Homeスポンサー広告歴史>外国人「日本人は戦艦大和を神聖視してるように感じるんだけど実際はどういう位置づけなの?」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「日本人は戦艦大和を神聖視してるように感じるんだけど実際はどういう位置づけなの?」【海外反応】

2015.01.29 Thu

外国人「日本人は戦艦大和を神聖視してるように感じるんだけど実際はどういう位置づけなの?」【海外反応】

投稿者
日本人の意識としては、戦艦大和ってどういう位置づけなの?
神話というか、美化されているように感じるんだけど、どうしてだろう?
「大和」という名前が、歴史的に重みがあるからだろうか?






大和はいまでも日本人の心にあるね 1930年代後半に造られた、歴史的に見ても最大級の戦艦として称えられている 第一次大戦や日露戦争では、戦艦の大きさが勝利の鍵だったから、第二次大戦でも大和があればアメリカやイギリスとの海戦に勝てると考えられていた 実際にはそれだけではだめだったんだけどね ドイツの戦艦ビスマルクや、イギリスのプリンスオブウェールズなんかの例を見ればわかるだろう





↑考え方は二通りあって、大きい船と大量の銃があれば勝てるという人は大和や武蔵、信濃がいいと言う 勝利の鍵は山本だったという人は超大型空母大鳳がいいと言う





↑大鳳は超大型空母とは呼べないな 第二次大戦期の戦艦としてはごくありふれたデザインだ 魚雷一発で沈められてしまうよ 日本の戦艦の中では武装に優れているかもしれないけど 超大型と言えるのはアメリカだとニミッツのクラスだよ





↑「レッド・オクトーバーを追え」のなかでショーン・コネリーが魚雷一発でロシアの潜水艦を沈めてたな 原子力を積んでいるかどうかは超大型空母かどうかの決め手にはならないね フォレスタるやキティーホーク、JFKも超大型空母だよ





↑80年代の魚雷は第二次大戦中のものより強力だからね :-) でも大鳳が超大型空母なんて誰が言ってるの?





↑当時と戦後とでは感覚が違うからね でも日本軍のほかの戦艦に比べれば重装備だったことは間違いない





↑とはいえ、大鳳は30250トン、信濃は64800トンだから





大和は戦艦であって空母ではなかった





↑その通り 大和がユトランドの戦いを太平洋で再現していたらどうなったかわからない





たしかに戦艦大和は戦後の日本で相当美化されている かなり脚色されたバージョンが浸透していて、それが日本人ではない人にも伝わっている場合があるね 大和自体が軍事面で何か成したわけじゃないのに、日本の敗戦と大和の話は一緒に伝えらえている 日本は敗者をヒーローとして称える文化があるから、大和もそれに近いのかもしれないね それから「宇宙戦艦ヤマト」が登場したことでイメージは転化された アニメの中で、戦艦大和は宇宙船となり、地球の危機を何度も救うんだ





日本はアメリカ海軍に対抗することはできないとわかっていたから、大和は何度も対戦することができるよう巨大な規模で作られた ただ戦艦というもの自体がすでに衰退期で、空母の時代に入っていたから 大和も武蔵も空母の寄って沈められたんだ 三番手の信濃は空母に作り替えている途中で終戦を迎えた 戦後何十年たっても、大和は海軍のシンボルとして強く残っているよ 「宇宙戦艦ヤマト」というアニメのタイトルにもなっているくらいだ アニメの人気も相まって、大和という名前は若い世代にも受け継がれている





↑投稿者
つまり、戦艦大和は第二次大戦中の日本人のプライドであり、その名前は戦後フィクションとして人気を得ているということ? わからないのは、戦艦大和が実際に多くの勝利を収めているならまだしも、魚雷攻撃で沈没してるんだよね? 戦争中の事実より、文化面で大きな人気を保っているということなんだろうけど…





↑ガタルカナルで戦艦サウスダコタと激しい戦いのあと、戦艦ワシントンに沈められた戦艦霧島の方が、称えられてしかるべきだと思うけどね 赤城、加賀、飛龍、蒼龍の名前もあがるし、秋風や隼鷹だってあった これは蛇足だけど、アニメの宇宙戦艦ヤマトのなかで、地球船団の旗艦は「キリシマ」っていうんだよ





いまさらかもしれないけど、大和というのは漢字で書くと「大きな日本」という意味を含んでいる だからこそ日本のプライドをかけて大きな戦艦にしたのだろう 大和は日本海軍のプロパガンダとしても重要な役割を果たしたんだ 現代の日本でも、大和という名前は重要だよ 「宇宙戦艦ヤマト」というアニメがいい例だよ





↑面白いね 同じように大和と書いても、中国語で読むと「大きな平和」だ





↑日本語でも和という字は平和をあらわすけど、そもそも日本民族が和族と呼ばれていたからでもある 倭という字を当てたのは身長が低いという意味で中国人が使ったんだよ






http://www.reddit.com/r/AskHistorians/comments/2to4k3/what_is_the_place_of_the_battleship_yamato_in_the/
­
関連記事

コメント

*

轟天…いやなんでもないです…

*No title

大和魂だからな
日本人にとっては特別な名前なのよね

*No title

片道燃料で護衛艦もなく沖縄戦に向かって行ったんだ。察しなさいよ。

*

管理人よ、3番目のコメ訳でsupercarrierを「超大型空母」と訳してるのに、単なるcarrierを「戦艦」と訳してるのは何故なんだぜ?

