アクセスランキング

外国人「うちの96歳になる祖母が第二次大戦中に中国と共に日本軍と戦っていたのを初めて知った…」【海外反応】

外国人「うちの96歳になる祖母が第二次大戦中に中国と共に日本軍と戦っていたのを初めて知った…」【海外反応】

投稿者
96歳の祖母が第二次世界大戦中に中国で祖父とともに日本軍と戦っていたことを今日初めて知った

今日妻と一緒にヒューストンに住む祖母に会いに行った時、祖母が第二次世界大戦で日本軍と戦っていたことを初めて教えてくれた
当時の祖父母は軍医と看護師で、戦争の様々な厳しい状況を経験していたそうだ
今回は中国の戦後70年式典のスポンサーの人からインターネットを通じて連絡してきたらしい
祖母はまるで生きている歴史の本のようだ もっとたくさんお話が聞きたいと思う






私は、祖母が亡くなる前にもっとお話ができればよかったと後悔している スレ主はラッキーだよ もっとたくさん会いに行ってあげて




↑投稿者
そうだね 私たちは祖母にとって一番の薬だ 私たちが行くたびに祖母が元気になるから




↑一度インタビューして記録しておいたほうがいいと思う ドキュメンタリーにしてもいいぐらいな貴重な経験だから




↑素晴らしいアイディアだけど少しは用心が必要だ うちの母が祖父に戦争の話をインタビューしたいと言ったとき祖父は悲しんでいた 「自分はもうこの世に居る時間が長くないんだね」という気分になるから




私の祖母も戦争を経験した ただ中国に住んでいるためしょっちゅう会いに行けないんだ




僕も祖父から戦争の話たくさん聞きたいと思ってる!




休日によく祖母を会いに行くんだけど毎回昔のことを長く話してしまう 祖母と同じぐらいの年の人も若い人と会うといつも昔話をする ただの退屈な老人たちだなと私たちは思ってしまいがちなんだが、真剣に話を聞くと知らない世界へ導かれる




おばあさまは国民党に入ったか?それとも共産党だった?




↑投稿者
詳しくは知らないが戦争を負けて台湾へ移住したということは聞いたことあるおそらく国民党だと思う




↑なるほど それなら話は通じたわ マスコミによると当時日本軍と戦ったのは共産党ではなく国民党だったそうだから




おじいさまとおばあさまはとても胆気のあるお方だ 僕の代わりに敬礼を!




投稿者
祖母によると昔の戦争は今と比べ物になれないほど条件が厳しかったらしい




ぜひおばあさまの貴重な経験を記録してください まだ誰にも見つかっていない歴史のかけらがまだまだたくさん残っている




↑特に共産党が黒い歴史を白くしようとしているから真実が余計に貴重なんだ




ぜひAMAの開催をお願い!女性軍人の第二次世界大戦経験はとても珍しいのだ




中国からの挨拶だ おばあさまがやってくださったことを一生忘れないとお伝えください




実に素晴らしい 中国人としておばあさまのような方々にとても感謝している 彼らが居ないと今の私たちも存在していなかったのだ




おばあさまは中国のどこの出身なの?




↑投稿者
すみません よくわからないんだ 「大陸」としか言ったことがなくて・・・生まれ育った場所にもう一度見に行きたいとずっと言ってるわ




日本人が歴史を改ざんしている中、君のおばあさまのような方は彼らが犯した残虐行為の第一目撃者であるのだ ぜひ我々に真実の歴史を!




全部書き留めることが難しければせめてボイスレコーディングでもしてください 僕の89歳の祖父も第二次世界大戦の経験者で、僕はそうやって記録していた 子孫のために!




↑投稿者
次回ビデオカメラを使おうと思っているが、目の前でカメラの設置されると祖母は緊張してしまうかも 一回交渉してみる




残り数少ない第二次世界大戦経験者だね 国民党だったら中国に対しても違う見解を持っているかも ぜひお話を伺いたい




https://www.reddit.com/r/history/comments/3jtaor/today_i_found_out_my_grandmother_almost_96_fought/

Ad by google





このエントリーをはてなブックマークに追加
­
関連記事






Powered By 画RSS









コメント

スレ主は60〜40代くらいかね

つまり日本軍の保護下にある支那の村々に略奪虐殺をおこなった集団に属していたわけですな。

No title

つまり国民党が堤防を決壊させて住民を流したことに協力したわけですね

No title

当時の中国は赤十字にも加盟せず、漢方の国だから西洋医学は全く知らない。
彼らは、どうやって治療をしていたんだろう?
実際、日本敗戦後に日本赤十字の医師や看護婦が捕虜になって共産党に使われている。
その時に、中国人に指導したのが日本人達。
それまで、中国人はメスや注射器を見たことが無く驚いていたと聞いたことがあるけどね。
しかし、戦後は何の仕事をしていたのか気になるな。それでよく分かるだろう。

No title

何この中華系と中国人の馴れ合い

No title

改ざんねえ

No title

>日本人が歴史を改ざんしている中、君のおばあさまのような方は彼らが犯した残虐行為の第一目撃者であるのだ ぜひ我々に真実の歴史を!

