Homeスポンサー広告雑談>外国人「アメリカの醤油ってアメリカ人向けに味を変えられてるの?」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「アメリカの醤油ってアメリカ人向けに味を変えられてるの?」【海外反応】

2015.01.18 Sun

外国人「アメリカの醤油ってアメリカ人向けに味を変えられてるの?」【海外反応】

投稿者
日本のしょうゆ vs 北アメリカ

沢山の食べ物がアメリカナイズドされてる 醤油もその一つなのかな、、、? 日本のしょうゆは他のところのしょうゆと味同じなの?






アメリカナイズなんかされてないよ しょうゆをビールと同じように考えてみなよ 色んな醸造やバラエティーがあるんだ 両方とも発酵食品なんだからこのアナロジーはそこまで遠すぎるわけじゃないだろ ダーク、ライト、ストロング、スタウトetc、、、とかがビールにも醤油にもある そしてバドワイザーがあって、キッコーマンっていうのはバドワイザーみたいなもの 色んなフレーバーの地元酒造スタウトが欲しかったら、見つけるのはちょっとむずかしいけど味は全く違うだろう
今冷蔵庫に地元醸造の「スモーク」醤油があるけど天国のようにうまいよ





妻に聞いたら彼女は味は全然違うというだろう
しろうとに聞いたら彼らは味は同じだというだろう
そうはいってもコストコにバレルで売ってるキッコーマン醤油は質の高い物とは味がちがうんだろうな
そして中国のしょうゆは日本のしょうゆと味がちがうだろう





↑ これは本当にそう 俺はキッコーマンを使ってたけど、嫁が好きじゃないからヤマサにかえた ちょっとフレーバーがちがう
地元のジャパニーズストアで1Lのボトルを買うんだ





醤油のブランドが地方ごとにレシピを変えてるとは思わない だから日本のブランド醤油(たとえばキッコーマン)とかは同じ味のはず アメリカのしょうゆブランドは思いつかないな 対台中国や日本だ





↑ アメリカのキッコーマンはウィスコンシンで醸造されてる
アロハ醤油はハワイで





↑ そうだろうとは思う 地域ごとにレシピを変えるとは思わないってこと
>アロハ醤油
興味深い そのブランドは見たことない





↑ ヤマサはオレゴン





ソースによって本当に違う
100円のでっかいボトルのやつはみんな同じ味だけど あれはごみだ





醤油じゃないけど、前に照り焼きソースについての話を読んだ 数十年前にキッコーマンがアメリカで醤油を売るために作ったんだ 「アメリカ人はBBQ好き」っていうことを知ってBBQの肉につけられるように醤油ベースの商品を開発した





↑ インドのカレーvs欧米のカレーみたいな感じなんだろうね 照り焼きは醤油、みりん、砂糖で食べ物につやを出すクッキングスタイルだよ 多分それにフレーバー/保存料を加えたやつが欧米人用「照り焼きソース」だね





醤油はアメリカナイズされてないけど、いろんなタイプがあるんだよ たとえばキッコーマンは3つのメジャーなタイプと他に酒類がいくつかある スタンダードな醤油、減塩、そして自然醸造のしょうゆ 自然醸造のは味が濃くてちょっとずつ使う ほとんどの欧米で作られたものはしょっぱすぎるとか濃すぎるって思うかもね 中国のしょうゆには絶対日数かないほうがいい ひどいコンディションで作られてるんだ ググったらいいよ ショックを受ける





↑ 中国のしょうゆ買いましたがなにか?嫌中国がポピュラーなのはわかるけど、これはおかしい





↑ 発がん性物質の陰謀はただ無視して、中国の濃口醤油を試してみて 見つけられたらさ目のボトルを買うといいよ 日本のしょうゆとは全然ちがうから!





↑ あれはビーフマリネを作るのにいいんだ!