*No title

せっかくの超弩級戦艦なのだから戦艦同士の砲撃戦やって欲しかったな

*

>3
護衛はついてた。

*

国の名前を付けるコトが慣例となっていた戦艦。
日本そのものと言っても良い「やまと」の名を冠した艦。

そんな艦が実力を真に発揮出来ず、だが猛攻に限界まで耐え轟沈。
儚いモノを尊ぶ日本人にはキュンキュンくるに決まってる。

*

大和も武蔵も信濃も旧国名です

*

当時、大和の存在は国家機密で国民は全然知らんかったって話を聞いた事があるけど本当なんやろか。

*No title

こいつら何にもわかってねぇな
大和は品があるんだ 美しいんだよ
実際、大和が機能だけ追及した無骨な形状だったならば、こんなに憧れは抱かなかっただろう
美イコール強さとは限らない

サーベルと日本刀、もしサーベルのほうが強かったとしても日本人なら日本刀を選ぶだろ。

*

大和の儚さが日本人の美学にかなっているのではないの?

*No title

人気の理由には直結しないだろうけど大和建造の技術は戦後日本の復興と発展に貢献してる
戦中に期待された活躍は出来なかったが大和の存在は大きい

*No title

中国人がつけた良くない名前を
同じ読みで違う良い漢字につけかえて
あくまで使い続けるあたり
今の日本人と同じセンスを感じるな
日本鬼子的な気にしてなさ
当時の日本人なりの返しだったのかも

*No title

まぁなんせ単純に美しくかっこいいんだよ
かっこよさは正義だ

*No title

なぜ尊敬されてるのか?
海軍のクソみたいな面子のためにあえて特攻したからだよ。
活躍してればもっとよかっただろうが、あの特攻でそういうレベルは超えた。

*No title

大和は当時最高機密とされ、 多くの日本人は知らなかった。
日本人にとってシンボルといえば長門だったんだよ。戦後もね。
宇宙戦艦ヤマトが決定打だろうなあ。あれが子供に刷り込んで、現代に至る。

*No title

戦時中は大和より長門型の方が国民に人気あったって話がある。
陸奥の三番砲塔爆発沈没は終戦まで秘密にされていたくらい。

大和は戦後に人気出たんだろうな、沖縄特攻、坊ノ岬沖海戦の話で美化された感じか。

*No title

歴史の中で散って逝った英霊たちの代表
アメリカや外国人たち勝手に使ってほしくない名前。
ハリウッドはヤマトの名前を使わんで欲しい

*No title

秋風ってのは秋月のことか?

*No title

「秋風」という駆逐艦は無いぞ。おそらく「雪風」のことだろう。

*No title

戦艦大和って言うより大和型戦艦を称えてるって意味ならまあ

*No title

中国人の思想は、韓国人そっくりだな~~~。

*No title

>>片道燃料で護衛艦もなく沖縄戦に向かって行ったんだ。
特攻隊も片道燃料で、と同じく戦後にサヨが作り出した完全なるデマ。
ちゃんと帰りの分も満タン入れてる。
と言うよりも、一度の出撃で実際に特攻した数より、特攻攻撃出来ず帰還した数の方が圧倒的に多い。
多くが敵の船からの対空射撃に遭い特攻できるほど近づけず燃料切れ起こして帰還してるのが事実。
そもそも本当に特攻するなら燃料満載で燃やした方がいいのに空にする理由が無い。
思いつきで適当に作ったいい加減な捏造話。

*

母方のじい様が製造に携わった作業員の一人だし、実家の近くに大和ミュージアムあるが、

全く神聖視してないし、ミュージアムにも行ったことない。

あ、あと呉にある大和神社は戦艦とは全く関係ないよ。

*No title

片道燃料はガセだぞ

*No title

名前だと思うな
武蔵だけならここまで残ってないと思う
アメリカで言うなら「開拓フロンティア」とか「アメリカンドリーム」
みたいなネーミングの戦艦

*No title

伊勢・日向(改装前)の方が好きだし神聖視するんなら三笠じゃねーかな

*No title

浪漫だよ浪漫

*

屋根付きのドックで造られた。今はIHI。

屋根は何年か前に無くなった。

*No title

大和を神聖視しているやつなんているのか?
まぁある意味で日本の象徴ではあるかもしれないけど、苦味をともなう象徴じゃないのかね

神宮司大佐も大和の兵器としての限界を感じた故に
いや、なんでもない

*No title

民族名と同じ大和なのと、排水量と搭載主砲口径が現在に至るも世界最大の戦艦だったからでしょうか?

*

倭という字を日本人が嫌がったのは史書に残っているが、
倭という字が背が低いという意味だというのは俗説。
用例がないのにイメージだけで語る人が多い。

*No title

>中国人がつけた良くない名前を
>同じ読みで違う良い漢字につけかえて
>あくまで使い続けるあたり
>今の日本人と同じセンスを感じるな

日本人の感性変わらなすぎ最高

*No title

ウチのじいちゃんも働いてたよ
親父はミュージアムとかよく行くし大和関係の文献も買ってるな
神聖視はしてないけど親しみはあるよ
もっとも歴史の見える丘の慰霊塔とか昔から地味だったけど
今もほとんど誰も来ないしw
海軍墓地は遠足の定番だったけどね

*No title

もう勝てないとわかっていても日本の名誉、誇りのために最後まで抗い続けた根性に惚れるのですよ。
強大な相手にも臆することなく挑むなんて欧米の大好きなヒーローそのものだろ。
まさに大和魂!

