Homeスポンサー広告雑談>外国人「日本人の国語の先生でも答えられなかった漢字についての質問があるんだけど…」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「日本人の国語の先生でも答えられなかった漢字についての質問があるんだけど…」【海外反応】

2015.01.28 Wed

外国人「日本人の国語の先生でも答えられなかった漢字についての質問があるんだけど…」【海外反応】

投稿者
真剣な漢字の質問(日本人の国語の先生では説明できませんでした)

大学で日本語を学んでます 京都でも何か月か学びました 日本に住んでそろそろ二年になります でも、日本語を勉強する気力を削ぐ問題があるんです

漢字が二つ以上組み合わさってひとつの言葉を作っているとき、音読みしますよね? たとえば「広告(こうこく)」
そして一つの漢字や、ひらがなが混じっている場合、訓読みをつかいますよね?「食べる(たべる)」など

では・・・どうして「間・背・場」などや他のものはそのルールに沿わないんですか?
接頭辞/接尾辞はどうして特別なんですか!? そういうものは他にもっとありますか? 文法的になんと呼ばれているんですか? 「背広(せびろ)」という言葉は、ルールにしたがったら、「はいこう」になるとずっと思ってたんです






大抵の場合は君のいうルールが当てはまるけれど、それは「ルール」ではないんだ
この掲示板の人が繰り返し言っているけれど、君は漢字の読み方だけじゃなくてもっと単語を学ぶべきだ
ちなみに、「残高」なんて言葉があって、これは音読みと訓読みが混じってるよ





↑今までこの言葉をふりがな付きで見たことなかったし喋ったこともなかったから、「ざんこう」って読むんだと思ってたよ 僕もバカになった気分だ





音読みのあとに訓読みが続くことを「重箱読み(じゅうばこよみ)」という
訓読みのあとに音読みが続くことを「湯桶読み(ゆとうよみ)」という





↑投稿者 なにか英語でいいリンクはある? 自分では日本人向けのものしかどういうわけか見つけられないんだ





↑この記事はなかなか良いよ:
http://www.japantimes.co.jp/life/2014/03/02/language/getting-all-mixed-up-with-mixed-kanji-readings/#.VMJLEVaH5Hs





↑投稿者 これはとても助かります ありがとう ちゃんと答えてくれようとする人は少なくて、みんな苦しい思いをしてる人にいじわるなコメントばかりって、ひどい状況だと思うよ





>漢字が二つ以上組み合わさってひとつの言葉を作っているとき、音読みしますよね?

うん、たいていの場合はね でも多くの例外がある 5年以上も勉強してて驚く気持ちってどんな感じ?





↑投稿者 まずは会話に力を入れていたんだ 僕の大学のテストは口頭のものが多かったから 読み書きはこちらへ来てから必要になったんだ





↑ふーん、なるほどね それなら分かるよ





>漢字が二つ以上組み合わさってひとつの言葉を作っているとき、音読みしますよね?

違う! それが違う理由の例をいくつか挙げると: 神風、柔肌、車椅子、物語・・・

>どうして「間・背・場」などや他のものはそのルールに沿わないんですか?
そんなルールはない だからルールなど破っていない

>「背広(せびろ)」という言葉は、ルールにしたがったら、「はいこう」になるとずっと思ってたんです

うーんそうはならない でもそうじゃないからと言って、何だと言うんだ? この漢字は「せびろ」と読むことを覚えなくてはいけないだけだ そして他の読み方などしないんだ だって他の読み方など存在しないんだから





なぜかというと
a)君のいうルールは間違っている そして b)もしそれがルールだとしても、ルールには例外がある (しかもたくさん!)

流行 - りゅうこう? ブー ハヤリ 
組合 - そごう? おいおい、「くみあい」だぜ ルール1よさようなら

ルール2を破ってる例を挙げてるけど、「背」についてだって、これ、訓読みだぜ(笑)

中国語をもとにした言葉というのは基本的に音読みになる(これが偶然にもたいていの場合漢字が組み合わさったものだ) 日本語を元にした漢字は訓読みをつかう(で、こういうものにはたいてい送り仮名がついてる)

しかも、これらはたくさんの例外のうちのたった少しだよ!





