Homeスポンサー広告歴史>外国人「山本五十六は第二次大戦で日本が戦えるのは1年だけで後は負けると答えてその通りになったらしい…」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「山本五十六は第二次大戦で日本が戦えるのは1年だけで後は負けると答えてその通りになったらしい…」【海外反応】

2015.02.24 Tue

外国人「山本五十六は第二次大戦で日本が戦えるのは1年だけで後は負けると答えてその通りになったらしい…」【海外反応】

投稿者
アメリカとの戦争について聞かれた時、山本五十六は6か月から1年は善戦するだろうが、2年目3年目には負けることになるだろうと答えた その通りになったんだって





日本はアメリカが参戦せず、中国と戦っている日本に物資供給をしてくれることを望んでいた





↑真珠湾には、アメリカ空母は入っていなかった 改善においては戦艦同士の戦闘は主要ではないんだ 日本が勝利したのは、飛行機が戦艦の攻撃に有効と気づいたからだよ だから空母が入港していなかったのはアメリカにとってはラッキーだった ミッドウェーのときなんかは特に、戦艦同士は互いに姿も見ていないはずだよ 戦いはすべて空中戦だったんだ





↑日本には海戦で艦隊をすべて失ったとしても勝つ方法があった ひたすら長引かせることだ 日本はハワイを奪取しても西海岸を攻撃することはなかった だがアメリカの方には日本との戦いを長引かせるだけの供給力があった だから日本が戦争に勝つ手段はなかったんだよ





↑そういえばイギリスにも50隻ほど空母がなかったか





↑42-45年にはそれくらいあったかもね





↑船には二種類ある 潜水艦と、標的船





↑最盛期には、1週間で船を作ったはず 次々と破壊されるから、とにかく作って出さなくてはならなかった





アメリカはヒトラーの戦争に関わりたくはなかった 日本はその姿勢を、臆病と取ったんだ それにアメリカは大恐慌時代の仲だったからね 山本五十六はアメリカに留学経験があった だからアメリカ人のことをよくわかっていたんだ だから「眠れる獅子を起こすな」と警告したんだが、日本政府でそれに耳を傾ける者はいなかった





↑ファシストは国を一つの民族と考えるね 一つの家族であり、血縁であると だから移民で成り立っている、まだ建国して数世代しかたっていないような国は人のために命を犠牲にするなんてことはないだろうと考えたのだろう だがイタリア系アメリカ人はイタリアよりアメリカを深く愛しているし、強制収容所に入れられた日本人も、誰よりもアメリカのために戦った アフリカ系だって散々痛めつけられても国のために働いているよ





↑そんな風に考えたことはなかったな 素晴らしい話だ ありがとう





↑山本五十六が「眠れる獅子(または巨人)を起こすな」といった逸話はおそらく創作だろうけど、アメリカへの攻撃には強く反対していたのは事実 決して勝てないからと この点は強く主張したらしいね





↑アメリカは眠れる巨人だったんだよ 山本五十六はアメリカを生産力の大きさと軍事力は日本の想像を超えると表現したんだ 眠れる獅子は中国だね  山本は中国の方が脅威だと考えていた もし日本が中国を倒せなかったら、おそらく日本人は絶滅させられるとわかっていたんだ





山本五十六はハーバード大で学んでいたんだよね それに外交官としてアメリカ海軍にも随行していた アメリカ国内をあちこち回っていたはず 当時の日本政府でそこまでアメリカを良く知っていたのは山本だけだったんだ





↑当時他にも数名がアメリカで学んでいたけど、山本は群を抜いていた だから山本はアメリカの力を過小評価することはできなかったんだ





当時の日本がどう考えていたのかわからないだって国内に石油資源もないのに、どうやって軍事兵器を動かそうっていうの? まともな考えとは思えないね





↑だからこそ攻撃してきたんじゃないかと思ってる アメリカは参戦したくなかったが、日本を貿易封鎖して経済支配することは続けたかった だが日本がアメリカの石油会社を買収していることが分かって、アメリカは経済制裁をさらに強めた 日本を真珠湾に駆り立てたのはむしろアメリカの方だっと思ってるよ





↑面白いね、この話は初めて聞いた





山本の意見が先見の明だったというわけじゃない 当時日本軍部ではそういう意見で一致していた





http://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/2wt6ub/til_when_asked_about_a_war_with_the_us_isoroku/
­
関連記事

コメント

*No title

散々日本の邪魔をして煽って属国にならなければ云々、と圧力掛け続けてた事は
あまり知られていないのかな?