*No title

日本の男の船だ!忘れないようによーく見ておけ!!

*No title

江戸時代の木下順庵らは、小柄な人びと(矮人)だから倭と呼ばれたとする説を述べています。
「倭」の字が悪字であるかどうかは見解が分かれていて、俗説とは定まっていません。

*No title

>「秋風」という駆逐艦は無いぞ。おそらく「雪風」のことだろう。
ありますが・・・
ただし雪風と違って大した活躍も無いうえ、重大な戦争犯罪やってたりするけども

*No title

美しい船だったから。

*No title

神聖視じゃなくて、男のロマンを感じるってのが正しい気がするかな。

*No title

戦艦大和の経済効果は300兆円だっけ
名実共に良くも悪くも日本の姿だったんだね

*

まぁ、あと184年後に宇宙戦艦になっちゃいますし。

いやマジ、私みたいな乗り物興味ナシな女がまがりなりにもその概要を知ってるのは、宇宙戦艦ヤマトのお陰だよ。
あと、やっぱ大きさと名前でしょうね。

ただ、凄いなぁとは思うけど神聖視はしてないんじゃないかなぁ。あんまり活躍出来ずに沈んじゃったし。

*No title

外観を大和そっくりにした浮かぶホテルを作ったら、けっこう客が来ると思うんだけど、どこかの金持ちがやらんかな。

*No title

日本語では、自分の事は"ワ”or"ワー"と言っていた(私・我、等で現代に残る)
それを聞いた古代中国人”倭”という漢字を、新たに創って当てた
”倭”=人+委ねる(人間が統治している)という意味で
字が当てられた時点では、明らかに悪い意味じゃなかった

古代中国に"魏"という国が有ったが、鬼+委ねる、これの方がよっぽど酷い意味だったのにね
後付けの意味に惑わされちゃ本質を見失う、ネガキャンに踊らされるなや

*No title

※ちゃんと帰りの分も満タン入れてる

満タンじゃないですよ
出撃して帰って来られる分だけ入れていたということで、燃料タンクがすべて満たされていたわけではないです
さらにこれは直線距離に換算しての「行って帰ってくる」であって、潜水艦の攻撃を回避するためのジグザグ航行や実戦に突入した際の艦隊運動による燃料の消費は勘案されていないという説もあったりします
大和の出撃は特攻であるという認識で立案計画をされました
そしてそれゆえに徹底した軍部のお役所仕事によって燃料の搭載量が決定されたのです
片道燃料のみの出撃なんぞという悲壮感バリバリの言説も、帰ってくるのに充分だったという反論もドグマに染まった人たちの後付けでしかありません

*No title

欧米人には散り行く儚さとか理解できんだろうね・・・桜しかり

*No title

位置づけもなにも海の底ですし

*No title

海上自衛隊員の結婚披露宴。
来賓の自衛隊員がいるテーブルに親族のお爺さんが酒を次いで回り、その時に「自分は戦争中に船に乗ってた」と言った。
自衛隊員が「どんな船だ」と問うと、そのお爺さんが「大和です」と言ったとたん、座っていた自衛隊員が一斉に立ち上がり敬礼し、お爺さんは微笑んで返礼したという話があります。
他の軍艦でも同様だったかも知れませんが、海上自衛隊員にとっても大和は特別なのではないんですかね?

*No title

>特攻隊も片道燃料で、と同じく戦後にサヨが作り出した完全なるデマ。
>ちゃんと帰りの分も満タン入れてる。
「完全なデマ」と書くのは重大な事実誤認がある
連合艦隊司令部からは実際に片道分という指示が出ている
その指示を無視して武士の情け、手向けとして余分に補給していたというのが事実
だから公式な記録上は片道分でも正しい(そもそも片道分云々にサヨとかウヨとか関係あるのか?)
そしてその余分ってのは決して満タンではなく、大和型の満載燃料6300tで実際に補給された重油は4000t
(方々からかき集めたが、それでも第二艦隊全てを満タンにできるほどの重油が残っていなかった)
巡航速度で4往復、長時間戦闘運動をした場合でも1往復は余裕でできる量ではある

*

大和が心に残っているのは性能とかそんなとこじゃない
大和は船で乗組員は人だけど
そのどちらにも人の思いが染み渡っているから忘れられないだけだ

*No title

俺のじいちゃんが広島?で大和見たって言ってた
胴がスゲーぶっとかったってさ

*No title

大和ホテルだし

*No title

よおく知ってそうなフリしといてこのザマである。
神聖視とはほど遠い

*No title

ふつうに艦って美しいと思わんのかね?
機能美とか重厚感とか魅力にあふれているからだけど

*No title

>いまさらかもしれないけど、大和というのは漢字で書くと「大きな日本」という意味を含んでいる だからこそ日本のプライドをかけて大きな戦艦にしたのだろう 

なんで知りもしないのに、こういう嘘を平気で書くんだ?
どっから仕入れた情報だよ?日本人でも知らないわw

*No title

>外観を大和そっくりにした浮かぶホテルを作ったら

昔、呉を再生させようとフェニックス計画なるものが立ち上がって
タンカーをカジノかなんかに改造するって話があったけど微妙なテーマパークに変わってしまった
大和型のホテルっていいね、ただ泊まってる客は外観見れないだろうけど