↑投稿者 訓読みだってわかってるよ 訓読みって言わなかった?
僕が教えられたのは、二つ漢字がくっついたら音読みって でも上で挙げた例は訓読みを使う 組み合わせだから音読みだと思ってたのに





↑君は間違ったことを教わったんだ みんなそう言ってるよ
君はどうもとても論理的な人間だということを繰り返しているようだけど、まず、間違った信念を捨てることが一番論理的な方法だ 間違ったルールがほんとうのはずだと言い張るのを止めて、論理的に行動したらどうだ?





投稿者 最近勉強はうまくいっていたし、なんかモチベーションがぐっと上がって扉が開いたみたいな気分だったんだけど、で、この問題が起きて、今すごく落ち込んでて明日は何もしたくないから仕事も休もうかなって思ってるくらいなんだ





↑気持ちは分かるよ
「食う」っていうのが実際存在する言葉だって知ったときはさ、一週間会社休んじゃったよ





↑投稿者 もう5年以上もそう思い込んでた接頭語と接尾語のルールが間違ってたって急に気づいたことってのは新しい言葉を知ったのとは違うぜ





↑最初に君にそのルールを教えたヤツが間違ってたんだよ 生きた言語というのはパターンがある だけどルールはない というより、数えきれないルールと山ほどの例外があって、ルールだけを学ばせるというのはばかげたことだ

言語は生きている 生物と同じでいつでも変わる それを完全に手に入れるには、それを日常から身近なものにしないといけない 勉強というのは、最初の一歩にすぎない





↑投稿者 じゃあさ、今まで何年も読んでたものが間違ってたって知ったっていうのに、それをどうやって日常の身近なものにするのさ?





↑正しい読み方を学ぶことだ 言葉を学ぶんだ 文章にして使え もし君が読み方をきちんと調べないで読んでたっていうなら、君がしてたことは大きな間違いだ でも辞書があれば直すことはできるよ 辞書は持ってるだろ?





君は難しく考えすぎてる気がするよ それから、tofugu.comによると、「訓読みの読み方は、漢字の組み合わせの場合さほど多くの場合つかわれない 漢字の読み方を知りたければ、それぞれの漢字はいろいろな使われ方をするので、すべて覚えなくてはいけない」そうだよ

なんていうか、一般的なルールと同じで、例外というのはあるものだから、それを勉強しなければいけないというだけのことだと思う





↑投稿者 そうかな 日本に住んで働いているから、読むことは必要なんだよ こういうのってしかも小学校で習うもんだろ





http://www.reddit.com/r/LearnJapanese/comments/2tebzr/serious_kanji_question_a_japanese_kokugo_teacher/
­
関連記事

コメント

*

なんかスレ主空回りしてんなあ、思い込み&力み過ぎ?

*

どの国の言葉にもだいたい当てはまるルールと例外はあるだろうに
英語だって統一しておけよって読み方あるけど、そういうもんだから仕方がないように

でもまあ、それだけきっちり学んできたんだろうねこの人は

*No title

神風なんてカミカゼとも読むしシンプウとも読むからなぁ。
言葉の出来た経緯にも左右されるし。
ネイティブは考えたこと無いってのが一般解だろうな。
言語学的には別だろうけど。

*No title

語学学習って難しいよな。教えるほうも。

*No title

スレ主害ってるルール自体ないし
それを説明できない国語の先生ってどんだけポンコツなんだよ
なんかこのスレ主一つの問題に固執しすぎ躁鬱っぽいしキモイ

*No title

言葉を学問しようとすると色々とおかしいって事が出てくるんだろうな。
俺らには当たり前だけど。
学問だとルールを作りたがるんだろうな

*No title

「言いやすいから」っていう言語の進化と適応だけど、真面目に習ってる外国人には
混乱するだろうね。そして、やる気をそがれるのもよくわかるw
「にほん」と「にっぽん」ですら、毎回redditで議論されてるしなぁ。

