Homeスポンサー広告出来事>靖国神社の秋季例大祭に参拝する年配の女性が海外で話題に【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国神社の秋季例大祭に参拝する年配の女性が海外で話題に【海外反応】

2015.10.23 Fri

靖国神社の秋季例大祭に参拝する年配の女性が海外で話題に【海外反応】

投稿者
年輩の女性が東京靖国神社で4日開かれる恒例の秋祭りで本殿にお参りをしている この神社には、第二次世界大戦の戦犯を含む戦死者をまつっている





あああ、政治家を批判していたと思ったら、今度はこういう年輩の女性が参拝することにまで、ケチをつけはじめるわけね





何々、この年輩の女性が参拝しているからってこの人が主戦論者とでもいいたいの?違うでしょ 政治家が行くから、火に油を注ぐんだよ






ほんとだよね この女性のどこが、悪魔みたいに見えるっていうんだろうね でもここにコメントする人は絶対、そういうこと言うんだろうね
しかし、なんで政治家はこんなことするんだろうね







普通の人は詳しいこと知らないですもんね 政治家は全部しっていて、参拝することで近隣諸国に与える影響もわかった上で、やってますからね この神社が持つ政治的意味も分かっていますしね 特に自民党はそうですよね
ちょっとググればすぐ、この神社の背景が分かりますよ






まず、この女性は写真を撮られていることさえ知らないよね まさか自分の参拝が政治家の参拝と同じように議論されるなんてことも、思ってないよ 
次に政治家だけど、彼らはマスコミがいるって知ってて行っているどころか、むしろマスコミを呼んでるからね わざと写真を撮らせているんだよ そしてそうすることで日本が孤立することも十分知っているんだ 
簡単に言うと政治家は政治目的で参拝するんだよね 個人的な参拝だったら、公表する必要もないからね 最後に、この女性は多分、日本の戦犯を奉ってるなんて知らない可能性もあるよ






いや、この神社が持つ意味は知ってるよ でもね、この神社は戦犯だけじゃなくて戦没者みんなのためでしょ?でも人によっては、戦犯だけ祭られてるみたいに感じるみたいだね 






君が、政治家とこの年輩の女性の違いをきくから説明したんだけどね 
政治家が単に戦没者に参拝するだけのために行くなんてまじで思ってるわけ?明らかに政治的な目的だよ 平和のための祈りなんていって、過去の被害国がいやがることをするのって、誠実だとは思えないんだけど






いいポイントだね もし本当に、戦没者に敬意を示しているだけなら、靖国にある1000人以上の戦犯の名前を削除しても問題ないはずだからね または、戦犯以外を皇族の人がいけるような別の場所に移してもいいわけだしね
でも絶対、そんなことはしないよね





この神社には戦没者がまつられている
って言うけど、1068人の戦犯も含まれるんだよ しかもその中の4人は、A級戦犯なんだ





いつも、何人くらいの人が参拝に行っているのか気になっているよ だって、愛する人を思い出す唯一の場所の可能性もあるわけでしょ そんな場所が政治目的で使われることをどう感じているんだろうね
戦犯以外の人もいるわけだからね





1日だけでも、157000人の人がこの場所を訪れるんだよ 毎年その人数は増えてるらしいよ でも日本のメディアはそんなことを報道しないけどね
私は日本人だけど、この件について他国から干渉されたくないと思ってるよ







じゃあなんで1978年になって、戦犯者がまつられていることを今更言ったんだと思う?






日本人がどんだけ愛国主義のやつらかってのを知らせるためじゃないの?






1日157000人?それはないね もう一度確認した方がいいよ もし正しいなら、ギネスにのれるような数字だよ もし間違っていたら、もうそんな嘘書かないことだね






2015年8月15日の数字だから、157000人は普通にありえるよ 毎年500万人が③パインい訪れるんだよ、靖国には
http://www.yasukuni.or.jp/english/index.html






信じないなら、靖国神社の事務所にきくといいよ
なんで日本人が靖国参拝しちゃいけないのさ!





僕はナガランド出身で、第二次世界大戦では、大きな戦いがあった場所なんだ 記憶も鮮明だし、武器もお墓もたくさんありますよ





もちろん知ってるよ、日本の兵隊の多くは強制的に戦地に生かされたって でも、木村兵太郎のような戦犯は悪魔だよ 戦争でアジアの平和を壊したんだよ 女性をレイプしたり、強制的に戦争にいかせて人を殺したりしたんだよ 1番怖いのは兵士に、人の肉を食べさせたりしていたんだよ





1つ明確にしておくと 戦犯Aというのは平和に対する犯罪だよ つまり、東南アジアの戦争に対する責任が裁判で認められたっていうことなんだよね それと同時に、日本の海外侵攻に対する責任も負ったわけだけどね 
だから、戦犯Aだからといって、非人道的名行為や、市民の殺戮とかの責任とか従軍慰安婦について責任を追及されたわけじゃないよ 戦犯Aと残虐行為はイコールじゃないよ




http://www.japantoday.com/category/picture-of-the-day/view/yasukuni-autumn-festival.
https://www.facebook.com/JapanToday/photos/a.264156846944983.77222.206382352722433/1156590887701570/?type=3
­
関連記事

