アクセスランキング

外国人「女性専用車両って必要だと思う?」【海外反応】

外国人「女性専用車両って必要だと思う?」【海外反応】





この文章書く意味あるのかな?「女性専用車」の存在する理由は地球人であれば誰でも知っているでしょう




女性の皆さん!できるだけ「女性専用車」のご乗車をお願いしますね 一般車両はめちゃくちゃ混むから




そこは日本だからね 一般車両だと女性は触られやすいから




↑変なDVD見すぎなんじゃないの?




↑日本は世界最も安全な国でしょう?そんな車両本当に必要ある?




↑残念ながら日本では一般の犯罪は少ないわりに性的抑圧変質者が多いのだ




痴漢に侵されても恥ずかしいから声出して批判することができないってどういう文化なの??私はただの外国人でもちろん日本_独自の文化はあると思うけど、ただその文化は女性を迫害し続けているのよ なかなか同感できないわ




↑一度電車であったことある 私は「痴漢!」って大声出してたけど周りの人は助けるどころか誰も何の反応もしなかった そいつは少し後ろに下がっただけで平然といられた 冷たいよね、この社会




男は自分の欲をコントロールできない生物だね レスビアンが電車で女性に痴漢行為をするのは聞いたことないでしょう 男は見習うべきだ




私が昔日本で学校通っていた時もそういう車両があればよかったな その時いつも夜遅くまで学校にいたから、帰りの深夜電車でよく変な人に声かけられた 怖かったよ




同性愛者専用車両も作ってくださいという声が上がった 確かに今は被害者が女性だけじゃなくなったからな 男性が侵されるケースもある




↑「ゲー専用車両」「レスビアン専用車両」「年寄り専用車両」「すり専用車両」ww




特に通勤時間に痴漢が多いよね これがあったほうが絶対助かるよ!




でも根本的な問題解決になっていないでしょう?男が自分をコントロールできないせいで女性は自由に電車に乗れない、スカート履けない、立ち位置も気をつけないといけない おかしいでしょう




何でもかんでも「女性専用」を作ればいいんでしょう?




これはがっかりだな 日本人をいいように思っていたから




↑女性専用車がある国は全部で10個だよ 順番でがっかりしなさい




これインドではめっちゃ必要なんじゃないの?




私は女性専用車好きよ 痴漢にあう心配がないから安心で乗れる




バカバカしいことだ 痴漢問題はもっと根本的な解決方法が必要なんだ 文化の革命が欲しいんだ そういう差別はされたくないの




↑ただの性別分離にすぎない 現代社会に存在すべきものではない




↑面白い発言だ トイレも男女共同の方がいいと言ってるか?




そんなことをするより男の人にもっと礼儀と羞恥心を教えなさいよ




いつも痴漢のニュースを見るとき不思議だと思うんだよね 普通に女の子をデートに誘えばいいんじゃないの?なんでそんなことをするんだ




https://www.facebook.com/JapanToday/posts/1074134029280590
http://blog.gaijinpot.com/whats-with-women-only-carriages/

Ad by google





このエントリーをはてなブックマークに追加
­
関連記事






Powered By 画RSS









コメント

No title

痴漢は触られてキモイだけじゃなくて、目をつけられると毎日ターゲットにされたり、車両を変えてもついてきたり、駅を出てからもあとをつけられたり、車内で「やめてください」というと逆切れして反対に怒鳴りつけられたりします。怖いですよ。だからといって通勤や通学を辞めるわけにはいかないし…。女性専用車は怖くて学校へ行けなくなった女子高生なんかもとても助かっているのです。
女性より体格も背丈も筋力も上回る男性というのは、基本的に脅威ですから、異常な行為を男性がはじめた時点で命の危険を感じて恐怖なのですよ。男性はぴんとこないかもしれませんが、たとえばとても人に慣れているおとなしいゴリラがいる檻に入ったと考えてみてください。とつぜんおとなしいはずのゴリラが吠えだしたり胸を叩き出したり興奮してうろつき出したりしたら、檻から逃げ出したくなりませんか?攻撃されたら人間とゴリラでは力の差が歴然でかなうはずないので、へたすると死にますよね。女性から見る男性というのもそれと同じです。

No title

男性専用車両を増やせよ
冤罪防止にも役立つだろう

No title

それでも私はやってない

No title

どう見ても痴漢に逢わないBBAが乗車してる件

何のための専用車両だww

No title

痴漢専用車両も作ろう

No title

>同性愛者専用車両

いや・・・触られる方がホモだったとして触る方もホモなんだからホモ痴漢普通に乗ってくるだけだし
むしろ出会い目的のホモが集まってハッテン車両になるだけだと思うんだが・・・
ノンケ専用車両ならわからなくもないが、それもホモとノンケ見た目で区別つかんのだからホモ痴漢排除にはならんだろ