*No title

語呂合わせが優先される事はそりゃあるだろ。何しろ使ってるのは人間だ。
規則とは言え使いづらくちゃ道具としては本末転倒だし死語になるだけだ。

*No title

ルールがあるはずだ!という思い込みに
がんじがらめになってるような…
気の毒に

*No title

訓読みは確か中国が呉の時代に伝わった漢字の読み方、音読みよりもかなり前なので日本に元々あった大和言葉に当てはめた場合も訓読み
音読みは唐に時代に伝わった言葉のため、唐以後伝わったものは音読み
ひらがなと組み合わさって使われる漢字というのは基本的に動詞の漢字
背広に関しては英語がなまって背広になったんじゃなかったっけ
ヨーロッパなどからの外来語は基本はカタカナ表示だけど明治初期の何かは音に当てはめて漢字を使うとか何とか・・・
最近はサラリーマンとかクーラーみたいに日本で創られた外来語っぽいのまであるから、日本語は基本的には変形しやすい、この事わかってるのかな 日本語の文法も基本的に変形します(ら抜き言葉みたいに)

*

英語でもまとまりで覚えた方が早い部分があるのと一緒
深く考えない方がいい

*No title

なるほどな。
漢字なんて考えずに読んでたし残高とかここ見るまでおかしいとは思ってなかった。
こう読むんだよ。って言われたらそう覚えるしかないし他の言語もそうだよね。
何でこうなるの?なんてしつこく聞いてたら勉強は進まないし全てを完璧に覚えることなんてできない。
外国で50年暮らしてたとしても新しい発見なんていくらでもあるんだろうな。

*No title

別にルールじゃないんだよなー。
パターンとしてそういうものが多いというだけで、言葉を作った時(読みを定めた時)、厳格にそのパターンに則って決めようとはしてないでしょ。
単に言い易いから決めたとか、よく単体で使われる読みを生かしたとか、色々あるんじゃないかな。

*No title

略語の湯桶読みと重箱読み難しいだろうな

*No title

新たにルールを覚えたくないっていう風にも見えるなぁ・・・。
言語に限らずこういうことってよくあると思うのだけど。

*No title

背広はサビルロウの当て字って外人が喜びそうなネタあるじゃないの…

*No title

・漢字が二つ以上組み合わさってひとつの言葉を作っているとき、音読み
・一つの漢字や、ひらがなが混じっている場合、訓読み

こいういう思い込みを止めることが第一歩ですな。

*No title

背広に関して言うなら英語の発音をあてはめたからなんだけど。セビル(シビル?)ロードとかいうイギリスの。
だからスレ主が言ってる他の”例外”って言葉にも、例外たる背景があるんじゃないかなぁ。

*No title

文字と発音の関係が一定しないってことに関しちゃ、英語もたいがいだと思うが…
(フランス語・ドイツ語・スペイン語あたりとくらべて)

*No title

>僕が教えられたのは、二つ漢字がくっついたら音読みって

教わったそのルール自体が間違ってるだけ
重箱読みと湯桶読みってコメントがあるし、スレ主も読んでるのに
いつまでもグチグチ間違えたルールを主張してるのが、ちょっと気持ち悪い

*

過去形はedつけるのがルールなのになんでrun とかは違うの?ってくらいの話だな
難しく考えないことだな
まあ深く勉強するなら突き詰めるのも面白いと思うが

*

あのさぁ、英単語で、同じ文字列でも違う発音になることがあるだろう?それには凡そのパターンはあるけど、全部がそのパターンに従うわけじゃないだろう?そういうのと似たようなものなんだけどなぁ。
なんでガッチガチのルールがあるって思い込んでるだ?

小学校でもパターンについてちらりと言及はあるけど、ルールとしては習わないよ。普段使ってる時にいちいち大和言葉とか漢語とか考えてないし、結局は、ひたすら書き取りして丸暗記するんだよ。
サボるな。

*No title

言葉なんて日々作られていくものだから
決まったルールってないよ
名前ですら各人が勝手に当て字として読み方違うし

*No title

背広は当て字。イギリスにある服屋の多い通りの名前が元…と思ってたけどググったら他にも説が色々あんのな
熟語は音が先だったり漢字が先だったり色々だから深く考えようとすると疲れる

*No title

語感の良い方を選んだんだろうね
で、両方存在するのは甲乙付け難いから
このセンスを習得しないと日本人名を漢字で創造することは難しい
同じ事が
**学名の命名には一定の規則があり、ラテン語・・・
とか化学物質とか元素とかにもあるき気がする

*No title

音読みと訓読みになってるならまだマシ。
アホかって読み方多すぎ。

*No title

何でって言われてもなあ、言葉は生き物だし。
なんで、欧州の言葉は単語に性別があるのとか、
なんで英語の中にラテン語の法則に従ってないものがあるのとか聞いても
そういうものだってならないか。

