Homeスポンサー広告雑談>外国人「なんで漢字ってひとつに複数の意味を持ってるの?」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「なんで漢字ってひとつに複数の意味を持ってるの?」【海外反応】

2015.02.09 Mon

外国人「なんで漢字ってひとつに複数の意味を持ってるの?」【海外反応】

投稿者
複数の意味を持つ漢字?

こんちわー! 日本語を勉強し始めて、今平仮名から始めたんだけど、出会った漢字も全部勉強しようと思ってるんだ

あんまり理解できないのが: 殆どの漢字は複数の意味を持つっていうこと どうやってそうなるの? どうやったら分かるの? 俺はまだ意味の違いをどうやって見分けるのかっていうはっきりした答えを見つけられてないんだ






文脈! 漢字を勉強したらその漢字の後に来る文字も勉強しなきゃいけないんだ 
例えば 本は「本当」とか「本棚」の一部





↑ 投稿者
あぁ、ok 俺は漢字をほとんど表意文字かのように覚えようとしてた その文字だけで意味を捉えられるみたいな





↑ 君がやろうとしてたのと同じようなRTKもあるよ 漢字の違いを見分けるのに役に立つけど、でも文脈が一番だね 文脈も一緒に覚えるのが一番の方法だと思う 多くの場合、「意味」やキーワードは文に入ってる言葉には合わない(読み方が合わなかったり)するから





↑ RTK? どうやってコンテキストを曼荼羅良いの? 俺は実際ランゲージソースを読むのが良いと思ってた 学問的すぎる例が多いと思ってるから本は好きじゃないんだよね





↑ 正直言うと、すぐに実際の文字を読めるようにはならないだろう ゲンキIとかIIのような教科書は始めるにはすごく役に立つよ 教科書を読むのはボキャブラリーや文法や他の事も覚えられる 俺のおすすめは教科書を読み通して、言葉を暗記するか間隔反復でフラッシュカードプログラムをやるとかかな 





↑ おー Ok 俺は漢字ってもっと文字通りのシンボルなんかと思ってた まず話し言葉を覚えた方がいいみたいだね





↑ RTKは漢字の形を覚えるのとその書き方を教えてくれるけど、それだけだ 多くの人に取っては漢字は新しい単語を習う時に覚えるから漢字だけ覚えるのは時間の無駄 でも必ずしもそうなわけじゃないから別に無視しても良いけど 君が漢字のみを覚える事のリミットを知っていれば、それで大丈夫





↑ 成功しないよ 個々で漢字を覚えない方が良い 大抵は無駄だから 文のなかで覚えた方が良いよ 例えば、「調」というフラッシュカードを作るとする 横に「ちょう しら ととの」を書いて、反対に英語の意味を書く 実際の生活には殆ど役に立たない 
「調べる、しらべる to examine, to investigate」「調書、ちょうしょ、protocol, written evidence, record」「調査、ちょうさ、、、、」って感じの個々の単語フラッシュカードを作った方が良い 





↑ 投稿者
あぁ、RTK==何処にも通じてない道?
Ok わかったよ





↑ あー 略使ってコメントしてながらどう言う意味かを言ってないの今気づいたよ RTK = Remembering the Kanji これは漢字を書くのを勉強する為の本なんだ





↑ 投稿者
わかってないけど 了解





↑ 調達と調味料とかっていう単語とは全く違うコンセプトの「調える」を抜かしてる 





↑ そうだけど、これが完全系リストとは言ってないけど





↑ なんで「ととのえる/アジャストする」っていう意味の言葉を全て省いた「調」のフラッシュカードなんか作るの? なんで「調べる」って言葉だけ?





↑ そんなこと言ってないだろ なんか勘違いしてるな 俺は個々の単語カードをいくつも作るって言ってるの 上記した単語は俺の頭に浮かんだ最初の言葉だっただけだ





↑ 投稿者
この言い合い自体がフラッシュカード作りをなんか難しそうに見せてるんだけど





↑ ただ単語ように暗記カードを作ったやつを使ったら良いよってことね 暗記の間隔反復アルゴリズムはカードでできる他の何よりも効率よく覚えられるから





>その文字だけで意味を捉えられるみたいな

出来るよ 漢字はそれに関連した意味をちゃんと持ってるからね でもよくある誤解が、漢字=単語っていうやつ そうではないんだ 漢字を使って単語を「書く」んであって、漢字自体が単語というわけではない
形態素として考えたら良いよ 単語としてじゃなくてね
例えば、英語の”impossibility”
・im- の部分は否定系(not possible)
・-possib- は”possible”から来てる
・-ility- はこれが名詞だということを言ってる

不可能生は日本語での”impossibility”だ
不 = 否定
可 = できる、可能
能 = 能力
性 = 性質/-ness(名詞) 





