Homeスポンサー広告歴史>ペリーとつながる!日本の降伏調印式で掲げられた星条旗の秘密に外国人オドロキ【海外反応】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペリーとつながる!日本の降伏調印式で掲げられた星条旗の秘密に外国人オドロキ【海外反応】

2015.11.18 Wed

ペリーとつながる!日本の降伏調印式で掲げられた星条旗の秘密に外国人オドロキ【海外反応】

投稿者
日本の降伏調印式で掲げられた星条旗はペリーが開港を迫っていたときに使っていた旗なんだって

ミズーリ (戦艦)

9:02にマッカーサー元帥がマイクの前に進み、降伏調印式は23分間にわたって世界中に放送された。式中ミズーリの甲板は2枚の星条旗で飾られた。1枚は真珠湾攻撃時にホワイトハウスに飾られていた物(48州の星が描かれた星条旗)、もう1枚は1853年の黒船来航で江戸湾に現れたマシュー・ペリーの艦隊が掲げていた物(31州の星が描かれた星条旗)であり、このうちペリー提督の星条旗については黒船来航の結果、当時の江戸幕府が日米和親条約を締結したという結果からすると、むしろ戦前の日米友好時代の象徴であるため、この古い旗を掲げた理由そのものの道理が通っておらず、降伏調印の場に掲げるのは不自然であるとする指摘が戦後日米双方の戦史専門家からなされている





日本は戦国時代を経て将軍の時代となり、200年以上もの間鎖国をしていた そこへ大きくて騒々しい蒸気船が乗り込んできた この黒船来航で幕府は混乱し、20年後の内乱につながる 戦艦ミズーリのアメリカ国旗の件は初めて知ったけど、歴史を考え合わせると壮大なマインドコントロールだと思うね




↑この200年の日本の歴史は非常に興味深い 急速な近代化だ ペリーが最初に日本に来航したのは1853年 そのときには蒸気船も艦戦も知らなかった日本人が、その55年後にロシアと対馬で戦っている その後1905年のロシア革命につながるんだけどね!




↑黒船来航が日本を開国させたという点に興味がある なによりタイミング もし1830年代だったらアメリカにも日本を驚かせるだけのテクノロジーはまだなかっただろう 逆に1870年代だったとしたら、アメリカはすぐに日本をほかのアジア諸国同様に植民地化しただろうね 歴史は面白いよ




↑漁の途中で遭難してアメリカに助けられた日本人のティーンエイジャーがいた 彼はアメリカで英語と航海術を学び、その後日本に戻ったが、故郷からけっして出るなと言われていた ペリーが来た時に彼は通訳として呼び出され、そこでようやく人に英語を教えることになった その彼が日本の海軍の近代化に一役買ったという話




↑大河ドラマの「龍馬伝」に出てきたね 日本の海軍には様々なドラマがあったんだ




↑中浜万次郎か 彼の人生も映画化に値するよ




マシュー・ペリーははったりじゃないぞ!




ペリーが日本に要求したのは大西洋で操業するアメリカの捕鯨船のための寄港地として開港してくれということ 鯨油を取るためにね アメリカは昔からそうやって世界を制してきたんだ




↑アメリカは1893年には世界一の経済を誇っていたからね




↑アメリカがそれを強制したという資料はあるの? 日本には大した資源もないんだから、植民地にする意味がないと思うんだけど




↑資料なんてググればいくらでも出てくる それに開港を要求することは植民地化ではない




↑そのころヨーロッパは中国とインドの取り合いで日本にまで手が回らなかったしな




このエピソード知ってる 日本が降伏した日、だね




一世紀のあいだに二度も同じ思いをすると知らしめるためだけにね




アメリカはスーパーパワーごっこをしたかったわけか




おもしろいな




初日から顔に泥を塗られた、と




日本帝国は同じ旗の下で二度も降伏したわけ?