*No title

真珠湾攻撃やるしかないまで追い詰めたのはアメリカだろが

*

「アメリカ中西部より以西を全て旧宗主国であるイギリス・スペイン等に返還せよ、従わなければ国が滅ぶレベルの経済制裁をする」
そうイギリス・スペイン等の国々が言って来た時、アメリカはどうする?

アメリカは一度、ハルノートについて勉強するべきだと思う

そして、イギリスを助ける為に(公約で非参戦を掲げてたルーズベルトが)裏口参戦を望んでいた事も

*No title

映画で見た限り日本陸軍がバカばっかだったみたいな印象

*No title

ずーっとアメリカに暮らしてて、何よりアメリカ人が働きものなことに衝撃を受けたというからね。

*No title

山本長官も強固に反対していた様だが、日独伊三カ国同盟はホントに失敗だったね
あれで日本の運命が決まったようなもの
山本長官が主張した通り、ナチの起こした戦争に巻き込まれた訳だしね
米国が日本を散々挑発したのも、欧州戦線に参戦する口実が欲しかったから

*No title

>>散々日本の邪魔をして煽って属国にならなければ云々、と圧力掛け続けてた事は
>>あまり知られていないのかな?

ここ10年ぐらい一部の州除いてアメリカ流ホルホル戦史教えてたはずだよ。
アメリカの理不尽な圧力外交の内容は一切触れられてないし酷いところでは原発の虐殺の否定までしようとした為日本が流石に抗議するぐらいのレベル。
まぁ太平洋戦争の知識を一般アメリカ人に求めるのは酷かもしれん。あいつら世界史と世界地図わからんジョークはジョークじゃないし横暴なわりには他国への関心のなさはある意味異常。
深く考えると国とか歴史の無視とか祖国を捨てた移民特有の発想かも知れんね・・・

*No title

>アメリカは参戦したくなかったが、日本を貿易封鎖して経済支配することは続けたかった だが日本がアメリカの石油会社を買収していることが分かって、アメリカは経済制裁をさらに強めた 日本を真珠湾に駆り立てたのはむしろアメリカの方

これですよ!

*No title

>「アメリカは戦いたくなかった」
ルーズベルトが戦争したがっていたのを知らないらしい
もっと調べてからコメントしてくれよ

*No title

日本にとってはルーズベルトが悪魔だった
あいつ好きになる日本人は無知かドMのどちらかだ

*No title

>日本はハワイを奪取しても西海岸を攻撃することはなかった

潜水艦で西海岸攻撃してたりしたんだがな・・・
一応アメリカは上陸された場合を想定してロッキー山脈を要塞にしようとしてたし

*No title

>↑面白いね、この話は初めて聞いた

こんな初歩の初歩の初歩の話さえ「初めて聞いた」だもんな
相変わらずのガイジンの欧米絶対史観無知蒙昧には頭痛が止まらんわ
未だに、悪のファシスト帝国・日本が世界制服を企みヒトラーと手を組んで
真珠湾を攻撃してきた、
この程度の認識なんだろうな

*No title

当たり前っちゃ当たり前の話だけどな
開戦時点では彼我戦力差はさほど無かったんだから
その後は御存知の通りアメリカの工業力で突き放されることになる訳だが

*No title

妄想で語られてもwwww
まあ、国民もバカだったし、上層部もバカだった。
なぜ日露戦争になって、勝つことができたかという事実を国民にそのまま教えておけば、海外列強の取り成しがなければ、停戦交渉すらできない事が国民にもわかるだろう。そうしたら、アメリカに喧嘩を売らずに、ノラリクラリとやったはずだ。
開戦したら、アメリカとの停戦交渉など、欧州の協力なしにはできないんだから、絶対に有利な条件では終われないからな。
日露戦争では、英国が段取りつけていたので、戦争になったし、有利な条件で終われたのだ。日本の力じゃない。

無知こそが罪なんだよ。必要以上に恐れる必要はないが、無知はダメだ。

*No title

それでも、戦わずして滅びる事を受け入れる事なんてどこの国でも出来ないだろうが!
ヨーロッパ、ロシア、日本、中国および東南アジア、中東が手を結んでアメリカを締め上げたら、あいつ等だって同じ事するぜ?
石油を求めて南米の国々を併合していくだろうし、メキシコ辺りじゃマフィア達とドンパチ始めて泥沼になるだろうよ。