*No title

ルールを求めたい気持ちは分かるよ
自分も語学で「例外」ってのがでるのが困ってしょうがなかった
これはもう、暗記しかないね・・・

*No title

英語圏以外の男性名詞や女性名詞、中性名詞がある国出身じゃないのかな スレ主さんは

*No title

日本人でもなんでそうなの?と聞かれたらそういうものだからとしか言えないのが大半だろうな

*

めんどくさいヤツだなw
勝手に休め

もう好きにさせて放置しとけ

*No title

ルールとして覚えると覚えやすかったんだろうね。
そこそこ習得してきた辺りに一度覚えた(と実感を得たような)ものを覆すというのはなかなか難しいことだよ。
パターンとして覚えるにも、分類にあたって原理原則が潜んでいることが多いし、
そこが分かると理解度がぐんとあがったりするから、いい研究書・解説書にあたればいいなと思うよ。

*

5年も勉強して気づくの遅え
きちんとした学習法じゃなかったのか

大学の日本語専攻とかならこんな間違いしなかったろうに

*No title

かなで単語とその意味を覚えて、次に漢字での表記を覚える
元スレでもそれっぽいこといってる人いるけど、これがいいんじゃない

*No title

音読みにも呉音・漢音・唐音ってあるからややこしいだろうな

*

バーナードショウが言ってるじゃない。
「ghotiって書いてフィッシュって読ませちまえ」って。
英語の読み方とか、フランス語の男性女性名詞とか、論理的でないのが嫌ならプログラム言語を習えばどうだろう?

*No title

英語にも「破格」という文法ルールを無視した表現が腐るほどあるやが
数学じゃないんだから、何でも法則性・規則性に則った表現しかないと思うなよ

*No title

ただの当て字だったりするだけだわな
思惑(おもわく)とか

*No title

理屈で考えてもしかたない
そういうものだと思わないと

*No title

飛鳥とか大和知ったら発狂するだろうな

*No title

文法の一つのルールとして残高をざんこうと呼ぶのは間違いではないとけど、使われることはない。
残高と言う漢字表記が前提にあり、それの呼び方があとでつけられた訳で、要は時代の流行り廃りで
呼びやすい読み方が現在使われてるんだよ。
比較的近代に別れた呼び方だと、固執(こしつ・こしゅう)世論(せろん・よろん)とかね。

日本で教えられる英語についても教科書のは間違ってはいないけど、現実に使われてる英語とは異なる。
主は日本人が英語で悩むのと同じ悩み方をしてる典型。文法に従って暗記して覚えようとしてるから、そうなるんだよ。

*No title

言葉なんて一つ一つ覚えるしかないのに
なんかたった一つの「ルール」とやらで日本語すべてを手に入れたようなってたんだろうなあ

*

コメ主はなんかアタマ固そうなヒトだね。
ルールを前提に言葉が作られた訳じゃない。
言葉なんて日々変化して行く”道具”なんだから長年の歴史があればルールに当て嵌まらない物が出て来て当然。
外国語由来の和製英語を当て字で日本語にした例もあるように例外的な単語も存在する柔軟な物なんだよ。

*No title

英語の発音の出鱈目さに比べたら遥かに法則性があると思うんだけどな。
実際ほとんどルールがなくても、熟語は単語のようにスペルと発音を覚えればいいだけだろ

*No title

いい言葉がある。
「嘘も方便」
つーか1000年以上の歴史がある言語に、5年の「ルール」で喚かれても・・・。

*No title

日本人だと法則性で覚えてるわけじゃなく丸暗記だからこんなこと考えた事もないな。

*No title

こんなことでやる気なくしてたら
地名や人名なんてどうするんだろう

*No title

漢字ありきで言葉が出来上がっていくわけがないからなぁ

*No title

思った通りに読んでいいとおもうぞ
読み方が複数あるものもあるんだけど一般的にどの読みが多いか程度
日本人でも何十年も間違えて読んでる奴もいるけど、通じればok

キラキラネームなんて絶対に読めないからw

*No title

多分そういうことで悩んでるんじゃなくて
長年単語間違ったまま喋ってたのを、周りの人が
生暖かく見守ってて、誰も訂正してくれなかった
小っ恥ずかしくて耐えられねえ!
こういう感じだと思われ

*No title

読み方より意味が判れば良いよ。
日本人だって読めても書けない?
書くときは、隠れて携帯の漢字変換・・・。

*No title

熟語は音音または訓訓で読むのが基本だから、広告(こうこく)も背広(せびろ)も正しい。
これに反するのが重箱(じゅうばこ)。
音訓で読む例外を重箱読みと言う。
反対に訓音で読むのを湯桶読みと言う。

つーか、日本語の大学教員で、これが説明できない人が居るほうが信じられんわ。

*

え、「りゅうこう」は合ってるよね?

