アクセスランキング

チェコスロバキアで撮影されたWWⅡ中のドイツとアメリカの車両のカラー映像【海外反応】

チェコスロバキアで撮影されたWWⅡ中のドイツとアメリカの車両のカラー映像【海外反応】
チェコスロヴァキア 1945年5月







このチェコスロバキアの南ボヘミア州とプラハでの映像には投降したドイツ軍とアメリカ軍が映っている
ちょっと不思議なのは降参したはずのドイツ軍の兵隊が武器を持ったままなんだけど、なんでだろう?






両者ともに安らかに眠れ





大量の若者がSSに入隊したのは、良い訓練が受けられて良い軍備がもらえたからなんだ
だから東部戦線でも6ヶ月間の戦闘に耐え抜いた

でも戦争終盤にはもうまともな兵士は残って無かったから、ドイツ兵はほとんど自分達が何をしてるかなんてわかってない状態だよ





ヨーロッパがヨーロッパらしい時代・・・





悲しいのはもうあと何年かすると戦争の生き証人は完全にいなくなるっていうことだ

私の祖父もヨーロッパ東部戦線に出兵した経験があるんだが、そういうのについては一切質問することを許されなかったよ
母親に聞いた話では何年間か捕虜でいた経験があるらしい・・・





↑そうやって戦争経験者は自分達の記憶を抹消しようとするものだよ
どこかに閉まってカギをかけ、そのカギごと捨てる
自分が狂うのを防ぐために・・・





↑それこそ一番頭が狂いそうな対処だと思うけどな





ドイツ人が始めた戦争なんだ
初めっから破壊の為の行為とわかってドイツ軍はやってる
あまり時間が経ったからって美化するのはやめたほうがいいと思うよ





↑そりゃそうだ  アメリカ人さんよ~
同時にアメリカも2発の原爆を落としたことを忘れてはいけない





この映像のドイツ軍が笑ってられるのもアメリカ、カナダ、イギリス軍に身柄を引き渡されたからだ
これがもしソ連軍だったら・・・・
奴らは残虐非道だからね





カラーで見るとリアルに感じるね
たぶん今まで包囲されてたって事はアメリカ軍が燃料をあげるまで数か月彼らの戦車は動いてなかったんだと思うよ





↑これってチェコの西側?
プラハってソ連が占領したんだと思ったけどな・・・





素晴らしい映像だ
映っている彼ら一人一人がその後どうなっていったのか知りたい





パットン将軍はやっぱり間違ってなかったんだ
でもこの時ドイツ兵をソ連に引き渡して条約を結んでいれば冷戦は1948年までには終わってただろうね





アメリカは本当は1年早く戦争を終わらせることが出来たはずだよ
僕のおじいちゃんはイタリアでパラシュート部隊で活躍してたんだけど、弾薬切れで捕まったんだって
でもあとで考えたらアメリカがちゃんとペンシルベニア州にある捕虜収容所があんなに楽しい所だった先に教えてくれてたら皆あっさり投降したのにって言ってたよ

彼がヨーロッパに返される時は帰るのを嫌がってるから銃を突き付けられたくらいだから





↑ドイツ人の語るソ連の収容所の話とは全く違うんだな・・・





別に占領した側に良いも悪いもないよ
なんで皆すぐにそうやって善悪で判断しようとするのかがわからない

単純にこの素晴らしい映像を楽しんで、この戦い抜いた人達に敬意を表すればそれでいいんだよ
彼らは皆自分達の国を守る為に戦っただけなんだから





ドイツ軍とアメリカ軍が一緒に映ってるなんて面白い映像だね

 