*No title

その通りもなにもあたりまえの話で
五十六は日本の兵站や生産力物資状況、それを連合と比較して冷静に発言したまでだろ?
むしろそれでも序盤は善戦してたのはすげーくらいだよ

*No title

アメリカが行った石油の禁輸は宣戦布告と同義のことだ
もし石油の禁輸が続いたらエンジンひとつ動かすこともできず、もちろん船も飛行機も動かせなくなる
日本は石油の備蓄が無くなる前に宣戦布告同様の行為に対抗して動くしかなかっただけだ
ただ黙って兵器が鉄くず同然になるのを待っていればよかったのか?
誇りある民族ならそんなことができるわけがない

*

一方的にアメリカの挑発行為が〜とか言ってる馬鹿がいるなw

アメリカがくず鉄や石油禁輸、資産凍結などしたのは日本の仏印進駐を受けてのもの
んでアメリカの挑発行為だ!って馬鹿じゃね?
オランダ領東インドにも、仏印と同じ事しようと話持っていって断られてるしな

フライングタイガースだって参戦は開戦後なのに、挑発だ戦争行為だと喚く馬鹿がいる

*No title

>>2015-02-24 18:27 |ななしだよ

だな、おまえが当時に軍部に入れば馬鹿な軍部にかわっておまえが指揮を執り
ハルノートも降りかかる欧米の植民地支配も簡単に防げたよな
でどーやって国益を損なわないで回避できたのかな?
歴史のシナリオだけみた傍観者はどーとでも好き勝手言えるものだ
「無知」が駄目だというなら、今度からはどーやって回避できたか具体案の1つでも書いてからコメしろよ

*

日本が散々中国で暴れ、三国同盟を結び、東南アジアを伺ったのは挑発行動ではないのかw
馬鹿の考えは面白いな

南部仏印進駐のヴィシーフランスとの交渉の最中にもアメリカは警告を発していたのにな

警告をしたにもかかわらず仏印進駐
北部仏印進駐でくず鉄禁輸され、警告を受けてたのにさらに南部仏印進駐で石油禁輸てね

アメリカの挑発も何も、日本が自分で首絞めとるわ

*No title

>フライングタイガースだって参戦は開戦後なのに、挑発だ戦争行為だと喚く馬鹿がいる


昭和20年12月、アメリカ上下院合同調査委員会で、陸軍参謀総長ジョージ・マーシャル大将は、
共和党H・ファーガソン上院議員につぎのことを認めた。

「アメリカ軍人は、日米開戦前、すでにフライングタイガー社の社員に偽装して中国へ行き、戦闘行動に従事していた」  (『パール判事の日本無罪論』田中正明著より引用 )

( ´,_ゝ`)プッ 

*No title

ルーズベルト大統領は最悪の人種差別主義者で、「日本人は1000年遅れた猿だ」とか「日本人を人種改良しろ」とか発言しているクズだけど
戦争を煽ってたのは、ルーズベルトに嘘の情報を上げ続けた側近らしいね。
近年になって機密文書が解禁され事実が解ってきた。

日本が開戦前に南方を侵略計画を立てているとかいう話も嘘だぞ。
通常の艦隊訓練をしていたのを意図的に日本軍が南方を侵略をしていると捏造し大統領に上げていた。
捏造された様々な情報によってルーズベルトが日本に強行的になって、推敲段階では日本に講和させる
話も含まれていたハルノートが最終的に日本を叩き潰す話になってしまった。

*

石油禁輸されたから三国同盟を結び南方進出したわけじゃないのにな

日本が三国同盟を結び、南方進出したから経済制裁されたんだよ

順番が逆なんだよな
アメリカの挑発とか言ってる馬鹿はこの辺を勘違いしとる
歴史を知らない馬鹿

*No title

>山本は中国の方が脅威だと考えていた もし日本が中国を倒せなかったら、おそらく日本人は絶滅させられるとわかっていたんだ

誰もつっこみないのな外人は

*No title

ブサヨ 『日本が散々中国で暴れ、東南アジアを伺ったのは挑発行動ではないのかw 馬鹿の考えは面白いな 』
特亜  『日本の植民地支配は許しマジ!!東南アジア諸国を苦しめた!アジアのナチ!!』

欧州  『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

*No title

先に東南アジアを侵略して植民地にしたのは欧米列強なんだけどなw

*

フライングタイガースが開戦前に中国にいたのは軍事顧問としてだわな


軍事顧問で戦争行為だっつうなら、上海事変で日本と戦った国民党軍、ドイツ顧問団から指導受けてるなw

戦争行為だなんだ言ってる馬鹿は単なる詭弁

*No title

どうしたのブサヨ?嘘弾幕薄いよ??