コメント

*No title

残念
この記事コメには無知な外人しかいなかったようで

*No title

③パイン

*No title

他国の信仰にいちいち口を挟む事がおかしいと気がつけ
宗教戦争時と何が違うんだ
その信仰は間違っていると言うこと自体がおかしい
さらにいえば信仰でさえない、ただの慰霊だ

*No title

どうせ靖国に骨がある灰があるって言うような外国人でしょ?
靖国は慰霊の為に行くんだよ
異教徒が「そんなはずない」って決めつけんな!
それに刑が済んだ時点で戦犯はいないの!
戦勝国と日本の国会決議で戦犯はいないって確定したの!
戦勝国の軍人も公式参拝してたっつーの!
以前は普通に参拝していたのを途中から日本叩きの政治カードにしたのは中国と韓国
何が「西洋国家はアジアと違って考える教育受けてる」だよ
突然はじまったプロパガンダを考えもせずに鵜呑みにして、日本人差別と宗教弾圧してるくせに

*No title

一度合祀したものを分祀しても同じものができるだけで誰々の魂だけを別にする
ということはできない。A級戦犯だけを分けることはやらないんじゃなくてできない。
いくら靖国神社側がこれを説明しても海外のマスメディアはおろか日本のマスメディア
でさえまともに記事にしない。朝日新聞あたりは真っ先に英文記事でこれを説明しなきゃ
駄目だと思うよ。

*No title

無知とゆうより中韓人の書き込みか、彼らの出鱈目を信じ込んで疑わない反日外国人だろ。

*No title

勝ったほうの殺人者は英雄なんだろ、その考えが怖いわ。

*No title

無知な外国人ていうより工作員だろうし
いつも思うのは日本人で英語が堪能で優秀な人が全く出て来ないということ
自分も含めてだけどさ…

*

なおすでに戦犯はいないもよう

*

そもそも神社を勘違いしてるんじゃないの馬鹿ども

*No title

黙りなさい低脳害人ども
歴史を知らない馬鹿どもが

*No title

人の肉を食わせていた…www
あの糞女のプロパガンダ映画で『真実』を知っちゃた口なのかね?
あ~どっかにドラマや映画は事実の証拠!とか言っちゃう国があったよね~www

*No title

アホか!大東亜戦争以外でも日本のために散った英霊がぎょうさんおんねんぞ
もちろん大東亜戦争も含めて英霊だが

そんなところに国民の代表たる政治家が行かないほうがおかしいわ!
特に総理は行くのが義務だろうが
火に油?知るかよ。なんで日本が外国(特亜)に考慮せなアカンねん!
だったら日本に考慮してくれるのは何処なんだよ
日本だけが言いなりになると思ったら大間違いや

日本から見たら連合国の英雄こそ日本人を殺しまくった悪党やんか
戦争なんだからお互い様やろ!だからお互い参拝だろうと墓参りだろうと自由だ
欧州でヒトラーの墓を作ったりしたら云々とか意味不明ないちゃもんつけるやつもおるが
別にヒトラーの墓だって作りたいなら作ればええんや

勝手にドイツがユダ公に屈して作らないだけだろうが!日本にまで押し付けるなよボケ!そもそも靖国は墓ですらないんじゃ
むしろ供養してやらんと成仏できんから転生して第二のヒトラーが生まれるで

*No title

日本には戦犯て言葉はないし戦犯はいないんだよ覚えておけこら

*No title

世界の人達が「靖国=戦犯」と連想する様になった。韓国人達のプロバカンダの勝利だな。
旭日旗は戦犯旗、最終的には日本=戦犯国を定着させるのが狙いだからな。それももうそこまできてる。

*No title

サンフランシスコ講和で東京裁判の戦犯はすべて判決無効になって、国内法の違反だけで審理しなおして無罪になってなかったっけ?別に祭って問題ないじゃない。だから東京裁判での死刑囚も戦死扱いで祭られてるんだし

*No title

中韓は日本を貶めたい為に騒いでいるだけ
対象は何で良い、仮に日本が靖国で譲歩すれば他の因縁を見つけるだけ
だから日本は世界に正当性の説明をし、絶対に譲歩してはいけない

*No title

靖国参拝を政治問題にしたのは、周辺国だけどね。
参拝自体、周辺国が文句を言ってきていない時は、普通に行っていたのだから。
後々から文句言ってきたのは、中韓だから。時系列をしっかり見て欲しいね。
まぁ~、japantodayだから仕方ないけどね。

*No title

じゃあ無知外人さんよ、戦没者が葬られてる墓地に参拝するなよ。
戦犯とか戦勝国が勝手に決めてる事を押し付けてくるんじゃねぇよ。
レ〇プや人肉を食べさせた?そんな特アのプロパガンダにホイホイ乗るような連中に言われたくないわ。
祖国の為に散って行った方々を参拝して何が悪い?