*

>>ちゃんと帰りの分も満タン入れてる。
>「完全なデマ」と書くのは重大な
>事実誤認がある

だよね。片道分以上の分はタンクの底に溜まってた帳簿外の燃料を、こっそりポンプで汲み出して入れたんだから。
何でもかんでも左翼のせいにするのはアタマが悪すぎる。

*No title

大和は中二
実際は、名前違いの武蔵の方が活躍してた

*

神聖視されている場合もあるけれどキャラクターとして二次使用されて親しまれている場合も少なくない。
地球を救うために宇宙に飛び立ったり、地球進攻のための爆弾ロボットに改造利用されたり、四脚の怪獣になって巨人と格闘したり、巨大ヤドカリの殻になったりと時代を越えて大人気。

*No title

排水量、主砲の口径が世界一位・民族名と同じ名前・大きな活躍をすることなく沖縄へ水上特攻に向かい、坊ノ岬沖海戦で沈没した悲劇。
こういったところですかね?

*No title

まあ、普通にかっこいい船だよね

あと戦後の大型造船技術発展の礎になったのは
日本復興にとって大きないみがあった

*No title

(当時)世界最大、活躍の場がなかった、SF作品で有名にとか・・・
似たようなのに
「伊400」って潜水艦もあるでよw

*No title

大和に限らない話だけど、日本の戦艦のデザインって良い意味で独特なんだよなぁ
これがなぜ車に活かせないのかと

*No title

秘密裏に開発・建造されたことと出撃機会に恵まれず大和ホテルとも言われていて終戦間際には沖縄で座礁させて米艦艇の上陸を阻止するよう片道燃料で沖縄に向かっている途中で10数発の魚雷を受けついには3000人の乗組員とともに沈んだ。

精神的な象徴として、そして皮肉と悲劇が入り交じっていてまさに当時の日本を表すような船。
だから引き揚げるべき!

*No title

神聖視はしてない。でかい凄い哀しい勿体ない。
アニメと悲哀のイメージ混ざった世代です。

*No title

人気があるのと神聖視は違うよな
まぁいかにも欧米人らしい物の考え方っぽいけど

*No title

神聖視なんてしてないが。マニアや関係者くらいじゃないか?造った目的も腑に落ちない。
悪いが特別視しない者にとっては印象はよくない。

*No title

>いまさらかもしれないけど、大和というのは漢字で書くと「大きな日本」という意味を含んでいる だからこそ日本のプライドをかけて大きな戦艦にしたのだろう 

>なんで知りもしないのに、こういう嘘を平気で書くんだ?
>どっから仕入れた情報だよ?日本人でも知らないわw

大和(wikipedia)

大和(やまと)は、日本の古称・雅称。
倭・日本とも表記して「やまと」と訓ずることもある。
大和・大倭・大日本(おおやまと)とも呼ばれる。
ヤマト王権が大和と呼ばれる地(現在の奈良県内)に在ったことに由来する。
初めは「倭」と書いたが、元明天皇の治世に国名は好字を二字で用いることが定められ、倭と同音の好字である「和」の字に「大」を冠して「大和」と表記し「やまと」と訓ずるように取り決められた。

*No title

結果がどうこうよりも美しいから愛されてるってのもあると思う
扶桑ファンが海外にいるのと同じようなものだと思うんだけどなー

性能や活躍がどうのこうのよりも「装甲を厚く巨大にして頑丈に、積む砲も巨大にして威力を というのがロマンがあるし美しい
空母もかっこいいけどやっぱり戦艦のほうがかっこいいと思う

*No title

倭が小さい人ってのは後づけ
実際の理由は今もって不明だが一人称を私(ワ)と当時の日本人がいっていたのを魏の人が聞いたというのが有力

*No title

燃料の件で言えば、確かに命令は片道切符としての燃料だったが、決死の殴り込みに腹一杯食わさんとは何事だと、担当者がかき集めたらしいな。

*No title

何か呪術的な意味合いでもあったのかと勘ぐってしまう。身代わり的な。その位には意味不明だと思っている。

*No title

このスレ日本人が答えないと意味ないんじゃないの?
日本人が答えているように見えないんだけどw

*No title

>ハリウッドはヤマトの名前を使わんで欲しい
ご心配なく、アメリカ版宇宙戦艦ヤマトは最初から「スターブレイザー」とかいう名前にすり替わってるぞ
ハリウッドが実写化してもヤマトの名前は使わないだろう

*No title

「ヤマト」とは、ヘブライ語で「ヤマトゥ」、神の民を意味する。
これを教えてあげれば、彼らも納得するであろふ。

*No title

ぶっちゃけ悲劇の部分なんてただの悲劇でしかない
それについて美化する考えには賛同できない
大和はカッコイイというだけ。ただカッコイイ。

*No title

現実を見たくないだけかもしれない。技術力を見せ付ける為だけの物だとしたら悲し過ぎる。

*No title

別に神聖化しているつもりはないが、外人共は逆になぜそこまで戦艦大和をこき下ろそうとするんだ?

*No title

宇宙戦艦ヤマトがなかったら戦後は大半の人が知らなかったのではないだろうか?