*

スレ主は正しい音読みは「りゅうぎょう」だと考えていると思われ

*No title

そういえば昔高校の英語教師にBREAD AND BUTTERはパンにバターはつきものだからこの場合二つの単語をくっつけてブレッダンバターと発音する。とかとんでもないこと教わったがこれみたいなもんだな。

*No title

二文字熟語でも訓読みはあるよ

*No title

「長万部(おしゃまんべ)」「稚内(わっかない)」その他いろいろ北海道・・・
「勢理客(せりきゃく・じっちゃく)」「西原(にしはら・いりばる)」「上原(うえはら・いーばる)」「東江(あがりえ)」その他いろいろ沖縄・・・「南風原(はえばる)」「東風平(こちんだ)」
ハエとコチは大和言葉だろうに「南風泊(下関・ふぐ食いて~)」「東風吹かば・・・(万葉集か?)」
何でもあり

*

まあ何にせよ「そんなルールは無い。先人の気分だ」とはっきり答えられなかったその日本人の国語の先生はあかんわな

*No title

>背広はサビルロウの当て字って外人が喜びそうなネタあるじゃないの…
へぇ〜知らなかった。

*

神風のところ説明してる人完璧、100点満点。
そんなルールはない、ってピシャリと言ってシンプルだ。
この人にreddit 内で日本関連の全てのプロパガンダを正して欲しいわ。

*No title

会話してる相手が揚げ足とってはしゃぐような奴じゃなくて、普通の大人なら伝わりゃなんでもOKよ

*No title

言葉は意味や理屈を追求すれば有史以前までさかのぼりかねない
国学者でもないなら現代文の文法を大学受験レベルまで理解していれば十分
人間国宝の国学者の方がこういっている極めることは出来ないと

*

新しい単語ほど投稿者のいうルールから外れるよね

後は漢語漢文の単語が使われてから、大和言葉に漢字をあてた時に当て字になる訳だね

ルールに縛られずに『そういうもんだ』と覚えるしかないかなー

*No title

結局一番多くの人に読まれた言い方が定着する。

昔は勉強をした人しか読み書きが出来なかったしルールも厳然としていた。
しかし識字率が上がると、勘違いのまま適当に読めるようになる。
そうなると、もうルールは存在しないw

むかしは大地震はダイジシンと読んだ。
今は識者が勝手にオオジシンと言ってTVでもアナウンサーはそう読むようになった
大地震なんかは実は阪神淡路大震災まではダイジシンだったんだが、アホな識者が
オオジシンの方が一般的だとか言って放送業界ではオオジシンになり強引に
定借したんだよね。

*No title

そんなの全く気にせずに普通に読んでたよ

*No title

「知っているか、世界ではじめてのジャケットつまり背広は、1787年、イギリスのせービロードにある小さな洋品店で作られた。それからあっという間にイギリス紳士の間に広まったという。」(超光戦士シャンゼリオン)

*No title

こいつ沖縄と北海道いったら地名で発狂するな

*No title

単語の成り立ちが分かれば納得するだろうけど日本人でも別に納得して使ってるわけじゃないから「覚えろ」ってことだよな。
中国から伝わった単語→音読み
日本固有の単語→訓読み
上記二つを合成した→+湯桶読みや重箱読み
外来語の音に合わせた→何でもあり

*

そこまでこだわるなら日本の歴史を勉強しろよ
日本の漢字は、文字がなかった日本が、なんとか漢字の意味合いに合わせながら、さらに日本語読みを当てた、謂わば超絶ウルトラCをやってのけたということを
正直日本人ですらよくやったなと思うわ

