Homeスポンサー広告雑談>外国人「日本って新しい漢字をまだ作ってるの?」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「日本って新しい漢字をまだ作ってるの?」【海外反応】

2015.01.05 Mon

外国人「日本って新しい漢字をまだ作ってるの?」【海外反応】

投稿者
新しい漢字は日本語でまだ作られていますか?それとも新しい言葉は平仮名かカタカナで書いているんでしょうか?





新しい漢字はないですね 新しい言葉にも、既存の漢字を充てて使いますよ 言葉によっては、カナのときもありますね





↑投稿者
以下のリンクによると、新しい漢字は作られているらしいんですよ!
196 new official kanji characters






記事を読んでみてください 2010年までの30年間で常用漢字は1945個しかないんですって でも漢字自体は5万個あるんですよね 2010年に、日本政府は196個の常用漢字を追加しましたよ でもこれらは、新しく作られた漢字ではないんですけどね 
もし常用漢字ではない漢字を使う場合は、通常はフリ仮名をふけます 誰でもその漢字を読めるとは思われていないからですね 






ちょっと漢字について誤解されているかもしれませんね 新しい漢字は、ないですよ でも、常用漢字に追加される漢字はあります 逆に常用漢字から削除されちゃう漢字もあるんですけどね





↑投稿者
なるほど じゃあ、最後に作られた漢字はいつのものなんでしょうか?






漢字は中国語から流用しているんです だから、最後に漢字ができたのは、書き言葉の中国語が完成したときだと思いますよ
中国語は新しい漢字を作るかもしれませんが、それを日本語にもつかったりはしないのじゃないでしょうか





ちょっと著がうかな 日本で作られた漢字もありますよ それは中国語では使われていないです 





働くという幹事は、日本で作られた漢字ですね 「動く」という漢字に、「人」という意味をつけたもの





http://books.google.com/books?id=3ZHD9wdspXgC&lpg=PP1&pg=PA32#v=onepage&q&f=false
この本はとても役に立ちますよ 常用漢字(高校生までに覚えておくべきだと思われている漢字です)ができていく段階を教えてくれます もし興味があるなら読んでみてもいいかも





中国語には存在していなくて日本語で作られた漢字はありますよ 国字と呼ばれています 私が好きな国字は、峠ですね インターネットには、国字のリストがありますよ でも、正式な一覧は見たことないかもしれないな





最後の漢字が作られたのがいつか知っている人はいますか?第二次世界大戦後に漢字は簡単になったんでしょうか?その後も新しい漢字は作られたんdしょうか?





↑投稿者
私も知りたいです 新しい漢字を作らないようにしたのは何ででしょう?漢字で書くべき言葉に対する漢字は全てあります、というのはどうやって決めれるんでしょうか?





近代の言葉は輸入されているから、カタカナで書かれていますもんね だから、新しい漢字の必要性があまりないのかもしれないですね でも、お年寄りはちょっと大変かもですね 外来語は音でカタカナにしているだけだから、意味が分からないことも多いんじゃないでしょうか






こんなのを見つけました
A list of kokuji (国字)






へえ、これが、最近登録された漢字なんですか?





"がんばれ ニッポン”とか見ると、どんな文字でも好きなものを使うってことが分かるんじゃないですかね





新しいほうの漢字は、斤量に関係するものじゃないかと思っています 例えば、キロは、粁とかですね こういう単位はフランス革命以降の言葉だから、こう思うんです この漢字を使っている人はsもういませんけどね 今は斤量はカタカナで表現しますから 働や匂のような漢字は、今も頻繁に使われていますけどね 斤量に関する漢字の一覧は、ここにあります http://www.sljfaq.org/afaq/kokuji-list.html






http://www.reddit.com/r/japan/comments/2qwyk9/are_new_kanjis_still_invented_in_the_japanese/
­
関連記事

コメント

*No title

新しい漢字は認知させるのに時間掛かるし、他の言葉で置き換えられるのも多いし。表音文字使えばいいしってことで無くなったんだろう。ただ誰かが適当に作った感じが良いって言う評価で広まっていけばありえるかもな。新しい日本語と同じ。

*No title

漢字の数は英語と違って無限にあるし、無限に作れる
だから漢字って面白いんだよ

*No title

日本は新しい語ができた時は新しい熟語を作る事が多いわな
中国は何かと新しい漢字作ってる事は多いと思うけど、近代の傾向は知らね

*No title

http://matome.naver.jp/odai/2136914129576092801

日本の漢字は昔GHQによってローマ字化にされ、漢字や平仮名や片仮名が廃止されそうになりました。
しかし当時の日本人の懸命な努力によって漢字などの文化を守りました。
当時の日本人の方々、本当にありがとうございました。