*No title

>>1つ明確にしておくと 戦犯Aというのは平和に対する犯罪だよ つまり、東南アジアの戦争に対する責任が裁判で認められたっていうことなんだよね

堂々と嘘つく外人ってすごいよね。事後法で国際法を無視していたため撤回されたじゃん
そのため戦犯はいないとして署名も集まって国際的に連合側もサインして戦犯ってされた人たちは釈放された
そのあと大臣になった人もいたんだけど?

*

こう考えると勝っても負けても死んだら同じって神道の考え素晴らしいな。
日本人は敵も味方も赤の他人でさえも等しく慰霊し手を合わせる。
子孫に恨みを世襲しないための知恵だったんだろうね。
仇討ちの連鎖は虚しいものです。
恨み利用して金儲け企むどこかの国とは正反対だよ。

*No title

戦争でアジアの平和を壊した?世界中を植民地にして搾取しまくってた連中が何言ってるんだか…。お前らの侵略ではアジアの平和は壊れなかったとでも言うのかよ

*No title

ところでインディアン虐殺、ハワイ併合やメキシコ侵略、フィリピン横取りの件はどうなった?

*No title

内戦ならともかく、外国との戦いで現代でも最期に処刑で終わらせる
英米の習俗ってすげぇよな

*No title

戦犯ってのは敗戦国だけにしかいないと思ってる害人が多すぎる

*No title

我々が参拝するのは鎮魂の為でもあるのだよ。

*No title

>>日本人は敵も味方も赤の他人でさえも等しく慰霊し手を合わせる。
>>子孫に恨みを世襲しないための知恵だったんだろうね。

ちがうんじゃね?単に祟りを恐れたからだとおもうけれど。

*No title

* 靖国神社に要人が参拝した事がある国々 *

【アジア】インド、台湾、タイ、チベット、インドネシア、マレーシア、スリランカ、パキスタン、イラン、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ソロモン諸島、シンガポール、韓国←←←←

【アジア以外】アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、オランダ、スペイン、フィンランド、ポーランド、スイス、ルーマニア、リトアニア、アゼルバイジャン、トルコ、スロベニア、オーストラリア、ニューギニア、パラオ、トンガ、アルゼンチン、ブラジル、ペルー、チリ、エジプト、パナマ、イスラエル、南アフリカ

