Homeスポンサー広告出来事>外国人「日本の都市伝説はトリhダもの…」日本でまことしやかに囁かれれう都市伝説の数々に外国人興味津々【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「日本の都市伝説はトリhダもの…」日本でまことしやかに囁かれれう都市伝説の数々に外国人興味津々【海外反応】

2015.03.12 Thu

外国人「日本の都市伝説はトリhダもの…」日本でまことしやかに囁かれれう都市伝説の数々に外国人興味津々【海外反応】

口裂け女
マスクをした若い女性が、学校帰りの子供に「わたし、きれい?」と訊ねてくる。「きれい」と答えると、「……これでも……?」と言いながらマスクを外す。するとその口は耳元まで大きく裂けていた、というもの[2]。「きれいじゃない」と答えると鎌や鋏で斬り殺される、と続く[3]。

人柱
人柱(ひとばしら)とは、人身御供の一種。大規模建造物(橋、堤防、城、港湾施設、等々)が災害(自然災害や人災)や敵襲によって破壊されないことを神[* 1]に祈願する目的で、建造物やその近傍にこれと定めた人間を生かしたままで土中に埋めたり水中に沈めたりする風習を言い、狭義では古来日本で行われてきたものを指すが、広義では日本古来のそれと類似点の多い世界各地の風習をも同様にいう。

テケテケ
テケテケとは、下半身が欠損した姿で描写される亡霊、もしくは妖怪の呼び名、またはそれにまつわる話の題名である。両腕を使い移動する際に「テケテケ」という音がするため、この名で呼ばれるとされている。
冬の北海道室蘭の踏み切りで女性が列車に撥ねられ、上半身と下半身とに切断されたが、あまりの寒さに血管が収縮したために出血が止まり、即死できずに数分間もがき苦しんで死んでいったという。もがき苦しんだ後即死にいたる場合もある。

赤マント
赤いマントをつけた怪人物が子供を誘拐し、殺すというもの。 誘拐の対象を少女のみとし、誘拐した後、暴行して殺す、とされることもある。
明治39年に福井県で起こった「青ゲットの男」事件が発端となり(昭和10年代の「赤毛布の男」事件とされることもあるが、これは誤り)、あまりにも不気味な、この未解決事件は瞬く間に全国に広がり、いつしか赤マントの伝説を生んだとする説がある。
東京谷中で起こった少女暴行殺人事件と、当時流行した紙芝居の演目のひとつ『赤マント』(加太こうじ作)が混ざったという説もある。紙芝居『赤マント』は芥川龍之介の『杜子春』を下敷きにしており、赤マントを着た魔法使いの紳士が靴磨きの少年を弟子にするという差しさわりの無い物語だったが、作り話の余波により大阪ではこの紙芝居が警察に押収される騒ぎとなった[2]。

トミノの地獄
童謡作家としても知られる西条八十(さいじょうやそ)が26歳のときに書いたとされる詩「トミノの地獄」。
少年トミノが一人で地獄を旅することになった様を美しい言葉で綴ったものだが、この詩は決して声に出して読んではならない。

心の中で読むぶんには問題ないのだが、声に出して読むと凶事が起きる、と言われており、寺山修司(1935年12月10日 - 1983年5月4日)はこの詩を声に出して読んでからしばらくして亡くなった、という詩なのである。

牛の首
「『牛の首』というとても恐ろしい怪談があり、これを聞いた者は恐怖のあまり身震いが止まらず、三日と経たずに死んでしまう。怪談の作者は、多くの死者が出たことを悔い、これを供養するため仏門に入り、人に乞われても二度とこの話をすることは無く、世を去った。この怪談を知るものはみな死んでしまい、今に伝わるのは『牛の首』と言う題名と、それが無類の恐ろしい話であった、ということのみである」、というもの。 民間伝承の牛の首は、とある役人が、調査のために訪れた廃村の中の大木の下に、牛の頭骨が埋まっているのを発見した場面から始まる[1]。

お菊人形
 大正七年、札幌市に於て開催された大正博覧会を見物に、八月十五日出札。狸小路の商店で、妹菊子に おみやげとして買って来た オカッパの胸の鳴る人形であった。