*No title

馬鹿でかい戦艦ってだけでカッコイイじゃん?

*

また知ったか外人ばっかやな
戦時中の日本じゃ大和より長門だし

*No title

大和(おおきなわ)が向かっていた先は沖縄(おきなわ)

ダジャレじゃ無いよ

*No title

男の浪漫だから

*No title

切り札として温存しすぎた。
使おうと思ったら燃料がなかった。
結果論だけど、アホなことしたよなあ。

*

つーか、一般人はそれしか知らないだけ

*No title

戦争中に父の知人が補給船に乗ってた時に、向こうの方から山がこっちに向かってきたそうです。
よく見るると軍艦だったので、周囲の人に艦名を聞くと大和だったそうです。
それくらい大きな軍艦だったそうです。


*No title

日本人は大和型をそれ程美化してないと思うよ
大和、武蔵が受けた被害から分かる防御力と46cmの主砲から考えるごく当たり前の評価しかしてない
寧ろ他国は自国の戦艦の美化が酷い

寧ろ大和型を美化してるのは大和型をsuper battleshipと独自分類してる海外の人じゃないかな?

*No title

プロデューサーの西崎と松本零士のお陰

*

個人的には、美しいとかカッコイイとかより、「デブい」という印象
いやまあデカいから強そうではあるんだけど、相撲取りのような…

*No title

大和を神格化しているのは日本でも海外でもミリタリーマニアだけ

*No title

どうせ宇宙戦艦ヤマトを知ったからそう思ったとかそういうバカ外人だろ
男のロマンとして、大鑑巨砲主義の究極系としてかっこよく思えるから人気なだけで、日本人の誰も神格化なんてしてねーよ

*

秋津風の事だろ
津=『の』だ

*No title

アメリカは日本とう当時の正義を倒した国
つまり悪なんだよ歴史的には
だからこそ正義が負けた悲哀がある
アメリカ人は歴史を客観的に学ぶべき
当時アジアは植民地支配受けてた
アメリカに正義はなかったんだ

*No title

海外の軍事サイトの人気投票でも1番だったりするが
それは一つの究極だからだべ

*No title

外人どもには儚さという美意識は理解出来ないんだろうな 

*No title

神聖視してます。
宇宙戦艦ヤマトみたらわかるでしょ。
あれを見ればよくわかる。実にわかりやすい。
遊星爆弾って後にアメリカがやった絨毯爆撃だと知ったよ。

大和は温存しすぎて活躍する機会を逸してしまった。
最後は護衛もなしに出撃せざるえなかった。気の毒な戦艦です。
でもやはり日本人の心には生きている。宇宙戦艦ヤマトのおかげです。

*No title

神聖視なのかどうかは解らないけど、他より特別だという意識は有るなぁ
もし艦これで大和が激弱だったら、やっぱ許せないもんw

*No title

信濃は終戦前に撃沈されてるんですが

*No title

神聖視じゃないよなあ。神聖視してたらあんなアニメ化に我慢なるもんか。
ただ間違いなく敷島のシンボルではある。皆、戦後知ったわけだが。
後付でも民族の誇りではあるし、同時に虚しさのシンボルでもある。
止むに止まれぬ心情を代表してもいるし、バカバカしさのシンボルでもあろう。
皆、ありとあらゆるものを大和の生涯の中に見てしまうんだよ。

*No title

当時日本には連合艦隊組めるほどの艦はすでになく
その少ない艦に搭載すべく重油もほとんど残っていなかった
で、その油を補充すべく運搬していた東南アジアからの油送船は
アメリカの潜水艦や航空機に沈められていて
新造艦の訓練もままならない
御前会議において戦争の行く末の方針会議があった際に
陛下の海軍に対する「戦力はないのか」とのご下問に対して
出し惜しみするなと忖度した海軍上層部がなけなしの部隊かき集め
菊水作戦を実行したと言われているね

*No title

大和は大和の国(今の奈良県)から名付けたのでは?
武蔵は武蔵の国(今の東京都と埼玉県)、信濃の国(今の長野県)だと思った。
ただ、昔読んだドクトルまんぼうさんの自伝の中で戦時中の対外的情報封鎖の為か、大和や武蔵などは一般人には知らされおらず、巨大な戦艦としてのシンボル的な存在は長門だったと。

*No title

>だよね。片道分以上の分はタンクの底に溜まってた帳簿外の燃料を、こっそりポンプで汲み出して入れたんだから。
>何でもかんでも左翼のせいにするのはアタマが悪すぎる。
むしろ「国を守るため捨て身の特攻、決意の表れ」として美化している人も少なくないのにな

ところで、サヨクはネット上においては親特亜(広義の売国)または脳みそお花畑平和主義者と認識されているわけだけど
サヨク=親特亜、お花畑   サヨク=片道燃料のデマ
片道燃料のデマ=親特亜、お花畑←????