*No title

>軍事顧問で戦争行為だっつうなら、上海事変で日本と戦った国民党軍、ドイツ顧問団から指導受けてるなw

はぁ?意味がわからん よーするに

『国民党だってドイツ人から戦闘訓練うけてたじゃねーかよww』
『それが不問なんだからF・タイガーだって国際法上も問題ねーわけよ、ぎゃはwww』

ってこと? 

*

ハルノートが全て
アメリカのいいなりになるか戦うかの2択を迫られて闘った
結果アメリカのいいなりの国が出来ましたとさ

*

欧州で第二次大戦勃発

日本は五相会議で、三国同盟をむすびドイツにやられた国の植民地を火事場泥棒しようと決める

三国同盟を結ぶ

イギリスを支援していたアメリカ怒る

日本仏印進駐、オランダ領東インドにも話を持ちかける

アメリカ経済制裁発動

どの辺がアメリカの挑発なのか意味がわからないw
日本から仕掛けといてねえ
馬鹿の考える事は面白いなw

*No title

>>軍事顧問で戦争行為だっつうなら、上海事変で日本と戦った国民党軍、ドイツ顧問団から指導受けてるなw

↑上海事変と三国同盟の時系列くらい調べたらどうだ??頭大丈夫か?

*No title

白人「ハルノート?なにそれ」

なのかよw ひでーなw

*

ハルノートが総てってw

石油禁輸時点でアメリカは戦争をする決意を固めてましたけど
日本としてもこれは戦争しかないと息巻いた
しかし、天皇の一声で和平交渉をやる事になっただけ
アメリカは戦争準備を整える時間稼ぎで受けた

アメリカは、日本との戦争が欧州戦争へ参戦する裏口になると考えていたからなー
三国同盟結んでたからね

ハルノートには最後通牒以外に大した意味は無い
それ以前に決まってたわな

*No title

日本は中国と戦争していたけど戦況は芳しくなかった、そんな状況で欧米とも戦争をしなければいけない。
勝てるわけがないけど、戦わざるを得なかった。しかしアメリカを侮っていたのは確かだね。

*

フライングタイガースが戦争行為だうんぬん言ってる馬鹿がいるが

そいつに倣って言えば
そもそも当時日本と中国は戦争などしていないw
支那事変と言ってたわけだからな
戦争にすると貿易条約面などで色々都合が悪いもんだから、戦争でなく事変と呼称してたんだからな

戦争で占領した訳ではないから統治する訳にもいかず、軍閥や傀儡地方政権を作って中国統治をしていた訳ですねえ

*

結局は「日本が悪、俺ら仕方なく戦った正義マン」を繰り返し言ってるだけ
無知は罪ですね

*No title

負ける戦争するしかなくなった時点で大失敗
あとはただ意地を張りたい人間の悪あがき
それを無知な大衆が迎合した
結局想像していた以上にひどい結果になって愚かな大衆は戦争が終わって安堵した
戦前戦争に大賛成していたもののほとんどが戦後アメリカ流の民主主義に大喜びする変節漢多数
太宰などのように冷徹に世の中を見る人間はそれを指摘したりもしたが
その後はそれまでの意地だの誇りだののために戦争するのは愚かだとして今度は大の戦争嫌いに
無知ですぐに流される大衆の愚かさよ

*No title

「一年は戦える」は、それ以上伸びたら負けるの意味。
山本はアメリカ国民は自分勝手な愚民だらけだから、最初に一発ガツンと殴りつければ
そのままへなへな戦意を喪失するだろうから、それを狙って叩けということ。
要は民主国家の国民を舐め切ったエリート意識の塊が陥った罠。

*No title

自衛でもないのに東部13洲から西へ西へと片っ端から有色人種の土地を侵略して虐殺と奴隷搾取をして地球の裏側まで来ておいて
日本から攻撃してきたとか本当に考えているのが凄いわ。