1945年1月   【満州国】王充郷駐日大使
1946年3月22日 【米国】GHQロバート・G・ガード氏
1954年4月26日 【国連】首席参謀ターレント陸軍大佐
1956年4月19日 【中華民国】張道藩 立法院院長一行
1956年5月17日 【ビルマ(現ミャンマー)】政府最高顧問ウー・ティ・テイラ大僧正
1958年2月4日  【パナマ】リカルド・マルティニェラ駐日大使
1959年4月5日  【トルコ】エテム・メンデレス国防大臣(副首相)
1960年3月23日 【ビルマ(現ミャンマー)】ウー・ヌー前首相
1961年12月15日 【アルゼンチン】フロンディシ大統領夫妻
1963年2月11日 【フランス】海軍練習艦隊司令官ストレリー海軍大佐以下候補生乗組員
1963年6月4日  【タイ】プミポン国王夫妻(名代:中村元司令官)
1963年6月25日 【米国】空軍士官学校士官候補生一行
1964年6月3日  【インドネシア】大使館付武官イマム・サルジョノ海軍中佐
1964年9月20日 【ビルマ(現ミャンマー)】 タイセン労働大臣
1964年10月7日 【イタリア】ジュリオ・アンドレオッティ国防相及び陸海空三軍士官候補生90人
1964年10月17日 【パキスタン】陸軍最高司令官モハメット・ムザ大将
1965年3月26日 【旧西ドイツ】海軍練習艦ドイッチュラント号乗艦士官候補生50人
1965年4月16日 【タイ】海軍練習艦隊司令官パントム海軍少将一行
1965年7月10日 【アルゼンチン】海軍練習艦リベルタッド号艦長オスカルモヘ海軍中佐、以下海軍士官候補生
1965年9月28日 【南ベトナム】グエン・ドゥイ・クワン駐日大使
1966年1月31日 【フランス】海軍練習艦隊ヘリ空母ジャンヌ=ダルク号、及び護衛艦ヴィクトール=シェルシェ号乗艦士官候補生・乗組員
1966年2月17日 【ペルー】ホセ・カルロス・フェイレイドス駐日大使、海軍練習艦隊艦長エンリケ・ヴェリア海軍大佐以下
1966年5月30日 【チリ】モランビオ駐日大使、チリ海軍練習艦隊エスメラルダ号艦長ロベルト・ケリー中佐以下
1966年10月29日 【米国】沖縄民政府政治顧問ジェームス・マーチン夫妻
1968年6月25日 【ブラジル】海軍練習艦隊クストディオ=デ=メーロ号エディノ・ビアナ・シャモンテ艦長、以下士官候補生・乗員120人
1968年9月6日  【ブラジル】ドンジャイネ カトリック司教
1968年12月2日 【西ドイツ】連邦軍総監ウイリッヒ・メズィエール陸軍大将
1969年4月9日  【米国】在日米海軍司令官ダニエル・T・スミス海軍少将、以下幹部25人
1969年6月6日  奈良カトリック教会 トニー・グリン神父(オーストラリア出身)
1970年1月12日 【西ドイツ】空軍総監ヨハネス・シュタインホフ中将
1970年2月3日  【フランス】海軍練習艦ヴェクトール=シェルシェ号艦長ピエール・トウベ海軍中佐以下
1970年5月12日 【オーストラリア】「海軍おばさん」メリーア・アッシュバーナー夫人
1970年7月2日  【アルゼンチン】海軍練習艦リベルタッド号艦長エミリオ・エリワード・マセーラ海軍大佐以下
1971年3月26日 【パプアニューギニア】
M・T・ソマレ氏国会議員、ハニアウル・ヘトラス・サンオン村村長
1972年3月15日 【イスラエル】情報副部長 ギルボア准将
1972年3月21日 【スペイン】海軍練習艦隊ファン=セバスチャンエルカー号艦長リカルド・バリエスピン・ラウレル海軍中佐、以下50人
1972年4月1日  【チリ】海軍練習艦エスメラルダ号シルバ大佐、以下士官候補生及び駐日大使
1972年10月19日 【イタリア】駐日武官R・ドルランディ空軍准将
        【西ドイツ】駐日武官補佐官クウス・ボルツェ陸軍少佐
        【ブラジル】駐日武官J.B.フアリア海軍大佐
        【アルゼンチン】駐日武官T・N・オリーヴァ海軍大佐
1973年1月28日 【西ドイツ】陸軍総監エルネスト・フェルバー陸軍中将
1973年2月14日 【南ベトナム】バオダイ殿下(ベトナム元皇帝)
1973年3月3日  【ペルー】海軍練習艦隊アレハンドロ・ペレス・ルイス艦長、以下乗員60人
1973年5月14日 【チリ】空軍士官学校研修団団長フアン・シューエン空軍少将以下
1973)年6月4日 【ソ連】ビクトル・V・マエフスキー プラウダ論説委員
1973年11月7日 【トンガ】タウファハウ・ツポウ4世国王夫妻
1974年2月19日 【フランス】海軍ヘリ空母ジャンヌ=ダルク号ベリエール艦長、以下同海軍駆逐艦フォーバンエドワード艦長以下
1974年4月8日  【米国】駐日大使館付武官リチャード・ネルソン・スタンダード大佐以下
1974年10月28日 【インド】G・S・デロン大佐以下
1975年11月8日 【ビルマ(現ミャンマー)】ウー・ボー・レーサ農業大臣
1977年3月7日  【フランス】海軍練習艦ジャンヌ=ダルク号艦長ステファーノ・ボーサン海軍大佐、海軍フォルバン号艦長ジョンノエル・プーリカン氏、駐日大使館付武官アンドレ・ルメール海軍大佐
1977年3月26日 【英国】クワイ河再会団(大戦中、泰緬鉄道建設に従事)精神科医 W・H・オールチン博士
1977年9月4日  【タイ】国軍副司令官 クリアン・サック大将以下
1977年9月19日 【西ドイツ】駐日大使館付新任武官カール・ハインリッヒタルス氏、駐日大使館退任武官ペーター・フシュミット氏