はらよじれるわw

No title

> 日本人が歴史を改ざんしている中、君のおばあさまのような方は彼らが犯した残虐行為の第一目撃者であるのだ ぜひ我々に真実の歴史を!

韓国人は人を貶める天才だね。こんなコリアンに日本人は勝てるのか?

No title

アメリカと協議してそろそろ中国共産党の経済と信用を崩壊させるシナリオも考えるべきだと思う。
自民はもっとでっちあげをやる組織への攻勢組織の支援をやらないと受身は費用の無駄。

No title

スレ主、肝心なところは前々聞き取れてないやないかw
まず今まで家族にすら黙ってたっって時点で、今の政府下ではヤバイ話ってことでしょ

No title

今まで黙ってたってことは話したくないことか話せないことがあるんだろうに

No title

中国の正義を盲信してる華人に笑うわw

便衣兵やら停戦の無視やら
日本の一般人への襲撃やら
恥ずべき姿をまるで知らないと見える。

中国政府謹製 空想ラノベ が歴史書の中国

中国政府謹製 空想ラノベ

中国妄想戦記「超時空 中華阿Q 脳内戦勝記」

が、死ぬまで中国の歴史書だとおもっるんだろうてwww

No title

満州国という独立国家を侵略して来たのはアメリカとロシアと支那だし

No title

何?また嘘つきババァが出てきたのか?

No title

これアメリカ政府命令で部隊の軍医として勤務してたなら、フライングタイガースに続いて真珠湾よりはるか以前に
アメリカという国が宣戦布告なしに日本軍と交戦してたという証拠が出てきたという事になるな

No title

ああ勘違いしてた、住んでる場所はアメリカだけど本人は中国人か

国民党と共に台湾へ逃げて来て
アメリカへ移住したのか?
何で70周年で連絡有るの?よく連絡先わかるね。国民党から?共産党から?
家族にも言ってなかったのか自由と言論の国アメリカで。
怪しいよな!

ああ、よく読んだら中国(共産党)のスポンサーから連絡と書いてあるね。
おかしいだろ!
中国共産党と台湾の国民党が通じてきたのは最近だろ?
李登輝時代の直後じゃないのか?連戦一派や馬英九一派など。
この婆さんには共産党は敵だったはず。少なくともアメリカ移住した頃は敵だ、1990年代迄はね。しかも96歳と高齢なのに。
若い時からどこかと通じてるね。

もともと二重スパイなのか買収か判らんが、
コメントにあるように歴史の証言者として
旧日本軍を非難させるために利用する布石なのかもな。
慰安婦や731部隊や南京事件について嘘の捏造話をさせたインタビュー映像を残すためにね。
バカな外国人はうのみにするだろうな。

>ヒューストンに住む

ここにはケネディ宇宙基地センターがありますね

>今回は中国の戦後70年式典のスポンサーの人からインターネットを通じて連絡

96歳なのにインターネットできるのは凄いねェ

どうして中国のスポンサーから連絡があるの?
居場所を教えてるの?繋がりが有るの?
スポンサーからお金は貰ってるの?スポンサーと言うくらいだからそうなんでしょ?
式典の係の人ならわざわざスポンサーとは呼ばないでしょ?

>祖母によると昔の戦争は今と比べ物になれないほど条件が厳しい

96歳なのに
しかも看護師なのに
今の戦争と昔の戦争を比べるくらいの知識と体験が有るのが凄いね
ベトナム戦争も湾岸戦争もアメリカ軍の多数の帰還兵に精神病的な後遺症を残すほど昔以上に酷く厳しいのに、
今と比べて昔の戦争は厳しいんですか?
そうですかそうですか、ベトコンよりもフセイン軍よりもタリバン・アルカイダよりもISISよりも
日本軍は残虐だったからと言いたいようですね。わかります、あなた方の立場が
五毛も芸に乏しいな

No title

おばあさんに戦争の話などさせずに、当時のダンナとの恋愛話くらいだけさせておいてくださいね。
そうすれば、「慕情」のようなイメージで、おばあさんの若かりし日々のイメージが良くなりますよ。




■コメントに関してのガイドライン■

・差別的中傷的なコメント

・トピックに関係ないコメント

・広告やスパムコメント

・当サイトへのコメント

・不適切だと判断したコメント

は削除やアクセス制限の対象となります

また当サイトへのご意見(提案・リクエスト・重複の指摘など)

は記事内のコメント欄ではなく下記アドレスにお願いいたします

kaigai.000@gmail.com



コメントをした時点で上記ガイドラインに同意したものといたします

これからもよろしくお願いします(´・ω・`)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

­
最新記事
­
­