Homeスポンサー広告歴史>外国人「銃って日本の明治時代では一般的だったの?」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「銃って日本の明治時代では一般的だったの?」【海外反応】

2015.03.31 Tue

外国人「銃って日本の明治時代では一般的だったの?」【海外反応】

投稿者
明治時代、日本で銃は一般的だったんだろうか?
最近日本の自転車についてのドキュメンタリを見たんだけど その中で明治期に多くの鉄砲鍛冶が自転車製造業に転じたと紹介されていた でもその当時、銃ってそんなにたくさん作られていたのかな? サムライの家族が銃を作っていたわけじゃないだろうけど






銃が広く使われるようになったのは戦国時代(だいたい1450-1600年ごろ)九州から西国へ、その後東国へと技術が伝えられた 徳川将軍期の鎖国政策下にあっても、国中で銃は用いられていたよ それを誰が作っていたか、という点だけど、もちろん製法を知る鉄砲鍛冶は国中にいた サムライについて誤解しないでほしいんだけど、大名たちだって新しいテクノロジーが戦に有効だとわかればそれを取り入れていたんだよ





↓投稿者
なるほどね 戦国時代はすごく魅力的だ 長篠の戦で武田勝頼の軍が織田信長と徳川家康の軍に銃で負けたことは有名だよね 自分も吉川英治の本で読んだよ





↓その戦の様子を映像で見たければ黒沢映画の「影武者」がおすすめ 信長はたったいちどの戦いで日本最大規模の軍を破ったんだ





↓「影武者」大好き





↓鍛冶の多くはオーダーで銃を作ったから、それぞれクオリティが違うんだよ その中でも堺で作られた銃は最高級と言われていた





つまり「ラスト・サムライ」ってまるきりでたらめだってこと?





↓歴史ものの映画であそこまで何もかもでたらめってのも珍しいよ





↓ヨーロッパ人の軍事アドバイザーがいたっていうのは事実





面白い投稿だね 日本の封建制の中で銃が受け入れられるには約100年かかった 日本が統一されてからも、武士は銃を手放したりはしなかったんだよ 封建制の日本の戦を誤解していることがこの質問の問題かな 確かに1300-1500年ごろは弓と刀で戦っていただろうけど、戦国時代に銃が伝えられて以降、信長が有効にそれを用いたことは有名だけど、銃を戦いに使用したのは信長だけじゃない ただその当時はマスケット銃だけどね





面白いことに、日本では火薬の原料となる硝石がなかったが、日本人は発酵によってそれを作り上げた 以前五箇山という古い村に行ったんだけど、16-18世紀に生物学的なプロセスで製造された硝石があったよ





↓へえ、面白いね!





日本では狩猟用にいまでも銃が作られているよ





↓本当に? まあそういうのは「トワイライト・サムライ」みたいな映画を見て言ってるんだろうけど





いい質問だ! 銃は明治以前の方がたくさん製造されていたんだろう 鉄砲鍛冶がサムライの家族である必要はないだろうけどね 明治時代の西洋化の中で、軍は近代化され、サムライ階級は衰退してしまった





ひとつ面白いのは、現代の日本企業の多く(三菱など)は明治時代に創業されているということ





↓投稿者
これは面白いね サムライが鉄砲鍛冶をしていた例もあるのかな?





↓昔の日本はきちんと階級が分けられていたから、そういうことはありえないと思う サムライだけが武器を持つことを許されていたんだよ





個人使用の銃火器は江戸時代に厳しく規制されていたし、明治時代初期にもそれが普通だった 個人が銃を持つということはまずなかったんじゃないか 銃は一般的に、政府や軍のために造られるものだった





投稿者が見たっていうドキュメンタリってリンクある?





↓投稿者
ああ、先月くらいに見たんだけど自分もみつけられないでいるんだ





「鉄砲鍛冶」でwiki見るといいよ




http://www.reddit.com/r/history/comments/30p23x/how_common_were_guns_shortly_before_and_at_the/
­
関連記事

コメント

*No title

全く関係ないけど「入り鉄砲と出女」というフレーズを急に思い出した。すまん

*No title

中身日本人コメントだらけに見えるのは気のせいか?

*No title

↓ 多発w

*No title

最近の研究では
江戸時代の農民の多くが銃や刀を持っていたそうだ。
武士だけが許されていたというのは間違い。

*No title

実は現代でも「電車の中で銃を発射した人は、30円を払うこと」という法律が残ってる

*No title

っつーか銃がないと鹿や猪、熊などの害獣を狩れないからな。

*No title

マタギってやつやな

*No title

武士以外が許されなかったのは二本差しじゃなかったか…?

