Homeスポンサー広告雑談>外国人「刀や槍を持った侍と一番渡り合える相手って誰だと思う?」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「刀や槍を持った侍と一番渡り合える相手って誰だと思う?」【海外反応】

2015.01.15 Thu

外国人「刀や槍を持った侍と一番渡り合える相手って誰だと思う?」【海外反応】

投稿者
刀を持った強い侍と戦うなら何が一番強いかな?

同じように訓練された侍以外で 違う地域で、違う武器であること

追記:ちなみに、侍のメインの武器というのは刀ではなかった タイトルは間違いだ 彼らは弓、槍、その他、もっと様々な武器を持っていた 刀っていうのはピストルのようなものだ
彼らが刀を使うのは最後の手段だ るろうに剣心VS世界ってのじゃなくて、鎧を着た戦士と、戦場で有効な武器についての話がしたい






よく訓練されたローマの兵士だったら侍といい勝負じゃないかな





↑多分盾には刀は苦戦するんじゃないか





↑侍が鎧を着ていなかったら、ぼこぼこにされるだろうね 実際、もし侍が鎧を着ていても、ローマの兵士が勝つと思う 盾があるのとないのでは大違いだ それから、アニメじゃないから刀で盾を真っ二つにはできないよ





↑彼らは鎧を着ていたんじゃない? 位によって違ったのかもしれないけど、ギリシャ人だって基本的な鎧は着ていたと思う もちろん装甲鉄板の鎧じゃないけど、ちょっとしたのはさ ローマ人も鎧を着てなかったっていうなら侍も持ってなかったかもしれないけど





↑侍も戦闘用の鎧を持っていたよ 時代によってはローマの兵士も皮か帷子か、被甲の鎧があったはずだ





↑歴史をもういちど学ばなくちゃ 情報ありがとう





↑ローマの兵士は隊列を組んで戦う訓練を受けていたんだ 一対一の戦いではないってことを覚えておいた方がいい





↑じゃあグラディエーター 網と、三叉





舶刀をもった海賊 





↑侍はきちんとした訓練を受けているし、海賊は防具をつけてない 簡単に侍が勝つね





↑海賊が銃を持ってたら?





↑ゲームオーバー 海賊の勝ち





ほとんどの侍は実は刀での実戦経験は少なかった 彼らが刀を身に着けるのは地位を表すためだけだよ 彼らの主な武器は弓矢だ





鎧を着てない他の剣士





安全鋏を持った5歳の男の子





初期の中世騎士ならいい試合になっただろう 板金鎧が登場するまでは、騎士が着てたのはただの網だからね 刀ではあまり歯が立たないかもしれないけど、槍なら貫通するのにまったく問題ないだろう





↑槌鉾と盾を持った騎士 でも鎧はなし





↑盾があればかなり騎士が有利だよね サムライが1対1で戦うときって、たいてい刀の一閃でさっさとカタがつく もしくは何度か刀を交えたあと斬られる

サムライが本気で刀を折ろうとすればかなり簡単なことだ 盾はかんたんに刀の攻撃を防ぐだろうから、騎士が簡単にとどめを差すよ





ツヴァイヘンダー(訳注:ドイツの両手剣)を持った決死隊の兵士





↑ローマのグラディエーターを訓練した人





http://www.reddit.com/r/whowouldwin/comments/2q4fki/what_is_the_most_even_fight_to_pit_a_skilled/
­
関連記事

コメント

*No title

サムライの一対一の斬り合いって、遠く離れてヤアヤア叫んで
いい加減疲れたところを刀で殴りころすんだろ。

*No title

この手の話題が好きだな西洋人はw
たぶん、モンゴル人にボコられた屈辱を、
それを撃退した侍で晴らしたいんだろうな。
妄想で

*No title

車に乗った俺

*

よっぽど厚い鎧じゃないと槍と弓で貫かれるだろ。刀でさえ鉄の塊に余裕で突き刺さるみたいだからな。
そしてそんな厚い板金鎧は機動力に欠けて戦闘にならない。

*No title

プレートメイルだって陸戦用は全身均一装甲だと排熱できなくて10分と動けないんで、背面解放の25kg程度だから和甲冑と変わんね
鎧相手は洋の東西を問わず、倒して突き刺す
刀で兜や鎧割られるようじゃ完全な棒立ちだから、武器の性能に関係なく生きてられない

