Homeスポンサー広告雑談>外国人「本当に細かいな…」140年前の日本の精密なカラクリに外国人驚愕【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「本当に細かいな…」140年前の日本の精密なカラクリに外国人驚愕【海外反応】

2015.04.20 Mon

外国人「本当に細かいな…」140年前の日本の精密なカラクリに外国人驚愕【海外反応】

投稿者
140年前の矢を射るからくりー日本





なにがびっくりって130年もあのちっさな野がなくなってないってことだよ




↑それな? 俺はナーフの矢でさえ2.3日でなくなちゃうのに




↑ちょっといいからくりだね このセットを買ってすぐになくなっちゃって新しいのを買う 新しいパッケージをかったとたんなくしたと思ってたのが出てきて2セットあることになるんだ 必要な数の2倍持ってるんだ そのくりかえし




これが立ち上がって被害者から武器を回収する所が映ってないね




これすごいって言うより気持ち悪いきがするよ でもそれはからくりがわかってないからかもしれないし とはいえびっくり箱とかオルゴールとかよりもゼンゼンすごいと思うよ よく考えたらそれほど不気味でもないかも




↑時計みたいにねじを巻くような物しか考えつかないけどこれが140年も前の物だと思ったらすごいよ 毎回どれだけ正確に動くかってところも




こういう昔のおもちゃみたいな物の動画ではこの小さい人形が乗ってる巨大なからくりをうつしてないんだよ 実際に動いてる物よりもかなり大きい物がついてる 作りやすいサイズでね 動画に映ってない部分がこれ
196ttnl467e04gif.jpg





立ち上がって矢を回収する所がでてないじゃん




この120年で正確性がどれだけかわったのかって思うよ




本当に! 弓の弦は110年もたったらすりきれちゃうよ




↑この色が110年もあせてないってのが驚きだね




シカゴのミツワマーケットプレースで7年前くらいにこのレプリカが35ドルくらいで売ってたんだ 買っとけばよかったー




↑マジで? 実際に動くこれのレプリカが35ドル?




ありえない 誰が作ったか知ってる人いる?




↑子供の時からこれの修行をしてる職人が作ったんだろうけど 彼の50年の職人人生で一番すごいものだろうと思うよ




↑それか彼は日本人だから8才の時に一晩で作っちゃったかもよ




↑東芝の最初の社長かも




計画するのにどれだけ時間がかかったのかって思うわ 本当に的に当たるなんて




↑矢が届く所に的をおいてるんだろ




↑ポイントはそこじゃなくて コンスタントに同じ所に行くって言うのがすごい所よ




実際これが140年前に作られていてちゃんと動くって言うのがすごい所なんだ 




人形の顔は動いてないんだけど すごいのはこの作法的なものだよね 矢を射る直前にちょっと顔を下げて弓を見るような感じに見える所とか




おもしろいのは最初の弓は手の一番上にあって、2番目の弓は人差し指と中指の間に挟まれてるんだ




目をあげて的を見る所とか本当に細かいよね




見た目よりもずーーーーと複雑だ




おおおおおおおお本当に当たっちゃいました!




ちょーう不気味



http://www.reddit.com/r/creepy/comments/32xahd/140_year_old_wind_up_archer_from_japan/
­
関連記事

コメント

*No title

結構シンプルな作りだから下の台座に大掛かりな装置は入ってないんじゃないかな?
知らんけどw

*No title

この人は東芝の創業者。ヤマハ創業者の山葉寅楠も時計修理業やってた
オルガン修理を頼まれ中身を調べてすぐに自分で作った。もービックリだよ

*No title

ナーフ弾は使い捨ての消耗品だからな

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3736-52eb137e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。