Homeスポンサー広告歴史>外国人「アメリカが日本を空襲したときって日本ではどんな反応だったの?」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「アメリカが日本を空襲したときって日本ではどんな反応だったの?」【海外反応】

2015.03.12 Thu

外国人「アメリカが日本を空襲したときって日本ではどんな反応だったの?」【海外反応】

投稿者
ドーリットル空襲の時、そしてそれをアメリカがどのように行ったかを知った時の日本の反応はどうだったの?

ドーリットル空襲
ドーリットル空襲(ドーリットルくうしゅう、英語:Doolittle Raid)、またはドゥーリトル空襲とは[1]、第二次世界大戦中の1942年(昭和17年)4月18日に、アメリカ軍が、航空母艦に搭載したアメリカ陸軍航空軍の爆撃機によって行った日本本土に対する初めての空襲である。なお作戦遂行において中華民国の国民革命軍の支援を受けた。名称は空襲の指揮官であったジミー・ドーリットル中佐に由来する。





日本はどうやってアメリカが攻撃していたか知っていた なぜなら彼らからも空母や爆撃機は見えたからだ 空母から飛び立ち日本本土へ向かう爆撃機は予期されていなかったわけではない 宇垣纏はその可能性を1942年の2月から予期していた その爆撃に対抗するために、
800マイルほど沖に650もの偵察船を配置していた 
これはアメリカは予期していなかったので、攻撃開始予定地に向かう途中この偵察船を見たときには驚いた
日本軍は、この空母は爆撃の目的地から200マイルほどまで来なくては爆撃機を出発させないと考えていた アメリカ軍は日本軍の偵察船にはおどろいたが、彼ら自身にも驚かせるものがあった 日本軍はアメリカ軍がそれほど長距離飛べる爆撃機を持っているとは知らなかったからだ
アメリカ軍は日本沿岸の400マイルほどから爆撃機を出発させるつもりだった しかし、偵察船のせいで予定の距離には近づけなかった 結果的に、ドーリットルの空襲は、日本を通り過ぎ奇襲してから中国へ着陸することになった

捕鯨船の第23日東丸からの警報で、日本側はまさに驚くことしかできなかった
B25は一機とて撃ち落とされることはなかった
ドーリットル空襲による被害は少なかったが、士気に対する影響はとても大きかった
「こんなことは起きるはずがない」と永野修身はつぶやいたそうだ
山本は気分が悪いと言って部屋に一日中閉じこもっていたそうだ

日本はスクランブル発進を空母アカギ、ソウリュウ、そしてヒリュウをスリランカから日本へ戻し、アメリカへ送ろうとしたが無理だった

この奇襲によって、日本陸軍の太平洋戦局に対する考え方が変わることとなった 田中静壱はミッドウェー作戦にはこの奇襲の前には反対の立場だったが、この攻撃のあと、彼を翻した もっと興味深いのは、5月25日(ミッドウェー攻撃のために日本から攻撃機が出発した一日前)に、日本陸軍はハワイへの攻撃の準備を命じた 彼らの訓練は9月前までに完成するはずだった 
アメリカ側としては、ドーリットルの空襲を行うと、ホーネットとエンタープライズは南太平洋の珊瑚海海鮮で使えないということだった アメリカ側にもし4つの空母があったとしたら、戦争の結末がどうなっていたか想像すると興味深い
■↑すこし付け加えると:
ドーリットル空襲が起きたころ、大日本帝国陸軍と海軍は、戦略の方向性について揉めていた とても柔軟な発想をすることで知られていた山本は、アメリカの空母を破壊したいと思っていた だから、彼の配下たちはミッドウェーの島々を獲得するための作戦を計画した アメリカの空母を穫ったら彼らはそれを取り返す為にまた別の空母を送る必要がで来るから、その歳に日本の戦艦がアメリカの空母をまた破壊するという考えだ 


しかし陸軍は、この考えに賛成せず、代わりに同盟軍の再攻撃に対する防衛を考えた そのために、彼らは東南アジア、ニューギニアの基地を防衛することに専念したいと考えていた

しかし、太平洋のど真ん中の、敵の領地のどまんなか、そして本土からこれほど離れたところに兵士を送るなど、まさにバカげたアイデアのように見られた

ドーリットルの空襲があったとき、陸軍も海軍もパニックになった 攻撃による被害だけでなく、天皇を危険にさらしたということで、どちらも面目をつぶされたことになったからだ それで突然陸軍は歩み寄りをみせたのだ 山本は、B25がミッドウェーまで飛ぶほどのできないことはとても良く知っていたから、ミッドウェーを確保することはその後の空襲を防ぐことになると考えた 