↑ 投稿者
ワォ これすごくわかりやすい! 漢字ってすごく慣用的/文脈に左右されやすいんだなって分かるね





>俺は漢字をほとんど表意文字かのように覚えようとしてた その文字だけで意味を捉えられるみたいな

これはよくある誤解だね
君が習ったように、漢字は一つ以上の意味がある だから俺はHeisigのRTKのような方法をあまりお勧めできないんだ  
「見分けて意味を理解する」って言う方法は単語を勉強するやり方で漢字には合わない






http://www.reddit.com/r/LearnJapanese/comments/2uzz7s/kanji_with_multiple_meanings/
­
関連記事

コメント

*No title

曼荼羅は難しそうだな……

*No title

偏やつくり、文字の意味意識して勉強した方が結局理解するの早くなると思うなぁ

*No title

覚えるしかないだろ。bookに「本」という意味もあるし「予約する」という意味もあるだろう。同じことだ。

*No title

漢字は学校で覚えたという記憶はあんまりないな、ルビのふってある児童マンガや
ルビのふってない本でも類推で読めるようになっていった

*No title

漢字は学校で覚えたという記憶はあんまりないな、ルビのふってあるマンガや
ルビのふってない本でも類推で読めるようになっていった

*No title

英単語も同じだろうに。

*No title

意味もだけど呼び方も複数あって日本人でも覚えられんぞ!

*

違う漢字で同じ意味のものも外国人には混乱するだろうね。「どっちが正しいんだ」ってね
例えば「一万円」「壱万円」みたいな

*No title

不可能生は日本語での”impossibility”だ
不 = 否定
可 = できる、可能
能 = 能力
性 = 性質/-ness(名詞) 


これは珍しく賢い。特に日常的に使う漢字の使われ方を良くあらわしてるよ。まあ、少し前の書き言葉や漢文の場合は漢字一文字を単語のように使う事もあるが、それは欧州の基準でいうならラテン語と英語くらいの違いはある言語だし。普通の漢字が分からない人が覚えるようなものではない。話し言葉と書き言葉は別言語で、更に漢文と古文と、古い字体、書体、方言で違うので標準語が使えない外人が覚えるのは無駄だろ。

*No title

英語にだってレモンカーとかもう表面だけ取ったって意味がわからない言葉なんか沢山あるだろ
なんで漢字が表面だけでわかると思ってんだ

*No title

漢字(熟語)をどう学ぶかについて英語で説明されると、こっちが混乱する。それこそ学んだらじゃなくて曼荼羅だわ。
そんなに煩雑な解読法が必要かなー、って。

平仮名カタカナと小学3年生くらいまでで学ぶ基本漢字を覚える→子供向けの漫画を読めば、芋づる式でわかるような気がするけど。
自分はそうやって漢字を学んだよ。ルビがついてるから読めるようになるし、絵がついて状況を表してるから意味も類推できる。
文法だけでも面倒くさいのに、漢字なんかまるっと覚えなくてもいいだろうに。

*

英語だって同じ綴りで違う意味を持つ単語があるじゃん。それと同じことだね。

*No title

何個も意味持たせないと覚えなきゃいけない漢字増えるでしょ

*

英語と大して違わない、いや英語の方が類推難しいだろ

*No title

なんで英単語ってひとつに複数の意味をもってるの?

*No title

実は複数の意味はないんだよ。分解というか、本来の意味を知れば、なぜそう呼ばれるか理解可能なんだ。
本という字が例に挙げられていたが、英語に訳せば、BOOKだけど、本来の意味で訳せば、foundationと
なる。bookは知識を伝えるものとして派生してきた意味だ。漢字のほとんどは、抽象的な概念を持っている
事が多い。それは色であったり感情であったり、科学的な概念であったり、人間関係だったり…
それらの組み合わせが、特定の状況や意味を規定する。