↑ ん~ん そう、それとチキンマリネ





↑ wikiれるけど、たぶん怠け者でいることがポピュラーなんだろうな 中国人のは有名だよ 2.4とこの大量のリストを見てみて;中国産食品の安全性 人毛から作った醤油(http://en.wikipedia.org/wiki/Food_safety_incidents_in_China#Soy_sauce_made_from_human_hair)





↑ リンクをありがとう でも危険だとは納得できないな その食品安全の事件は2002年から2004年の間のものだ(10年以上も前) 記事によると3-MCPDが作られる工程はいまだに使われているが、でも作られる量を抑える方法が開発されたって それにこれが中国で作られているのかアメリカで作られているのかわからないじゃないか 地域によってスタンダードや規制は違う 気を付けるのはいいけど、クリックの範囲を超えたリサーチをしなければ自分にとっても君が汚染している人にとっても無責任じゃないか





↑ 素晴らしい! 中国で起こった食品の安全性に関する事件の大量な証拠をただ無視したらいいよ               





中国の外で作られている中国醤油は大丈夫だよ それに味は違うし試してみる価値はある 香港や台湾製のチャイニーズ醤油は完全に安全だよ 






↑ うん、同感 もし自然醸造の中国醤油を見つけられたら試してみて それに3-MCPDだけに関して言えば中国醤油だけじゃなく自然醸造じゃない醤油に関してすべてそうだからね 自然と発行するのを待つんでなく化学薬品を入れて人工的にプロセスをスピードアップさせればそうなる







http://www.reddit.com/r/japan/comments/2s8s35/soy_sauce_in_japan_vs_north_america/
­
関連記事

コメント

*No title

中国製醤油は味がおかしいんだよな
なんて言うか、大豆の香りがしない
昔ディスカウントストアで料理用に間違えて買っちゃったけど
もともとキッコーマンですら安いのに、さらに値切ろうとするからそうなるんだと反省した

*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

*

アメリカブランドのとある会社は、工程が日本っぽかったな。
アメリカブランドの他の会社を見てみたら…簡素化してた。

*

千葉県人だけどキッコーマンもヤマサも好き。強いて言えばヤマサの方が好きかな。
刺身醤油ではこっちよりも西日本の方が美味しいと思う。特に博多のが。
薄口醤油では新潟産が一番好き。

*No title

米国の醤油は知らんけど、大手ならヤマサが好きだな。

*No title

中国製でも他国のメーカーブランドならまあだいじょうぶだろうけど
メーカーも中国のだと手を出さないほうがいいね

*No title

フジジンのこいくち醤油うめえよ

*No title

中国のしょうゆなんて今後も買わないだろうな。
キッコーマンやヤマサというブランドあるのになぜ中国

*No title

ちょっと誤字が多すぎやしないかね

*No title

麹が使えないから他ので発酵をさせてるんだっけ

*No title

ってかそもそも、日本の醤油と中国の醤油は作り方が違う筈

*No title

レシピは同じでも日本と米国では水の違いで若干味が異なる

*No title

日本もいろんな醤油があるからねーww
土地によって違うものなんだよ。

*No title

北国生まれだけど、九州の甘いお醤油が好きです。りんごたまり醤油も好きですが。

*

濃口醤油っ塩が濃いんじゃないくて大豆が濃いらしい

*No title

オリゼー、北米でも売ってるの?

*No title

に近づく → 日数く

の誤変換はおかしいだろ…

*No title

アメリカでは麹を使った食品が作れない (コウジカビが食品に使えない)為、
アメリカで作る醤油は日本のものとは根本的に異なる醤油になる。
(場合によってはイースト菌での発酵になる)