ついでに言うと、船と違って全体重量に占める燃料の割合が大きい航空機は燃料減らした方が軽快に動ける
もっと言うと軍用機でも民間機でも、予定された任務(航路)分+αしか燃料を積まないのが普通で
太平洋横断でもしない限り燃料満タンで飛ぶなんてことはまず無い

*No title

大食らいのイメージがあるが,艦体の規模からみるともの比較的すごい低燃費らしいな大和さんは



まぁサイズはサイズだから結局消費するんだが

*No title

※切り札として温存しすぎた。

いや、海軍さんは切り札なんて思ってなかったですよ
時代が変わったってことは戦争を始める前から彼ら自身も分かっていましたから。
使いようがなくて持て余していたというのが真相でしょう。
兵器としての有効性を確信して温存するようなシロモノではありません。

ところで大和人気は宇宙戦艦ヤマトで生まれたものではありません。
昭和三十年代の少年誌は何かと大和の記事とイラストを載せてましたし、プラモデルと言えば大和とゼロ戦でした。
三十年代は左翼が幅をきかせていたというのは、当時冷や飯を食っていた右翼屋さんの創作で、大衆文化は今以上に「右翼的」でした。
小説、映画、漫画と戦争を扱ったものを扱えば売れに売れたのが三十年代だったのです。
その当時の大和人気を知っている人から見れば宇宙戦艦ヤマトは変則技のリバイバルに見えたでしょう。
それはそれで作者の見事な創作だとは思いますが。

*No title

戦艦大和の話をする時、なぜか世界初であり当時最強を誇った空母機動艦隊の存在が
忘れられ、(当時の)航空後進国の人間にすらバカにされます。

例:「日本は時代遅れな大艦巨砲主義に拘り、航空機主体の流れに乗り遅れた」(by中韓人)

*No title

外国人にわかりやすいように説明するなら
大和への最後の指令は、戦艦の神風Verだとでも言えば良いのかね?

*No title

空母機動戦術を世界で初めて実施運用したのは日本だってことを白豚共は忘れたのか?

*No title

>そしてその余分ってのは決して満タンではなく、大和型の満載燃料6300tで実際に補給された重油は4000t
>(方々からかき集めたが、それでも第二艦隊全てを満タンにできるほどの重油が残っていなかった)

違うぞ、映画の男たちの大和制作の時に当時の関係者に聞いた説明では、かき集めて一応大和は燃料は満載したらしい
ただ大和はたび重なる改修によって建造時から自重が重くなっていて喫水線が危険な位置まで下がって戦闘行動に支障が出かねなかったので、一緒に出撃する随伴艦に燃料を分けたんだと
その時の様子を事情を知らない第三者が見て大和から燃料を抜いたように見えたんではないかという話だった

*No title

>使いようがなくて持て余していたというのが真相でしょう。
自分の妄想で語るなって。

*No title

正直、イスカンダルから帰ってきたから評価されてるだけじゃね?
戦争中は誰も知らなかったしw
そういや、片道燃料特攻どころか、沖縄市民用の歯ブラシや生理用品まで
かき集めて積み込んだってが出てきたな・・ どうも信憑性のある話らしい。

*No title

大和は国のまほろば

*No title

夢はあるんだよねぇ、夢は。
日本が悲鳴を上げながら、最高のものを作ったが・・・。
夢なんだよね、夢。

*No title

日本人にとって最強最大の戦艦つったら長門に決まってんだろ
子供の頃は憧れてよく歌ってたもんだ

*No title

俺はゴーランド艦の方が好き

*No title

波動砲ってカッコイイよね
46cm三連装砲ってロマンよね

*No title

別に大和を神聖化しているわけじゃないんだけどね
デザイン的にも美しいしそれぞれの艦にドラマがある
大和も最後が・・・

*No title

>>いまさらかもしれないけど、大和というのは漢字で書くと「大きな日本」という意味を含んでいる だからこそ日本のプライドをかけて大きな戦艦にしたのだろう<<

欧米人ナリキリ五毛の知ったか日本知識って全員こんなもんよね
ひとコメ6円欲しさに群がってくるバカ移民を選別もせずに使うから情報工作員が粗悪すぎるっての

単純に奈良の大和路からとってるだけだ
姉妹艦が武蔵で、対して関東武蔵野になってるだろ?妄想知ったかバカ

*No title

>一緒に出撃する随伴艦に燃料を分けたんだと
これが事実だとすると、かき集めたにも関わらず史実で満載時の6割くらいしか油積めなかった随伴艦の燃料は
大和からの融通が無かったとしたらだいぶ寒いことになるな

ところで、改装によって予備浮力の現象が起こっていたにも関わらず燃料満載したとすると
一時的とはいえ大幅な燃料積み過ぎ状態が起きてたってことになるけれど(実際に改装によって予備浮力は減少している)
これ、事実なら重大事故に繋がりかねない大ポカなような?
むしろ4000tが実質的な満載燃料重量で、実際に大和に燃料は「満載された」のではなかろうか

*No title

>片道燃料で護衛艦もなく沖縄戦に向かって行ったんだ
燃料かき集めてちゃんと満足いく燃料で向ったし、護衛もついてたぞ
どっかから聞いた話を鵜呑みにしないで調べてみませぅ

*No title

あい変わらず知ったかぶり外国人ばっかりで、「オマエら、何的外れなこと言ってんの?」って感じだな

*No title

国の命運を懸けて建造されたとても大きく美しい戦艦が、生まれた時代が少し遅かったがために戦果をあげることなく儚く沈んでいくところにロマンがあるんだよね。
悲運の戦艦が地球を救うために宇宙戦艦として甦るって、なんとも夢のある話じゃないか。
ちなみに大和の設計士さんは、敗戦後の厳しい時代にもう一度日本中の希望を託された船の設計にかかわった。そう、ボロボロの輸送船宗谷を大改造し、南極の氷に挑める船に生まれ変わらせたのは大和の設計士さんです。
大和は、ファンタジーでもリアルでも見事に甦り任務を果たしたんだと思う。

