Homeスポンサー広告雑談>外国人「合気道って本当に実戦で役に立つの?」【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人「合気道って本当に実戦で役に立つの?」【海外反応】

2015.04.29 Wed

外国人「合気道って本当に実戦で役に立つの?」【海外反応】

投稿者
自分は合気道にはちょっと懐疑的で、実戦には向かないんじゃないかと思ってる ただこの動画の人のは割と使えるかなと思った



明らかにブラジリアン柔術を経験してる人だと思うけど、合気道のテクニックをきちんと使っている 手首を決めて優位なポジションを取る方法なんかは興味深いね 正直合気道なんて役に立たないと思ってるけどね






自分は合気道を経験したうえで柔術をやってるんだけど、合気道の弱点はテクニックじゃなく現実的なスパーリングがないところだと思う 相手が攻撃してきたときに対抗できないからね ブラジリアン柔術も相手と絡んでるだけで無駄、っていう人もいるよ




↑実用性を求める格闘技ではスパーリングが重視される傾向があるね レスリングやグラッピングスタイルの格闘技はスパーリング重視 ボクシングとかカンフーのいくつかの流派、空手も同じだけど、ある程度の方にのっとったスパーリングと言える けがをしないスパーリングをしながら、現実的なトレーニングをしているんだ






↑でもスパーリングが少ないとトレーニングの効果は上がらないんじゃない? 相手がいないトレーニングは意味がないだろう





↑だからこそ、スパーリングのない格闘技は効果的じゃないと思う





↑空手にはそもそもスパーリングがないって知ってた? 極真空手が出てくるまで、空手にはフルコンタクトの手法がなかったんだ クラブマガのスパーリングはムエタイにとても似ているけど、トレーニングは銃やナイフを持っているという想定でやっているから、椅子に座ったり車に乗っている状況でスパーリングするんだ どんなことも、やりかたはひとつじゃないんだよ





↑スパーリングやトレーニングの「現実性」と、スタイルの「効果」は同じ問題じゃないと思う 「合気道のトレーニングスタイルは、それを学ぶことで本当に戦えるスキルを身に着けることができるか?」と考えてみると、ノーだと思うね 合気道は方法論的に無理があるよ





↑トレーニングというのはどんなスキルを身に着けたいかで変わってくるものでしょ MMAのトレーニングはMMAのファイターを作り上げるのに効果的なトレーニングであり、レスリングはレスリング選手向けのトレーニングであるということ それぞれ違っていいと思う オリンピックを目指す泳ぎ方と、溺れないために身に着ける泳ぎ方は違うってことだよ





この動画自体は、ブラジリアン柔術のビデオを3本ぐらい見ただけの子供の手首を決めて喜んでる大人って感じ





自分も合気道の意味が分からない…合気道のスキルを上げるためにほかの格闘技をやるってよく言うけど、じゃ合気道って何なの? この動画でも、合気道の人のほうは相手のコントロールを奪おうとはせず、ただかわしているだけみたいだけど いくらでも決めるチャンスはあるのに





↑微分積分を理解するためには数学を学ばないといけないのと同じ 微分積分を学ぶ意味なんてあれば、だけど





↑それと、合気道とブラジリアン柔術の関係性が同じとは思えないけどな





↑自分は合気道が面白いからやってる ただそれだけ 本当に喧嘩しなきゃいけない場合は、きっとひたすら蹴りつけて、何とか地面に抑え込まれないようにすると思う 合気道は戦うテクニックを学ぶのではなく、ただ健康のためによさそうだからやってるんだ





↑そういう人は多いと思う ただ合気道が闘いに効果的かというと、やってて面白いかどうかの問題じゃないからな





この動画が一体何をしてるのか全然わからなかったけど、まあ、とにかく、美しいとは思う






相手のほうはバンと一発撃てば勝てるのに





↑白帯だからな





↑結局そこに尽きるんだけど、ブラジリアン柔術って寝技に持ち込むことを重点に置いてるからな 柔道やレスリングやる人はいかに相手を寝ころばせるかを考えてる だから立ったまま組み手をやるのは実践的でないわけ でもレスリングのテクニックを持っていたって、実際に喧嘩になったら役に立たない伊予





ロイ・ディーンを見てみろよ ブラジリアン柔術やってるけど、合気道も併用してる





合気道を何とか実践的だといいたがる奴が多いな





↑美しいからな





いかに効果的かを理解するには、ほかの流派と対戦するのが一番 そういう点で、戦わない合気道は長年価値を下げ続けている




合気道にも強さと弱さがある 合気道を完全に否定することはできないな いろいろ弱点はあるけどね





この動画で、ブラジリアン柔術のほうのやつはまだまだ習いたてな感じがする それで効果があるとかないとか言えないよ なんだか「合気道のほうがすごいでしょ」って言いたいために作った動画みたい




http://www.reddit.com/r/martialarts/comments/33ctxv/aikido_actually_being_used_effectively_sorta/
­
関連記事

コメント

*No title

知り合いにイスラエルの元軍人さんがいて、俺も空手やってるんで軍隊格闘技を実演してもらった
ベースは合気道だそうな
合気道の基礎がわかっていれば、現代風にアレンジすると実戦的な軍隊格闘技になる
それが伝統の力なのだろう
古くさいとか、攻撃への対処云々は関係なく、根本となる技術や概念はいくらでも応用できそうだ