*No title

「日本が戦えるのは1年だけで後は負ける」→だから対米戦争を開始したら一年以内に講話に持ち込まなければならない→そのためにはアメリカ太平洋艦隊をほとんど再起不能にする必要がある→しかし空母は撃ち漏らしてしまった→こうなるとハワイを占領し、米西海岸を作戦可能領域にしなければならない→しかし中途半端なミッドウェイ攻略ですべてが台無しになった→この時点でゲームセット→(以下、海軍の本音)しかしアメリカに大幅な譲歩をして講話するためには、最低限、日本陸海軍の武装解除と戦争犯罪人の処罰が必要→しかし一度もアメリカと(ちゃんとした)戦争してない陸軍は猛反対だろう→海軍としては陸軍が参ったというまではともかく戦い続ける他はない→どうせなくなる海軍ならば、せめて名だけでも残して置こう泣くに泣けない男の意気地・・・・・・・

*No title

ABC、と並んだ家がありました
ある日C家は言いました
C家「なぁB家、もう少しA家の方に行けよ」
その結果、A家とB家は喧嘩を始めてしまいました

それを見ていたC家は、B家に対してこう言いました
C家「おいB家、A家と喧嘩したからお前の家よこせ」

*No title

つうかそもそも奴隷制度も植民地も経済植民地も必要としない体制の日本に
それらを求める白人がアジア中にある植民地を拠点に武力干渉してきて
不平等条約で植民地寸前まで追い込み、
さらにその武力干渉の拠点を維持し続けるどころか増やしているような
白人の所業(平和に対するA級戦争犯罪w)がなければ
日本が自衛の為にアジア進出する必要もなかったのだが。

*No title

日本がアメリカに負けるだと?誰か知らんがこの山本五十六は腰抜けの臆病者、卑怯者だな。この売国奴目!さてはお前は左翼か在日か?大和民族の魂の敢闘精神さえあれば神州は不滅。オイ山本、キサマ尻を出せ!懲罰尻たたき1万回。海軍伝統の精神注入棒でお前の腑抜けた精神を鍛えなおしてやる!

*No title

「ニッポン ヨイクニ キヨイクニ、セカイニヒトツノ カミノクニ、ニッポン ヨイクニ キヨイクニ、セカイニカガヤク エライクニ」小学校修身教科書。→→ 兵隊は餓死、国土は焼け野原。神の国も満蒙は日本の生命線もみんな嘘。ハルノート飲んで何の問題も無かったのが実際。欲張り侵略者は全てを失いましたとさw

*No title

恐れ多くも英明な天皇陛下も満州事変からの侵略の歴史を学べとおっしゃってる。

*No title

いや、普通に当時の軍人の上層部も大半が負ける可能性は考えてただろ。
でも引けない理由があった。
全く欧米人は何処まで黄色人種を馬鹿にしてんだよ。一発かましてやらなきゃこいつら理解しねぇよ!
てな。俺らの天皇陛下及び俺ら!を舐めるんじゃねぇ。勝てないが妥協くらいしろよ!!みたいな?

*No title

この中にチョン子がいるな

*No title

ようするに米人も歴史の真実なんか何もわかっちゃいないってこった。

*No title

>>軍事顧問で戦争行為だっつうなら、上海事変で日本と戦った国民党軍、ドイツ顧問団から指導受けてるなw

ベトナム戦争を調べてみよう。アメリカの軍事顧問団の人数とか、実質的な行動とか。
フライングタイガースも教導目的もあったが、フライングタイガース自体が戦闘行為を行っていた事実はどうなんだと。
中国人パイロットはまだまだ育成中で、パイロットはすべてアメリカ人だったんだぞ。

「眠れる獅子」ってのは、欧州方面が中国を評していた言葉で、それもアヘン戦争などから「正体は張子の虎」って言うのが当時の日本での認識じゃないのか?
山本提督が中国を警戒していたってのはあまり聞かない話だ。
アメリカに対してのタイムリミットの話はよく聞くけどね。

*No title

元々勝つんじゃなくていかに現状を維持したまま講和(引き分け)できるかが目的だったしな
開戦1年でアメリカの戦意を無くす事が出来なければ負けっていうとんでもなく勝ち目の無い戦争

*No title

実際のところ、日本もアメリカもコミンテルンにいいようにやられたということ。
近衛文麿内閣の中枢には尾崎秀美、フランクリン・ルーズベルト政権の中枢にはハリー・デクスター・ホワイト。
2人のコミンテルンのスパイによって日米は戦争をはじめ、疲弊しあいソ連が得をする。