ヨーロッパが重装歩兵なのは、素人同然の傭兵に方陣を組ませて、脇に槍、左手に盾構えて密集隊形で突っ込まさせてたから

*No title

ローマ兵じゃ無理
基本的に、過去の技術で未来に勝つことはできない

現代なら、ゲリラですらテクニカル(銃砲搭載ピックアップトラック)で中世の軍隊なんて一網打尽

*

盾信仰スゲェww
盾だってあれ木製が殆どじゃん…受け流すくらいのもので、そんな鉄壁の守り出来ないでしょ
しかも両手持ち攻撃力に対しての片手盾でしょ?限度があるわ
甲冑だって相手もアホじゃないから組み倒すなりしてから隙間を攻撃するでしょ
実際西洋でもそういう戦いかたしてたじゃん…

*

鎧が重装化していくと盾が廃れていく
洋の東西を問わずそういう流れ
日本の場合、重装化の進展がほかより若干早く、重装騎馬弓兵っていう武士が主力なので、個人の盾装備が少ない

*No title

御旗楯無も御照覧あれ!!

*No title

盾にも色々有るが、こいつらが言ってるのは片手装備の盾だろう
片手装備の盾で両手攻撃の槍や太刀に力負けしないって考えられるのが不思議なんだがどういう思考でなんだろ?

*No title

剣術やってるけど、殆どがカウンター技だからな
近づいて相手が武器出してきたら合わせるだけ

*No title

場合によるとしか。仮に戦場で2万対2万で相対するとして、盾で矢は防げても槍に突破されてしまう。
盾持ってるって事は両手持ちの長槍や長弓は持ってないって事だ。槍のない前衛なんて簡単に崩されちまう。
前衛が崩されれば練度の高い精鋭が突っ込んでくる。刀は戦場で使われなかったとか言われてるけど間違いだぞ。普通に使ってる。調べてみろ。
ローマ兵が侍と戦うのなら、盾捨てて長槍持った方がいいと思うぜ。あとスキピオに指揮させろ、こいつがいるだけで勝てる気しねえ。
個々の戦闘はほぼ無視して構わんのじゃないか。戦術と騎馬隊の練度がキーになる気がする。

*No title

盾よけてぶすっとやったら終りじゃん
初速が全てでしょ

*No title

示現流の勝ちって事で

*No title

盾が無かったわけじゃない
大昔の飛鳥時代には日本も盾を使ってたけど廃れたんだよ
盾を使ってた蒙古や中国や朝鮮は日本にヤラレてるじゃん

*No title

片手盾でも両手の刀はそりゃ止められるだろwww余程の運動音痴じゃなけりゃそれは分かる
問題は逆に片手武器で相手を倒すことだけど、実際向こうはそれで戦ってるんだし倒せる
盾装備を頭から馬鹿にするのは間違ってるわ

でお互い重装備の場合、刀は盾に対して不利、槍は有利
刀で盾と戦うなら片手で攻撃してきたその腕を狙うかな

*No title

フルプレートメイルじゃ視覚が狭くて早く動けない時点で死亡
貫けないという馬鹿もいるが、間接部分や目の部分は開いている

*No title

鎧に盾と武器装備したら動きのろすぎて簡単に倒せそう

*No title

つか「銃は無し」って考えていいんだよな? 日本は戦国なかば~終わりごろまで世界で最も銃持ってたが。
火縄銃ではあるが、工作精度が鬼すぎてその後の銃のような不具合を問題としてる資料がない。
さすがに銃ありなら“当時の”どこの国とやっても負ける要素がないぞ。
平坦な地に同数の軍でぶつかり合うって設定なら、だが。