1977年11月22日 【アルゼンチン】空軍士官學校 ヘスス・C・カペリーニ氏以下
1979年10月28日 【インド】カルカッタ市 チャンドラボース=リザーチィン=スティテュード館長、シシール・クマール・ボース夫妻
1980年11月1日 【チベット】チベット仏教(ラマ教)ダライ・ラマ14世法王
1981年1月26日 【米国】在日米空軍横田基地司令官ドゥエイン・C・オーベルグ大佐夫妻以下
1981年4月29日 【米国】在日アメリカンスクール教育長リチャード・T・オスナー氏
1981年5月12日・1981年6月2日 【オーストリア】ウイーン大学宗教学フリッツ・フィンガー・ライダー教授夫妻一行
1981年6月22日 【インドネシア】アラムシャ・R・プラウィネガラ宗教相
1982年11月25日 【エジプト】前世界イスラム審議会事務総長モハメッド・トゥフィック・オーエイダ博士
1983年8月4日  【米国】国立公園アリゾナ記念館ゲーリー・カミンズ館長
1983年11月9日 【インド】マガタ大学歴史学教授アングッシュマン・ラビ博士、マガタ大学歴史学教授シンジャ・アワンマドゥ・クレジ博士
1984年12月13日 【インド】旧インド国民軍シャーザダ・ブランデイーン・カーン陸軍大佐
1985年6月10日 【エジプト】モハメッド・サミー・サーベット駐日大使、アニース・ネマタラー駐日公使
1985年7月23日 【米国】在日米空軍横田基地空軍司令官ウォル=ファイル大佐
1985年10月18日 【西ドイツ】駐日大使館国防武官マウル大佐
1986年6月6日  【米国】在日米空軍横田基地空軍副司令官エドワード・フライ大佐
1987年10月19日 【西ドイツ】元駐日大使館付武官クルグ海軍大佐夫妻
1988年8月13日 【パキスタン】駐日大使館付陸軍准将ブリカディー・ムハマド・ネイブ・テナ氏
1988年10月27日・1989年6月20日 【米国】在日米空軍横須賀基地司令官スティーブン・H・ハウエル海軍大佐
1989年11月14日 【西ドイツ】ハンブルク市国防軍指揮幕僚学校教官エーベルバルト・メシェル空軍大佐
1990年1月   【ソ連】エリツィン人民代議員(拝殿参拝)
1990年10月27日 【統一ドイツ】シュトゥットガルト放送交響楽団団長、ルッツ・リューデンマン博士
1991年10月30日 【チリ】ルネ・アベリウク通産大臣
1992年3月1日  【スリランカ】C・マヘンドラン駐日大使
1992年7月10日 【フィンランド】カリ・ベリホルム特命全権大使
1993年9月21日 【リトアニア】アドルファス・スレジェべシス首相
1993年11月7日 【タイ】空軍司令官補佐サマート・ソサティット空軍大将
1994年6月15日 【イギリス】駐日大使館付武官 M・スミス海軍大佐
1995年4月26日 【インド】東京裁判で無罪判決を下した故ラダ・ビノード・パール博士令息プロサント・パール氏
1995年5月30日 【チベット】テンジン・テトン前主席大臣(首相)
1995年8月2日  【ミャンマー(旧ビルマ)】ウ・アエ文化大臣
1995年8月14日 【パラオ(ベラウ)】イナボ=イナボ政府顧問
1995年11月1日 【ドイツ】ロベルト・ウェルナー駐日武官夫妻
1996年6月15日 【イギリス】駐日大使館付武官ロバートソン大佐、駐日大使館付武官エドワーズ大佐
1996年6月17日 パラオ・ぺリリュー戦の旧日米両軍関係者53人
1996年8月13日 【イラン】M.シャケリ駐日大使館一等書記官
        【ドイツ】駐日大使館国防武官ロベルト・ウェルナー陸軍大佐
1996年8月20日 【スロベニア】ダニーロ・チュルク国連大使
1996年10月18日 【トルコ】駐日大使館付武官ネディム・アンバル海軍大佐
1996年11月1日 【韓国】李玖 旧朝鮮王朝王子←←←←←←
1997年4月5日  【トルコ】駐日大使館付武官ネディム・ランバー海軍大佐
        【ルーマニア】駐日大使館付武官ダン空軍大佐
        【インド】駐日大使館付武官カトチ陸軍大佐
        【マレーシア】駐日大使館付武官ハミド海軍大佐
        【イスラエル】駐日大使館付武官ドルファン准将
        【ロシア】プロコペンコ駐日大使館事務官、駐日大使館付武官エヴストラホフ陸軍少将
        【タイ】駐日大使館付武官シーラカムクライ氏
1997年4月13日 【タイ】プーン・サック海軍中将
1997年4月22日 【ルーマニア】ダン空軍大佐
        【スイス】ドルガー防衛軍大佐
        【タイ】ポンプン陸軍大佐
1997年11月25日 【インド】故ラダ・ビノード・パール博士令息プロサント・パール夫妻
1998年4月4日  【ルーマニア】駐日大使館付武官ラルジュアーヌ陸軍大佐
        【イスラエル】駐日大使館付武官ドルファン准将
        【インド】駐日大使館付武官ヴォドガオン・カール海軍大佐
        【ブラジル】駐日大使館付武官キーゼル海軍大佐
        【ポーランド】駐日大使館付武官スタルシコ陸軍大佐
        【ロシア】駐日大使館付武官エフストラフコ陸軍少将、駐日大使館付武官 ボカチョンコフ海軍大佐
        【スイス】駐日大使館付武官 マイヤ陸軍大佐
        【トルコ】駐日大使館付武官 アンバル海軍大佐