*No title

新しい漢字を作るアプリとかどうよ 新しい漢字なんて敷居が高いように思えるけど
イメージにピンとくれば絶対に流行るでしょ 絵文字みたいにさ

*No title

>新しい漢字を作るアプリとかどうよ 新しい漢字なんて敷居が高いように思えるけど
イメージにピンとくれば絶対に流行るでしょ 絵文字みたいにさ

面白い試みだが混乱も来たしそう

*No title

漢字が複雑だから、中国みたいな略漢字にしようみたいな話もあったような
全然聞かなくなったけどなw

*

最も新しい漢字は「彁」じゃないかな?
1978年のJIS制定時にどこからともなく現れたというw
詳しくはWikipediaの幽霊文字の項目参照

*No title

学のあるやつが多いな。戦後一部の漢字を簡略したのはバカなサヨク学者どもだ
有名作家が日本語を止めようと言うくらい狂っていたので文句は言えなかったがバカな改革だ
中途半端の理由は漢字をなくすと考えていたからという。梅棹忠夫の著書などみてもそんな感じだ
明治以後の日本の偉い人たちが日本の漢字を最強のツールに仕上げた。捨てられるはずがない

*No title

日本人より日本語に詳しい外国人もいて
日本人として恥ずかしい限り

*No title

※2015-01-05 14:21
普通のお絵かきソフトで良いような。
まあ、作りやすいような機能を持っていれば簡単にはなるかもしれないけど。

*No title

「峠」の変形で、手偏に上下で(せんずり)というジョークがある。

*No title

大衆の中でもマスメディアの中でも哲学的な思考をする心の余裕を持った人が少ないから
新しく現れる言葉は市場に関連した言葉ばかりだね

*No title

漢字作るなら一通り漢字の知識を学んでおかんとなぁ 部首とか

*No title

もう、新しい漢字を作らなくても組み合わせで新しい言葉は作れるし
新しい漢字ってのは必要無い様に思う。

*No title

じゃんぐる
 木木
 木木

っていうのは小学生の時あったよな?な?

*No title

斤量って測量のことか。
訳者がネイティブな日本人じゃないってこういう所でバレるんだよな。

*No title

ここの主は句点をスペースで表す珍しいスタイルのようだ

*No title

漢字も5万個あればその気になれば近年の外来語も全て置き換えることができるんだけどな
ただ近年の流行として外来語に執心してるからしばらく回帰することがないだろうね

*No title

いわゆる欧州語の翻訳作業ってやろうぜまた、片仮名の音当てて済ますだけじゃなくて。
明治期の翻訳は極めて高度な文脈で生成されていてそれは見事、それを踏襲するのは有意義だぞ。

*No title

もともと本来の漢字というものは、表意文字なわけで、1概念1文字が建前だからな。
だから、古い時代は二字熟語というのは、少なかった。あっても白い馬で白馬、山と河で山河とかね。
A+B=Cみたいな形でまったくの別概念バンバンつくりだしたのは、近代の日本。
漢字の成り立ちから考えたら、ある意味画期的なことだった。

そんなわけで漢字の欠点を解消する方策100年以上も前からすでにあるのに、いまさら古いやり方をする意味がない。

*

漢字を作るという意味では、旧字体から新字体に変わったのが最後といえるでしょうね。
1946 年告示だそうです。

*No title

>>斤量って測量のことか。
>>訳者がネイティブな日本人じゃないってこういう所でバレるんだよな。

意味を取るなら、度量衡かメートル法だな。原文ではメートル法になってる。
別に斤量でもさほど問題ないと思う。測量ってのは距離を測る事で、重さは含まないし、尺度ではなく行為の事だからね。
まあ、重さや長さの尺度という意味なら、度量衡だね~。

*No title

「ガンダム」って漢字以前見かけたけど、
ただデザインしただけなのか、国字として登録されてるのか。

*No title

>斤量って測量のことか。

斤量って重さのことだろ。でも普通は印刷や馬の関係者とかしか使わんけどね。

*No title

社会科で歴史の先生が戦時中は大変だったらしい苦労話を時々する。
カレーライスは敵性用語なので「辛味入汁ぶっ掛け飯」とか。

でも、遥か昔は日本には無い概念や言葉を輸入したらく、何故漢字には音読み訓読みがあるのか国語か現代国語か古文か習字の時間に習った気もするが全く覚えていない。

話は転々と変わるが、私は運転免許を取得する際に眼鏡補正が不要だった、しかし免許更新の際に必要になり「眼鏡市場」に買いに行った、読み方を知る機会が無ければ「メガネシジョウ」と呼び続けていたと思う。

あれは「メカカミイチバ」とは読まないし、市場を「イチバ」と言っているのだから眼鏡は当然「ガンキョウ」でしょう?とも思わなかった。

四則演算には優先順位があり、計算の順番を間違えるとトンでもない誤差が生じる。
一度、古式に則り縦書きにした後に上から下に計算したら如何かと思うが、世界との共通認識や互換性が損なわれるのでややこしい。

化学でならった塩化ナトリウムもお店で買うと食塩になる。

義務教育は雑学の宝庫だと思うが、一般常識や最低限知るべき事を身に付けるのに最適な年齢と情報量だと思う。

日本人でさえ時々日本語のむつかしさや慣習に疑問を抱くのだから、外人はムリをしない方が良い...。

*No title

ぶっちゃけ文字コードにない文字を新しく作って普及させるのは難しいよな。
中国、台湾とかではどうしてるんだろう?

