Homeスポンサー広告文化>外国人「小学校の時に読んだ!」日本の童話『浦島太郎』のお話に外国人興味津々【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「小学校の時に読んだ!」日本の童話『浦島太郎』のお話に外国人興味津々【海外反応】

2015.03.25 Wed

外国人「小学校の時に読んだ!」日本の童話『浦島太郎』のお話に外国人興味津々【海外反応】

投稿者
浦島太郎って日本の昔話でタイムトラベルのやつがあるよね 海の底のお城に3日間いただけなのにもどってきたら300年経ってたんだ





技術的にはみんな時間を旅してるんだぜ 他にもこういう話しはあるんじゃない?




↑でもこの話しでは3日間に300年経ってるんだよ




古い物の1つ




小学校の時に読んだ!




イスラムじたいがタイムマシンだよ イスラムの国は精神的にも文化的にも中世だからな




ティラ ナ ノーグ(常若の国)でも時間が延びるよ 古い話しにはよくあるね




これゴクウとブルマが亀仙人にであった元の話?




↑彼らはそれからずっとかめはめ波に力をそそいでいる




小さい時に読んだ本でにたような話しがあるよ
サクソンの王様がドワーフの王様を助けたんだ ドワーフはお礼に王様を招待した サクソン王はお城に妻を残してドワーフの王にわたすお土産をたくさん持って何人かの兵士を伴って出かけていったんだ ドワーフの王国について楽しく3日間を過ごして帰ろうとする ドワーフは馬を連れてくるんだけどそれは彼らが乗ってきた馬じゃないんだ ドワーフの王様は気にしないように言うんだけどただこれからいう指示に従わないといけないっていうんだ
彼らが出発すると馬から下りる事が出来ない サクソン王と仲間はおかしいなって思うんだけどドワーフの注意を守っていたわけよ ドワーフの王国をでて行くうちに目印が違ってる事に気がつく お城に戻るとお城が荒れ果てているのを見つける サクソン王と仲間は落ち着かず羊飼いを捕まえて話しを聞くんだ 彼らはお城と王女様にないが起こったかを聞く事になる 羊飼いが言うのに王様が300年前にいなくなって王女様は悲しみの中なくなったと、王国は外国人にわけられてしまったんだって これを聞いてパニックになった人が馬から下りたんだけどそしたら塵になって風にふかれてしまった 馬はドワーフの王国に向かって帰ってしまった それからサクソン王とその仲間は馬から下りる事も出来ずずっとさまよってるんだよ




↑これはドワーフを信用するなってことだね




↑それな 特に顔に傷跡があるやつ




↑命の恩人になんて事を ドワーフめ!




↑このお話は自分の事をちゃんとやって知らない人を助けちゃいけないって言う戒めじゃないかって思うんだけど なんて話しだ




↑イタリアの昔話でも同じ様なのがあるよ 男の子が不死になる方法を探してるんだ 死である老人と暮らし始めるんだけど老人は永遠に生きるって約束してくれるんだ 何カ月か過ぎて実は何百年かすぎてるんだけど家族にあいにいこうとするんだ だから死は馬を与えて絶対におりたらいけないよっていう 死はそのあと乞食になったりピエロになったりして男の子を馬から下ろしてしまうんだ 結果男の子は死んでしまっておしま




この手の時間旅行の話しはどこにでもあるね 世界中のいろんな文化で なんかしら他の世界と関わるんだ それが現代の異星人に連れ去られる話しなんかになっていくのね 連れ去りの共通点は時間が失われるってこと




これが一番古い例なのかどうかはわからないけど でも同じような話しはおとぎ話として何百年も前からあった物よ タイムトラベルって考え方が出てくるずっと前から 何日かおとぎの国に行って帰って来たら何年も経ってるみたいなこと、又はその反対 ライオンと魔法使いがクローゼットに行くのをタイムトラベルの冒険とは言わないけどでも同じような感じで2つの違う場所で違う時間がながれてるってことよ




↑確かに でもそれでもおもしろいよ




↑そうね この手の話しはどこの文化でもあると思うわ 私たちの国では テェラ ナ ノグの話しがあるわhttp://en.m.wikipedia.org/wiki/T%C3%ADr_na_n%C3%93g




↑モバイルじゃない版  http://en.wikipedia.org/wiki/T%C3%ADr_na_n%C3%93g




1988年に聞いたんだけど じかんが光のスピードで動いて時間が遅くなる事を浦島効果っていうんだって




↑僕は白人のアメリカ人だけど、5年生の時にクラスに来た人がこの話しをしてくれたんだ イイナって思ったのを覚えてる





http://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/2zygs9/til_that_one_of_the_earliest_stories_featuring/
­
関連記事

コメント

*No title

桐谷ワロタw

*No title

亀救ったのにも関わらずお姫様の嫌がらせで寿命縮めるって・・・。
現代で言えば留学中に外国人に渡されたプレゼントが大麻入りで帰国しようとして空港で捕まり牢に入れられる事件があったな。

*No title

小さい頃の記憶の片隅・・・「ウラシマン?」みたいなアニメやってたようなぁ~?
男の人と猫が事故でタイムスリップするやつ・・・・・ダメだ!幼すぎてうろ覚え。

*

ウラシマンはスタイリッシュでイカしたアニメだった

*No title

この物語の展開で重要なポイント2つ
・亀からの勧誘を断らなかったこと
・箱の開梱が厳禁である理由を尋ねなかったこと

*

亀も浦島太郎を連れていく前に「竜宮城へ行って帰ってくるとこちらでは数百年経ってますけどそれでもよろしいですか?」ぐらい言えよ。

*No title

浦島太郎が乗ったは亀じゃなくて、亀の形をした乗り物=UFOだったって漫画は読んだことがある。

*No title

浦島太郎は亀に、乙姫は鶴になってずっと幸せに暮らした

みたいな話もなかったっけ?

*No title

日本は社会がどんどん進化するから数年で変わる。でも周りの国は変わらない。
何年たっても同じだ。4千年前から変わらない国もあれば、犬のような顔で千年恨
なんて吠えてる国もある。そんな国では浦島太郎のような物語は生まれない。
物語が生まれた千五百年以上前の日本人も同じ印象を持っていたことがわかる。

*No title

乙姫様もドワーフも悪くは感じないけどな。そもそも人外だし、老いや死についての捉え方も違うだろうし。
宴にかまけてちゃいけないよって戒めの話なのかと思ってた
遊びもほどほどに・・今ある家族を大切に。

*No title

>浦島太郎は亀に、乙姫は鶴になってずっと幸せに暮らした

逆だな
浦島太郎は鶴で乙姫は亀になった

*No title

昔話をハッピーエンド式にしたのは、ここ10年前くらいだろ。幼児にトラウマ与えるくらいの原板もってこーい!

*No title

奈良時代に行方不明になって300年後の平安時代に戻ってきた
浦 嶋子 さん(男性)
の実話です創作じゃないのでオチはありません

*No title

玉手箱を開けておじいさんになる話じゃなかったっけ?

*No title

伊達邦彦
「寝る前にお話ひとつ、してあげますよ。リップ・ヴァン・ウィンクルの話って知ってます?
 いい名前でしょ。リップ・ヴァン・ウィンクル。彼がね、山に狩りに行ったんですよ。
 山へ狩りに。そこでね、小人に会ったんです…。」

*No title

なんで3日で300年なんだろうな
他の地域の話と符合してる伝承や昔話ってあるよな
イザナミを黄泉に迎えに行く話とオルフェウスの話とか

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3613-8bdd0ad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。