*No title

戦中は大和はたしかに知られていなかっただろうが、
昭和20年代から30年代にかけて木製模型でも人気があったので子供にも知られていたはず。
昭和35年のタミヤのプラモ第一号が大和とされている(武蔵という説もあり)ので、大和も武蔵も人気があった。

*No title

大和は時代遅れの船だったね,なにもせずに沈んだ訳だから
正確には客船で良い,で,今も同じ過ちを繰り返そうとしているよね
心神だっけ?数年後無人機が主流な中での無駄機体(笑)

*No title

「USS YAMATO NCC―71807」つうのもあってだな・・・

*No title

大和は日本人のロマンが詰まっている。
外国人にとやかく言われる筋合いはない。お前らの軍艦じゃないんだから。

*No title

神聖視してないと思うぞ。俺としては空母群のほうが魅力的に思える。でかいだけであんまり役に立たなかったね、という認識が一般的なんじゃないのかなぁ?

*No title

砲門か何かの技術がロストテクノロジーだと聞いたけど
あと建造に関わった一部の人達は戦後しばらくの間、軟禁されてたとか

*No title

>いまさらかもしれないけど、大和というのは漢字で書くと「大きな日本」という意味を含んでいる 
>だからこそ日本のプライドをかけて大きな戦艦にしたのだろう 
>大和は日本海軍のプロパガンダとしても重要な役割を果たしたんだ

あの艦に大和と名付けられたのは偶然だけどね。
八八艦隊からの流れなら紀伊、尾張、土佐、駿河、近江あたりが使われた可能性もあったし
大和という名称も二代目で先代は小型のスループ、特別視されているわけではなかった。
大和型も5隻に続けて50センチ砲クラスの艦も造る計画だったから大和だけ特別視という事はありえない。

なお、むしろ国名付けられてた戦艦は「八島」「敷島」「扶桑」

*No title

耐えた攻撃量は誇っていいよ 他国戦艦なら半分以下の量で沈むだろ

*

戦艦大和は戦後日本の〝神話〟だな。美しい鋼鉄の怪物の悲しく切ない物語さ…。

*No title

ロストテクノロジーなんつったって、作る必要が無いから制作技術が残ってないってだけで必要があるならいつだって作れますよ。

*No title

戦後の話で子供が誤解しているけど実際は戦前の人には実は大和が海軍のシンボルではなかったらしいけどね。そもそも存在が極秘だったので、日本人の一般人は一部の人しかその存在を知らなかった。だから大和じゃなくて長門や陸奥の方が知名度が高くシンボル的な存在だったらしい。まあ長州の政府だったという事を考えると長門の方が大和より国内的には意味が通りやすそうだし、陸奥も幕府時代の事実上の国防省的な存在だった会津藩の場所で軍事的に国防に縁がある地名。

*No title

今時の人がイメージする大和は基本宇宙戦艦ヤマトのイメージの影響で
実際の戦前や戦中の人が持つイメージとは全く別物だろう
今の子供だとその宇宙戦艦ヤマトの誤解に基づいたイメージに
適当に史実の知識を組み合わせた中途半端なミリヲタの作ったイメージだな

*

大和以外に日本そのものって名前の戦艦は扶桑ってのがあったけど...
まぁなんだ、その...

*No title

>中国人がつけた良くない名前を
>同じ読みで違う良い漢字につけかえて
>あくまで使い続けるあたり
>今の日本人と同じセンスを感じるな

なんかピントずれてないか 「倭国→和国」にしても「倭人」にしても
「わのくに」 (自分たちを「わ」と呼んだか)という日本語に
魏の使節が「倭」と漢字を当てたわけだ
この漢字が不服だから(もっと意味の近い)「和」に変えた

つまり中国人がつけたのは「漢字の当て字」であって
当時の日本の自称(ワの国)自体ではない
「倭国」でも「和国」でも日本語読みは「わこく」「わのくに」だ
あくまで使い続けるも何も 国名につけた当て字が気に入らないからと
国名を変更する方がおかしいだろう
その後「日本」に変更するのは柵封から抜け出すとか国家体制が変わったりと
重要事項があったからだ

*No title

神聖視してるなんてどこから持ってきた話だよ
聞いたことねーよ

*No title

戦後大和が有名になったのは宇宙戦艦より前だろ
吉田満の「戦艦大和ノ最期」という小説が話題となり、少年誌のグラビアなどで紹介され、模型が爆発的に売れた
その頃のやや誇張されたり間違った記述がそのまま引き継がれて、いまだに信じてる人も多いけど
例えば一方的なアウトレンジ攻撃のために造られたとか
あれは殴り合いで相手のパンチに耐えて前進しつつ必殺の一撃を送り込むための艦だよ

*No title

戦艦好きにとって、一番デカい砲を積んだ一番デカい船っていうのは、
抗えない魅力だからな・・・

*No title

外国人とは感性が違うな。日本人は諸行無常の美を知っているから大和にノスタルジーを重ねるんだよ。伝説化して去勢を張りたいわけじゃないし。でもまあ、それは絶対の正義などないという主張でもあるんだけどね。