1998年4月22日 【イスラエル】駐日大使館付武官ドルファン准将(春季例大祭当日祭に参列)
        【ブラジル】駐日大使館付武官キーゼル海軍大佐(同上)
        【トルコ】駐日大使館付武官アンバル海軍大佐(同上)
        【ポーランド】駐日大使館付武官スタルシコ陸軍大佐(同上)
1998年6月27日 【米国】米海軍第七艦隊ミカエル・ローランド・オリバー海軍大佐
1998年8月   【米国】在日米軍横田基地の空軍関係者、遊就館見学
1998年10月18日 【トルコ】セミー・イエシブルサ海軍大佐
        【ポーランド】スタルシコ陸軍大佐
1999年1月17日 【ブラジル】サンパウロ市松柏学園
1999年3月19日 【カナダ】ビクトリア市セントマイケルズ=ユニバーシティ=スクール
1999年4月3日  【インド】駐日大使館付武官ウェヘライ海軍大佐
        【ルーマニア】駐日大使館付武官イラン・ラアルジェアヌ空軍大佐
        【ロシア】駐日大使館付武官ボカチョンコフ海軍大佐
        【タイ】駐日大使館付武官マイトリー空軍大佐、駐日大使館付武官スリヤン陸軍大佐
        【トルコ】駐日大使館付武官イエシルブルサ海軍大佐
        【イラン】駐日大使館付武官サファリ海軍少将
        【ブラジル】駐日大使館付武官フェヘライ海軍大佐
        【マレーシア】駐日大使館付武官ハミド海軍大佐
1999年9月13日 【チベット】チベット仏教リクー・ブッダ・ダツ氏
1999年10月19日 【ポーランド】駐日大使館付武官ヴワデイスフク・スタルシコ陸軍大佐
        【トルコ】駐日大使館付武官イエシルブルサ海軍大佐
2000年1月12日 【米国】コルゲート大学学生
2000年4月5日  【台湾(中華民国)】高砂族元義勇兵・遺族
2000年4月8日  【トルコ】駐日大使館付武官セミー・イエシブルサ海軍大佐
        【ルーマニア】駐日大使館付武官イラン・ラアルジュアル空軍大佐
        【イスラエル】駐日大使館付武官ズイブ陸軍大佐
        【スイス】駐日大使館付武官マイヤ陸軍大佐
        【ミャンマー(旧ビルマ)】駐日大使館付武官キン=モン=ウィン陸軍大佐
        【イタリア】駐日大使館付武官オファーノ・ルチアーノ海軍大佐
        【ポーランド】駐日大使館付武官キメク・トーマス陸軍大佐
        【ロシア】駐日大使館付武官ボカチョンコフ海軍大佐
        【インド】駐日大使館付武官ヴァドガオンカール陸軍大佐、駐日大使館付武官ビスワン空軍大尉
        【メキシコ】駐日大使館付武官セルジオ・ララ・モンテジャーノ海軍少将
2000年4月17日 【台湾】高砂族元義勇兵・遺族
2000年4月26日 【インド】沿岸警備隊長官ジョン・コリンズ・デシルバ海軍中将
2000年10月18日 【イタリア】駐日大使館付武官オッタリオ・ルティグハーノ海軍大佐
        【トルコ】駐日大使館付武官クトイ・ジング氏
2001年3月22日 【カナダ】ビクトリア市セントマイケルズ=ユニバーシティ=ミドルスクール
2001年4月7日  【スイス】駐日大使館付武官ハンズ・R・マイヤ陸軍大佐
        【インド】駐日大使館付武官ヴァドガオンカール陸軍大佐
        【イスラエル】駐日大使館付武官ズイブ陸軍大佐
        【ミャンマー(旧ビルマ)】駐日大使館付武官キン・モン・ウィン陸軍大佐
        【ポーランド】駐日大使館付武官スタルシコ陸軍大佐
        【ルーマニア】駐日大使館付武官ラルジュアーヌ陸軍大佐
        【トルコ】駐日大使館付武官セミー・イエシブルサ海軍大佐
        【ドイツ】駐日大使館付武官ライムンド・ヴァルナー海軍大佐
        【ブラジル】駐日大使館付武官クラウジオ・ホジェリオ・デ・アンドラ・フロール海軍大佐
2001年4月7日  【台湾(中華民国)】高座会(台湾出身元少年工員・家族)
2001年4月22日 【ブラジル】駐日大使館付武官 クラウジオ・ホジェリオ・デ・アンドラ・フロール海軍大佐
        【トルコ】駐日大使館付武官クタイ・ゲンチ陸軍大佐
2001年4月26日 【米国】海兵隊第三師団長ウォーレス・グレッグソン海兵隊少将
2001年6月27日 【インド】ヒンドゥー教徒カリアン・ババ氏
2001年10月18日 【トルコ】駐日大使館付武官クタイ・ゲンチ陸軍大佐
2001年10月30日 【アゼルバイジャン】アリ・マシホフ元首相・人民戦線党最高評議会議長
2002年3月   【韓国】駐日大使館付武官柳海軍大佐、駐日大使館付武官除陸軍大佐
←←←←←←←←
2002年4月10日 【ペルー】アルベルト・フジモリ元大統領
2002年5月31日 【米国】在日米軍空軍基地将校会ロニー・デート空軍少佐以下
2002年8月   【米国】国立公園アリゾナ記念館キャサリン・ビリングス前館長
2003年2月   【南アフリカ】アッパ・オマール前広報庁次官
2003年4月   【スイス】駐日大使館付武官ハンズ・R・マイヤ陸軍大佐
2005年4月4日  【台湾(中華民国)】台湾団結連盟(台連)蘇進強主席ら同党訪日団
2005年7月10日 【ソロモン諸島】ケマケザ首相

