Homeスポンサー広告出来事>外国人「すごい!」小型ロボットが迷路をどれだけ速くゴールできるかの競技で日本人が作ったロボットが速すぎると海外で話題に【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「すごい!」小型ロボットが迷路をどれだけ速くゴールできるかの競技で日本人が作ったロボットが速すぎると海外で話題に【海外反応】

2015.01.31 Sat

外国人「すごい!」小型ロボットが迷路をどれだけ速くゴールできるかの競技で日本人が作ったロボットが速すぎると海外で話題に【海外反応】

投稿者
日本のマイクロマウス競技 小型のロボットが迷路を走り抜ける試合 びっくりするほどスピードが速い

7:26~





走った後お腹のナデナデは可愛かった




↑タイヤの掃除でしょうね 




すごいロボットだな!




くそ~こいつらに勝つにはネコロボットを作らなくちゃ!





あの白い円筒みたいなもので何をしたの?





↑あれは掃除用のコロコロだ タイヤのホコリを取り除いてたんでしょう





↑でもやり方からみると充電しているようにも見える





迷路の形はどうやってわかるの?最初から地図がプログラムに入れられたか、それとも走ってる最中に覚えるの?





↑彼が2014年にあげたもう一つのビデオから判断すると、おそらくやりながら覚えさせたと思う 最初の走りは一分ぐらいかかったが、三回目では9秒でゴールした





静電気で充電してるの?





どんなモーターを使ってるのかな?





素晴らしい高テクノロジーだ





その女性アナウンサーの声が可愛い





これは迷宮なんだね 





↑いいえ違う 迷宮と迷路は違うものだ 迷宮は分岐のない入口も出口もそれぞれ一つしかない一本道である 迷路は複雑に交叉してるたくさんの選択肢がある道をさす 





彼が2014年参戦した映像はこちら:






アメリカでは木の車を使った競技を行うが日本はこれか?





すべれ!





面白い 気に入った





これがテクノロジーオタクの日常か





http://www.reddit.com/r/videos/comments/2tgqjz/japanese_micromouse_robot_competition_the_bots/
https://www.youtube.com/watch?v=GaQ8LSxKw2A#t=446
http://www.ntf.or.jp/mouse/m_kyougi.html
­
関連記事

コメント

*No title

必ずしも最短距離ではなくてコーナリング、加減速等考慮した最速ルートを割り出すのだろうか?

*No title

冗談でなく 俺なら一日中見てられそうな競技だ・・ヲタではないが
理系人としては どんなテクノロジーが使われているのか興味津々だ!

*No title

最近は、ロボットの普及で、小型高出力高効率のモーターがあるのと、マイクロコントローラの高性能化、センサーの高機能化が進んで、ここまで高速で制御できるんだね。常に通路の真ん中にいるように制御されているのが素晴らしい。
タイヤは粘着性の樹脂だろうえ。

*No title

トロンを思い出す

*No title

始めたの1980年ごろだろ。
どっちかと言うとまだやってたのかーっておっさんは思う

*No title

ルールが全然わからん

*No title

距離は長いけど直線が多くて単純なコース、距離は短いけど曲がり角が多いコース、斜め走行が可能な車体だとすごく有利になるコース、を自分の得意不得意を加味して選ばないといけない。

最初からわかっているのは迷路のサイズ(32×32マス)と、スタート地点ゴール地点の位置だけ。15分間に5回のトライが可能。

1回目にゆっくり迷いながら道を覚える。ゴールに着いたらスタート地点まで自分で戻る。
普通は戻るときにもまだ走ってない所を調べて他にもっといい経路を探しながら帰ってくる。
2回目以降は本気モードで迷わず最短経路を突っ走る。動画のはその最速トライ。
あんまり経路探索に夢中になって全経路情報取得するまでシラミツブシやってると持ち時間15分がなくなる。