*No title

↑の「実は複数の意味はないんだよ」のコメント書いた奴、自分では賢いと思ってるけど周りからは馬鹿と思われてる典型みたいな奴だな

*

そうそう英語の特に動詞も大概だよなぁ、あれに苦しめられた人は多いだろうね

逆に使いこなせると英語が面白くなるらしいけど

*

複数の意味があるのは、文章にした時に効果を発揮するからだよ

*No title

日本人も使いこなせてないから問題ない

*No title

rightが右だったり、正しかったりで、
翻訳ソフトが大分苦労してるぞ

*

曼荼羅w

*No title

例に挙げられてるimpossibility=不可能性みたいな対応があるのは明治期に作られた対訳語なので当たり前と言えば当たり前なんだけどな。

*

確かに曼荼羅は難しいなwww

*No title

日本人と同じように勉強する方法が合理的。
小学生の漢字練習帳・ドリルで順に覚えていくのが一番。

*No title

漢字はただ暗記するもんだと思ってた。
国語の先生でも、ちゃんと説明してくれた人は一人も居なかった。

*No title

漢字一字に対して意味は一つだけなんだけど
単語になって始めて複数の意味を持つようになるだけで

*No title

曼荼羅良いよね……

*No title

不可能性なんて言葉使わないし
これは中国の並べ方に倣ったものだしw

*No title

学んだらが曼荼羅になったのかwww

漢字はもとは象形文字だから、そこに立ち返ると理解が捗るよね

*No title

成人してから覚えるのってきつそうだよな。
毎日、日本語に目を通さないとなかかな自然には読めるようにならないんじゃないか。
にたような字面も多いしな。
でも、仕事じゃ分からんが実生活じゃ中学生くらいまでの漢字でほぼ事足りるような。

*No title

みんな曼荼羅に食いつく。自分も食いつくw読んだらの誤字かな?

*No title

マジで曼荼羅は難しいよ

*No title

アルファベットと違って、漢字が表意文字だったことは歴史上ないんだ。
歴史的発展も正反対で、読み方のない純抽象の行政用記号で始まり、
アルファベットと同じ表音文字と、それを区別するための付加記号に
分業したあと、方言の違いを吸収する抽象化された発音、つまりは
話し言葉としての発音を表す文字になり、今ではほぼ全ての字は
表音文字と付加記号の組み合わせになっている・・日本と違い、
部首の数が数量の違いに対応する事はない(ようするに、
  木の数で木・林・森などの字を使い分ける事はない)。

*

日本人なら漢字を訓読みして、キーになる意味を覚えられるけど、外国人が覚えるには訓読は難しくかな。
英単語の語源をたどると、ラテン語やギリシア語、フランク語などの原型に他の意味が付属してる形になってる場合がある。
漢字は、へん つくり で概念範囲が表されるよ、
たいていの漢字は音読みでいい、中国から書物が伝わった時期により、古い漢字(仏教のお経読み)は呉音読みにしてたり、次の時期隋や唐の時代は漢音読みが多いんだよ、ってことを教えてあげたい。漢字には中国や日本の社会認識や科学の歴史が詰まってるんだよ。

*No title

字形が全く違っても、対応する発音=話し言葉が同じなら、意味も関連するし、
字形が同じでも、対応する発音が違う場合は、全く無関係の言葉に対応する。
その字形が元々何を表していたかは意味に関係ない、そして一番の要点は
「古い辞書などに載っている、知られ引用されている、は証拠にならない」。
※要は、特定の政治的立場を支持するオカルトをこじつけただけなので

あと、これは漢語の文法上のルールだが、漢文は推移の過程を表すもので、
原則として、行為の終了時点などの「結果」を「保持」することを保証しない。
もし結果が結果として残るという例外を表すときは、専用の語が使われる。
その字が「流れが(川幅などの広がりで)遅くなり停滞する」を表す字と
いうことを知れば、それがいつまで残るかは保証されないのも分かる。
(身体部位の膨らみ=「膨」から、身体部位の符号「月」を除いた字)

女の字は女性を意味しない(姦も「男性の特性を表す(女性関連は不要
白の字・色は悪や死や腐敗を表す、などなど、歴史・文化・常識の違いがある
で、日本での(各地方・各時代…のローカルな)使い方で解釈できるとは限らない、
それどころか、あちらの内部差異も結構あるので、共通点だけ挙げたのが以上のお話。

*No title

英語もそうだけどまず文句を言わないで単語を1,000くらい覚える
そのうち色々と気がつく、その気がついた法則に従って覚え直す
新しく覚える単語は格段に楽になるという形かな
いきなり高度な覚え方をしようとしても文例も知らないんじゃ覚える要素が
増えるだけで意味が無い

*No title

漢字ラビリンスへようこそ!あなたはここから永久に出られなくなるでしょうw

*No title

武田鉄矢先生に教えてもらえ!

*No title

日本人だって常用漢字を覚えるのに子供の頃から9年以上かけてんだぞ
外国人の大人がそんな簡単にマスターできるものじゃないよ

*No title

文脈というより単字と単語、熟語、慣用句の区別がないって事なんだと思うけれど
アルファベットは単字でほとんど意味を持たない事が多いから
そことの違いをもう少し意識したほうが理解が早まると思うが

*

そんである程度「覚えた!」と思ったら
「中国語ではそんな意味じゃないよ」
とか言われて混乱するんですね

*No title

どんな言語でもそうだけど、ネイティブにとっては一つの単語は一つの意味なんやで
日本の英和辞典で「TAKE」って引いたら意味が幾つもズラズラと出てくるけども、
英語圏に生まれた人間はそんなこと意識して喋ったりなんかしてないはず

同様に、日本語で「とる」という動詞にはいくつもの漢字があてはめられるが、
あれは日本語を漢語に合わせて切り刻むからそうなっただけの話であって
日本人が口頭で「とる」という動詞を用いる時にそんなことは普通意識しない

同じものを表現する単語でも、言語によって示す範囲がズレるのは当たり前
外国語を勉強する時には何処の誰だって一度はブチ当たる話じゃなかろうか

*No title

妙な工夫してないで素直にテキスト覚えろよ
お前が捻り出せる最高のアイデアが先人の知恵を上回ることはないんだから

*No title

大体日本人がどれだけの期間かけて漢字学ぶと思ってんだ

*

漢字を覚えるなら、やはり曼荼羅だよね!