貿易しないなら殺す、ってわけか





https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/3see3x/til_that_the_american_flag_present_on_the_deck_of/
­
関連記事

コメント

*No title

長崎無視していきなり浦賀に行くのは、要求なんて可愛らしいもんじゃないけどね
アポ取らずに相手の会社に行って、受付無視して社長室に上がり込むようなもんだろ

*No title

真珠湾じゃなくてペリーが先に喧嘩売ったんだよ

*No title

日本が第一の開港を許した国に、イギリス、ロシアじゃなくアメリカを選んだという情報もあるよね。

*No title

蒸気船も戦艦も知らなかった日本って。日本は海外に派遣もいってるし知ってたよ
黒船に驚いたのは場所が想定外だったから

*No title

一般人は侍も町人もでかい蒸気船なんて知らんから、てんやわんやの大騒ぎだったんだよ。

*No title

力こそすべて、大砲積んだ黒船と、二発の原爆。
日本人の近現代史に深く刻み込まれた意識は、時を経て、
国策決定上の重要な因子となる。

軍事力を背景に、自由、貿易、民主化、これを唱えていれば、
常に正義の側に立つことが出来る。
自由、貿易、民主化、が優先し、平等や、民族文化は、犠牲にしてもかまわない。

アメリカから学んだ事だ。

*No title

不平等の象徴なわけだな

これに自尊心と危機感を覚えて対等を目指し維新がおこった。
最近の日本の動きも米軍の腰巾着じゃなく対等の同盟を目指してる。
簡単ではないけど、古来から中国からまっさきに対等たろうとしたように
外交上対等を目指すのが日本の特性。

*No title

米 逆に1870年代だったとしたら、アメリカはすぐに日本をほかのアジア諸国同様に植民地化しただろうね

疑問。日本は開国していなくても、すでにアヘン戦争などで薩摩や長州などの諸般な危機意識を持っていた。なにしろ当時の清国は世界最大の帝国だというのが日本の認識だったからだ。それが英国一国に簡単に蹂躙されたという事実は強い衝撃を持って受け取られた。ペリー来航の数年前、すでに長州には松下村塾があり、百姓の子までが外国の情報を学んでいたし、薩摩は富国強兵策に踏み切り、反射炉で洋式大砲を作るなどし、水雷や地雷などの武器ばかりでなく、ガラス製品やガス灯などの製造を始めていた。開国の有無に拘らず攘夷運動は起きており、外国艦船との衝突は不可避だった。
だから例えば1863年の薩英戦争の結果に驚いたのはむしろ英国だった。薩摩の城下町を焼夷弾で焼き払ったにも関らず、薩摩は徹底抗戦、海戦だったにも拘らず英国側は旗艦ユーライアラスの艦長や次官司令を含む戦死者を出し、死傷者数も薩摩の民間人を含めた死傷者の数倍を数え、のみならず英国側は大破一隻、中破2隻の大損害を出して陸戦隊を上陸させることも出来ず、当初の目的だった賠償請求どころではなくなったからである。以後、英国は薩摩と結び、これを利用する外交に転じ、これは日露戦争の集結まで続いた。
英米は史上最も無慈悲な国家とも言えるが、強い敵は利用する点でも万国に秀でている。当時の英国が日本をロシア南下の防波堤として利用したように、今の米国は日本を対ロシア・シナの不沈空母として利用している。
もちろん、日本には幾つかの幸運があることも確かだが、江戸時代末期までに工場製機械工業や自然科学以外の分野、特に国民国家の成立、教育制度の普及や資本家・自由市場の存在、動く黒船を独力二年で製作する精密な工機械工作技術など、産業資本主義のお膳立てが用意されていたことなど、日本の近代化が単なる幸運でなかったことも確か。

*No title

カイクォクするといいよ~
モテるよ~

*No title

それよりずっと以前から長崎ではオランダが開国を求めてるな。
この時代は藩が違えば国違いだから仕方ないけどね。
ぺりーは浦賀に来たから幕府も大慌て。
こんな事は必然と思ってた藩士も大勢いただろうな。

*No title

で、アメリカは何時になったらアジア侵略を認めるの?
あー、認められないかw
だって日本がアジアを侵略したから原爆落としたって言い訳できなくなるもんね
シーシェパードは北半球の鯨を絶滅させたアメリカに抗議しないのー?

*No title

江戸時代は世界中で唯一の現代的な意味で言う持続的発展をしていた。
他国からの侵略さえなければ
持続的発展しているという一点において
如何なる時代の体制よりも優れていたと言える。

ただ白人列強の中でどの軍門に下れば良いかという選択において、
直ぐには日本を植民地化する能力のないアメリカの利権地になることを選んだのは幕府の確かな分析があった。

*No title

※2015-11-18 10:49
>この時代は藩が違えば国違いだから仕方ないけどね。

これさ、ゆとり教育がはじまってからの捏造歴史なんだよ
日本国は歴史が短いという反日教育の一環で意図的に解釈を変えてる
過去に使われていた国という“言葉”の概念を、国という“漢字”の現代漢字の概念に摩り替えてる
この反日教育の質が悪いのは、どちらも英語訳ではcountryで、日本の幕府制度は西洋にない概念と制度だから外国人も簡単に間違った情報を信じる事(まぁ、それが狙いなんだろうけど)