*No title

山本提督に限らずアメリカとの工業力、生産比率を何度も調査、分析してたんだから他のトップも分かってたことだよ
それゆえの電撃的な侵攻作戦だったわけで勝てる!と思ってたわけじゃなく生き残る!てのが当時の日本の至上命題だよ
まぁアメリカおよび洗脳された戦後昭和日本人は「残虐性ゆえ侵略したかった」みたいなファンタジーじみた幼稚な悪玉に仕立てて当時の日本を理解したいみたいだが

*No title

当時の日本政府も軍部も、誰も 米国に勝てる とは言ってない
それを知らない米が多数あってびっくりした。
当時の日本は米国との戦争は勝てないって知ってたよ
民族が滅ぼされる(植民地にされる)か、誇りのある死か
それしかなかっただけだというに

*No title

>>ハルノートが総てってw

そういう上げ足取りのされ方をするとは思わなかったw
まあ、皮肉にもハルノートって言うだけでそこまで雄弁に語ってくれたおまえ自身が
証明してくれてるから、俺はいいけどねw

*No title

>フライングタイガースが開戦前に中国にいたのは軍事顧問としてだわな
>
>
>軍事顧問で戦争行為だっつうなら、上海事変で日本と戦った国民党軍、ドイツ顧問団から指導受けてるなw
>
>戦争行為だなんだ言ってる馬鹿は単なる詭弁

JB355計画。
まぁアレは結局実行される前に開戦したから、結果的に挑発行為にはならなかったけど。
ただ、あの内容は軍事顧問の範囲を著しく逸脱してる様な。

*No title

>2人のコミンテルンのスパイによって日米は戦争をはじめ

用は白人なんだよ。ほんの少し前まで地球の裏側に住んでいたのに世界中を自衛でもないのに片っ端から侵略してきたわけだから。
当時の指導者は当たり前だが白人を信用なんて出来るわけがない。
全員奴隷や虐殺や民族浄化してきた連中。
世界中で唯一の持続的発展をしていて奴隷制度もなく他国に資源を必要としない体制が実際に2百数十年も続いていたのに
先に日本に侵略してきたのは白人。
だから当然その侵略の拠点であるアジア中の白人の植民地を叩きに行った。

戦後マッカーサーが公述した通り近代日本のアジア進出は正当防衛の自衛戦争。

*No title

>日本はアメリカが参戦せず、中国と戦っている日本に物資供給をしてくれることを望んでいた

1937年から続いてた日中戦争で、英米は中国に加担してたのにそれは無いわww
WW2だけ切り取って見るからおかしくなる

*No title

>2015-02-24 17:40
同意。

>2015-02-24 17:47
まさか、フィクションをもって現実を語ろうとは言わないよな?

*No title

真珠湾より先に日米の軍は交戦してること隠されてるな
経済封鎖も酷いが普通に物理的にも最初に仕掛けたのはアメリカだよ

*No title

山本五十六はコミンテルン

*No title

日本軍がもっと賢かったら善戦してたと思う

*No title

>当時の日本は米国との戦争は勝てないって知ってたよ
>民族が滅ぼされる(植民地にされる)か、誇りのある死か
>それしかなかっただけだというに

それも微妙に違う。
勝てないから戦うべきではないという総論には内心賛成していたが、
では具体的に誰が貧乏クジを引く(利権を失う・流した血を無駄にする・面目(軍備増強の正当化理由)を失う等)
かという時点で、足がすくんで顔を見合わせる状態になった。
そして一部の声の大きい人間(主戦派)にズルズルと引き摺られてしまった。

こういう体質は現代日本でも変わっていない。

*No title

まあ途中経過はどうであれ結果だけで
見た場合、どう取り繕っても日本は敗戦したんだから仕方ないね。

*No title

>民族が滅ぼされる(植民地にされる)か、誇りのある死か
>それしかなかっただけだというに
>2015-02-24 21:41

敗戦後の日本人がどうしたかを見れば説得力0なんだがw
本当に戦争しなきゃ日本が植民地になってたくらいなら今頃完敗した日本は植民地か滅んでなきゃいけないんだがw
何より誇りだのと言ってた当の日本人が上から下までアメリカに媚び売ってるんだがw
国をボロボロにされても屈しなかったベトナムは誇りのためなら死ぬという資格はあるが負けて尻尾を振った日本には誇りのために戦ったという資格などない

*No title

〉↑だからこそ攻撃してきたんじゃないかと思ってる アメリカは参戦したくなかったが、日本を貿易封鎖して経済支配することは続けたかった だが日本がアメリカの石油会社を買収していることが分かって、アメリカは経済制裁をさらに強めた 日本を真珠湾に駆り立てたのはむしろアメリカの方だっと思ってるよ