No title

アホみたいな満員電車になるのがそもそもの問題だろ
被害者が多いのが女子高校生だから
高校だけサーマータイム導入して1時間早く登校すればいい

No title

痴漢対策、痴漢冤罪対策の為にもあった方がいいでしょ

No title

痴漢する馬鹿がいなくならない限り女性専用車両は必要とされる
女性はもちろん、彼女や娘や仲の良い友人の若い女性が周りにいる男や痴漢冤罪になりたくない男は女性専用車両大賛成
反対するのは痴漢野郎と若い女が周りにいない寂しい負け犬男だけだ

No title

だから男性専用車両を同じ数つくれば差別にならないって言ってんだよ!
一方だけじゃ明確に差別だろ。

No title

海外で以前に有った「白人専用車両」とまったく同じだな。
南アフリカでは「白人が黒人に襲われるから」という理由で白人専用車両ができた。

No title

おう必要に決まってるだろ
女のくせに男と同じ車両に乗ってくるとか何様のつもりだコラ

No title

>>女のくせに男と同じ車両に乗ってくるとか何様のつもりだコラ

知っていますか?男というのは生まれる前は女だったんです。胎児のとき女の体が変異して男の体になるのです。その証拠に、男の体には必要ないのにちくびがありますね。あなたも元は女だったんですよ。そして、あなたを身ごもって産んだのも女、あなたに乳をのませて育て慈しんで守ったのも母親という女です。あなたが書いたその言葉、お母さんに言ってごらんなさい。たぶんそんなことを言う息子でも愛おしく見守ってあげたいとお母さんは思うでしょうね。

No title

密室、鮨詰めという状況を改善するば痴漢やストーカー行為は多少減るのではないでしょうか
この問題が海外で19世紀や20世紀初頭の男女差別として発信されるのは心が痛みます。
しかし大都市の早朝・帰宅ラッシュは尋常ではない、あれどうにかならないものだろうか

No title

女だけど男性専用車両も作ればいいと思う
使うかどうかは別にしてそれで一応平等だし、男性も痴漢冤罪に巻き込まれずに済む
わざと女性専用車両に乗ってカメラ回しながら女性に絡む有名な基地外がいる
女が優遇されて気に入らないそうだけど、確かにそこは一理あるし
でもそいつが乗るせいで怖がってる女性がいて気の毒だったから男性専用車両作って欲しい

No title

男性専用車両作れ。とかあるけど結論言えば
作っても、スカスカだと思うよ。
さぁ、想像してご覧。男性専用車両。
乗りたいと思う奴がどれほどいる?
乗ってくる奴はホモが多いと思うな。
女性専用車両ある中で、女性は男性と一緒が嫌ならそちらに乗るだろうし、その分
一般車両は、男性率が高い場合の車両だっていくらでもある。
無意味な男性専用車両を作れなんて口から出まかせもいいとこ。
これ以上一般車両を通勤ラッシュの箱詰め状態にはしないでほしいね。(都会ではに限る)

No title

中世や発展途上国ではないのだから専用車両はあまりに愚か。
なぜ対立の構造が男性VS女性になっているのかが不可解で、この対立をあおっている団体がいそう。
問題は満員電車で車両の増加もしくは乗車人数制限で解決出来る。
これらの方法が無理でもさすがに女性専用車両はやりすぎ。
悪いのは犯罪者で、これでは男性がすべて犯罪者のような扱いなので、
中東のような男女を隔離するのとは別の方法を考えて欲しい。

やり方が中途半端。例えばスッパリ前半分は女性、後半分は男性に隔てたら揉めることはない。子供は女性側、年寄りは自由。これで行こう。
ただし、改札口の距離に文句を言いだす奴は必ず出るだろうが。




■コメントに関してのガイドライン■

・差別的中傷的なコメント

・トピックに関係ないコメント

・広告やスパムコメント

・当サイトへのコメント

・不適切だと判断したコメント

は削除やアクセス制限の対象となります

また当サイトへのご意見(提案・リクエスト・重複の指摘など)

は記事内のコメント欄ではなく下記アドレスにお願いいたします

kaigai.000@gmail.com



コメントをした時点で上記ガイドラインに同意したものといたします

これからもよろしくお願いします(´・ω・`)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

­
最新記事
­
­