*No title

成仏できなければ彷徨い祟を起こすから
亡くなった人が成仏できるようにしてきたんでしょう。
お岩さん含め、色々な物語があるでしょうが
アニメでも小説でもホラーでもそんなのばっかりでしょが・・

*No title

>1068人の戦犯

日本の左翼はあたかもA級戦犯だけが問題かのように報道するが、当然のことながら連中はBC級戦犯のことも許していない
もっと正確に言えば日本人全体のことを許すつもりもないんだよな

*No title

2015-10-23 10:08に上げたリストを見ての通り、以前は外国要人も普通に公式参拝していた
中国も韓国も何の文句も言ってなかった
内政の都合で中国と韓国が突然文句を言いはじめただけ
しかも韓国は↓公式参拝してるんだけど
1996年11月1日 【韓国】李玖 旧朝鮮王朝王子
2002年3月   【韓国】駐日大使館付武官柳海軍大佐、駐日大使館付武官除陸軍大佐

*No title

成仏ってw
一応靖国神社は神道の施設なんですが

そもそも靖国神社は、戦死者を英霊として顕彰し神の座に祀り上げるためのもので
そこに「慰霊」という概念は存在しない
亡くなった「人」を悼み偲ぶのはどうぞ郷里のお墓でやってくださいというのが
日本独特の神仏分業二枚舌システムなんだがなあ

*

人肉食は中国の伝統でしょう?孔子様のおやつでもあった。日本は800年以上肉食してなかったのに、世界はよほど教養が無い人が多いんだね

*No title

当たり前でしょう。靖国には多くの英霊が眠っているのですよ。英霊の祖父、祖父母がお参りするのは至極当然。ましてや外国人の英霊も祀られてるんです。国の為に国民の為に尊き命をもって闘った人達です。粗末に扱うわけにはいかんのですよ。そこに東京裁判で戦争指導者としてA級戦犯の汚名をきせられた、人達が祀られていても死者は皆同じなんです。

*No title

このおばあちゃんは身内が祀られてるとかだろ
参拝して何が悪いのかわからない
東條とか近衛みたいな明らかな戦犯は分祀した方がいいとは思うが

*No title

* 靖国神社に要人が参拝した事がある国々 *

このリスト、英語版も欲しいね。
テキスト化して検索に引っかかるように、
または外人との議論の途中で引用できるように。

*No title

何度言っても同じような書き込みが続くもんだな… あれほど罪の重さとABC級戦犯は比例してないと言って説明しているのに 結局知ってて罵りに使うだけなんだなぁあの国の連中は・・

*No title

靖国がわるいって広めたい中韓人がわざとあおったりそれっぽい内容を入れて広めているだけでしょ
反論できる人はいないの?

*No title

ほぼ、韓国と中国人しかいないようなコメントばっかだな。

*No title

気落ち悪いコメントが多いね。
こんなの見ると、外国人に優しくなんてなれないよ。

*No title

靖国のことは調べて神道のことは調べないのは何故だ?
死んだらみんな神様となるんだが

*No title

どっちもどっち。負けたから戦犯なわけで

*No title

さすがに事後法であるA級で死刑は後々まずいことになると思ったのか
A級だけで死刑となった事例は無い。この点をアピールするだけでだいぶ印象は変わる。
外務省は仕事しろ。

*

日本人の私でさえ、よく理解してないし、知らないことばかり。
だから無知な外国人、中韓に影響された外国人がいてもしょうがないよ、今までは!!

中韓との武器を用いない戦争が始まってる気がする。
ユネスコの件もあって今反論しないと嘘によって永遠に日本は責められる。
これを外務省に任せるのは不安。
(私も含め)きちんと知るにはどうすればいいのかな。

*No title

>>成仏ってw  一応靖国神社は神道の施設なんですが
このご時世になって、何を言ってるんだお前。
神仏習合に加え、そもそも神道では穢となるだろう。
一般人とっては桑原桑原って感じのそんなものなんだよ。
だからこそ無宗教とかいわれてんだろが。

*

Japan Todayからじゃ、特亜の反応だよ

*No title

>>どっちもどっち。負けたから戦犯なわけで

てめぇみたいに中立気取ってる奴が一番ムカつくんだよ。
日本人が日本国内の施設に誰といつ行こうが自由。
それが政治家だろうと一般人だろうと関係ねぇ。
「戦犯」なんて言葉は戦勝国が勝手に作り出したに過ぎん。そんなの知ったこっちゃないね。

*No title

やけに特亜ぽい反応ばっかだなと思ったら安定のjapan todayからだった
ここは中国(香港)資本に買い取られてから、すっかり特亜御用達サイトに

*No title

この本スレに書き込んでるのは、全員韓国・中国人じゃないか?。
敢えて、こう言う差別コメントを平気で載せてるここも、ほとんど確信犯って事。

日本人に対する差別・中傷は止めて頂きたいもんだ。

*

当時日本人だった朝鮮人の英霊もおりますが
何か問題でも?

*

靖国神社の意味を分かっている外人が一人も居ないのか

*No title

民間人を大虐殺しまくった米兵を葬ったアーリントンを日本は非難してないけどね
無知な外国人はいいかげん黙ってろ

*No title

清水次郎長は、逆賊として駿河湾に放置されていた旧幕府軍の遺体を、 『しねば仏、官も賊もない』として、小船を出して収容し、向島の砂浜に埋葬し、翌年には「壮士墓」を建立したもんだが。
この精神は、死屍に鞭打ってきた民族には理解できないだろうよ。

*No title

>政治家が単に戦没者に参拝するだけのために行くなんてまじで思ってるわけ?

このバカぶん殴ってやりたい。政治家だからこそ、そんなの当たり前だろうが!!!!!!!!!!!!!