*No title

片手に武器持つようの盾なんて何の役にも立たないよ。外人の盾信仰はなんなんだよw

*No title

侍は過大評価とかよく見るけどさ
ローマ軍の過大評価のほうが酷いと思うわ
時代差ありすぎだろ

*No title

三国志にあった南蛮の虎や象を使った戦いだな
火矢とか日本は多用しないし詰みだろ

*No title

体格の違いとかも関係しそうだなあ

*No title

片手で盾を持っていても両手で持った鉄の棒でぶっ叩かれる訳だし
生半可な衝撃じゃない気がする
木の盾で金属バットを防げと言われたら絶対に断るしw

*No title

盾が間に合わない、防げなかった時の攻撃を一切、考慮しないって凄いなwww
映画みたいに各々順番に盾でちんたら防ぎ合うとでも思っているのかな

*No title

正直自分の身になって考えたら盾持ってる奴に盾なしで勝てる気がしないな
剣や槍の鋭さなんてある程度あれば当たれば死ぬのは変わらんから
鋭さのテスト対決ならともかく実戦じゃ大した差などない
鎧だろうとなんだろうとまとめて真っ二つなんて漫画の中だけの話しだし
片手で扱える軽量の片手剣と盾か、刀のみ
どちらか選んで戦えと言われたら絶対に片手剣と盾を選ぶ
盾で相手の攻撃防ぎながらそのまま押し込んで脇から刺したら終わりだ

*No title

>>盾が間に合わない、防げなかった時の攻撃を一切、考慮しないって凄いなwww

そんな無意味なことお前みたいなバカ以外考えないってだけだw
盾が間に合わないだの防げなかっただの個別のシーンを言い出したらきりないわ
それが言えるなら刀の振りが間に合わなかったらだの避けきれなかったらだの
いくらでも言えるだろwww

*No title

撃てばいいだけの気が…

*No title

侍は銭投げができるが、ナイトは遠距離攻撃ができない。
よってギルがあるかぎり侍の勝ち。

*No title

そもそも侍の時代に銃もあんだから
銃装備最強でいいよ
鍛え上げた武士の刀より付け焼き刃の農民の銃のほうが強いのはもう証明済みなんだから

*No title

>盾が間に合わないだの防げなかっただの個別のシーンを言い出したらきりないわ
オイオイそれを言ったら、盾で防げて攻撃に転じられるかどうかだって個別シーンだろに馬鹿だなwww

*No title

盾を持っているということは、武器を片手でしか使えない。
武器の振りが遅い、打撃力が弱い、攻撃のコントロールが難しいという不利もある。
加えて盾は斬撃には強いけど蹴りなど早くて重い攻撃を受けると盾の重さゆえに
ふらついたり転んだりして隙ができる。密集陣形なら補えるが1vs1では逆に不利。

*No title

盾有りのほうが強いって言ってる人は、剣道やったことがないんじゃないかな。
人間の反射神経には限界があるわけで。
片手で扱えるような小さい盾は、腕を大きく動かさないと体を守りきれないだろ。そんなんじゃ防御なんて絶対間に合わないよ。
仮に間に合ったとしても両手の力で押し込まれるだけ。体勢崩れるからその間に片手剣で攻撃なんて無理だよ。

*No title

1対1の状況なら盾ってただ邪魔なだけじゃないか?
そもそも相手が槍だと片手で持てる剣なんか届かないし、
盾持ってるから視界遮られるわ機動性悪いわで間を詰めるにも詰められない。
だから盾で殴ったり押しつぶすみたいな戦略も取れないし
その上、片手で剣振り回してるから相手に弾かれて落とすリスクも高い。
そうこうしてる間に足を刺されたり転ばされたりして終わりじゃないか。

*No title

空手の正拳突きやボクシングの
ストレートを左右同時に出すのが無理なように、
盾を前に出したまま攻撃とか無理だし、
利き腕の武器で攻撃するには重い楯を同時に後ろに下げなきゃいけない。

盾が重ければ重いほど、利き腕の武器を振るうのも遅くなる。
なにか長所を得るには、それに比例して欠点も増える。
もちろん侍の装備が最強とは言わないけど
盾がないよりある方が有利と一方的に決めつけるのは単純すぎる。

*No title

つーか盾持ちの片手なら剣じゃなくて鈍器だろ
なんで剣だと思ってるんだ
棍棒みたいなのからチェインついた遠心力使うようなのとか
色々あるがな

*No title

刀を持った侍に勝つには?
槍をもって戦えば素人でも勝てるよ
相手が槍をもってたら?
鉄砲でうてば終わり
相手が鉄砲をもっていたら?
それでやっと互角だな

*No title

剣道で防御も兼ねる二刀流が主流で無い、有段者しか扱えない事を考えれば
盾で剣を弾いて攻撃をヒットさせるなんて芸当、相手も同条件かスポーツチャンバラじゃなきゃ難しいだろうな。

*No title

片手盾は持ってない方から切りかかれば防御はほぼ不能
そして盾自体が死角を生む
もちろん盾なしは弓に対する防御がおろそかになることも事実
じゃあと弓を防げるプレートアーマー装備すると軽装部隊についていけない
結局のところどういう運用するかであってこれが最強ってのはない