*

空手なんて本来は急所攻撃ばかりだから、スパーリングやってたら死人や障害者続出だと思う

*

格闘技対格闘技ならアレだけど
軍隊とか警察では実践的だろう
特に警察では相手を無傷で制圧できる点

軍隊でも打撃技じゃな
相手を制圧するのに時間がかかる

*No title

受け身の取り方を覚えるだけでも実生活に活かせるよ
転び方一つで大けがに繋がったりするからね

*No title

外人は道が付く意味を理解せずに実戦ばっかりだな。

*No title

昔、中学生の頃、合気道やってるけっこう歳いってる女の先生が、不良の腕を捻り上げて泣かしていたのを覚えている。

*

合気道も技の間に殴る蹴るを入れると十分危険な武術だよ。
護身てのもあるし、精神鍛練やコミュニケーションが主な内容だからやらないだけで。

*No title

合気を得るにはスパーリング有るのみなんじゃねーの?相手がいなきゃ何ともならんと思うんだが。
人以外でもトレーニングは出来るけどそれはさらなる高みでの話

*No title

本当に「何のために武術をやるのか」という前提に精神性の違いが顕著に現れるよね

*No title

合気道かあ
あれものすごく練習しないとだめな武術
付け焼き刃な練習ではなにも身につかない
でも一定のレベル超えたら神速の技術にみんなびっくり
簡単に人が転がるから

*No title

合気道も試合ありになると手首を決める技術が殆どな印象がある。
コマンドサンボもだけど、コレって相手が刃物を持ってると仮定してるからの技術体系なのかね。

*No title

 合気道って弱い人が強くなるためにってイメージが強そうだけど、どっちかと言うと
柔術系の土台がある人をより強くする為の武術だと思う。

 元々が大東流柔術のテクニカルな部分を抜き出して先鋭化させた物だからね

車で言えばF1マシンみたいなもんで、幾ら性能が良くてもドライバー(使い手)に体力・耐久力が無ければ使いこなせません

*No title

合気道の真髄って関節技(サブミッション)だって事だよw 気がつけよww

*No title

合気道の創始者って実戦経験しまくりなんだけどな
中国で馬賊と戦ってたり

*No title

外人が実戦的と言う段階でもう間違っているよ。金的、目つぶし何でもあり
が実戦だから。柔道、空手道、合気道、自ら攻撃することを戒めているからね。
護身のために、実用的なことは確かです。

*No title

本当になんでもありの実戦では、普通に思いつく身体運用では生き残れない。
「普通思いつかないだろ!」な身体運用を身につけるための稽古が「型」。
型が役に立たないと思ったら並の強さしか手に入らない。
でも型を稽古するにも型通りにやっただけじゃ駄目なんだな…
柔道空手剣道合気道…なにをやるかじゃなくて、どれだけ良い先生に付くかがポイントだろう。
そこんとこをみんなわかってないよな。

*

植芝盛平は史上最強の武術家だと思う
塩田剛三も伝説的
でもその域に達するのが大変だよな
あとは戦うコックさんぐらいか......

*No title

その辺のあんちゃんらにふっかけて使えるのか使えないのかやればいいのに

*No title

合気の思想は関節技なんかじゃない
重力とそれに逆らって立とうとする人の力や相手が自分加える力を合わせて投げ打つ
だから少ない力で魔法のような技が成立する
基本の合気上げはその3つを体感させるとともに、外し・崩し・投げという動作を含んだ極意
合気は哲学だ

*No title

格闘技は同レベルの人間との試合を前提にしたボクシング、柔道みたいな技術最優先のものと、
試合を想定しなかったり、技術皆無の相手を想定した合気や伝統空手みたいなのがあるけど、
後者は習う人間が頭使って独自練習したり他の格闘技を習ったりしないと強くはなれないよ。
そりゃあ格闘技習ってない一般人よりは強くなれるだろうけど。

*No title

賢い人は習った事を活用する。
アホな人何習おうが身に付かない。

それだけ。

*No title

合気道自体は戦闘を避けるための技能
受け流しと崩しで隙を突いて逃げるのが基本
合気+格闘術で隙を突いて攻撃またはカウンターをスムーズできる

*No title

合気道については一度かけてもらわないとすごさってわからないよな

*No title

相手を倒すためのものではなくて
相手に殺されないように身を守る術だろうな

*No title

>空手なんて本来は急所攻撃ばかりだから、スパーリングやってたら死人や障害者続出だと思う

逆にそこまで極めれば、ナイフで来られても空手で応戦できる。

*No title

なんで外人って0か100みたいな極論で是非を論じる人が多いのかな
身に付けておけば選択肢が増えるのは間違いないだろ
合気道オンリーで格闘技に対しては不利かもしれないが

*No title

 精神的な面を別にすれば、合気道は人間の体の仕組みや動きの基礎を学ぶ武術じゃないかな。合氣道を学んだうえで実践的な格闘技をすると効果的な気がする。

*No title

合気道の投げ技は実践だとあまり使わないそうだ。
実践では打撃が7割で、機を見て投げたり極めたりするのが3割

合気道や合気柔術の優劣を論ずるときに、精神修養や心身の調整などの思想的な面、技の理論、実践の効用をごっちゃにして論ずるから論がめちゃくちゃになる

*No title

「道」の概念だの精神性だのそんな事はどうでもいいんだよw
要するに強いのか強くないのかどっちなんだよつーのw

ゴチャゴチャ言ってる奴ばかりで結論だせる奴はおらんのかw

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/3780-397a7645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。