江戸幕府の実状は選挙がない分、今の日本国政府よりも強い中央集権だった
幕府(国家の行政府)が藩主(天下り企業の役員)に地方行政を委託って言えば分かりやすいかな?
藩主(天下り企業の役員)は行政実務・福祉・治安維持・軍事・司法…等の各種部門の人材を抱えた大規模集団(天下り企業)
幕府(国家の行政府)が藩主(天下り企業の役員)に管理能力なしと判断すれば、藩主の首切り(解任要求)か鄙びた地方へ藩替え(契約内容変更)か、最悪は御取り潰し(不正摘発して天下り企業が倒産)
どんなに藩(天下り企業)の自治権が強くて奉行所(地方裁判所)を持っていても、幕府(国家の行政府)のおふれ(法)と御法度(法)が優先


ゆとり教育の教科書では百済や新羅を韓国語発音で読ませたり、日本人が使ってた神代文字の存在も、飢饉が半島にある白頭山の噴火の影響だって事も消えてるんだってね?
日本人(和人)は神代文字という独自の文字を持ってたけど、遣隋使や仏教の影響で漢字を取り込んだんだよ
だから神代文字を土台にしている日本語と中国語では文法が違うし、日本語にだけ訓読みが存在するんだよ
日本が飢饉になるほどの大噴火があっった事を知れば、その時に半島は無人状態なのがわかるよね?
ね、ゆとり教育ってまるで「日本には文明がなかったが大陸と半島が文明を伝えた」と捏造に必至な何処かの国のプロパガンダに都合の良い反日教育でしょ?

*No title

日本が有色人種で唯一近代産業化出来た理由は現代的な意味で言う持続的発展、つまり人口扶養が可能になるよう自然資源を維持管理していたから。

先ず産業化する為には第一次産業から第二次産業へ労働力を移動させる際に、肥沃な植民地があればそこから第一次産物を供給すれば良いが、
そのような植民地を持たない場合は自国内の残った労働力で自国民を養う第一次産物を供給しなければならない。
日本は奥山を神様や祖先が棲む場所として開発禁止にしていた為、
肥沃な領土だった。
又、自然資源の維持管理の社会ルールは、弱者切り捨ての社会では守られないので
奴隷制度は根付かず、貧富の格差や階級格差も少なく、広く就学出来る社会環境で識字率は世界中で断トツの高さだった。
そして切り捨てされない日本の労働者は高度な強調を要する農業で
世界中で最高水準の単位面積当たりの農業収穫量があった。
これで植民地を持たない日本は何とか食料供給し、
又教育レベルの高い労働者が第二次産業に供給された。

海外では階級意識が強く文字や高度な知識は支配層の特権だったが日本では広く就学し、欧州の先端知識も積極的に翻訳され広く知らされた。

*No title

莞爾『アメリカは、えらく日本の戦争責任を古くまで遡ろうとしているらしいが、いったい、いつまで遡るつもりか』

裁判長『日本の行った侵略戦争すべてを裁きたい。できれば、日清、日露戦争まで裁きたい』

莞爾『じゃあペリーを連れてこい。俺たちは鎖国していたんだ。それを無理に開国させたのは、お前らアメリカだろ』

*No title

西洋が他国を干渉する為の口実としての
「自由と民主主義」と言うのも実際は伴われていない。

実際は経済のみを自由化し、主権国家の主権は制限してきた。
勿論、不平等条約もそうだし、東インド会社もそう。
そしてユーロ経済圏もTPPもそう。
首謀者はアメリカと言うよりも白人の国際資本家。

もしも民主主義と言うなら経済圏の中の構成員の一人一人が平等な1票を持つ選挙に しなければならない。
でなければ機会の平等もセーフティネットも各種安全保障も
弱い国は作れない。
如何なる資本主義の国でも生活保障も地方交付の補助金もある。
しかし全員1票の政治的権利を与え選挙をすれば
白人資本家が近代に世界中を侵略支配搾取して溜め込んだ資産は徴税され分配されるから民主主義にはしない。
もしも現代に政治的権利の国境をなくし選挙を行えば、
白人を中心とした資本家が根こそぎ徴税され分配されるので世界中で多くの国が参加してくる。相続税も100%に出来るし、
国際企業の要望による法人税や労働待遇の切り下げ競争なども必用なくなる。
これで一人一人の個人が同じ条件で徹底的に自由競争が出来る。