*No title

サムライの中には柔術や合気術使いもいるからどうだろう
下手に重装備にすると関節をへし折られそう

*No title

いつの時代の比較とか言わないと全く話にならんし
侍についての知識が貧相すぎてまともな議論になっとらん
クロサワ映画でしか侍を知らないとかそんなレベルだろw

*No title

片手盾なんてゴミ持って近付いて来たら、槍で盾と反対側の下段をフルスイングするだけで即終了じゃん阿呆らし
銃器無しで当世具足装備の槍武者と1対1で対等なのは、ボドキン装備の熟練イングランド弓兵くらいだろ

*No title

ヨーロッパの騎士団なんて、盾を重視せず機動力を重視したモンゴル軍にボコられてるのに
なんで騎士の盾や鎧にそんな絶大の信頼を置いてるのかよくわからんな

*No title

蒙古「みろよ、あの大きな盾や鎧ののろまな連中」
騎士「見ろ、あいつらは我らの立派な装備におそれをなして逃げていくぞ、このまま追撃しろ」
蒙古「そろそろいいか、やるぞ」
騎士「あれ、なんだか俺らいつの間にか取り囲まれてるぞ、うわぁ、やめろ、助けてー」

これが現実な

*No title

盾の使い方にもよるだろうな。
一番脅威なのはブン投げてくる事だろ。
質量には剣豪将軍でさえ不覚を取る。
刀を盾で防ぐ気ならそれはご愁傷様だろうな。
蹴り上げられて組み打たれて首を掻き取られるだろう。
盾は集団戦ならともかく個人戦で役に立つとは思えない。

*No title

竹刀vs薙刀の試合を見た事あれば、日本刀で戦う場合の弱点が良く分かる。

*No title

鎧を着た戦いでは斬る武器より突く武器の方が有利だな。
突く攻撃に対しては西洋甲冑の方が有利。
平服での戦いなら間合いの長い武器が有利。

*No title

侍こそ最強

*No title

西洋人の盾信仰はスゲーなw
相手がいつでも盾めがけて攻撃してくれると思ってるらしい。
それに、武器と盾を持つって事は両手が塞がるって事でもあるのにね。
どちらかの手を使うには、まず持っている物を手放さなくてはならない。
だから、攻撃を敢えて受け止めさせて接近し、素早く掴んで引き倒すような相手には対応が困難だろう。
攻撃を受け止める時、盾は一番前に出ているし、攻撃的な細工でもされてない限り盾自体を掴めるんだから。

*


「何気に邪魔者扱いなんですが(T_T)」

*

自分の親の母国の歴史から言わせてもらえば、スペツナズの精鋭にかかれば
日本のサムライなんて、全滅させられると思う。機銃掃射でジ・エンドだよ。

*No title

いいかげん刀から離れろよ・・・
刀が主装備になったのは、他の武具が禁止された江戸期、それも幕末。戦場が存在していない時期。
侍が戦闘員として最も活躍した時期は、陣地構築→鉄砲or弓→弓or槍+馬→槍or長巻or太刀

*No title

銃だって弾切れがあったり接近戦には不利なときもあるし。
そもそも戦いに対する個人の資質が最大の要因になるから、これ自体が無意味な比較・議論なんだけどね。

一対一じゃない限り映画の戦国自衛隊みたいになるんじゃない、結局は物量戦だって事に。

*No title

持ち盾なんて火縄銃を持ち出すまでもなく、弓なんかの本格的な投擲物はロクにふせげないし、単純に両手持ちのデカい得物で殴られたら腕が死ぬぞ
だから西洋だって、きちんと鎧が発達した時代には持ち盾なんて使わん
日本の侍の知識どころか、自分らの歴史も知らんのだな
っつーか、言うに事欠いてローマ軍て……他に何も知らんのか?
せめてポーランド騎兵とかイングランドのロングボウ兵とか言えよ

*

刀も良いけど槍もお忘れ無く♪

槍なら突いて良し
長柄で殴って良し
愛でて良し食べて良しだからな。

*No title

>>2015-01-16 10:39 | 名無しさん@ニュース2ch URL

戦国時代は太刀じゃなくて打刀
太刀は儀礼的な指揮官用と、ある程度使用者がいる程度
太刀ってのは馬上から、あるいは馬上に対して使うように成立した武器だから、足軽戦術が発達した戦国時代以降に使うことはあまり無い