*No title

凸凹が漢字の中では割と最近的な感じ

*No title



大大
万吉

*No title

日本では外来語を言い表す二字熟語の新語は明治期などに沢山開発され
それを漢字圏に新語として広める形にはなったが、
常用漢字や中国の簡体字など近年の漢字自体の開発より簡略化の方だわな

新語は既存のものの組み合わせか、新しい外来語ならカタカナ化で済ませればいいしね

*No title

 一昔前にマンガでテキトーに漢字を作って振り仮名つけて読ませてたマンガがあったな・・・精霊使い

*No title

キロメートルやグラムなんかの漢字はほとんど廃れたけど
頁(ページ)だけはしぶとく残ったな

*No title

漢字は新しく作る必要性はあまり感じないよな
それよか熟語が作られないことに不便さを感じる

訳わからんビジネス用語とか、熟語作っちまえばいいのにと思う

*No title

外人って漢字と熟語の区別がついてないっぽいな

*No title

今のご時世、フォントデータ化されたかどうかですたれるか決まっちゃう気がする。
使うにしても認識されるにしてもパソコンやスマホの中にあれば使うし、なければ知らないままだろう。
特にデジタルネイティブ世代の感覚では。

新しいのが生まれるというより、今後は絞り込まれる一方じゃないかな。

*No title

>>新しいのが生まれるというより、今後は絞り込まれる一方じゃないかな。
確か漢字を表す文字コードが容量食いすぎだか混乱するだかで、「中国やらのと日本の漢字のコード統一しろよ、漢字だし一緒だろ?」って話が持ち上がったってネットでみたな

頁だけ残ったのは、長さも重さもアルファベット1文字(補助単位つけても2文字)で表せるから別に漢字いらんわだったりして

*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

*新字体は戦後に作られたものではない

新造されたものでなく、日本で生み出されたもっとも新しい字体は「広」「図」あたりかな
漢字の簡略化をサヨクの策略とかバカなこと言ってる奴いるけど、そうではない
日本の新字体は、江戸時代あたりまでには一般的によく使われてた異体字が殆ど
いわゆる康熙字典体を常用漢字にしたのは、明治後期から第二次大戦中ぐらいまでの短い間だけ
その間でさえ略字の採用を検討してたぐらいだ
康熙字典体厨は、漢字のにわか知識に酔ってるただのバカ

  

*No title

>キロメートルやグラムなんかの漢字はほとんど廃れたけど
>頁(ページ)だけはしぶとく残ったな

頁岩とか、熟語?としても使われる字だからじゃないかな

*No title

>2015-01-05 14:18

簡体字を作ったという意味ではそうだけど、
中国も新しい言葉に合わせて新しい漢字を作りはしないみたいだよ。
コーラなんて読みだけで可口可楽って当ててる。
何で表意文字なのに読みで当てちゃうのかわからないけど。
ああいうの見ると明治の人たちが一生懸命考えて熟語作ってくれたのはほんとエライと思う。
何となく意味がわかる。そうでなくて何のための表意文字なんだろ。

*No title

ずっとさ、書き順コンプレックスがあってさ、ずうううっと持ち続けてたw中一のときの漢字練習辞典に、年末あたりから取り組んでるんだ。

小学1年76文字をさらった時点で、4文字エラー・・・今年!頑張るから!

*No title

去年どっかの新聞で「おびじめ」って読む漢字が賞受けてなかったっけ?
ああ言うのってその場だけなのかな? 実際に採用とかされんのだろうか

*No title

最近は安直にカタカナ語で済ますからなあ
国字作って普及させた人々や社会哲学科学等の翻訳新語を生み出した
明治の知識人たちはほんとに偉かった

*No title

新しい言葉・漢字が出てきて
それを使う人が多くって広く認識されれば、それが正当化され辞書に載ることもある
言葉なんてそういうもんです

*No title

新しい漢字をどんどん作ってると思われていたのがまず驚きだ

*

一番新しいのは鞄かな
峠はわかり易くていいよね
犬の狆は、公家が愛玩する猫(屋内)と使役する犬(屋外)の中間の獣という意味らしい
よく考えたよね

*No title

人に儚いと書いて・・・あららぎと読む

*No title

敵国の言葉を使わないってことを戦後いまだにやってる国がお隣にありますよね
中国も日本語と同じものを変えようと悪あがきしてるみたいだけど、そもそも中華人民共和国がほぼ日本語で形成されてる時点で詰んでますねw

*No title

公募して厳選し毎年5単語ぐらい新しい漢字を追加していくのもいいよね

*No title

熟語は文章等を短縮しているだけだから、これからも増えるんじゃね?
「電卓」なんて、既に熟語として使われているし。
一般的でない外来語を多用する記者達が、日本語を難解にしていると思う。

*No title

明治みたいに外国語を日本語にしたり新しい漢字作るのはいいと思う
今の政治家は馬鹿だし、政治家が選ぶ民間人もコネ馬鹿だから、民間人が応募してネットで公開し、良い者は国民のID持ってる者が投票できるようになれば、特定の組織が票を操作しないでいい

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3180-15ae74ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。