日本語なんて非合理的なものを良く覚えようとするなぁ

慣れれば便利だけど覚えるのは大変だぞw

*No title

多義語に関しては英語の方がひでえ

*

漢字は部首とか構成する字を考えた方がいいよね
発音もだいたい同じだから
漢検一級のため俺も漢字源で勉強してる
元が中国の字だから象形とか会意とか形声とか難しい
英語はコアイメージなるものがあるからもう一度勉強してみようかな

*

曼荼羅www

*No title

日本語を読むために漢字を覚えるのではなく、漢字を理解することそのものを趣味にするのが良いかもしれない。
漢字はそれ自体がアートの要素を含んでいるから

*No title

曼荼羅は難しいよな、うん。

*No title

>英単語も同じだろうに

ほんこれ

*No title

うん、実際には英単語に複数の意味ありすぎだよなw

*No title

>ワォ これすごくわかりやすい! 漢字ってすごく慣用的/文脈に左右されやすいんだなって分かるね
こいつよろこんでるけど、自分のつまづいた時点に戻っただけやんw同士に会えてよかったねワロスワロス

管理人て「ま」と「よ」を間違える事が出来るんだね。何ともバランスの悪い・オシイひとだなぁ。(使えないw)

*No title

haveやらtakeやら英語も大概だろ

*No title

ちゃんと勉強してるんだな
国によっては日本語用の教科書も普及してないだろうに
しかし日本語覚えて役に立つのかな?

*No title

大変だな
頑張って

他人ごとw
日本語の読み書きを外人ができるとホント努力したんだなって感心するよ
日本人でも幼いころからコツコツ積み重ねてもなお日本語のすべてを知るにはまだまだ足りないのだから

*No title

漢字は1字だと大まかなイメージしかないからな。木の根というイメージだな
ただし熟語はそれから類推しずらい・・・

本=book(Hon)/center(moto)
本当=true
本体=meain body
本棚=book shelf

外国人はそのまま覚えるしか無い

*

>形態素として考えたら良いよ 単語としてじゃなくてね

いつまでもループすることが多いスレでやっと頭の良い奴が来たかって感じだ
この人みたいに分析力があれば語学の上達が早そうだわ

*No title

水がミズとスイに分かれるのは
滴模様の左右にアクアとヲーターって書く程度の差よ。
って話だと思ったら違った。

*No title

本物とか本当の”本”だって、語原までさかのぼれば、「ドキュメンツにレコードがある」って意味なんじゃね?
そう考えたらブックの本と語源はあまり変わらないように思うが。

*

曼荼羅良いの?って言われても

*No title

英単語だと、Orderが、命令だったり注文だったり、一方で修道会だったり騎士団だったり。
schoolが学校だったり流派(門派)だったり。
初めて知った時は「何でこれらが同じ単語なん?」と違和感があったな。

*No title

突っ込みどころ多すぎだろ…

>殆どの漢字は複数の意味を持つ
これは相対的なことであって、単に母国語との守備範囲の違いでしか無い
日本語から見ると英単語は色んな意味含みすぎって思うし。

>・-possib- は”possible”から来てる
>・-ility- はこれが名詞だということを言ってる
区切るなら「possibl」と「ity」じゃね?

>俺は漢字をほとんど表意文字かのように覚えようとしてた その文字だけで意味を捉えられるみたいな
本来はそうだよね
>漢字=単語っていうやつ そうではないんだ
同じような見た目だから勘違いしてるけど日本語と中国語の漢字を混同しがちだよね
中国語では漢字=表意文字=単語(最近は日本語から輸入してるからその限りではない)
日本語では漢字=アルファベット(日本語はせっかくの表意文字の漢字を表音文字として扱ってるから二度手間。
でも単語が日々増えていく現代で際限なく増やしていくしか無い表意文字自体がオワコンだからしかたない)
日本人はいつも外国からいろんな要素を取り入れてるけどベースは日本独自のものでそこは決して崩さないよね
そこは文化の保存性という意味で利点でもあるけど弊害もある。
英語学習も一旦日本語に和訳してる時点で別物に変わっちゃうからいつまでたってもEnglishは身につかない
EnglishはEnglishのまま覚えないと

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3391-dc78fd2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。