*No title

大和は「大和の国」(今の奈良県)の旧国名だよ…
日本全体を表す名前を冠した船は「扶桑」です(日本の別名が”扶桑の国”)
燃料に関しては多く書かれているように「片道分だけ」は間違いらしい
あと、神聖視されているなら「昭和3大バカ査定の一つ」とは言われないだろうw

*

ある意味、ガラパゴス化の最たるものだよね。

零戦で飛行機の有用性を実証したのに大艦巨砲主義を転換できなかった。

*No title

>大艦巨砲主義を転換できなかった

これも間違ったイメージだよな
航空攻撃の有用性がはっきりしたのは大和完成後だし、米英も完全に戦艦を棄てたわけではない
要は戦艦の用途が変化したのだ
日本も金剛型による陸上砲撃を行い、その威力を見せつけている

*No title

宇宙戦艦大和は神聖視してるよ。

*No title

大和と零戦だけは日本人の常識。他の兵器とは別格の知名度がある。
この外人スレは結構いい線言ってると思うけどな。
お前らはビスマルクとかミズーリとかのあっちのイメージを正確に知ってるのかね。

*No title

大和は単なる巨大な船ではない
日本海軍の象徴なんだよ
その象徴たる大和が大将旗を翻し、我に続けと
先陣を切って闘ってこそ、後続の艦も付いていくるというもの
・・・某漫画ではそうらしい

*

俺はけっこう神聖視してるけどな。ケジメをつけるためだけに死地に赴くのは今から見れば理不尽かも知れないけど、大和がある限りは降伏する気になれなかったんだろうし、それに慫慂とついていった兵士を思うと敬礼するしかないよ。

三大バカ査定なんてあとからどうとでも言えるだけで、戦艦持ってない列強なんか居るわけなかったんだから。大和の代わりに飛行機作ったらそれで勝てたかっていうと、そんな程度の差じゃとてもとても埋まらない開きがあったんだし。

*No title

活躍したかどうかというのは、戦争について調べたりした人でないと知らないからね
単純に戦後の「日本海軍にはデッカイ戦艦があったぞ!」みたいなところからの戦記ブームを経て人口に膾炙されたとみるべき
まぁ、ある意味ドイツの超重戦車マウスに近いものがあると思う
大きいものはロマンがあるんだな

まぁ、現実的に見ても大和はなかなか魅力的だjけどね
綺麗だし、世界最大の主砲を積んでいたというだけでもなかなかイカすじゃないか
そして沈没するに当たっては数百機の航空機に囲まれてようやく沈んだと。

*No title

マジレスすると、予算と技術の無駄遣い。と同時に軍部が無能であることを端的に象徴してる。
大艦巨砲主義が時代遅れと示したのは日本なのに、その当の日本の軍部が過去の栄光に拘泥し航空戦中心という発想に転換できなかった。でも、技術自体は高い。
技術がいいのにマネジメントがダメというのは今も変わらない日本の性質。
でも、宇宙戦艦ヤマトは面白かった!

*

宇宙戦艦ヤマトしか知らないw
神?神様なんて居ないし
今写真で初めて見たwww

*No title

ダライアスIIのヤドカリの殻発言が出てて草

「已む無きを認む」事から立ち上がらざるを得なかった大日本帝国の海軍における判断(建造込み)や
世界最大の、しかし、とても小さく纏められた戦艦である大和型を非難するには、
・巨大プロジェクトを途中で中断することは容易なことなのか?
・大艦巨砲主義と言われているのに、何故1930年代までしか戦艦が起工されていなかったのか
・三番艦の信濃は空母に改装されたのか
・戦艦の役割は水上戦闘だけなのか? また、対地支援の運用コスト比率は?
・世界で最初に空母機動部隊を戦術的に運用できた国はどこか
についてプロパガンダ上語られにくい点について言及する必要があるだろう。

史実の第二次大戦で示したのは、戦艦を航空機で沈める事は極めて困難であるということも注目したい。
もっとも、水中弾効果対策(大和型等)や航空攻撃の欠点(伊勢型)の副産物ではあるが。
後付の知識から来る結果論に目を向ける前に、過程を見ていったほうが得るものはあるだろう。

結局のところ、優れた点がなくても良いので数を揃え、幾ら被害が出ようが物量で押し潰せば良いという判断を取ることが出来るのは、
アホみたいに数を揃えられるのは米ソと言った極々一部の国家というだけの事である。

*No title

つまり大戦中の帝国臣民の象徴であり、アイデンティティということですな。
大日本帝国の国体の象徴は、天皇陛下。
空の象徴は、零式戦闘機。
海の象徴は、大和。
そして陸の象徴は、チハたん!
そういうこと。

*No title

制空権を獲った状態において、米帝様の水上打撃部隊はその砲威力を如何なく発揮したわけですが
結局大和型なりなんなりが無駄というわけではなく、総合力において帝国は米帝に負けてしまったのよ

神聖視とは言わないが、特別視してる人は多いかもね。
うちはハルゼーを唸らせた艦のひとつ、伊勢に爺様が乗ってたから幾分相対化されるが、やはり大和はいい艦だよ
因みに祖父は、呉で大和内部を見学して、その電気室とかの大きさに吃驚したらしい

*No title

だいたいヤマトのせい。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3330-9914b992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。