アクセスランキング

外国人「細部までこだわりすぎる…」1929年に作られた日本のアニメのクオリティが高すぎると海外で話題に【海外反応】

外国人「細部までこだわりすぎる…」1929年に作られた日本のアニメのクオリティが高すぎると海外で話題に【海外反応】

投稿者
こんなに昔の日本のアニメ(1929)でさえ、自然と環境の感覚がアメリカのアニメよりあるんですね






変な音楽以外は美しいアニメ





日本は何を作っても最高なんだね





↑投稿者
日本のアニメはアメリカのより素晴らしいけど、音楽はアメリカの方がいいって僕は思ってるよ






誰かこの翻訳をしてくれると有難いんだけどな





このアニメには東洋っぽさがあるね





えええ、残念だけど、このアニメはぜんぜん良くないっしょ





こんなふるいアニメ見れるなんて、うれしいな 






変な音楽だけど、ジャスティンビーバーよりはマシだね!





なんでこの男の鼻は長いの?





人の声は入っていないアニメなんだね でもそれでも素晴らしいね





この鳥みたいな生物が天狗なの?誰か教えて?うそつきは、この大きい鼻の男なの?






この鼻の長い男が天狗だよ それから鳥みたいな生物も天狗なんだよ





このアニメの1秒間のフレーム数は今のアメリカアニメよりも多いんじゃないの?






こんな昔に、日本に映画館があったってことなの?






日本のアニメは1907年か1917年くらいからあるんですよ この時期に西洋化が進んだ関係で、映画も導入されていったんだと思います 






1907年にリリースされたアニメをみましたよ 3秒のアニメで、男の子が名前を書いた後、後ろを向いて帽子を軽く持ち上げて終わるんです





ディズニーよりぜんぜんいいね!





87シーズン全部観れないの?





皆この音楽嫌いなの?僕だけこの音楽が気に入ってるのかな?





このアニメ、安っぽい感じだよね
でも顔の表情と動きがたまに、驚くほどいいよ!





すごいね
日本のアニメは昔から細部までこだわって、キャラクターの表情まで気を使っていたんだね 本当、すごい!





これはディズニーがミッキーマウスを作っていたり、他のアニメも何かを擬人化したキャラだった時代のものだね そのころもう日本では、人間の動きをアニメで表現していたんだね





このアニメの形式は、1960年代にカナダで作られたマーベルスーパーヒーローズを思い出すな 





https://www.reddit.com/r/ObscureMedia/comments/3cjzwh/japanese_animation_1929_even_then_this_japanese/
https://www.youtube.com/watch?v=ShzmzcJM7QI

Ad by google





このエントリーをはてなブックマークに追加
­
関連記事






Powered By 画RSS









コメント

No title

安心しろ。音楽は日本人にも奇妙に聞こえる。

No title

この時代からカラスはアホーって鳴いてたんだな

No title

>このアニメ、安っぽい感じだよね

アホの子なの?

No title

定期的に出てくるなこのネタ
なんなの?

No title

音楽いいと思うんだけどな

No title

いやむしろアニソンとゲームサウンドは日本の方がいい

No title

正直、現在の下手なアニメより枚数使ってるよねwww

No title

これが安っぽいとか全然良くないとか
1929年に他にどんな作品がつくられてたかを外人は想像も出来ないようだな

No title

1929年だとオリジナルはサイレントだったと思う、舞台の脇に楽士と弁士がいて生演奏生解説
音は多分、のちの時代に付けられた

No title

楽器に電子オルガンが使用されてるから、やはり音は後に再現されたものだね

No title

始めて見たけど、これ凄いなぁ




■コメントに関してのガイドライン■

・差別的中傷的なコメント

・トピックに関係ないコメント

・広告やスパムコメント

・当サイトへのコメント

・不適切だと判断したコメント

は削除やアクセス制限の対象となります

また当サイトへのご意見(提案・リクエスト・重複の指摘など)

は記事内のコメント欄ではなく下記アドレスにお願いいたします

kaigai.000@gmail.com



コメントをした時点で上記ガイドラインに同意したものといたします

これからもよろしくお願いします(´・ω・`)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

­
最新記事
­
­