そしてそのかわりに、ポート・モレスビーに陸軍をサポートするために海軍の援軍を送ることにした ショウカク、ズイカクなどと共に第五空母艦隊を送った これらはインド海作戦からの帰り道だったからとうこともあるが、彼は同時にその必要はないことは知っていた なぜなら、第一艦隊(アカギ、カガ)や第二艦隊(ソウリュウ、ヒリュウ)に比べて、第五艦隊は新しかったし、日本陸軍のうぬぼれについても解っていたからだ

つまり、山本はドーリットルの空襲を、彼の作戦を陸軍に賛成させる要因として使ったんだ これはとても鋭い政治的戦略だった しかし日本にとって不運だったのは、この計画はどちらも、敵が日本の思うように動くことに頼っているものだった それはとても馬鹿げたことだ





↑とても興味深いね でも、アルーシャン列島を侵略しようというのは誰の考えだったの?
それともその考えはこのころはまだなかった?






↑山本は全く関係ない作戦に参加していたが、アリューシャン列島を制圧してアメリカの爆撃機の基地にして千島列島などを攻撃されることを防ぎたかったんだ この作戦のために特別に編成さえらた艦隊は、その後再編成され、予想されるアメリカの攻撃を奇襲するために用意された 欧米の歴史研究家たちは以前、似たような装備の小さめの軍隊を5000マイルも離れたところにわけて配置するなんて馬鹿げたアイデアだと言っていた しかし、明らかに、彼らは日本軍の恐ろしさや5000マイル向こうに何があるか朗かい知らなかったようだ









↑>山本は、B25がミッドウェーまで飛ぶほどのできないことはとても良く知っていたから、ミッドウェーを確保することはその後の空襲を防ぐことになると考えた 

山本の理論を誤解しているようだね B25がミッドウェーから来たとは思ってもいなかったよ そのかわり、彼は、ミッドウェーを、アメリカの空母がそこから本土へくる基地にすることを防ぎたかったんだ ドーリットルの用にね

アメリカがミッドウェーから攻撃できるかどうかの話ではなくて、これはミッドウェーを日本が守れるかどうかの問題だったんだ






↑投稿者  Barrett Tillmanの「Enterprise」を読んでいたんだけど、彼は、エンタープライズをドーリットルの空襲のためには提供しなかったったそうだ これはルーズベルトが「シャングリラ」と呼び1年以上も秘密にしていたそうだ なぜ秘密裏にする必要がある?





↑おそらく、アメリカが、地上から飛ぶタイプの空母を使う作戦を隠すためだったんだろう 理論的には、空母の利用価値をかなり高めることになる





↑日本はアメリカがB25を使ってくることは知っていたよ 日本を超えて飛んで行き中国で修理されたところや、空母群も見ていた
 http://www.reddit.com/u/The_Alaskan





↑日本は知っていたと思うよ でもだからといって、その事実を政府がそれ以上広報する必要もないだろう





↑・・・でも政府というのはそういう空襲のような秘密情報は隠さないよ どこから発車するのかと、空母の名前だけが秘密にされるんだ





↑それで解ったように思う 政府は情報を公開しなかったんだと思っていた





↑巡視船について疑問に思ってる人がいれば、ちなみに、これは日東丸っていうんだ 英語のページはwikipediaにないけど、スペイン語はあるよ それによると、搭載していたたったひとつの武器は13っmのマシンガンひとつだったらしいよ!
 http://es.wikipedia.org/wiki/Nitto_Maru_%281935%29






じゃあ、パールハーバー攻撃についてはどれほど現実が伝わっているの? 追記:映画のパールハーバーね





↑ちょっと酔っぱらってるからね、こういうことに対する意見はちゃんと言えないけどさ こういう映画は少し酔っぱらった状態で見ないと、君の精神衛生上良く無いよ






アカギ、ソウリュウ、それからヒリュウ
これがこの3隻の船が1942年6月のミッドウェー以前に戦闘に使用された最後の戦闘?





↑そうだよ 第五空母艦隊(ショウカクとズイカク)もインド海で攻撃された でもカガは、それより前に座礁してたから外れた





また同じような空襲があった時のために、日本はより多くの兵士を前線に置いた?