政治的権利の民主化なき経済圏のみの自由化では機会の平等は得られない。
もしも地球上の多くの国や地域がこのような政治的権利の平等な共同体に参加すれば、
安全保障上必用な原発も軍隊も要らない。

しかし勿論そんな政治的権利の平等な国境を取り払った共同体などは誰よりも資本家が望まないので経済圏のみの自由化しか行われない。

*No title

連投スマン誤字訂正

×経済圏のみの自由化しか行われない。

○経済のみの自由化しか行われない(政治的権利の民主化は行われない)

*No title

単純に白人は侵略者なのにその意識が見られないから日本人は怒るんだよね。
奴隷制度もなく、他国に資源も労働力も必要としない世界中で唯一の持続的発展をしていた日本に
奴隷や(経済)植民地を求める白人がアジア中にある植民地や征服地を拠点に
日本に武力干渉して植民地寸前まで追い込み圧迫をし続けた。
そして近代を通してその武力干渉の拠点を維持するどころか増やしてきたわけで、当然日本はその武力干渉の拠点を叩きに行く事とそのための国力を支える資源も急遽必要になった。
近代日本のアジア進出は単なる正当防衛なのに、戦勝国は自分達がやった平和に対するA級戦犯(笑)をあろうことか日本にすり替えることで現在の世界支配の基盤である常任理事国と核保有クラブのポジションの正統性を担保している。
戦勝国史観の嘘に気付いた日本はむしろこれからは今まで戦勝国が強いてきた歴史認識での政治的要求をテコに常任理事国や核保有クラブの正統性に疑義を与える事になる。
チベットやウイグルなどにダンマリで中国を増徴させて、その脅威をネタに中国から守って欲しければTPPで日本の資産に手を突っ込ませろなんてアメリカのやり口はいい加減終わりにしなければならない。

*No title


あんたの望む社会はまんま共産主義じゃねーか。
人は欲望の生き物なんだよ。
それを否定して世界はまわらないんだよ。
欧米が世界探検と搾取に一歩先んじてた、それだけの話だ。
日本は持続可能な社会を築けたかもしらんが、あのままならジリ貧だっただろ。
近代化するための資源が足りないんだから。

*No title

>あんたの望む社会はまんま共産主義じゃねーか。

ちゃんと読めよ
>これで一人一人の個人が同じ条件で徹底的に自由競争が出来る。
と書き込んでいるし、
そのような共同体を作るのは非現実的なのだから西洋が錦の御旗に掲げ、
敗戦利得権者である日本のメディアも賞賛し、
またペリーの開国要求や東京裁判の平和に対するA級戦犯(笑)の根拠も
そしてその根拠を担保に世界支配の基盤である常任理事国の拒否せや核保有クラブの正当性も

全て「自由と民主主義」という嘘っぱちから正当化されているんだよ。

そして江戸時代は世界中で唯一の現代的な意味で言う持続的発展をしていた。
他国からの侵略さえなければ
持続的発展しているという一点において
如何なる時代の体制よりも優れていたと言える。

この正当性を主張する事は今後の常任理事国の不当性を根拠づける為に必須なんだよ。
石原かんじの言葉にも通じるわけだ。

*No title

>あんたの望む社会はまんま共産主義じゃねーか。

さらに共産主義の部分を突っ込むが
どのような資本主義の国にも生活保護も地方交付税も累進課税も機会の平等の概念も正当化されている。
ならどこの部分が共産主義なんだ?
機会の平等が達成されていないなら累進課税して公正な自由競争を達成するのが資本主義だぞ。
個人個人の自由競争を歪める法人税や相続税の累進課税が不十分なのは資本逃避を避けるめだが、
「白人を中心とした世界中の資本家を徴税して分配するから、この指止まれー」って募集したら大多数の国や地域が参加するよw
先進国ですら半数以上の国民がロクに資産なんて持っていないのだから。
これなら全て国の税体系は統合され同率になるから資本逃避の心配はない。
別に機会の平等が保証されているなら相続税は100%でなくていいが、現況そのような事は全くないからな。
なぜ個人の自由競争に反対するんだ?君は共産主義者か?
現在は学ぶ機会も事業資金も経済的に不公正で競争が歪められているんだぞ。
自由競争を歪めると経済のダイナミズムも創造性も阻害されるぞ。

