱねる
お墓の管理はちゃんとしないといかんし、檀家としてお坊さんとの付き合いもあるし、村のみんなと同じところがええねんて感じで、そうそう受け入れない

だいたい神様は人間のために動植物をおつくりになったっていうキリスト教の傲慢さは日本人の感覚では受け入れられないよ
地震大国だし自然災害多いし、自然は豊かで力強い
自然とともに生きるというのが当たり前の感覚だから、西洋人の自然は征服できるという考え方とは相いれない

*No title

当時キリスト教は未開国を侵略するという傲慢な西洋の道具であったからね
最初は日本も布教に何も言わなかったがキリスト教宣教師に洗脳された大名に
反乱を唆してる事や人身売買で日本人女性等を国外に連れて行った事が秀吉に
知れると危機感を持って徹底的に弾圧される事になる(当たり前だけどね)

*No title

キリストさんもいっぱいある柱の1つだからな

*No title

マリア様がー
あぁ阿弥陀如来様のことですね。
デウス様がー
あぁ大日如来さまのことだね。

どんな神様が来ても既存の神様に変換されるか
魔改造受けるから
宗教を道具にしてる側としてはやりにくいだろう。
排斥というよりブラックホールみたいなもんだ。

*

ファンタジーをどう信じろと

*No title

フランシスコザビエル曰く
「精根尽き果てた、自分の限界を試された」

日本の場合は仏教も、キリスト教も、イスラム教も政治的な目的で取り込んだだけで庶民の絶大的な信仰まで行かなかっただと思うよ。
仏教も皇室は受け入れて神仏一体で取り込んで国民がそれに習っただけだしw

カルト化した仏教徒は創価学会やオウム真理教ような反社会的な存在になっているだけだし。
それはキリスト教もイスラム教もカルト化したら同じようになっている。

日本人はそのような宗教の目的である救済的な押し付けを受け入れる必要としなかっただけ。
それだけ日本は精神面や文化面で豊かで高度だった為だと思う。

*No title

これ冗談じゃなくて真面目に先人たちに感謝すべきことじゃね

*No title

信じないと地獄に落ちるなんて凄い事言う宗教だからね。キリスト教ってのは。
仏教も天国と地獄っていう概念があるけど、当人が悪い事したら地獄っていう理解できる範囲。
キリスト教無理だわー。
信じないと地獄に落ちるってのなら日本の先人のほとんどは地獄に落ちたわけだ。
俺だけキリスト教の言う天国に行くのは申し訳ないわぁ。

*No title

キリスト教には嘘があるよね。「人は生まれながらに罪を背負っている」なんて嘘っぱちだよ。人に罪悪感を持たせると人を心理的に束縛出来ることをキリスト教徒達は知っていて、信者を自分達の言いなりにして洗脳するために原罪というアイデアを思いついた。

*No title

英米「私はキリストを信じ神に守られてます。有色人種を差別し、侵略し、搾取し、奴隷にし、領土を奪いました。私達は神に守られてます」

道徳・倫理って何かね?

*No title

外国人は、あまりご先祖様m(_ _)mという気持ちにならないんじゃないかって気がしてる。
そこら辺は、日本人の感覚と合わないよね。

*No title

来世も日本人に生まれたい。
神様、仏様、ご先祖様、よろしくお願いします。

*No title

悪いことをするとバチが当たるのはマジ本当。
家族にヒドいことを言ったことがあり、結局言った本人(自分)が一番傷ついた。
お天道様はちゃんと見てるよ。

*No title

えーこれ嘘じゃない?
中国人の方が無神論現金主義で現実には不可能なんじゃない?
ご飯は食べに来るけど、信じるどころか宣教師を食べたり、滅茶苦茶だったのを黙っていただけでしょ。
韓国もご飯食べに沢山来るけど、韓国人に都合のいい解釈に変えて、勝手に布教活動して、逆にキリスト教を貶めているジャン。
キリスト教が本当に問題にするべきなのは嘘を教えるウリスト教と中国人じゃない?
あちらのが害が大きすぎると思うが。


*No title

日本人の少女がマムコに穴あけられて、鎖に繋がれて売られていた。
火薬一樽につき何人かは忘れたが、戦国時代のキリシタン大名は、日本人を奴隷として売っていた。

*No title

キリスト教ってのは、科学の発達してない時代に作られた、世界の成り立ちを説明するための原始的な宗教。
日本にはそのための神道があったし、哲学的に発達した仏教もあった。
日本にキリスト教が広まらなかったのは、すでに社会学が発達した文明的な社会には原始的な宗教は要らないから。
八百万の神様のなかの1人としてなら受け入れられるけど、「これ以外は認めない」なんて言われちゃ反発するしかない。

*No title

宣教師のくせに奴隷売買をしていて、かなりの日本人も奴隷として売られていった。今でもそうだが、欧米は言っていることとやっていることが違うじゃないか。こんな事をいつまでも許す方がおかしい。その点だけ見ても、秀吉や家康は賢かったし、よくやったと思う。

*No title

「神様、仏様、稲生様っ!!」日本人の必死さがあふれた祈り方。「イエス様っ」はお呼びでないらしい。

*No title

キリスト教の家の友人がまた初詣に誘ってきたよ・・・

*No title

キリスト教の母を持つために教会いかされたけど、どうしても不思議な事がある
キリスト教のもともとの神は信者相手にブチ切れるほど偶像礼拝が嫌いなのに
マリア像はOKなのか・・・?