 菊子は 大変喜び毎日人形と共に楽しく遊んでいたが、不幸にして 大正八年一月二十四日 三才にして死亡、葬儀の際大切にしていた人形を 棺の中に入れ持たせてやるのを忘れ出棺後見つけたのでお骨と一緒に仏壇にまつり生前の菊子を思い出しながら朝に夕に回顧しているうちにいつともなく髪の毛がのびだした。





基本的に日本の都市伝説っていうのはトリハダもの





トイレットペーパーのやつはちょっとばかばかしい





↑全部バカバカしいよ





↑人柱っていうのが一番怖かった 観光でこういうののところに行ったときにツアーガイドが昔話として話してくれたんだけど まじびびった





↑マトリックスに出てきたじゃん 青い薬か赤い薬か





↑トイレのやつは笑った





ただただ泣くしかない場合はどうするの





↑口裂け女に会ったら、ってこと? たしかわたしきれい?って聞かれたら「わからない」って答えるか、逆に「わたしきれい?」って言い返して、困ってるうちに逃げるってのが正解





口裂け女はいまでもいるって言われてるよ…でもマスクしてればただの美人だよね…





↑口裂け女の場合は、自分が口を切られてもそれが彼女の口のサイズにマッチしてればいいんじゃない





↑口裂け女って本当にいるとしたら、結構かわいいんだと思うんだけどな 答えに関係なく押し倒すよ





↑口にフルーツでも押し込んでやればいい





↑口裂け女に会ったらチップをやれよ それか「普通じゃないの」って答えてキャンディでもやるか





「コンスタンチン」って映画に口裂け女が出てきた あれは怖かった





トイレットペーパーの都市伝説はたぶんオイルショックのころ出来たんだろうな





もっと見たい人は「地獄先生ぬーべー」をどうぞ





牛の頭のやつに興味があるんだけどネットでどこにも出てないな





「Nip/Tuckマイアミ整形外科医」に治療してもらえば





いちばん怖い都市伝説はカーネルサンダースの呪いだよ





http://imgur.com/gallery/ihCu1
http://www.reddit.com/r/creepy/comments/2ykbt0/freaky_japanese_urban_legends/
­
関連記事

コメント

*No title

1なら次は二ダ

*No title

「なっ!」おじさんと「ねっ?」おばさんが居ないからやり直し

*No title

牛の首て初めて聞いた
そんな都市伝説あったんだ

*No title

口裂け女がドンピシャ世代なのと高速で追っかけてくる婆さんの話くらいしか知らねえ

*No title

牛の首の話はつりにもよく使われてた。
真相を知ってるがとても怖い話で公言できないというスタンスで、
ほんとは知らないんだろう?というつっこみにも上記で一点張り。
真相を知ってる人はみんな死ぬなら、誰も知らないで合ってるのね。

*No title

牛の首は小松左京の短編小説、
「牛の首」の怪談は誰も知らいが、その恐怖だけが語り継がれる話。

*No title

ホレスのトイレのやつってあるけど
本文は省いてあるな 多分トイレの花子さんのことだろうが

*No title

牛の首ってモンティ・パイソンのキラージョークのパロディなのかな?

*No title

牛の首って鮫島事件みたいなものかと思ってた・・・

*

コンスタンチンにワロタ

*No title

口裂け女のような集団ヒステリーによる都市伝説はアメリカでもあったような…
最近アメ公は馬鹿ばかりだから忘れちゃってるかな

*No title

トイレは画像(色付きトイレットペーパー)からだと「赤巻紙・青巻紙」じゃないかな?

元は中国で紫婆(婆は敬称で実際には若い娘)と呼ばれた若いお妾さんが、
制裁の嫉妬でトイレ(当時の中国ではトイレと豚小屋は同じ意味だったらしいので実際には悲鳴を隠すために豚小屋)で
切り殺されて、殺された場所で幽霊として出るようになった

トイレの紫の幽霊→赤か青のトイレットペーパーを選ぶ、に話が変形したらしい

*No title

人面犬「」

*No title

なんでポマードなのかいまだにわからない

*No title

手術失敗した医者がポマードべったり塗ってたからじゃなかったっけ
そんな怪しい医者に整形頼むから失敗するんだよ

*

オレが「ドミノの地獄」をブログに載せた数時間後、すぐ隣の家に住む父親が首吊自殺してた。怖くなってブログ消した。これマジ話。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3554-8587be7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。