*No title

>これで一人一人の個人が同じ条件で徹底的に自由競争が出来る。

これがお花畑なんだって、同じ条件でも、競争して勝った者は、一代限りじゃ終わらないんだぜ。
それが国家単位であれば、国ごとの格差が生ずる、当たり前の事だ。

日本が黒船以降に、入欧に舵切ったのは、社会制度が遅れていたのではなく、
西洋思想に裏打ちされた、近代科学と軍事力が、日本との格差を生み、
それを取り込むことが急務だったからんだよ。
鎖国なんていつまでも出来る訳が無い。

*

出島しながら鎖国してた国に対して開国を迫った時点で、原因は黒船。
いくら当時の世界情勢や日本側の国事情があったとしても、開国要求で国際化させられた事実は無くならないし、きっかけが黒船だったのには変わりない。
舵取りしたのは当時の人間なんだから、「たられば」言わずに歴史学ばせて貰えばいいだけだよな。

特に江戸後期から現在にかけての近代史って、歴史嫌いでもしつこいぐらい目につくことが、多すぎるから、
その手の話になる度に、同じ内容でも、確認のために何度も調べざるをえない。
黒船来港以後の情勢は、小さな出来事まで含んで入り乱れるから複雑過ぎる。「何で?」ばかり付きまとう。

*No title

>これで一人一人の個人が同じ条件で徹底的に自由競争が出来る。

君が言うのは国家間の垣根を無くせ、徹底的に自由競争を推し進めよ。

それは推し進めると、まず国家を解体せよ。
国家の関与を最低限に規制せよと同義だ。
これはな、共産主義と親和性のある思想なんだよ。

つか、甘い言葉に騙されて突き進み世界革命の元に、共産化されるんだよ。
そうなった先には自由主義な経済なんて存在しなくなるわ。
人は欲望の生き物なんだから。

*No title

さらに連投で一番重要な部分を指摘すると、

人類にとって最大の課題は持続的発展なんだよ。
人口を支える水源が不足する事やその見通しが戦争や弱者切り捨ての社会の原因になる。
当然必要最低限の食料がなければ争うしかないし、海外の主要な文明圏はそうで、
持続性を無視した開発で水不足になり戦争や感染病の繰り返しで人口が激しく増減し(日本は自然を守り又それ故に公衆衛生も保てて建国以来人口が激減した事はない)、奴隷制度も根付き、
また弱者切り捨ての社会であれば自然資源の維持管理という社会ルールも弱者は生き残る為に守られないから負のスパイラルだった。
だから人類の有史以来、現在まで一貫して水源を枯渇させ続けてきていて、
人類はイースター島とおなじ共倒れの運命を変える術を全く提示出来ないでいる。
主権国家が並び立つ現在までの地球上の体制では安全保障上、富国強兵が必須だから持続性を無視した開発をする以外選択肢はないんだよ。

しかし江戸時代の日本のように地球上を一つの連邦共同体にすれは、
前述のように資本逃避の心配がないから個人の自由競争を追求できて、
安全保障上の心配がなく又、セーフティネットがあるから持続性を無視した開発は止めさせられる。
逆に言えば安全保障やセーフティネットが確立していなければ自然資源の維持管理は不可能。
国や個人が生き残る為に持続性を無視した開発をするから。
勿論エネルギー安全保障の心配もないから原発もいらないし軍隊もいらない。

しかしそんな共同体は現在全く可能性がないから、日本は発展途上国の自然を犠牲にしても富国強兵する必要があるし原発も必要で9条の改憲も必要。

*No title

>それは推し進めると、まず国家を解体せよ。

上述したが人類は一つの共同体になってセーフティネットをを整備しないと
持続的発展は不可能だよ。
有史以来人類は実際そうだったし、今後の持続的発展の術も全く提示されていない。
ハッキリ言うと人類が生き残るためには生活を保証する代わりに
全ての人間は1人子供は二人までに規制するとかにしないと生き残れない所まできているよ。

これで増やした人口を何千年もかけて少なくするしかない。
別に地球上の水源のキャパに余裕があればそんな規制は必要ないよ。
あとテクノロジーの大幅進歩や新しい惑星へのアクセスが可能になるとかね。
(それも時間稼ぎにしかならないが)

まあ実際、人口を減らせば現在のテクノロジーなら殆ど働かなくてもいいし、
住環境も公衆衛生も劇的に良くなり、
現代の人類の脅威である感染病の心配も殆どなくなるだろうね。