きっとここに映ってる人たちは皆この時ほっとしただろうね





ここまで鮮明な戦車の映像はなかなか珍しい





ドイツ軍のユニフォームの方がカッコイイ
これを昔職場のユダヤ人の女性に言ったら激怒された事があるw












当時の臨場感が伝わってくるようです

Ad by google





このエントリーをはてなブックマークに追加
­
関連記事






Powered By 画RSS









コメント

No title

嘘のレッテル貼りや他国のプロパガンダについて説明しようとすると
過去を反省してない。だの、歴史を美化しようとしてるだの言われる
世の中不公平すぎる

No title

>ドイツ軍のユニフォームの方がカッコイイ

そりゃ、ナチスドイツの正当性をアピールする為にカッコ良くデザインされた、プロパガンダの一環だからね。
そのお蔭で東部戦線では、凍えたドイツ兵が凍傷に四苦八苦した。
対してソ連兵の冬季装備は、野暮ったくても実用性が高かったが、デザイン重視のドイツ軍服はペラペラの上、ブーツは防寒材を入れるだけの隙間もなく、鉄の鋲が打ってあるのが災いした。

No title

戦争が終わった安堵からか表情が明るい人が多いね。
その後の冷戦でまた苦しめられるのだけど。

No title

流れている曲はだんだろう?

No title

プラモデルと違って、マークが目立たない。 違反にならない程度で識別しずらくするほうが有利
だろうから当たり前だが・・・ 上板には大きくマーキングされているが、これは飛行機に誤爆されたく
ないためだろうか。

No title

ある程度武装を許しているのは移動中に襲われたりするから

No title

戦争は終わり、彼らは祖国へと帰る
瓦礫となった故郷へと
女子通信隊員達、片足の戦車兵、去り行く同僚に呼びかける将校、そして兵士の家族たち
良い動画だね

No title

251、プーマ(!!!)、マウルティア、sdkfz10、7/1late、234/3?…めっちゃ映ってて感激した。しかもこの後戦うようなことないから、なんかほっとした感じ。
でもSSは連合軍に下ったとしても、何万人か衛生環境の酷さで還らなかった…

No title

しかし撤退中のドイツ軍のほうが 同時期の日本陸軍より
装備が良くてワラタ・・・・ワラタ・・・・・

No title

ほっとする動画だな

No title

戦後ドイツや連合国はナチスに全ての罪を着せてドイツ国防軍は罪に問わずというやり方だったからな
軍の体制全てを否定された日本と大きく違うってのが靖国参拝問題にも繋がってる

No title

ソ連に連れ去られたらしぬまで強制労働だしな・・・。
日本がこの問題でロシアを執拗に追求しないのは何でだぜ。
こっちが甘いから向こうが領土問題でも甘くみているし、歴史問題とかオメエ関係ねえだろって事まで批判してくる。
むしろこっちがロシアどもに歴史問題を問うてもいいのに。

No title

宮崎駿が欧米モデラーに比べて、日本のモデラーがイマイチ、
リアルじゃないと批判してた理由がわかる動画だなぁ
迷彩なんて埃で汚れてサッパリだから、欧米型の光と影を強調する塗装のほうが正解に近い
ちなみにこの後、アメリカ軍はドイツ軍人を大量にソ連に引き渡した罠

No title

一方日本の捕虜は人として扱われませんでしたってか

No title

まぁ人種差別がまだあった時代の戦争だから、有色人種の捕虜を人扱いしないのは当然だったのかも。
捕虜にされた人はそれだけでも幸運だった。
劣等人種として人扱いしない部隊にかち合ったら、捕虜協定なんて適用する気もなく
その場で“処分”だったしね…捕虜にすると軍の負担になるからって。

No title

所詮ヨーロッパ戦線は「白人対白人」だからな
対日戦は「白人(とそのお供)と人の形をした何か」の戦いだもの
あいつらからみればゾンビだの化け物だのを相手にしてる感覚だよ

このSSの将校はちょっと変だな

落ち着かない感じで、威圧的だが
周りに宥められてニタニタ笑ったり

東欧にいたSSなんて何をしてたか
分からない怪しい部隊もいただろな。





■コメントに関してのガイドライン■

・差別的中傷的なコメント

・トピックに関係ないコメント

・広告やスパムコメント

・当サイトへのコメント

・不適切だと判断したコメント

は削除やアクセス制限の対象となります

また当サイトへのご意見(提案・リクエスト・重複の指摘など)

は記事内のコメント欄ではなく下記アドレスにお願いいたします

kaigai.000@gmail.com



コメントをした時点で上記ガイドラインに同意したものといたします

これからもよろしくお願いします(´・ω・`)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

­
最新記事
­
­