アクセスランキング

外国人「よけい興味がわいたよ…!」なぜ日本刀は愛されるのか刀匠にインタビューした動画が海外で話題に【海外反応】

外国人「よけい興味がわいたよ…!」なぜ日本刀は愛されるのか刀匠にインタビューした動画が海外で話題に【海外反応】

【職人に聞こう】なぜ日本の刀は愛されるのか? 長野県無形文化財の刀匠「宮入法廣」さんに密着インタビュー

日本の強さと美しさを象徴する “日本刀”。刀はアニメや漫画でよく目にするけれど、そこに隠された日本の精神性や文化はあまり知られていません。それならば、刀のプロに日本の刀についてとことん教えてもらいましょう!

ということで今回は、刀作りの達人・宮入法廣(みやいり のりひろ)さんにインタビュー取材をしてきました。職人に聞こう!

・最年少で新作名刀無鑑査認定、さらに伯父は人間国宝
宮入さんは1956年長野県坂城町に、刀匠・宮入清宗(きよむね)氏の長男として生まれました。宮入さんの家は江戸末期から続く刀鍛冶の名門であり、伯父の宮入行平(ゆきひら)氏は1963年に人間国宝に認定されています。そして宮入さんも刀鍛冶の道を選び、1995年12月には39歳という若さで新作名刀無鑑査の認定を受けました。この世界では、最年少での認定です。

※続きはこちら





刀ってクールだな!




↑あたりまえだろ!




日本刀のつくり方を習いたいな! すごいとおもう




↑弟子入りしろよ それしか方法はない




↑まず師匠を探すのが難しいだろ




↑北海道の伊達っていうところで日本刀を作っている場所を見学した 刀鍛冶の人が、誰か弟子入りしませんかって言ってたよ 冗談ぽかったけど でも最初の10年は無給だから、弟子はみんなアルバイトしながら生計立ててるってさ




↑よっぽど日本刀が好きじゃなきゃできないね




↑すごいな、よけい興味がわいたよ 人生捧げてもいい 刀を作ること意外に情熱を感じられないんだ!




この人の刀はどこで買えるの?




いつか本物を持ちたいんだよね フリーマーケットで売ってるようなガラクタじゃなくてさ




日本刀を作る技術は、ほかの古いもの同様、だんだんすたれている 情けないことだ





http://en.rocketnews24.com/2015/04/29/whats-so-special-about-japanese-swords-we-interview-master-katana-maker-norihiro-miyairi/
https://www.facebook.com/RocketNews24En/posts/1009390279113219
http://rocketnews24.com/2015/05/25/576402/

Ad by google





このエントリーをはてなブックマークに追加
­
関連記事






Powered By 画RSS









コメント

No title

十年無給とか・・・
誰が弟子になるんだよ
そら廃れるわ

でも、最近は中国人や韓国人が
日本刀の功績を横取りしようと
しているんだよなぁ。

大丈夫だ、奴らは日本刀を一度も作れた事がない
作れたならとっくに作ってる
刀鍛冶が一人も居ないのに起源主張したってどうしようもない
昔は奴らもその辺の線引きは出来たかも知れんが今はその判断すら出来ないから段々と馬脚を現すようになった
作れるのは全てに共通して「そんな形をした何か」の一言で表せる
日本刀の形をした何か、寿司の形をした何か、例はこれ以上不要だろう

No title

まあ、日本刀だから、大丈夫。
この文化は完全に日本独自のものだと浸透している。
それにアジアにある古い日本刀みたいな刀は、古くは平安時代や鎌倉時代とかに輸出していた日本刀だからな。
実は、アジアでは、昔っから日本は技術先進国なんだぜ。他国との文化交流が無いから、大陸よりも不利だけどな。

金属製の武器の起源が中国というのは認める

No title

>十年無給とか・・・
誰が弟子になるんだよ
そら廃れるわ

ほんまやわ

No title

俺は10年ほど前にとある刀匠に弟子入り志願して断られたよ
志願者自体は年に何人もいるけど全部門前払いで断ってるとの事
家業でやってるから家庭に他人が入ってこられるのが嫌なんだと

No title

いや門前払いはお約束やろ
門前で正座する事1ヶ月ぐらいやらないと

No title

親方は弟子に給料出すほど大企業じゃないのが現実 日本零細企業が世界一のモノを作ってるの現実
働かなくてもいいセレブなら弟子入りOKだと思う。刀鍛冶増えても買う人が少ないとね・・




■コメントに関してのガイドライン■

・差別的中傷的なコメント

・トピックに関係ないコメント

・広告やスパムコメント

・当サイトへのコメント

・不適切だと判断したコメント

は削除やアクセス制限の対象となります

また当サイトへのご意見(提案・リクエスト・重複の指摘など)

は記事内のコメント欄ではなく下記アドレスにお願いいたします

kaigai.000@gmail.com



コメントをした時点で上記ガイドラインに同意したものといたします

これからもよろしくお願いします(´・ω・`)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

­
最新記事
­
­