Homeスポンサー広告歴史>外国人「第二次世界大戦でアメリカ軍は日本人が発音できない単語を合言葉にして日本のスパイを見つけ出していたらしい…」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「第二次世界大戦でアメリカ軍は日本人が発音できない単語を合言葉にして日本のスパイを見つけ出していたらしい…」【海外反応】

2015.04.25 Sat

外国人「第二次世界大戦でアメリカ軍は日本人が発音できない単語を合言葉にして日本のスパイを見つけ出していたらしい…」【海外反応】

投稿者
第二次世界大戦のとき、アメリカ軍は日本人が発音できない単語を合言葉にして日本のスパイを見つけ出していた





旧約聖書によると、「shibbolethsh」という言葉は「sh」の音を発音できなかったエフライム人をギレアデ人と区別するためにギレアデ兵士により用いられた試し言葉だそうだ 「シボレス」ではなく「スィボレス」と発音した者はエフライム人とみなされ殺されたと言われていた




↑聖書には虹やポニー、そして殺人、死亡、近親相姦等々の面白い話がものたくさん描かれてる




「Squirrel(リス)」という言葉はドイツ人を区別するための試し言葉として使われる




↑ホントだ 僕はドイツ人、その単語一生正しく発音できないわ




↑フラマン人の従妹に「third」という単語を教えたが、まったくできないようだ いつも「turd(タード)」となる




↑逆に、ドイツ語ならどれも英語話者がうまく発音できないと思うよ




今どきの日本人を見分ける試し言葉は「lululemon」に変わったらしい
http://en.wikipedia.org/wiki/Lululemon_Athletica#Controversial_statements_by_founder




↑面白い 何かのマーケティング戦略じゃないのか?




もう一つの試し言葉は「sword」 ほとんどのドイツ人は中の「w」を発音しようとする




↑ドイツ人にとっては別に「sWord(スワード)」が発音しやすいというわけじゃないし 彼らはそれを知らないだけなんだ 




もう一つの試し言葉としてアメリカ側が「flash」を言ってその返事の「Thunder」を言うように要求していたそうだ ドイツ人が「th」の発音が難しくて、「t」の発音になっちゃうらしい 「タンダ」




↑昔インド人の同僚と一緒に働いたけど、彼は「third」を発音するときいつも「turd」になっちゃう 




↑アイルランド人も一緒だ 「th」を発音できない




↑ほとんどの人は練習すればできるようになるでしょう




なるほど!大学のウェブサイトでたまに「shibboleth」という単語が出てくるが今やっと意味が分かったわ




フランスでは「serrurerie」が試し言葉として使われる 基本フランス人以外の人は発音できない




オーストラリア軍も昔戦場で試し言葉を使ってた 相手の正体がわからない時「Wooloomooloo(シドニーの田舎町名)を言いなさい!」と要求して、もし相手が「wooroomooroo」と返事してきたら撃つ 




↑もし相手の返事が「what the fuck?」だったらアメリカ人に間違いないな まあどっちみち撃たれるけどww




「Railroad」も試し言葉の一つだよ 養女にされた香港の女の子は「lairload」と発音したと聞いていた




↑海外で育つアジア人はそんなことならないと思っていた




↑言葉を学んでから海外へ来るとそうなりやすいよ




この投稿はちょっと間違ってると思う 一つの言葉は区別のために使われて初めて「合言葉」になる 発音できないと言って必ずその国の人として識別されないのもおかしい 
僕は英語話者ではないが普通に「lollapalooza」を発音できるよ




http://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/33ea6m/til_a_shibboleth_is_a_word_that_can_only_be_said/
­
関連記事

コメント

*No title

バカにするなニダ。ちゃんと言えるセヨ。チュウエン コジッセン

*No title

十五円五十銭

*No title

ありがとうごじゃいます。

*No title

ホリョダ!

*

ホリョダー!

*No title

でもこれアメリカ生まれアメリカ育ちの白人の日本軍スパイだったら無意味だよね。
そこの対策もあったのだろうか?

*

戦場での話なのに、妙竹林なスパイとか意味不明な事言ってるバカがいる

*No title

日本の話題になっていない件

*No title

中学英語教育が悪い。
英語の授業でりんごを アップル と読まず
アポゥ と発音したら爆笑された奴がいた。
それ以来彼はアップルと発音するようになった。

ネイティブからみたらどっちが爆笑なのかってね。

職場の人の娘さんの話だと今は
ドラゴンナイトをドゥラゲナイ、と発音する
ネイティブ白人の先生を生徒が馬鹿にするらしい。

もうね。

*No title

カタカナ英語のせいだ。そして和製英語のせいだ。
俺はLとRも、THもちゃんと発音できるwwww
でも、英語はできない。CNNも日本語版サイトを見てしまう。

*No title

東京の方言が  そうです と そうth と略すんだけど
thの息が漏れる音が耳障りに聞こえるよ

*No title

戦時中の隠れドイツ人対策はベースボールの話題だったはずw

*

甥っ子3歳
「かめんラーダーマガジョン(仮面ライダーアマゾン)」
「てぇびマガジョン(テレビマガジン)」

やべえ、ウチの甥っ子ドコかのスパイだわw

*No title

明治時代にヨーロッパに留学した日本人は言語のハンデがありながら、ほとんど主席の成績を取ってる。発音も今の英語の日本語読みよりずっと良かっただろう。当時はhandkerchiefをハンケチ、truckをトロッコ、 cottonをカタン、heartをハツといった具合に今より原音に近い形で表記していたことからも想像される。West-kensingtonを上杉謙信と発音したら通じたという笑い話があるが、stickをスティックと発音するなら、まだステッキと発音した方が通じやすいかも知れない。母国語をfirst languageとかnative language、或はmother tongueなどというのは、最初に耳から入って覚えるからだろう。

*No title

つうか顔見りゃわかるだろw

*

>>[ビール瓶]と[五円五十銭]ダロ?(プーックスクス

*No title

日本のスパイが日本人とは限らないだろ

*No title

「たちつてと」って言ってみなチヨン

*

十五円五十銭は
今どきの在日は言えるからなあ。
「竹島は」
「日本の領土」 が良いんじゃないか?

*

逆だったらこんにちわでも済みそう

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3761-f5a1e987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。