*No title

>大豆の香りがしない

中国のは人毛醤油だから。むしろ大豆の香りがしたらおかしいだろ。

*No title

醤油って日本でも地方によって味の傾向が違うだろ

*No title

へぇ、醤油ってアメリカでも醸造してるんだ

*No title

福岡は醤油に砂糖を入れるな

*No title

ガソリンより安いイオンの醤油を使っています・・・

*No title

あっちの人はご飯に直接醤油かけて食べるから日本の醤油とは若干味を変えて作ってる、て聞いた事あるんだけどどうなんだろ

*No title

醤油だったかな〜? 日本の調味料なのに種類が日本より多かったのは
薄口濃口ではなくて5段階ぐらいにバリエーション増えてたような
醤油じゃないかも・・・

*No title

アメリカで手仕事で醤油醸造してる現地人の職人さんいたよな

*No title

大阪人やけど、両親がいつも九州から醤油取り寄せてたから、それが一番好きかも。

*No title

醤油みたいに塩気の強いのは、保存をしっかりしてれば、
味の違いなんてほとんどわからない

醤油を常温保存してたら、風味が落ちがのがわかった
というか醤油切れたから、同じの買ってきたはずなのに味が違くて驚いた
以後、醤油は冷蔵保存するようになった

*No title

世界的に見て、醤油はそれ程メジャーなソースじゃなかったような・・・
中国でさえもメジャーじゃなかったはず
まあ中国は日本の10倍は人口があるから、地域によってメジャーか否かは分かれるよな

*No title

最初の回答がど正論すぎたw

*No title

もやしもんみなさい、別物だとわかるから

*No title

中国の醤油とか髪から作ってそう

*No title

どこの国で作ろうが、中国人が作った醤油なんて中国本国と同じだと思うぞ
基本的に思考が変わらない限り、やる事同じなんだよ

*No title

キッコーマン自体質のいいしょう油とは思えないからね

*No title

キッコーマンはメジャーだけど、実際のところうまくないよね。

*No title

数ある醤油の中からわざわざ中華製を選ぶとかどんな罰ゲームだよ

*No title

中国産とか怖すぎて無理

*No title

日本だけでも何百も種類があるのは知らないんだろうな

*No title

100均の大ボトル醤油しか買ったことないが大丈夫なんだろうかと心配になってきた

*No title

それぞれの現地工場で入手の容易な原材料使う事による差だろ。
コーラですら、甘味を付ける原材料が違うんで、メキシコのコーラが一番美味いって言うからな。

*No title

アメリカは醸造した物が販売できんのだろ。
日本の物とはだいぶ違うだろうね。

*No title

「醤油顔」 という死語は本当に使えなくなったw

*No title

そもそも中国のしょう油は日本のと違うんじゃないの?
もっとどろっとした醤寄りの感じだったと思うんだけど
アメリカでは中国のメーカーも日本風のしょう油売ってるのか?

*No title

ジャンはジャンだと思うんだけどチャイニーズショウユにされちゃってるのか。
ちょっとだけ気の毒だな。

*No title

中国人の嘘の吐き方を学ぶ事が出来て大変参考になります。
一番参考になるのは価格コムの回答者ではないかと思います。
あそこが一番特定アジアの嘘の吐き方の勉強になります。
殆どの日本人は騙されるのだと思います。
もう笑うしかありません。

*No title

40年以上前に、そのままのを売ろうとしても売れなかったため、市場調査をして、現地人が好むような味の製品を作って販売していた。90年代後半くらいまではそれが主流。日本の味そのままのを手に入れるには、日本人街で日本国内向けのを買うしかなかった。その後はどうなったか知らないが、今はたぶん、どこでも日本国内向け製品のラベルを変えただけのものも買えるようになったのではないかな。もちろん従来の、現地人向けの製品も売られているだろうね。

*No title

中国のは醤油じゃなくて醤(ジャン)じゃないのか
最近はそうでもないみたいだが大半が魚醤だから使い方が異なると思う
それでもきちんと管理された製法で作ってればうまいんだろうがバイアスがかかって味を楽しめなさそうだ

*No title

日本ではほぼ零細醤油メーカーは戦後に淘汰された。アメリカはその頃から日本に学んだり、日系人が始めた蔵元がある。実はアメリカには零細醤油メーカーが結構あり、伝統的な製法で作っているから日本より地域によっては醤油のレベルが高いとか何とか。前にテレビでやってたけど実際はどうなんだろうね。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3259-594af5cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。