〉↑面白いね、この話は初めて聞いた

マジかよ(笑)

*No title

>本当に戦争しなきゃ日本が植民地になってたくらいなら今頃完敗した日本は植民地か滅んでなきゃいけないんだがw

その後の冷戦構造がGHQの方針を変更させたんだよ。
アメリカなんて自衛でもないのに東部13洲から西へ西へと片っ端から有色人種の土地を侵略して虐殺と奴隷搾取をして地球の裏側まで来た連中なんて信用出来る訳もない。
ネイティブアメリカンは殆ど全滅、ハワイ王室は消滅のうえ侵略。
それなのに終戦後アメリカ世論が皇室をつぶせの大合唱の中GHQは潰せなかった。
日本は国体の為には命を惜しまない民族だという事を日米戦でアメリカの指導者が知ったから
これ以上日本国民と対立して消耗したくなかったからだよ。
自らの歴史を失った国は生き延びる事は出来ない。
爺さん達が頑張ったから国体が守れたんだよ。
そりゃ日本にほ戦略ミスはいくらでもあったがそもそも侵略してきたのはアメリカだからな。

*No title

どうせ勝てやしないんだけど
ミッドウェーやガダルカナルでの戦力では上回ってた戦いやうまくやってれば勝っててもおかしくない戦いに負けたのは惜しすぎるというべきか戦力が互角でもこの様じゃ勝つのは無理だったというべきか
物量で圧倒的な差がついてる戦いで負けるのは仕方がないがせめて互角の物量の戦いに勝ってたらどうなってたかとは思うわなあ

*No title

アメリカ人はアメリカが外国で何をやろうとし、何をやってきたか知らないんだな。歴史を専門としない限り、最低限の歴史教育とプロパガンダ映画、偏向した本、テレビ、そんな物ぐらいしか見ていないのだろう。日本人も知らない奴が多いから、アメリカのことばかり言えないけど、欧米の奴らは知らなくても知っているかのように話すから質が悪い。

*No title

まるでアメリカが戦争に参加したくなかったみたいだな
まさか自分たちが根っからの戦争屋と気付いてないのか?

*No title

>アメリカはヒトラーの戦争に関わりたくはなかった 

いや、アメリカ(と言うかルーズベルトなどの当時の首脳部)はめちゃ関わりたかったんだよ、だから同盟国である日本に開戦させてそれを口実にドイツをたたきたかったんだ。
当時のアメリカは、国民がモンロー主義でいいじゃないと言うのを戦争に駆り立てるために涙ぐましい努力してたんだから。

*No title

ルーズベルトはサイコパスだったと言われている

*No title

※ 2015-02-24 18:47 | 名無しの反応さん
>フライングタイガースだって参戦は開戦後なのに、挑発だ戦争行為だと喚く馬鹿がいる

フライングタイガースはアメリカ空軍のパイロットと整備士がアメリカ空軍を除隊して民間人の立場でアメリカ政府から最新鋭機と武器弾薬を無償で借りて、アメリカ政府に中国までの人員と戦闘機と武器弾薬を無償で送ってもらった義勇軍部隊だよ。
しかも何故か民間人の立場でありながらアメリカ政府から支援金の名目で生活費をもらって、義勇軍に所属している期間も軍人恩給の対象期間としアメリカに帰国した時には昇進させた上でアメリカ空軍に再入隊することを認めるという待遇でね。
ちなみにフライングタイガースは真珠湾攻撃の数ヶ月前に中国に到着し、戦闘機の整備とテスト飛行を繰り返している。

もしも航空自衛隊のパイロットと整備士がフライングタイガースと同じ待遇で民間人による義勇軍部隊として世界各地の紛争地域に行った場合、現地に着いて戦闘機の整備とテスト飛行を繰り返しても日本政府による挑発行為でも戦闘行為でもないから憲法第九条には抵触しないと主張したいのならフライングタイガースもアメリカ政府による挑発行為でも戦闘行為でもないということになるね。



*No title

アメリカ世論は戦争反対だったがルーズベルト政府は対独・対ソ政策としてWW2に参戦したかった。
だから対日経済制裁を強めて日本を挑発し、日米平和交渉を行いつつも、暫定協定案を放棄、日本の最終案の拒否と同時にハルノートを提示した(11月26日)。
ちなみに日本政府は12月1日まで(元は11月25日まで)に交渉が成立しなければ、対米戦争に踏み切るとし、機動部隊は日米交渉が成立した場合は即時帰還するよう命令があり、アメリカはその情報を事前に掴んでいた。