*No title

この記事で不思議なのは、
なんで日本は盾が存在しなかったことになってるのかってこと
あったけど役に立たないから使わなくなった訳でして

*No title

侍なら脇差を抜いて二刀流にすれば
ローマ兵なぞ簡単に料理できるわw

*No title

盾の上からゴンゴン叩けば、西洋武者はバランスくずして一巻の終わり、という動画を見た覚えが・・

 日本刀に抗するは、ハシゴと昔から決まっている。
 
 ジュラルミン製の現代ハシゴなら楽勝。

*No title

チャック・ノリスの名前が挙がっていないだと!?

*No title

>侍なら脇差を抜いて二刀流にすれば
>ローマ兵なぞ簡単に料理できるわw

馬鹿かお前は恥ずかしいからそういう幼稚なオレツエー論やめろ
二刀流なんか扱えるのは化け物じみた怪力した特別な人間だけだわ
並みの奴じゃ片手でまともに刀を振れもせんわ

*No title

こういう議論好きなんだけど、結局結論なんて出せないんだよな。面白いからいつも「どのあたりに落ち着くのが妥当か」くらいまでは考えるが。
「刀を持った侍と」とわざわざ書いてあるって事は銃が浸透する以前と考えていいんかな?少なくとも 戦国時代前期より遡る?
この頃は特に地域ごとに露骨に戦術が違うからますます何とも言えんな。どこの国でも同じだろうけど。戦場の環境にもよるし。
あと主力武器についても誤解を受けてそうだが、時代時代で大まかな推移はあっても、それ以上に状況の変化によって選択が変わって来る。

基本騎乗で機動戦です→太刀が手頃やで 戦闘つうか陣取りが主になりました→弓超楽やな
騎馬が縦横無尽してて徒歩の兵が死にます→刀長くしよか 書き切れないほど多くの事情から→みんなで長柄の得物持つやで
槍ぶすまめっちゃ固いワロタ→大勢で矢放てや 突っ込んでくる騎馬衆の処理がキツ過ぎる件→逆に引きつけて銃で撃てば止まるんや みたいな。

盾は状況によっては多大にメリットあると思うが、日本の観点では両手持ちの得物が運用できない、武器持ってる方の腕が相手から遠くなる、
つまり相手の盾持ってる腕(左とする)の更に外側に居られたら攻撃しづらいし逆にこっちが攻撃される、などのデメリットがどうしてもでかいと感じたんだろう。
スパルタ兵も盾で戦列組む時に端っこに一番強い奴置いてたとか何かで読んだ。本当か知らんが。
無理に盾持つよりも刀を盾っぽく運用した方がトータルでは得と考えたから流行らなかったんだじゃないかね。
剣道も殆どの人が基本中段正眼に構えてるやん? 剣道やった事ない人も友達と棒持って向かい合ってみれば一発でわかるはず、
お互いの体のド真ん前に構えてる相手に近づこうとしても、自分の棒が更に相手の真っ直ぐド真ん前に無いとどうしたって相手の棒が半ば勝手に当たってまう。
盾持つなら武器はどうしても短いものになるし、どうせぶつかり合いになるなら盾持って打ち合いの攻防するより、牽制で攻防した方がデメリット少ないって考えたんじゃね。
そもそもそういう事態にしない方が得策だろうけども。盾が必要になるような攻防してたら軍全体の速度が遅くなる。「あそこ何止まってんの!」になる。
…もしかしたらこれが一番の理由かな?

*No title

まあ普通に科学や栄養に恵まれてる現代人で体を毎日鍛えてる人間のほうが昔の人間よりずっと強いし
装備もはるかに優れてるから
現代で最強の戦士が史上最強の戦士で決まってる
つまりアメリカで一番の戦士が史上最強

*No title

>侍のメインの武器というのは刀ではなかった

また鈴木説かよ・・・。
敵との距離次第で弓も槍も刀もメインになり得ると何度言えば・・・。
日本の合戦を実際見て、距離次第で武器が変わって最後に刀で戦うと記したのは西洋人の宣教師なんだが。