*No title

大体「戦犯」なんて勝った方が「こいつが犯罪者だ」って決めつけてるだけ。

*No title

閣僚始めとする政治家は日本国民が選んだ代表だ。文句あるか。

*No title

まぁコメントの殆どが中国人なんだろうけどもw

*No title

>毎年500万人が③パインい訪れるんだよ

この誤字はひどくないかww

*No title

海外に渡った特ア人が知り合いになった現地人を洗脳してるんだと思う

*No title

欧米から書き込んであるからといって欧米人とは限らないわけでw
上のレスを書き込んだ奴らをリアルに集めたら8割方特亜だろうよ

*No title

>>政治家が単に戦没者に参拝するだけのために行くなんてまじで思ってるわけ?
このコメント、民主主義の国の人間のコメントじゃないな?
政治家は国民に選ばれた存在であり、国家国民の代表である。国民を代表して戦没者の為に参拝するのは当然のことだろうに。

*No title

日本の周辺国との揉め事は全て朝日新聞が起源

*No title

ここでいくら反論しても意味がないですよ。

英語が出来たら。
外国人と議論して理解してもらうようにしないとこのまま中韓の言い分が通ってしまう。

向こうで書き込まないと意味がない。冷静に論理よく向こうも納得する形で日本人の味方を多く作らないと意味がない。

日本人が言っても加害者だからという目で耳を傾けてくれないのでまず外国人の味方を増やさないと。

日本人がそうだからより中韓以外の外国人にどうしたら理解してくれるのかを考えた方がよい。

*No title

4chanに昔はなんか自分の言い分を羅列したのを
google翻訳通しただけのコピペを爆撃しにきてた
わかりやすいネトウヨいたけど
あれじゃ誰も相手しねぇよなぁ…むしろ日本人バカにされるっつか
議論は街宣じゃなくて相手との会話と理解だっつの…

*No title

戦犯=労働党とか思ってんだろwww
悪いのは戦犯だけで一般の日本人は悪くない、と擁護してるつもりで日本人を侮辱してんだよ。
何言ってんだか。戦争になったのは不幸なことだが、その責任をトップにのみ押し付けて逃げるなんて真似は日本人はやらない。

*

政治的な問題にしてるのはマスコミと外人だけ。
普通の人は本当のことを知らないとか言ってる外人はマジかよ。お前は日本人にとって、戦地で戦ってた人達にとって、その家族にとって靖国がどういう場所か知ってんのかよって聞きたい。

*No title

どこの国にも祖国のために命をささげた兵士たちの記念碑があるだろ
そのまつられた人たちの中に悪いことをした人は一人もいないのか?

*No title

外人はだいたいバカと認識でおK

*No title

ま、お前らがいくらここで泣きわめいても外人はみんな日本人=戦争犯罪を反省しないレイシストのゴミって認識だし靖国なんか右翼どものカルト総本山って認識だけどね
死ぬまでこれは中韓人の反応なんだって現実逃避してればいいよ

*No title

政治家は通州事件の日に参拝しろよ
それでマスゴミと中国はだんまり決め込むだろうよ

*No title

20年くらい前、オーストラリア人のコメンテーターがテレビで言ってた。
地下鉄でビジネスマンが漫画を読んでるなんて国は日本しかない。恥ずかしいと思いなさいって。
何十年も日本に住んでて、日本語ペラペラにもかかわらず、この程度の認識。
外人が靖国を理解できるようになる日は絶対に来ない気がする。

*No title

非戦闘員の上に爆弾ばら撒くのも犯罪行為ですよ

*

この手の翻訳記事に必ず現れるのが「ここに日本語でコメントしても意味がない」「英語で説明しないと…」って言う馬鹿共。
お前が語学勉強してやれよ。
自分に外国語習得するだけの能力がないんなら、せめて「堪能な方、お願いします」ぐらい言え!
毎度毎度回りくどい言い方で、これじゃまずい~何とかしなきゃ~
うぜえから指でもくわえて黙ってろ。

*

戦犯戦犯て、そんなん言ったらお前ら他国の兵士だって全員犯罪者だよ。あとな『日本に引き金を引かせるように仕向けるのが一番の問題だった』とゲロった軍の幹部がいるのにいつまでもいつまでもパールハーバーを忘れるなとか被害者面、正義の使者面してんじゃねえ。

*

国際法の規定の通りに、犯罪者のシナ人達への懲罰戦争をしていた事が、東京裁判においてすら認定された、日本の、法務死者として、共産党も賛成して、国会で、戦犯ではない、と、決議された人々を戦犯呼ばわりする行為自体が、違法行為だ。

*No title

懲役や死刑などの刑罰が執行されたら、その後はその罪について問うことはできないんじゃなかったのかな。
そうでないなら何のための懲罰なのかな。
やっぱり法治国家じゃないとこに生まれると、そういう概念はわからないのかな。

一度でも罪を犯した人を、宗教的に弔うことはしてはいけないんだったのかな。
一人でも罪人を弔った神社仏閣教会シナゴーグその他の宗教施設には、以後誰も参拝したらいけなかったのかな。
そもそも概念や内容すら理解できてない他国の宗教に、悪意にまみれた口を出すって言うのはどうなのかな。

本当、常識すらない人々からの批判はいいかげんにしてほしいわ。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/4317-3a136379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。