*No title

舶来物は美味しい所だけ頂きますから
邪魔な部分はポイーで

*

個人主義のキリストと集団主義の日本人
合わないのは当然

*No title

マリアは造物主である神に次ぐ別格の聖人という都合のいい解釈

*No title

当時の日本人は百姓などの一般人レベルですら
「まりあ様・・・?知っとる知っとる菩薩様のことじゃろ」
「いえすきりすとってのは如来様のことだな」
と否定するのではなく、そのまま吸収したり、解釈するのでキリストの教えなど広まるわけがない

*No title

そもそも一神教のキリスト教にとって異教の神は滅ぼすべきもので実際結構な数異教弾圧で滅ぼしてるからな
その中でも多神教は根本から完全に相容れないのよ
何せ神が複数でどちらが本物の唯一神か?でなくそもそもの神の定義が違うから
結局ゴットと神は別物ってことなんだよな
そこに何とか平和的に広めようとしても無駄なんだよ普通に数多の神の1柱にされるだけ
そして裏でこそこそ人さらいとかやってたらま~当時の日本のトップがブチ切れて逆に弾圧するわな
キリスト教は仏教のようにはなれなかった
溶け込む前にやらかして逆に排斥されちゃった
そもそもキリスト教の教えって精神弱い人だと逆に堕落すると思うんだよな
とにもかくにも神様助けてになって
日本人には合わない

*No title

フランス人だったかが、3.11のときの日本人(被災地や東京の人たち)をみて
「日本人ひとりひとりがキリストに見えた」って言ったのは、
キリスト教徒にとっての最高の賛辞なんだとか。
日本人一人ひとりがキリストに見えるくらいのことを、つまり、
西洋人からしたらとても真似できない立派な行いを当然のようにできた日本人には、
そりゃキリスト教なんてわざわざ入信する必要なかったんだろうな。

*No title

△個人主義のキリストと集団主義の日本人

○ 利己主義のキリスト教と利他主義の日本人

*No title

日本人が優柔不断でこれだけ発展できたのならお前らも優柔不断になれば発展できるんじゃねw
人の見る目浅いよな。

*No title

植民地支配と布教が常にセットだったということだけ見ても、キリスト教がどういうものかお察しだな

*No title

まぁ実際問題キリスト教は地球の文明を千年停滞させてる。
キリスト教がなけりゃ人類は今頃火星に版図を広げてたよ。そんくらい害悪。

*ヨハネ伝


ヨハネ伝 第八章 44
(要約)ユダは悪魔(異教徒)の子供だから殺してしまえ
なんてね。

*No title

その時は侵略のニオイがしたからっていうのもある

*No title

一神教は他の神を認めないから、必ず宗教戦争が起こる。そんな宗教はいらん。

*No title

天皇陛下や皇室の上位概念に唯一絶対神がくる様な異国宗教が日本で拡まる訳が無い。

キリスト教が仏教のように他宗教に寛容な多神教なら日本人も受け入れやすかったかもしれんな。
或いは崇拝対象がイエス・キリストじゃなくマリア様なら日本人はより親近感を抱いたろう。
日本人は厳格な父性神よりも融通無碍で包括的な母性神が好きなんだよ。

*No title

優れたものを学ぶために大枚はたいて準備して、危険覚悟して海越えて
はるばる出向いていくのは納得できる。当たり前の理屈だ。
だが、優れたものを教えてあげるために大枚はたいて準備して、
命がけではるばる海を渡ってやってきましたなんて
胡散臭いにもほどがある。詐欺のにおいしかしない。

*No title

教化しようとして来たのに、日本側があまりにも哲学的思考持つ人多いから、この国は無理だって早々にギブアップしたんだよな。だてに悪魔の国とは言われてない。
今でもそうだよな。
理想や思想に燃えるタイプの宣教師が来ても、数年経つと日本化して角がとれる。
他宗教に寛容すぎる日本人の考えがうつるんだそうな。

*No title

あのコピペどこだっけ?
最初は布教する気満々だったのにすっかり日本になじんで、
「お神酒の代わりにうち(教会)はコーンスープ用意してます(^-^)」っつった牧師さんだか神父さんの話。

*No title

日本の仏教は本願寺や比叡山と織田・豊臣家の問題もあり一時期民衆に仏教の教えを疑う人も居た。
(華美な寺社、奢侈にふけって焼かれた比叡山、2度も同盟を破って負けた本願寺etc)