もし君がこの水源の枯渇を食い止める方法があるというなら提示してよ。

*No title

水源の枯渇は日本国内では起きない。
しかし環境破壊が世界規模になれば日本にも影響は出るだろう。
近い将来、それが原因の争いが絶えなくなることも推測できるし、
そうなった場合には、日本陣営に他国をいかに引き入れるか、
他陣営の価値観を改めさせるかの綱引きが起こるだろう。
そしてそれに勝たねばならない。
例え勝ったとしても、世界を一つにする事は不可能だ。
なぜなら、文明の違い言語の違い、これを乗り越えると言う事は、
文化破壊に繋がるからだ。

*No title

つまり人類はイースター島と同じ共倒れの運命という事だね。

>これがお花畑なんだって、同じ条件でも、競争して勝った者は、一代限りじゃ終わらないんだぜ。

いやいや江戸時代はコメ本位制経済で蓄財出来ないように工夫されていたんだよ。
その貧富の格差を抑える伝統が「社長の給料も平社員の10倍」という状況を作ってきたんだよ。
最近はグローバル化の影響や、密入国民族の賭博業界やサラ金業界の社長とか
その子供が作った携帯キャリア会社の社長とかの影響で日本も変わってきているけどね。

ここで重要なのは格差ではなく、従業員(派遣やバイト)が結婚出来ない賃金水準なのが問題なんだけどね。今や日本の非正規労働者は4割だからね。
江戸時代までは自然資源の持続的開発をしていたから全員に仕事を安定して与える事が出来て、それがセーフティネットになっていて誰でも社会規範を守っていれば生物の基本的欲求である子孫を残すという事が出来た。
一神教は弱者切り捨ての自由競争で1人の権力者に女が群がり、子孫を残せない男が続出したから妻帯数を制限して支持を得た。
反対の日本人は昔から仕事の奪い合いではなく強調関係が築けた。
まあグローバル経済に飲み込まれた現在の日本では厳しいけどね。
なぜ日本人は昔から社会への帰属意識が高く、犯罪が少なく、敵前逃亡兵が少なかったのか?
それは弱者切り捨てではなかったから。
今後日本は経済的理由が原因で生涯未婚率が3割以上にもなると予想されているが、自分の子孫も残せない階層の人間が
犯罪しないでおこうとか、社会の為に働こうとか、売国しないようにとか考えるだろうか?
なんでもかんでも自由化すればいいと言うわけではなくて
国であろうが、地球連邦であろうが共同体は、安全保障やセーフティネットがなければ成り立たない。(近代のように未開発のフロンティアがあるなら別だが)
しかし自由と民主主義を錦の御旗に他国に干渉を続けてきた白人は
実際は一貫して自由だけを押し付けて食い物にしてきた。

黒船も同じだから侵略者でしかないし、だからこそ現在の世界支配の基盤である常任理事国の正当性への根拠を問う事が出来る。

*

>人類は一つの共同体になってセーフティネットをを整備しないと
>持続的発展は不可能だよ。
>有史以来人類は実際そうだったし、今後の持続的発展の術も全く提示されていない。
>ハッキリ言うと人類が生き残るためには生活を保証する代わりに
>全ての人間は1人子供は二人までに規制するとかにしないと生き残れない所まできているよ。

地理的に無理じゃないか?
寒い場所に住んでる人と暑い場所に住んでる人の生活スタイル違うし。だから、環境によって身体的能力や特徴ってものが出てくるんだし。

国際化してる世界を見て、どう思う?
皆が皆、同じ方向なんて向かないし、統一して維持するのだって甘くない。
平均値から溢れたからって人為的に淘汰したって問題だし、綻びはできる。
全部を均一にしたら、一つ転けた時に引きずられて、最悪の場合は全て転けるよ。

国や地域や人に特徴があるように、長年かけてそこに合ったルールがあるから無視するなって言われるのは、そこ。
だから、日本では、よく「郷に入っては郷に従え」って言う。

*No title

長々と自説を披露するのは良いが、言いたい事は、世界的なセーフティネットワークを築こうって事だろう。
ずいぶん前に書いたが、日本の言い分を通すには、まず軍事的に優位にならなければ通せない。通らない。
黒船や原爆に象徴されるように、アメリカから学んだ事はそういう事だ。
そして国連の常任理事国にならなければなおさらだ。それは敗戦国であり中露がある限り可能性はゼロに等しい。
ゆえに、争いには常に勝たなくては成らない。その為の国家体制が脆弱なのが今の状況。
理想はいくら語っても良いが、現実的には日本がその先頭に立つ為の前提が今は無い。
君の理想は、手段を持たずに暴走すれば、歴史が語っているように、必ず真逆の結果を招くことになる。