*No title

月極有料駐車場さんがinしました

*No title

こんなことでショック受けて次の日仕事休もうかなとか、スレ主はどんだけ繊細なんだよw

東雲とか舎人とかの読み知ったら発狂しそうだなw

*No title

ま、日本語の漢字の読み方宛て方は無茶苦茶だよw
学習者が難儀するのは当然
教育メソッドカリキュラム自体も洗練が足りず改善の余地があるのかもね

*No title

>反対に訓音で読むのを湯桶読みと言う
「ゆおけ」でなんで訓音なのかと思ったら「ゆトウ」なんだな。

*No title

こんな調子じゃライトノベルの必殺技や設定にはついていけないな(・ω・`)
カタカナ+アルファベット+漢字異聞の乱舞だぜ

*No title

流行は「りゅうこう」でも「はやり」でもいいんだぜ…好きな方、ゴロの良い方を使いな。
ちなみに生物は「せいぶつ」とも「なまもの」とも「いきもの」とも読むんだぜ…意味を考えて正しい方を使いな。
ていうかこういうのは思いつく限りでもボロボロ出て来るよね。

まぁ、本気と書いてマジと読んだり、好敵手と書いてライバルと読んだりしたら、勉強してる人は文句を言っていいと思う。

*No title

背広って元々外国語に漢字をあてただけやし

*No title

まあ「何かのルールがあるに違いない」って思っていないと
自分が日本語を理解しているなんて
一生かかっても言えないだろうからな。

*No title

中国から伝わった熟語は音読み
日本語は訓読み(甲虫→カブトムシ)、及び当て字で謎読み(百足→ムカデ)
明治時代に西洋語を漢字に当てはめたものはランダム読み
キラキラネームは謎読み

*No title

>>2015-01-28 17:21

だらだらと母国語の中で育って意味もよく分からないまま自然と覚えるのとは違って
限られた時間の中で効率よく正確に覚えていかなきゃいけないんだから
ややこしい文法や例外的な言葉に戸惑うのは当然だろ
自分も何の説明もできてないくせに、理解もできずにキモいとかいうお前が馬鹿すぎてキモイわ

*No title

まあ大半の日本人も分かってないから仕方ない。
そもそも日本語の文法自体まだ定まってないからな。
日本語っていうのは文法が変でも意味が伝わりやすい反面
正確に書こうと思えばとてつもなく難しくなる。
日本人でもこんな質問されてネットで調べたりせずにパッと答えられる人間なんて少数だから
そういうもんだと思ってもらうしかないな

*No title

まあ日本人ですら読めない単語があるどころか
人名ですら振り仮名が無いと読めないものとかあるレベルだもんな。
正直この辺はただの言語体系の欠陥だと思うわ。

*No title

自然言語には一定の法則性はあっても、まずルールは無い。
人工言語でさえも、ルールの綻びはざら。

*No title

”防人”みたいに元からあった事象や呼び名に後から全く別の字面だけアップデートしてたりするのもあるからな…

*No title

調べろよ

*No title

語学は理論を当て嵌めて勉強すると理不尽なことが多くて上達しない
感情で勉強、つまりその理不尽を愛することで知識として受け入れ
自分の言葉として発することが出来るようになる

ってどっかで聞いたことがある
まあそんなようなもんだな

*No title

中国の漢字を日本語に適用し、さらには西洋語を漢字で日本語化してるしな。
確かに難しい言語だわ。

*No title

ネイティブでも読めない単語はあって普通っていう風土に慣れないとね。
造語新語が山ほど生まれて消えていく言語だってね。

*

スレの外国人たちも指摘しているようにパターンの一つであって例外は幾らでもある
人工的に作られた言語でない限りはルールを求めても無理だね
背広は恐らく外来語に音当てて生まれたと言われてる変わり種だし、前向きに諦めてよ

*No title

「当然」って言葉に「当前」って漢字をあてて書き
そこから、「当たり前」って言葉が生まれたり、、、
まあ、がんばれ

*No title

こうして見ると言語というものには、背景にある歴史とか成り立ち、その国の文化をも含んでいる事がありありと見えてくる。

読む書くよりも、聴く話すに重点を置いて勉強してきたようなので、今まで話していた言葉を漢字に置き換えてみれば
わかりやすいのかもと思ったよ。

*No title

例外ばかりの英語に比べたらマジじゃね?