*No title

西洋人が鉄砲を伝えてしばらくしてから商売しようと大量の鉄砲をもちこんだら
既に何だそれっぽちもういらねー状態になってたという

*No title

オレのコメントが載ってるんですがw

*No title

矢印の向きが気になります

*No title

坂本竜馬ってイメージあるけど海外じゃやっぱり知名度低いん

*No title

明治になると一般庶民もハンティングを楽しむようになり、外国から高性能の猟銃がどっと輸入された
猟犬も和犬からポインターやセッターに替わった
軍人や従軍記者用に拳銃の販売も盛んになった
そういう時代

*No title

先月くらいに放送された番組で熊本藩細川家に伝わる古文書公開してたけど
当時の農家には一家に一丁の割合で銃を所持してたとか記録されててワロタw
全国的なことじゃないけど、そういう地域もあったなんて非常に興味深いね

*No title

まあ幕末の銃に関しては
南北戦争終結後にだぶついた最新式の銃が一気に流入したってのもあるわな

*No title

江戸時代だって北海道にも松前藩が有った訳だし
鉄砲無ければ羆と戦えませんがな

*No title

火縄銃の生産量は日本が世界一ってやってたじゃん テレ東で

*No title

中世から近代における庶民って言う感覚って日本とそれ以外じゃ大きく変わるからな

日本で言う庄屋や名主、町商人って世界的には貴族階級の下っ端的扱いだから

そこを押さえると日本史の独自性はぐっと減る
一応貴族階級だから、教養や芸術に理解があるのはあたりまえ
先祖代々の武器や趣味における武装品だって普通にある

*No title

家、農家だったけど刀あったよ

*

そういえば明治初期の横浜を舞台にしたチャンバラウエスタンとも言うべき時代劇
「無法街の用心棒」
てのが三船敏郎主演で制作された事があったな…1クールほどの短期シリーズで。
三船の劇中での通称が
「ミスターの旦那」
てのは軽くフイタが。

*No title

とりあえずラストサムライが出鱈目だって話が出ただけでも
かなりスッキリしたわ
あの映画のせいで本当に日本が19世紀まで銃を知らず、
刀槍と弓だけで戦争しており、明治になってから欧米人サマによって
銃という近代文明の利器を教えていただいたって
本気で思ってる欧米人も多いだろうしな

*No title

>>最近の研究では
江戸時代の農民の多くが銃や刀を持っていたそうだ。
武士だけが許されていたというのは間違い。

隠し持ってたんじゃなくて?って思ったけど記録のあるところもあるのか。
前に聞いたのは、農村の武装解除は秀吉の刀狩りが最初だけど、実際には戦後のGHQの方針で武器と言えるものがなくなったとか。
江戸期や明治期にも武器はたくさんあったらしい。

*No title

>面白い投稿だね 日本の封建制の中で銃が受け入れられるには約100年かかった
なに、この上から目線の知ったかぶりで大嘘書き込んでいる人は?
鉄砲伝来の翌年には国内生産どころか量産化に成功して、足利家の将軍が配っている。
日本に無知な外国人よりも知ったかぶりで日本に関するウソを広める外国人って本当に有害だわ。 

*No title

猟銃は普及してたし、フリントロック式なんかも作られてたけど、発射間隔が即発じゃないのとブレるのを嫌ってマッチロック式がずっと続いた。

*No title

>>先月くらいに放送された番組で熊本藩細川家に伝わる古文書公開してたけど
当時の農家には一家に一丁の割合で銃を所持してたとか記録されててワロタw
全国的なことじゃないけど、そういう地域もあったなんて非常に興味深いね

同じの見てたしw
確かテレ東でくりぃーむしちゅーが出てた奴じゃない?昔の古文書や巻物の文字を解読して、今まで教科書にも載っている常識と思われていた歴史が変わるかも知れないって番組だったね・・・
その中で銃も出てきたけど、身分の低い人が刀を持つ事よりも銃を持つ事の方が身近だったとか言っててワロタw
色々関心する所があったけど、文字を解読している研究者たちの信念と努力がすごい関心したわ!

*

戦国時代は物凄い増産して、関ヶ原あたりではヨーロッパ全体より日本一国の方が銃の数が多かったそうだ

まあ平和な江戸時代にはむしろ規制が厳しくなったから銃・刀鍛治は刃物やらいろいろ作るようになって技術を蓄えていったんだよね
それがのちの日本の技術立国にも繋がっていった訳だ

*No title

うちの母方のじいさんが、「お前の父方のじいさんはピストル持ってた。あれ処分したのかな?誰も要らないなら欲しいな」って言ってた。
父方のじいさんは戦地に行った経験があるんだけど、その時支給された装備をそのまま何十年も持っていたのだろうか?それとも武家の家系で家紋入りの古い槍(?)だとかも持ってたから、もっと古い時代の御先祖様のものだったのだろうか?
戦地で使った武器とかそのまま持ち帰った元日本兵って結構いるのかな?

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3645-22d0dd70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。