*No title

勿論価値観が違う。
それ以上に各々の民族間で長い歴史の中での抗争による昔年の恨みの方が厄介かも。
でもね。経済的に余裕が出来ればオスマントルコのようにまとまれるんだよ。
実際
「白人を中心とした世界中の資本家を徴税して分配するから、この指止まれー」って募集したら大多数の国や地域が参加すると思うよ。
先進国ですら半数以上の国民がロクに資産なんて持っていないのだから。
これなら全て国の税体系は統合され同率になるから資本逃避の心配はない。
そして全ての人間は子供の教育まで保障する。

重要な事は格差ではなくセーフティネットであり、金持ち(権力者)に従属しないで自立出来る(最低限の仕事を与える事が生活保護)という事。

*No title

いやいや俺が言いたい事は、
国であろうが、地球連邦であろうが共同体は、安全保障やセーフティネットがなければ成り立たない。(近代のように未開発のフロンティアがあるなら別だが)
しかし自由と民主主義を錦の御旗に他国に干渉を続けてきた白人は
実際は一貫して自由だけを押し付けて食い物にしてきた。

黒船も同じだから侵略者でしかないし、だからこそ現在の世界支配の基盤である常任理事国の正当性への根拠を問う事が出来る。

ってところ。俺はリバタリアンではなく共同体主義者だから。
しかしそんな共同体は現在全く可能性がないから、日本は発展途上国の自然を犠牲にしても富国強兵する必要があるし原発も必要で9条の改憲も必要だし、
発展途上国の自然を犠牲にしても富国強兵を続けなればならない
国であろうが、地球連邦であろうが共同体は、安全保障やセーフティネットがなければ成り立たない。(近代のように未開発のフロンティアがあるなら別だが)
しかし自由と民主主義を錦の御旗に他国に干渉を続けてきた白人は
実際は一貫して自由だけを押し付けて食い物にしてきた。

黒船も同じだから侵略者でしかないし、そこを問うてこそ現在の世界支配の基盤である常任理事国の正当性への根拠を問う事が出来て情報戦を戦える。

*No title

君はどこの国と組めば勝てると思ってるのかな?
どうも、現実を見て無さ過ぎて理想が上滑りし過ぎてませんか?

少なくとも資本主義社会の国家はのらないし、そういう言動に流されるのは、
君が想定している労働者階級か、革命で国家の概念を抹殺したい共産主義者や、
裏で煽る共産独裁国家ぐらいだよ。

*No title

>君はどこの国と組めば勝てると思ってるのかな?

だからそんな共同体は白人資本家が誰よりも許さないくせに「自由と民主主義」という嘘を押し付けてきているという話だよ、世界連邦なんて人類が生き残り得る唯一のシナリオだと言っているだけで、
現実には不当な国連の改革を主導するために、
いわゆるA級戦犯(笑)は日本ではなく戦勝国の方だと言うべき事を宣伝して情報戦を戦えって事。
その為には、奴隷制度もなく世界で唯一の現在的な意味でいう持続的発展をしていて
他国に資源も労働力も必要としない永続的体制の日本に
奴隷と(経済)植民地を求める白人が「自由と民主主義」という嘘のロジック(つまり政治的主権の制限を押し付ける)で不平等条約を結ばせ、植民地奴隷寸前までおいこんだから、
日本はその白人を追い出しただけだと正論を宣伝しなければならないということ。
戦勝国史観の嘘を徹底的に世界中に伝え一国一国切り崩して戦勝国にプレッシャーを与えて改革を迫れという事。
戦勝国史観の嘘を世界中が認識すれは、日本がいざという時に核保有の選択肢を選んでも文句は言われにくい。

*No title

さらに言うと
喫緊の日本の国際政治の目標は国連常任理事国の特権である拒否権の制限であり、
つまりは少しずつ戦勝国の権力を削いでいくという事。
そこに情報戦は必要不可欠だから。
中国なんて嘘丸出しの歴史を広めるために日本の数十倍の年間二兆円もの政治宣伝費の予算を組んでいる。
そして常任理事国の権力(近代に獲得した富や利権を守る為の権力)を少しずつ削いで国連を民主的な形にし、
そして国連加盟国の大多数の国際的な連携で国際企業の課税回避に蓋をする。
こんな所だろ日本のしばらくの目標は。
つまりそれは国際組織の権力強化に繋がっているという事。