*No title

誤用が広まりすぎてそれが正解になったりするし、新語造語も生まれてくるから適応するしかないんじゃない

*No title

中二病漢字辞典をプレゼントして混乱させようw

*No title

複雑にしている要因の一つに、『名前』の存在があると思う。つまり『固有名詞』。固有名詞はそれ以外の読みがなく
慣習、慣例として使われる。駅名一つとっても、『町』を『まち(大手町)』『ちょう(茅場町)』となる。しかも最近はその
慣例、慣習をも超越した、タイムトンネル級のどきゅんネームの展開さえ見せている。
時代、社会とともに言語も変化していく。この先、同じ形体を保持できるのか、その保証は完全ではない。
明治期の辞書編纂に関わった訳語者は、その一端にあって、やはりずば抜けた裁量をしめしたと考える。
それにしても、国語の先生で、「重箱読み」「湯桶読み」も知らない人が仮に先生をしていたとしたら、
それはやはり問題だろう。日本人なのかと疑う。

*No title

読み方が最初じゃなくて
意味から学ぶと覚えやすい
曖昧な場合は音読み訓読みどちらでもOKな場合があるだろ

*No title

英語だって発音、文法に山ほど例外があるだろ
なんで日本語だけ理路整然として一切例外がないなんて思いこんでたんだ?

*No title

この人の母国語が何語か分からないけど、英語なら
「過去形と過去分詞は全部語尾に"ed"って付けるんじゃないの?」
「"knock"の"k"と"psycho"の"p"は何なんだ?」
「大抵のヨーロッパ語はアルファベット通り読むのに、なんで"busy"の読みが[bizi]になるんだ?」
って質問して答えられるのかな?

*No title

日本語は会話は簡単だけど、読み書きは異常に難しいからねえ
漢字表記の固有名詞を事前知識なしに正しく読むのは不可能だし

*No title

でも一応読みにも公私があるよね。
かつて公文書は漢文で書かれていたことに由来して音読みの方がより公的であるという傾向があったはず…。
恐らく論文で通常の説明として「流行」と書いてあったら「はやり」と読まず、「りゅうこう」と読む。
「はやり」は口語的特質を持ってると思う。
人の名も音読みの方が公式の場では使われたはず…例えば「よりみつ」ではなく「らいこう」、「よしのぶ」ではなく「けいき」として覚えてる人がいるのはそのため。

*No title

島本漫画でも読んで来いと言いたくなる。
それはそれ、これはこれ!

*No title

どの言語もそうだけど「例外」ってのは必ずある

*No title

漢音と呉音も在るからな。
食堂=ショクドウ(漢音)。ジキドウ(呉音)
発足=ハッソク(漢音)。ホッソク(呉音)

*No title

理屈っぽいヤツだなぁ
でも屁理屈並べるヤツよりはマシか

*No title

>>僕が教えられたのは、二つ漢字がくっついたら音読みって

>教わったそのルール自体が間違ってるだけ

たぶん、漢文読み下しにおける基本ルールをそのまま持って来ちゃったんだろな。
つうか、日本人の国語の先生でも答えられなかったってマジかよw
そいつはたぶん、日本人じゃないか、国語が専門じゃないか、先生の資格が無いはずw

*No title

言語だからな。例外なんて腐るほどあるのは、英語でも一緒だと思うけどね。
ネイティブでも読めない人名、単語は当然ある。
英語は表音文字だから、表意文字である漢字と比べると遥かに楽ってだけで。

*No title

「ノー、そんなルールはない」と切り捨てずに
「面白い着眼点だ」と言ってしまいそうな自分がこわい
もしもそんな風に切り返されたら勘違いしちゃうよな、反省

*No title

全てに適用されるわけではないが、音読み熟語は大陸(漢語)由来の概念
対して、訓読みを含む熟語は大和言葉に漢字を当てた和語の概念

*

この投稿、小豆やらの予想だにしない読みの漢字が来たら発狂すんじゃねーの?w
とにかく覚えるしかないんだよな~
日本人ですら間違うんだし

*No title

ネイティブ日本人からみると、ニワカが寄ってたかって初心者いじめてるように見えるwww

*No title

習うより慣れよ

*No title

外来語の当て字だから訓読み音読みなんぞ当てはめられないよ。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3312-e23fc458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。