↑そうだ でも本土に兵士が配置転換されたのはもっと戦争後期のころだ 特にサイパンの戦いの後だ






ドーリットル空襲についての概要:
Battlefield S1/E3 - The Battle of Midway

日本の反応:
Battlefield S1/E3 - The Battle of Midway




↑やぁ、これは素晴らしい説明だけど、君自身が説明してないから皆から悪い評価を受けるんだよ こういう掲示板のルールでは、ただリンクを貼るだけではいい答えとは見なされないよ






↑ビデオで大体なんて言ってるか説明してくれる?





http://www.reddit.com/r/AskHistorians/comments/2xqwge/what_was_the_japanese_reaction_to_the_doolittle/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AB%E7%A9%BA%E8%A5%B2
­
関連記事

コメント

*No title

一般市民を狙うのは国際法違反だろ!って思った

*No title

民間人大量殺戮は、赦し難い所業だと思ったよ。

*No title

東京大空襲のアニメでも見ろよ。
阿鼻驚嘆、地獄だよ。

*

民間人を狙ったとしても戦勝国は何でも許される。何が真実で何が真実でないかは書籍だけでは判断できない。でも一つだけ確かなのは戦争は残酷で繰り返してはいけないということ。憎しみの連鎖がなくなり、平和な世の中になるよう祈ってます。

*No title

「鬼畜アメリカ」
これ以外どう思えと。

*

クソバカ朝鮮人コメがいつも一番さきに来るなw

無差別爆撃をやったのは日本が先なんだけど
あっちの方がより悪いとかきりがないしガキの言い訳レベル

過去の事で千年でも憎んでろ
朝鮮人レベル

*

>何が真実で何が真実でないかは書籍だけでは判断できない。

これって難しい事は考えられないバカの言い訳だな
もしくは都合が悪い事は受け入れられないか

文献や体験談など付き合わせれは事実は見えてくるし
文献の乏しい大昔でも発掘資料と付き合わせれば見えてくる

このバカの理屈だとこの世には信じられないことばかりになるわ

*No title

※1
東京大空襲を指揮したルメイ将軍自身が戦後に
「もしアメリカが負けてたら自分は戦争犯罪人として裁かれてただろう」
と述懐してる

*No title

はああああああああああああああああああ????????????????日本がアメリカ合衆国のどこを無差別爆撃した。ハワイが立州化したのは戦後、1940年代のハワイはアメリカ合衆国の暫定委任統治領にすぎない。情弱が知ったかかましてんじゃねえ!どこの軍が上海のアメリカ合衆国の資産とアメリカ人の生命財産を終戦当日まで保護保障してた!日系人強制拉致監禁し財産没収したのはどこのアメリカ合衆国だ!

*No title

そりゃ鬼畜米英よ
まさに名前通りの行いやったわ
ワシも年をとった

*No title

第二次世界大戦で日本は戦争には絶対に負けてはいけないという事を学んだ

*No title

今も昔も非武装の民間人を攻撃する事にかけてはアメリカの右に出る国は居ない

*No title

新しい例の映画の「パールハーバー」はアメリカの軍ヲタも頭を抱える代物だからなぁw
こないだロンゲストデイとトラトラトラやってたけど
ロンゲストデイはプライベートライアンにグレードアップしてんのに
トラトラトラはあのパールハーバーに退化してんだもんなw

*No title

民間人への攻撃を行った理由?
単に白人が“非白人を人間と思ってなかった”だけ。
「人間じゃないなら法も適用されない」ってね。

時代背景を考えれば一目瞭然です。
欧米の人達は認めたがらないだろうけど。
悲しいけど、それが戦争と差別と
植民地政策を後押しした白人至上主義(白人優性説)の現実。

*No title

民間人は別に何とも思ってなかったんじゃね
何とも思っていないというのはつまり
一般人が国際法(民間人を殺してはならない)なんて知らなかっただろうし
殺し合いなんだしそりゃ狙われるよねとか思ってたと思う
結構淡々と日常を過ごしていたと思う
親や祖母の話聞くと「ああまた爆撃きたな」とかあたふたすることもなく
普通にはなしていたという

*No title

東京へ消火活動に行った人が帰ってきて
「こりゃ勝てっこねぇよ。はっはっは」
って笑ってたのが印象に残ってた。

と、亡くなった父が言ってました

*No title

アメリカが都市爆撃をしたって非難すると、日本が先に中国の都市を爆撃したって言われるよ。
そして比較にならないほど小規模だが事実だ。

*No title

ドゥーリットル空襲からして無差別空襲だからな
アメリカの本性がよく分かる

*No title

日本のほうが先に重慶爆撃とか無差別爆撃やらかしてるんだよなあ

*No title

>日本のほうが先に重慶爆撃とか無差別爆撃やらかしてるんだよなあ

はいはい。六四天安門、茉莉花革命、天安門抗議 1989/6.4

*No title

本日、3・13は3,115名の犠牲者を出した大阪大空襲(1回目)から70年です

*

重慶爆撃は国民党軍が住民を装って潜伏したから

*No title

ドリットル隊の一部は 中国で日本側に
捕まり、上海で裁判にらかけられ
一人が死刑になっている。
東京裁判では この隊が 神戸の小学校を
銃撃した物証が だされたが、連合軍を
裁く裁判ではない、という理由で無視
された

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3556-5353b076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。