*No title

>↑だからこそ攻撃してきたんじゃないかと思ってる アメリカは参戦したくなかったが、日本を貿易封鎖して経済支配することは続けたかった だが日本がアメリカの石油会社を買収していることが分かって、アメリカは経済制裁をさらに強めた 日本を真珠湾に駆り立てたのはむしろアメリカの方だっと思ってるよ

>↑面白いね、この話は初めて聞いた


え?
あいつらなぜ日本がアメリカと開戦したと思ってるの?
世界征服とかマジに考えてるの?
そこまでバカなの?

*No title

 暗澹たる思いだよなー外国人
 ネットに書き込むほどの人たちでこの程度の認識、つっこむ人もいないという・・・。
 まあ日本人にも、いまだに日本が戦争の原因という人もいるくらいなのでやむを得ないか・・・。史実はそのままでも、立ち位置を少し変えるとまったく違ったふうに見えてくる。まるで天動説と地動説のよう・・・。
 ちなみに支那であばれまわったのは中国人な、欧米諸国も日本軍がこれを鎮圧することを望んでいたが、なかなか出兵しなかった。このことで欧米諸国は日本軍の能力は低いと判断し、そのことがのちの戦争の引き金となった。

*No title

 まぁ、真珠湾なんて個別に取り上げてもクソの役にも立たないんだけどね
くじ引きみたいなもので、別に真珠湾攻撃しなくても/宣戦布告が間に合ったとしても、大勢には全く影響無かったし
一寸だけ都合が良かっただけで、無けりゃ他の事をピックアップして真珠湾の代わりにしただけ

 1930年以前からチマチマと進めて来た計画が、んな1事案程度で取りやめにする訳が無い・・・10年以上かけて根回し、手回し、洗脳、煽動を舐めたらアカンよ

 まぁ、そのせいで戦後は自縄自縛で他所に顔出しては失敗して他国をぶっ壊して再建失敗して逃げ出すってのを繰り返すだけの存在になってるし・・・今後もクラッシャーなだけな存在なのは続くんだけどね

*No title

>本当に戦争しなきゃ日本が植民地になってたくらいなら今頃完敗した日本は植民地か滅んでなきゃいけないんだがw

言ってる意味が分からん。
「戦争しなきゃ日本が植民地になってた」事と「完敗してるのに植民地になっていない」事は全く矛盾していないと思うが。
「今頃完敗した日本は植民地か滅んでなきゃいけない」っていうのは一体どこから出てきた話だ?
まさかとは思うが「戦争に『勝たなけりゃ』日本が植民地になっていた」と読み違えてないか?

敗けるのは確実でも、相手に「こっちを追い詰めたら甚大な被害を蒙る」ってのを自覚させる事は意味があると思うんだが。
ハルノートで追い詰めようがどうしようが要求をホイホイ呑んでくれる国と、追い詰めたら戦争おっぱじめて命を顧みずカミカゼしてくるクレイジーな国と、どっちを植民地の立場まで追い詰めようとする気になるのか、という。

*No title

ABCD包囲網とか知らねーのかよっていう外人さんもおるな

*No title

そもそも、パールハーバー攻撃その他、怪し過ぎる作戦だらけの
山本五十六その他、アメリカ留学組どもの正体は
フリーメーソン・イルミナティ系のスパイだったという大疑惑。

*No title

>日独伊三カ国同盟はホントに失敗だったね
満州事変で国際的に孤立して、孤立回避のために防共で仲間を募ったら乗ってきたのが独伊だった。

>アメリカが行った石油の禁輸は宣戦布告と同義のことだ
「仏印進駐したらアメリカから経済制裁食らう。
 次官だった頃の海軍の物動は9割がアメリカ頼りだったのに、他に目処でも付いたのか」
と仏印進駐に反対したのもまた山本五十六だ。
上層部の大半は楽観視して経済制裁してくるとは思ってなかった。

真珠湾は、空母や潜水艦や航空機による漸減作戦を行ってから艦隊決戦(要するに伝統の既定の作戦)をしても土佐沖に追いつめられて壊滅する・・・何度図上演習やっても負けるので何とかしたいというところから生まれた作戦。
そういう意味では山本は提督としては最後まで旧型の人だった。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3479-6408dc81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。