動画になってるのはハーフサイズとよばれる2009年から始まった新しい競技。
技術の進歩を踏まえ「マイクロマウス」の名にふさわしくなるよう従来のルールよりもサイズが縦横高さが半分になった(つまり体積1/8)
迷路面積はそのままだから、迷路の複雑さ規模は4倍になった。

しかしこれだけ速くなっちゃうとほとんどオープンループ制御になっちゃうんじゃなかろうか。埃が付いた足で滑ったらもうアウトだ。
スポーツでも練習して身につけた動作フォーム以外でイレギュラーに対処するのは不可能なのに似てる。

技術的なアイディアはみんないろんな理想をもってやってるだろうけどね、こうやって実際にものを作って結果を出すのがまた大変なんだ笑
大会期日が決まってる中で期日までに開発してテストしてバグとって調整して最高性能を引き出すところまで行ければ最高だけど、現実には凝ったアルゴリズムを開発してる時間的余裕がなかったり、バグが取れなくて後戻りしたり、しかたなく「とりあえず動く」方法を採用しちゃったり。

*No title

辞める理由なんかないだろ

*

地味だけどスゴい

*No title

ラリーX

*No title


スタートからゴールまでかかる時間が一番短いマシンが優勝。
持ち時間内であれば何度でもトライできる。

*No title

そういえば80年代にnamcoがマッピーのガワかぶせたマイクロマウス売ってたなw

*No title

フィールドの縦×横全体の広さは認識していて、中の分岐を走行することによって
マッピングするかんじ?
これはじめてみたけどむちゃくちゃどきどきする。こんな青春があるんだなあ

*No title

技術の蓄積に乾杯!

*No title

以前、伸縮式のブームの先にカメラつけてスタート時にうえから迷路撮影して画像処理して最短経路算出まで済ませちゃってから、いきなり最速トライ始めちゃうマシン作った人がいて特別賞もらってたなw。

まあ本体重くなるし速度自体は優勝できるほどじゃなかった。

*No title

リタイア回のは、埃ですべって激突ってことなのかな。

*No title

wifi積んで最短経路データを転送みたいなチートされても分からなさそうだ

*No title

確かにw。長年やってて長年参加してる面子や審査員も顔なじみで紳士協定的な面もありそうだ。
まあ無線チップだのアンテナパターンだの基盤上にあれば一目見て判っちゃうような人たちなんだろうけどw

*No title

アムロみたいだ

*No title

知らない面白いことがいっぱいあるなぁ
そして海外の反応で初めて知るっていうw
とりあえず日本のマスコミを批判しとくか

*No title

俺のアバンテJr.の方が速いな

*No title

都市計画やインフラ開発分野で革命が起きるな

*No title

無関係な自分ですら見ているうちにロボットが可愛く思えてくる
帰還後の掃除?がナデナデしてるように見えるのも小島さんの愛ゆえかも

*No title

まだマイクロマウスやってたんだ
大学時代に参加したけど、めちゃくちゃ進化してるなw

*No title

「この競技は、1977年にIEEE(米国電気電子学会)が提唱したことに始まり、日本では1980年より「全日本マイクロマウス大会」として 毎年開催され、我が国で初めての「ロボコン」として30余年全日本大会が開催され続けている、世界でも最も歴史あるロボット競技会です。
現在では全日本大会とは言え、欧米の他アジア地域からシンガポール・台湾・韓国等からも非常に技術レベルの高いロボットが多く参加するなど、事実上の世界大会と言われています。」

だってさ。

*No title

動きが完璧だな。かわいさがあるね

*No title

こういう物が技術の下積みになる・・・つってもわかってる外人少なそう。

*No title

人間とコンピュータならどちらが速いだろうか

*No title

人間の一流スポーツ選手である山本マサに操縦させて競おう

*No title

音消してみてたから最初迷ってばかりでどこが早いの?って思ったら途中から目にもとまらぬ速さになってビックリした

それにしてもバッテリーの進歩はすごいね

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3338-bb385134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。