その為、質素な生活を勧め、自ら行う宣教師の姿に感化されて鞍替えするようにキリスト教に入信する日本人も居た。
しかし、宣教師の質素な生活と慎ましやかな態度は初めだけで、九州で大名と繋がりだした宣教師達はこぞって日本古来の寺社仏閣を壊すように大名に進言した。
改宗した日本人は自分たちのご先祖を祀っていた寺や氏神様を祀る神社を壊させられる事に恐れおののき、また、寺を壊された仏教徒たちを大名と共謀し無理やり改宗させていく宣教師の悪辣さに幻滅した。
さらに悪いことに、それでもキリスト教を信じた農民達をキリシタン大名は火薬と交換貿易しようと言い出した。信徒たちは宣教師の生まれ故郷であるパライソ(楽園)に行けると信じ、貿易船に乗せられ、着いた先で奴隷として売られていったのである。

結局、豊臣秀吉が九州征伐の軍勢を率い、本願寺坊官「下間頼廉」と共に寺社領土復興に乗り出し、更なる後に「バテレン追放令」を出すまで、この欺瞞に満ちた楽園へのお誘いは続いた。

*No title

神様が信じるものじゃなく敬うものであれば、そもそも宗教なんて要らんのです。

*No title

まあ、武器商人・奴隷商人だったし。

戦国武将は相手のキレイごとの裏側の腹黒さを見抜けるくらいアタマが良くて腹黒かったし、
天下を統一したら、敵に火薬を売って奴隷を買い集める集団を認めるわけがないよね。

*No title

>人の話を黙って聞くタイプで救いを求めていた一部には受け入れられたけど。「罪を赦す」っていう甘言に頼る人生の人たちが。

これがまさにキリスト教の信用足らぬところ。
ひょっとしてキリスト教徒は皆そんな都合の良い事を考えてるのか?って恐怖すら感じちゃう。
韓国でキリスト教が広く布教されたと聞いて、キチガイ御用達の宗教ってことで納得した。
そんな韓国人に乗っ取られてる日本キリスト教会の腐り具合は言うまでもなし。

*No title

キリスト教は都合の悪いところは一切教えない
進化論を学校で教えると教師は懲役刑
進化論を否定するためのアミューズメントパークまである
あとキリストが白人ではないことも教えない
子供のころから洗脳するので疑問に思うこともない

*No title

日本じゃキリスト教の神様も数いる神様の一柱に過ぎないからなぁ。他の宗教を信じないのではなく、全ての宗教を受け入れてしまう神道がおかしい。

*No title

>秀吉がキリシタン禁止令を出したのが正解なら、信長が叡山を焼き討ちし一向宗を弾圧したのも正解ではないのか?
それらの宗徒が外国勢力を手引きして日本国を売ろうとした事があった?

>家康が天海僧正と組んで檀家制度を作り葬式仏教として仏教の集金制度を今に残したのは愚策ではないのか?
現代キリスト教国は宗教税が義務付けられ、キリスト教徒以外からも徴収するのは愚策ではないのか?

>オウムも幸福もS価も仏教だ。
統一教会も朝鮮カルトもキリスト教だ。

こういう馬鹿が日本でキリスト教が普及しない一因だという証明になってるな。

*No title

ユダヤ教やイスラム教、キリスト教プロテスタントでも偶像崇拝を禁止してるのに
キリスト教カトリックがかなり異端なんだよ。
あんな十字架に拝んでも、違うんです、キリストでなくて、神の父を拝んでるです
なんて屁理屈は日本人には通用しない。
キリスト教自体キリストが布教したものでもないし、
矛盾点と屁理屈が多過ぎるから日本人には質問攻めされるんだよ。
新約聖書より旧約聖書の方がまだ信用できるくらい
キリスト教は後付けで商業主義がミエミエだしね。
イエスキリストも悲しんでると思うぜ。

*

>韓国を見たらよくわかる
>彼らはキリスト教の精神のせいで、自分たちの文化やアイデンティティを失ってるよ
あの国は宗教以前の問題だろ

*No title

2000年前の中東人を神と崇めろと言われましてもw

天皇陛下は神じゃない!って言われても
んな事ぁ知った上で敬ってんだよとしか言えん

*No title

キリスト教は、どんな残酷な犯罪行為を死ぬ寸前まで楽しみながら行っても
最後に懺悔しま~~す~~で天国行けるから
生粋の日本人の私には理解できないざんす


外国人嫁さんがキリスト教徒、日本人夫の死の間際、神父だか牧師を連れてきて
改宗させ懺悔させたんだと
夫は天国に行きたいからではなく、嫁を安心させてやりたかったんだろう
夫の気持ちを考えると切ない

*

何百年も前の日本人と現代の日本人を一緒くたにして語ってるアホがいるけど
どんな風に育ったらそんな視野の狭いアホになれるのか知りたいわ

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3108-546fed41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。