*No title

>2015-01-17 01:05
それなんだよな。結局状況次第で使う得物が変わって来る。
だから盾も活躍できる状況はあったと思うが、「日本の戦の歴史的転換にはたまたまそぐわなかった」それだけの話なんだ。
盾が比類なく強力なのはわかるんだが、それだけにデメリットが大きい。盾の(盾を持ってる自分から見て)左側に回られたらほぼ無力化されるやんけ。
「相手に合わせて盾を左に向けて体当たりすればいいやんけ」と思う人もいるかもしれんが、そしたら体が開いてまうやん、
守るべき体がガラ空きになったらわざわざ盾持ってる意味がなくなってしまうわけで、それなら盾捨てて槍持った方がいい。
もちろん、集団で盾を運用する分にはまた違う理屈が出てくるが、相手が両手持ちの長い武器を同じく集団で使って来たら同じ事なんや。

*No title

古墳から出土した埴輪(ハニワ)には数多くの盾が含まれることから
初期は盾が軍装として常用されていたことがわかる。

しかし、日本では伝統的に手柄の証拠として敵の首や耳や鼻を削ぎ取る為に
最終的には取っ組み合いになる為、骨法(柔術の原型)などの組打ち術が発達し、
結果的に盾はあまり効果的ではないということになり廃れていった。

*

西洋でも鎧の発達で盾が廃れたのに
盾に紋章を書くから盾は騎士を表す儀礼的なものとして扱われたから武士の刀みたいに神格化されてるのかな

*No title

侍がやっかいなのは刀とか槍なんじゃなく
侍というのが職業軍人だったってことなんだよ
物心ついたときから武器の使い方を学んで育った戦いのスペシャリスト
足軽という農民に槍を持たしたやつは弱いだろうが武士は強い
西洋の騎士なんてので普段からそんな訓練をしてるやつはほとんどいない
体格差がないのなら武士の圧勝になりそう

*No title

youtubeの海外の動画で盾と片手装備の人と両手剣持った人の戦いがあったようななかったような

*No title

戦争で領土拡張しまくってた時代のローマの兵士はともかく、
モンゴルに蹴散らされた中世の騎士とか『騎士』とは名ばかりの称号だけで
普段は貴族のお坊ちゃんだからな。

日本で言えば普段、和歌と蹴鞠に明け暮れてるような麻呂が
モンゴル帝国の来寇でいきなり全身甲冑つけて戦場に行くようなもの。

*No title

>2015-01-18 02:03
ああ、貴人は武士を嫌ってた節があるんだよなぁ。詳しく語りだすとキリないが、自分たちがやりたくない汚れ仕事(戦争)をやらせるための駒というか。
平安初期~平安中期がいわゆる侍勃興の時代と見ていいと思うが、その頃の武人である源頼光が活躍した大江山酒天童子絵巻を見たことある人いるかな、
国会図書館で見れるんだけど、頼光一行は英勇とされる一方で、大江山で鬼(当時の山賊の類と思うが、詳しく議論しだすとこれまたキリないから省く)を退治して
攫われてた婦人を救けだしたのに、市井の人達はだ~~れも見向きもしてないんだぜ。「血にまみれた穢らわしいさぶらいを見たら穢れがうつる」ってか?
まぁ、酒呑童子絵巻が描かれたのが多分南北朝の頃、「少なくとも」その頃まで侍(さぶらい)は名誉ある職務というより「汚れ仕事請負人」だった可能性は色々な資料から見るに想像に難くない。
元寇の時も竹崎季長(最も詳しい資料はたぶん蒙古襲来絵詞)が直訴するまで明確な恩賞が無かった。この頃から徐々に武人が「殺傷を生業とする荒くれ者」から「治安維持を司る要職」と認識されていったんだろうたぶん。
麻呂どもは武士に対して援助も何もしなかったくせに…と言いたくなるが、まぁ色々仕方ないっちゃあ仕方ないんだよなぁ…。

それと、自分は↑までの書き込みで散々盾イラネ論みたいなものを展開してるけど、盾が非常に有用だって事は認めてるんだ。色々な理屈から日本には合わなかったってだけで。

*No title

盾は重要だと思うよ
ただし闘技場のような1vs1の白兵戦ではなく
ある程度距離のある長槍の密集戦や飛び道具の一斉掃射に対してだけどね
それ以上近づかれたら自分が武器を振るう邪魔にしかならない。

*No title

騎が強かったらなんでモンゴルにこてんぱんだったの?

なんでモンゴルに日本は侵略されなかった?
すべて台風が守ってくれてわけじゃないし。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3247-9a7ed895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。