*No title

つまり白人国家の中枢を狙ってプロパガンダしろってことかな?
3行にまとめると、
1、白人を象徴する欧米を敵に回せ。
2、白人主体の資本主義を打破せよ。
3、世界を統合して人民による地球国家を構築せよ。

戦前に、右翼を装った左翼がいたんだな。
これらは、政体の中枢に巣くって世界を敵に回し、
敗戦を招いた遠因にもなっている。
君は同じ事を形を変えて話しているんだよ。

*No title

くそみたいな不平等条約押し付けられたことは海外じゃ知られてなさそうだな

*No title

>つまり白人国家の中枢を狙ってプロパガンダしろってことかな?

別に白人はそこまで中国みたに戦前の事にこだわってないし、
日本ドイツが提案する国連改革にも中国みたいに猛反対しているワケではない。
日本はどこよりも中国と対峙しているんだよ。

白人は過去の侵略の謝罪はしなくても事実は隠しようがないから否定もしない。
一番歴史を隠しているのは中国だよ。
国民党でないことは勿論の事、常に権力者が自らの保身の為に白人を招き入れ、
白人のアジア侵略に唯一加担したアジア人であり加害者である事を。

日本が突くべき歴史情報戦はこの部分なんだよ。

*No title

一歩引いたままの情報戦は分が悪い。
なぜなら白人国家の戦勝国史観をくすぐる中共に傾いてしまうから。
国連を介さずともG5で先進国国家の連携を密にして、
中から懐柔していけばまだ利がある。

*No title

意味なんて考えるだけムダ
アメリカがそういうの好きなだけ
陰謀論とか楽しんでるならすまんな

*No title

ペリーの開港要求も、力で捻じ込んだ砲艦外交だって明確な認識を持ってたってこったろ。
なんで日本側はこの条約に「和親」とかアホな名前付けたんだろう。弱腰外交を攻められないよう内向けにつけたのか?

*No title

幕末は、英仏露の強国がけん制しあって、て植民地にならずにすんだ。
まだ新興国のアメリカが、最初に開港させたのは幸運だったそうだ。
日本舞台に、英仏の領土奪い合い大戦争が起きなくてセーフ。

大戦後は、連合国が仲悪くて分割されずにすんだ。
理想の高かった金持ちアメリカが独り占めでセーフさ。

*

なによりも、その当時の旗なんか後生大事に持ってて、数十年後再び出してきた事が気持ち悪いと思うけどね。
ペリーの開国は現代のアメリカの歴史ではあまり触れられないって言うけど、当時はかなり大きな意味の有るものだったって事にならないかい?。たまたま残ってたと言うには、つじつまが会わなくなる。
結局日本ってこの時期アメリカにとってどういう存在だった?

*

>結局日本ってこの時期アメリカにとってどういう存在だった?

人見知りの激しい頑固な引きこもり。
発展真っ最中のアメリカから見たら、植民地や支配下にされてない国って部分は大きいと思う。
影響下にないから、有利な貿易・取引、支配下に置く、単純に中継地にしたかったかは、机上の域だが。
でも、「開けろー」って、ドアじゃない場所叩いてる印象しかない。しかも、船を休ませろ、鯨追って来たぜ、優先しろっていう。
……なんか、今と大して変わんない気がしてきた。

鎖国中、オランダ船が外国船を追っ払ってたって話も聞いたけど、黒船来てるし眉唾なのかなぁ…詳細不明。

*

帝国主義時代の通貨は金貨や銀貨である。つまり、単なる紙幣では紙くずであるから、等価交換できる国際通貨である金貨や銀貨がものをいった。日本は豊臣秀吉の時代から国内産の金や銀で国際通貨である金貨や銀貨を鋳造している。江戸時代も金座や銀座で金貨や銀貨を鋳造した。スペインが植民地で金貨や銀貨を鋳造して、本国に持ち帰る時にイギリスは海賊で略奪している。そして、中央銀行を1636年に創立している。日本はそれより早く豊臣秀吉の時代から金貨や銀貨を鋳造した。中央銀行という概念がなかったが、通貨政策が先進的であった。イギリスは1836年、ドイツと日本は1872年に金本位制度が確立、アメリカは1900年である。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxkaigaixxx.blog.fc2.com/tb.php/4370-40c89593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。